2019年01月15日

生タイプ犬用フードの菌汚染、警告



なんだかこの会社、ずいぶんヘルシーなフードに凝ってはいるけれど、菌汚染が検出されたときにリコールを出さない頑固な会社らしいです。。。

★ ★ ★

Food Safety Newsのサイト 2019年1月15日付

FDA米食品医薬品局、A+ Answers犬用生肉フードのリコールについてのペットの飼い主たちに警告

FDA米食品医薬品局はペットの飼い主たちについて昨日、2018年12月20日にLystn社により生産されたdbaAnswersペットフードのリコールについて再度注意をうながした。犬にも人間にも重大な感染を起こす可能性のあるサルモネラ菌がそのサンプルに検出されたためである。

ペンシルベニア州を拠点とするLystn社は、NDAネブラスカ農務局によるテストでそのサンプルサルモネラ菌が発見されたことを受け、ネブラスカ州内における配布および小売店舗から、“A+ Answers Straight Beef Formula for Dogs”というフードの1ロットをリコールしている。

同社は問題の製品を全国的にはリコールしていない。FDA米食品医薬品局は、包括的な配布情報を決定するため、Lystn社と協力して対処している。FDAは消費者に対し、以下のフードはペットに与えられるべきではないと警告している。

• A+ Answers Straight Beef Formula for Dogs. ロット番号2018 20/08 20

ウェブサイトによると同社は、「100パーセント自然でオーガニック」な生タイプのペットフードを専門としており、そしてペットの飼い主たちに対して、同社のA+ Answers Straightフードに低温殺菌されていないヤギのミルク、あるいは、牛のミルクから作られたケフィアを補って与えるように勧めている。 生肉および低温殺菌されていない生の乳製品は、頻繁にバクテリアや他の病原菌の感染源になることがある。

2016年に、Lystn社は、同社の“Detailed Answers Chicken Formula”というドッグフードのサンプルにFDAがサルモネラ腸炎菌およびサルモネラ菌ケンタッキー種を発見したことで警告文書を受領している。Lystn社側は、それらのサンプルのサルモネラ菌の存在はFDAが不純化された製品を使用したという論争をして、汚染された製品のリコールを断っていた。

サルモネラ菌に感染した犬は、嘔吐、下痢(時に出血性下痢)、発熱、食欲減退および活動レベルの低下などの症状が出る。個体によっては感染しても少しの徴候も示さないが、便などから人間や他の動物に菌を感染させるキャリア(保菌者)となる場合がある。

消費者への提案
サルモネラ菌感染した人間用およびペットフードは通常悪くなっているように見えず、また損われた匂いや味もしない。CDC米疾病予防対策センターによると、サルモネラ菌感染は誰にも起こりうるが、乳児、幼児、高齢者および免疫機能が低下している人々は特に、免疫システムが脆弱なため、より重篤な症状になるリスクが高いという。

菌汚染されたペットフードは、ペット用のボウル、食器、台所のカウンターおよびその他にも触れるものすべて、交差汚染させる恐れがある。

• リコール対象のフードは動物が届かないような安全な容器で破棄する。
• 自宅のペットがサルモネラ菌感染の徴候を見せている場合は即刻獣医の診断を受ける。もしも人間が菌感染している家庭のペットをテストしたい場合、獣医たちはVet-LIRN Networkを通してサルモネラ菌のテストをすることができる。
• FDA米食品医薬品局は、消費者に対し、安全報告ポータル、あるいは自分の州のFDA消費者苦情係に連絡することにより、本件あるいは他のペットフードに関する苦情を報告するよう呼びかけている。

リコール対象のペットフードを扱った、あるいはそのペットフードが使用された家庭に居住している人で、症状が疑われる場合は即刻医師の診断を受けるべきである。サルモネラ症を診断するのには特定のテストが必要なため、サルモネラ菌への露出の可能性について医師に話すべきである。サルモネラ菌感染の徴候は他の病気に類似しており、しばしば誤診をもたらすことがある。

サルモネラ菌感染の徴候は、汚染された食品を食べて12時間〜72時間後に、下痢、腹痛、発熱などが起きることがある。成人の健常者の場合、通常症状は4日から7日ほど続く。しかし、場合によっては、下痢が厳しく患者は入院を要する場合もある。

人によってはこの菌に感染しても発症はせず、のような徴候も示さない場合があるが、それでも他の人々に感染をうつすことが可能である。

以上


debuginger at 19:21|PermalinkComments(1) 北米ペットフードリコール情報 

2019年01月14日

麺製品がラベルに申告のない卵によりリコール



この記事によるとインスタントラーメンみたいですね。でも卵アレルギーの人はまず、ラベルなんかチェックしなくてもインスタントラーメンは食べないから、実際の被害がなくて済んでいるのでしょう。

★ ★ ★

markets.businessinsider.com のサイト2019年1月12日付

(見出し)更新された食品リコール警告(アレルゲン):ラベルに申告のない卵のため特定のOttogiブランドのヌードル製品がリコール

2018年11月16日に出されていた食品リコール警告に、 追加の製品情報を含み更新が行われた。この追加情報は、CFIAカナダ食品検査庁の食品安全性調査の間に識別された。

製品がラベルに申告のない卵を含んでいるため、市場から特定のOttogiブランドのヌードル製品がリコールされている。卵にアレルギーを持つ人々は、下記のリコール対象製品を消費するべきではない。

これらの製品は、ブリティッシュコロンビア、アルバータ、サスカチュワン、オンタリオ、およびケベックの各州で販売されていたが、他の州や領域でも配布されていた可能性もあるという。

リコール対象製品(ブランド、製品名、サイズ、UPC、コードの順):
• Ottogi、Jin Ramen Spicy、600 g (120 g x 5)、外パッケージ: 6 45175 52015 3、内パッケージ6 45175 52012 2、賞味期限コードJUN.24.2019
• Ottogi、Jin Ramen Mild、600 g (120 g x 5)、外パッケージ: 6 45175 52014 6、内パッケージ6 45175 52011 5、賞味期限コードOCT.01.2019
• Ottogi、Snack Ramen、6 x 62 g、外パッケージ: 6 45175 92077 9、内パッケージ6 45175 57264 0、賞味期限コードSEP.26.2019
• Ottogi、Jin Ramen Mild、120 g、6 45175 52011 5、賞味期限コードMAR.11.2019

なすべきこと:
自宅にリコール対象製品がないかチェックを。リコール対象製品は破棄するか、またはそれらが購入した店舗に返品されるべきである。

もしも卵にアレルギーを持っている場合、食べると重大なあるいは命にかかわるアレルギー反応を起こす可能性があるため、リコール対象製品を消費してはならない。

リコールの背景:
このリコールはCFIAカナダ食品検査庁のテスト結果により引き起こされた。CFIAは現在、食品安全性調査を実施している。これにより他の製品のリコールにつながる場合もある。もし他のリスクの高い製品がリコールされた場合、CFIAは、食品リコール警告を更新することにより人々に通知する。

CFIAは、リコール対象製品が市場から撤去されていることを検証している。

アレルギー反応:
これらの製品の消費と関連した実際のアレルギー反応は報告されていない。

以上


debuginger at 19:15|PermalinkComments(0) 北米ペットフードリコール情報 

2019年01月13日

人気のあるキャンディー製品がA型肝炎汚染の可能性でリコールに

candies and chocolates




これは珍しいし衝撃的なリコールです。結構有名なグルメチョコレートの製品が、施設の従業員がA型肝炎にかかっていたことが判明したことを理由にリコールだそうです。

★ ★ ★

USA TODAYのサイト 2019年1月9日付

(見出し)チョコレート、キャラメルがA型肝炎汚染の可能性、とFDA米食品医薬品局が警告

FDA米食品医薬品局によるリコール掲示によると、ケンタッキーにある会社およびTVショッピングQVCにより販売されていたキャンディーが、A型肝炎汚染の可能性の恐れで自主リコールされている。

Bauer’s Candies社の有名なModjeskas〈個別包装のマシュマロがチョコレートまたはキャラメルにディップされたもの〉が、伝染性の肝臓疾患であるA型肝炎陽性である施設の従業員との接触があったことが判明した。FDA米食品医薬品局によると、11月14日以降にこのグルメキャンディーを購入した顧客は、それらを破棄するべきであるという。

問題の、A型肝炎ウイルス陽性と判明した従業員は、11月23日まで同施設で勤務していた。Bauer’s Candies社の社長、アンナ・バウアー氏は声明において、この汚染の可能性を知ってすぐに同社は施設内のすべてのキャンディーを破棄し、機器を消毒し、および当局と協力して対処を開始したと述べている。同氏は、11月25日以降に生産されたすべてのキャンディー製品は影響がなく安全であるとしている。

FDA米食品医薬品局は、これらキャンディーからの実際のA型肝炎汚染感染のリスクは低いものの、リコール対象のキャンディーを食べた人は医師の診断を受け、感染の可能性を防止する必要性についてチェックしてもらうよう、人々にアドバイスしている。

H A型肝炎に感染した場合、徴候が出るまでの潜伏期間が感染後の最高50日までおよぶ場合がある。

A型肝炎は、感染した人の便により、たとえ少量であっても感染したものを食べることによりまん延する。CDC米国疾病管理予防センターによると、徴候としては、食欲減退、胃痛、吐き気、黄疸、および疲労感などを含むという。

リコールについての問題または懸念を持つ人々は、電話1-502-839-3700またはメールanna@bauerscandy.comによりBauer’s Candies社まで連絡を。

以上


debuginger at 17:30|PermalinkComments(0) 北米ペットフードリコール情報 

2019年01月12日

1週間のリコール総括、色々な食品がありました



このブログで取り上げたものもそうでないものも。。。英国と北米両方でのニュースをまとめた記事がありました。

★ ★ ★

newfoodmagazine.comのサイト 2019年1月11日付

(見出し)今週のリコール総括:申告のないナッツ、およびリステリア菌汚染のシェイクサラダ

英国および北米からの今週のリコール総括は、ラベル間違いの食品や、リステリア菌汚染などを含んでいる:

英国では
いくつかのパッケージが、ラベルに申告のないゴマ、および肉(アヒル肉)の入ったアヒル肉春巻を含んでいる可能性があるとして、Waitrose社がチャイニーズ野菜春巻6個入りパックをリコールしている。 またLidl社は、McEnnedy Supersizeブランドのピーナッツフリップをリコールしており、こちらの理由は、製品成分リストにないピーナッツを含んでいるためである。さらに、同社はSondeyブランドの有機ビスケットアソートを、やはりラベルにないアレルゲンであるピーナッツ、オーツ(グルテン)、ゴマ、ミルクおよびヘーゼルナッツを含んでいるとしてリコールしている。

Sogud社は、ラベルに申告のないグルテンを含んでいるとして、グルテンフリーのパンケーキ製品をリコールしている。Belfield社はIce Kingストロベリーコーン製品が、パッケージに間違ってチョコレート&ナッツのコーンが入っているとしてリコールしている。そのためこの製品は、ラベルに申告されていないピーナッツを含んでいる。

Yorkshire Provender社は、間違った15/10/19という日付ラベルをつけたとしてモロッコスタイルの野菜タジンスープをリコールしている。この製品は15/10/19というラベルがついているが、実際は15/01/19までに消費されることを目的としている。

北米では
カナダでは、ラベルに宣言のないクルミを含んでいるとして、, Cape Breton Fudge社が自社のコールキャンディを市場からリコールしている。 また、Eat Smartブランドのシェイクアップサラダが、リステリア菌汚染の可能性のため市場からリコールされている 。

Bulk Barn Foods社は、ラベルに申告のなおミルクを含んでいるとして、市場から一定のCoco Poloブランドのダークココアバーをリコールしている。

米国では、リステリア菌汚染の可能性を理由に、Lake Mills社がOskriブランドのオーガニックヒマワリバターとThriveブランドのヒマワリバターをリコールしている。Grand Strand Sandwich社は、リステリア菌汚染を理由にLunch Boxサンドイッチ、イタリアンサブLunch Boxサンドイッチ、ハム&スイスクロワッサン、およびLunch Boxサンドイッチのハム&チーズをリコールしている。

アリゾナ州フェニックスのShamrock Farms社は、賞味期限3/16/2019の同社の2%低脂肪バニラ0.5ガロンミルクの自主リコールを出している。このリコールは、ラベルに申告してのないアレルゲンであるナッツ(アーモンド)が理由である。

以上


debuginger at 18:31|PermalinkComments(0) 北米ペットフードリコール情報 

2019年01月11日

新年はじまってすぐですが、犬用ドライのペットフードリコールが出ています。



北米在住の飼い主さん、お気をつけください。

★ ★ ★

localdvm.comのサイト 2019年1月10日付

(見出し)FDA米食品医薬品局により数種のドライタイプの犬用フードがリコールに
(副題) 9種のドライタイプのドッグフードブランド

FDA米食品医薬品局は、犬用ドライフードの何種かのリコールについて、ペットの飼い主および獣医たちに警報を出している。

FDA米食品医薬品局は、フードを食べた犬がビタミンD中毒の症状になったとの苦情を受けたことにより、9種7のドライタイプの犬用フードのブランドをリコールしている。

専門家たちによると、犬にみられる症状としてはよだれ、嘔吐、眠気、および食欲減退などがあるという。

ビタミンDの有毒なレベルが含まれたフードを消費すると、腎臓疾患や、他の命にかかわる副作用をもたらすこともある、と獣医たちは述べている。

獣医たちは、ペットに与えるフードのブランドを選ぶ時には、例えばPurina社製品のようにペットフードの袋の側面のAAFCOラベルを捜すように勧めている。

このラベルは、そのフードがペットの消費に安全であることを保証する、実際の試食トライアルがあったことを保証している。

以下が、FDA米食品医薬品局から直接入手されたリコール当該ドッグフードブランドのリストである:

Sunshine Mills社
Old Glory Hearty Turkey and Cheese Flavor Dog Food
UPC 0-70155-14297-9 – 12.75ポンド袋
TC3 29 October 2018
TA1 30 October 2018
TA2 30 October 2018
TC1 30 October 2018
TC2 30 October 2018
TC3 30 October 2018

Evolve Chicken & Rice Puppy Dry Dog Food
UPC 0-73657-00862-0 – 14 ポンド袋
UPC 0-73657-00863-7 – 28 ポンド袋

Sportsman’s Pride Large Breed Puppy Dry Dog Food
UPC 0-70155-10566-0 – 40 ポンド袋
UPC 0-70155-10564-0 – 40 ポンド袋

Triumph Chicken & Rice Recipe Dry Dog Food
UPC 0-73657-00873-6 – 3.5 ポンド袋
UPC 0-73657-00874-3 – 16 ポンド袋
UPC 0-73657-00875-0 – 30 ポンド袋

Ahold Delhaize社 (この会社自身はリコール通知をまだ出していない)
Nature’s Promise Chicken & Brown Rice Dog Food
UPC 068826718472 – 14 ポンド袋
すべてのロットコード
UPC 068826718471 – 28 ポンド袋
すべてのロットコード
UPC 068826718473 – 4 ポンド袋
すべてのロットコード

Nature’s Place Real Country Chicken and Brown Rice Dog Food
UPC 72543998959 – 5 ポンド袋
すべてのロットコード
UPC 72543998960 – 15 ポンド袋
すべてのロットコード

Kroger 社(12/5/18)
Abound Chicken and Brown Rice Recipe Dog Food
UPC 11110-83556 – 4ポンド袋
すべてのロットコード

King Soopers 社(12/5/18)
Abound Chicken and Brown Rice Recipe Dog Food
UPC 11110-83556 – 4 ポンド袋
すべてのロットコード
UPC 11110-83573 – ポンド袋
すべてのロットコード
UPC 11110-89076 – ポンド袋
すべてのロットコード

ELM Pet Foods社 (11/29/18)
ELM Chicken and Chickpea Recipe
UPC 0-70155-22507-8 – 3 ポンド袋
D2 26 FEB 2019
TE1 30 APR 2019
TD1 5 SEP 2019
TD2 5 SEP 2019
UPC 0-70155-22513-9 – 28 ポンド袋
TB3 6 APR 2019
TA1 2 JULY 2019
TI1 2 JULY 2019

ELM K9 Naturals Chicken Recipe
UPC 0-70155-22522-9 – 40 ポンド袋
TB3 14 Sep 2019
TA2 22 Sep 2019
TB2 11 Oct 2019

ANF社 (11/28/18)
ANF Lamb and Rice Dry Dog Food
UPC 9097231622 – 3 kg袋
Best by Nov 23 2019
UPC 9097203300 – 7.5 kg袋
Best by Nov 20 2019

Lidl (Orlandoブランド)社 (11/6/18)
Orlando Grain-Free Chicken & Chickpea Superfood Recipe Dog Food
Lidl product number 215662
TI1 3 Mar 2019
TB2 21 Mar 2019
TB3 21 Mar 2019
TA2 19 Apr 2019
TB1 15 May 2019
TB2 15 May 2019

Natural Life Pet Products社 (11/2/18, expanded 11/9/18)
Chicken & Potato Dry Dog Food
UPC 0-12344-08175-1 – 17.5 ポンド袋
賞味期限: December 4, 2019 からAugust 10, 2020

Nutrisca社 (11/2/18)
Chicken and Chickpea Dry Dog Food
UPC 8-84244-12495-7 – 4 ポンド袋
UPC 8-84244-12795-8 – 15 ポンド袋
UPC 8-84244-12895-5 – 28 ポンド袋
賞味期限: February 25, 2020からSeptember 13, 2020

以上


debuginger at 19:50|PermalinkComments(0) 北米ペットフードリコール情報 

2019年01月10日

生のソーセージ製品、異物混入でリコールに



このように、生で売っていて自分で加熱調理するような本格的なソーセージ製品、おいしいんですよね・・・日本ではあまりポピュラーじゃないですが。

★ ★ ★

USDA米農務省のサイト  2019年1月9日付

(見出し)J. H. Routh Packing 社、異物混入問題でポークソーセージ製品をリコール

クラスIリコール:001-2019
健康リスク:高

USDA米農務省のFSIS食品安全検査局により本日発表されたところによると、オハイオ州サンダスキーのJ. H. Routh Packing 社は、異物(ゴム)混入の可能性があるとして約1,719ポンドの生のポークソーセージ製品をリコールしている。

この生の豚挽き肉のバルクのリンクソーセージ製品は、今年の1月1日から4日にかけて生産された。以下の製品がリコール対象となっている。ラベルはこちら

・ 5ポンドのプラスチック容器でばら売り、バルクの“Daisyfield Brand FRESH PORK SAUSAGE”、ラベルの生産日付が「010119」・「010219」・「010319」または「010419」のもの。
・ 5ポンドの紙パッケージの大型“Daisyfield Brand FRESH PORK SAUSAGE”、ラベルの生産日付が「010119」・「010219」・「010319」または「010419」のもの。
・ 5ポンドの紙パッケージのカントリースタイルの “Daisyfield Brand FRESH PORK SAUSAGE”、ラベルの生産日付が「010119」・「010219」・「010319」または「010419」のもの。
・ 5ポンドの紙パッケージの小さな朝食スタイル“Daisyfield Brand FRESH PORK SAUSAGE”、ラベルの生産日付が「010119」・「010219」・「010319」または「010419」のもの。
・ 5ポンドのプラスチック容器でばら売り、バルク“Daisyfield Brand ITALIAN SAUSAGE”、ラベルの生産日付が「010119」・「010219」・「010319」または「010419」のもの。
・ 5ポンドの紙パッケージの“Daisyfield Brand ITALIAN SAUSAGE”、ラベルの生産日付が「010119」・「010219」・「010319」または「010419」のもの。
・ 5ポンドの紙パッケージのカントリースタイルの“Daisyfield Brand ITALIAN SAUSAGE”、ラベルの生産日付が「010119」・「010219」・「010319」または「010419」のもの。

リコール対象製品はUSDA検査マークの中に施設番号であるEST818が印字されている。これらの製品はケンタッキー、オハイオ、およびペンシルベニア各州に小売りを目的に出荷されていた。

同社は問題を発見し、2019年1月7日にFSISに通知した。

これらの製品の消費による、実際の健康被害は報告されていない。問題の製品を食べて負傷例などが疑われる場合は即刻医師の診断を受けるべきである。

これらの製品が、小売店舗および消費者宅の冷蔵庫や冷凍庫に存在していることをFSISは懸念している。問題の製品を購入した消費者は、それらを消費しないことを勧められている。これらの製品は破棄するか、または購入した店舗に返品すべきである。

FSISは、製造会社がリコールをそれらの顧客に周知徹底し、問題の製品が消費者に行き渡ることがないよう、今後もリコール有効性チェックを定期的に実施してゆく。 入手次第、小売りの配布リストがFSISウェブサイトに掲載される予定。

リコールについての質問を持つ消費者は、電話1(419) 626-2251でJ. H. Routh Packing 社の販売ディレクター、トニー・スターンズ氏まで連絡を。リコールについての質問を持つメディア関係者は、電話1(419) 626-2251で同社のオペレーション部門社長、ジェフ・マイヤース氏まで連絡を。

以上


debuginger at 18:55|PermalinkComments(0) 北米ペットフードリコール情報 

2019年01月09日

サンドイッチ製品が菌汚染リコール



でぶ猫は英語圏しか知らないですけど、サンドイッチはやはり日本より気合い入っていて、こういうちょっと凝ったやつは外国でずいぶん美味しいのがあります。。。でも、そんなサンドイッチが菌汚染リコールだそうです。

★ ★ ★

Food Safety Newsのサイト 2019年1月9日付

(見出し)Grand Strand Sandwich社、リステリア菌テストの結果によりLunch Boxブランド製品をリコール

Grand Strand Sandwich社は、リステリア菌汚染の可能性によりLunch Boxブランドのサンドイッチをリコールしている。 リステリア菌汚染された食品を食べると、潜伏期間が70日におよぶリステリア症を発症する可能性がある。

リコール対象製品と関連した実際の発症例は報告されていない。1月3日に同社は、自社の施設の精肉処理の場所での2018年12月11日のスワブ(綿棒によるサンプル採取)テストがリステリア菌陽性であったとの通知をFDA米食品医薬品局から受けた。

リコール対象製品は以下のとおり(製品名、サイズ、UPC番号、ジュリアン日付):
• Italian Subs、7オンスパッケージ、67068、 12222 8 35218
• Ham & Swiss Croissants 、5オンスパッケージ、67068、 21217 2 34618
• Ham & Cheese、4.5オンスパッケージ、0 67068、 12110 8 34618

写真の出ているサイトはこちら

Grand Strand Sandwich社は2018年12月17日から2019年1月4日の間、リコール対象製品を配布していた。サンドイッチは透明プラスチックでパッケージされ、当初はノースカロライナとサウスカロライナのコンビニエンスストアと自動販売機において販売されていた。

消費者へのアドバイス:
問題の製品を購入した消費者は、全額返金処理を受けるため購入した店舗に返品するか、あるいは製品を破棄すべきである。FDA米食品医薬品局もリコールに関し通知されている。

リステリア菌汚染された食品は悪くなっているように見えず、また損われた匂いもしない場合があるが、それでも食べると重大で時に命にかかわる感染を起こすことがある。リステリア菌感染によりリコールされた製品をたべて症状が疑われる場合は即刻医師の診断を受け、リステリア菌に露出されて可能性について医師に話すべきである。

また、リコール対象製品を食べた場合は今後数週間、自身をモニターすべきである。なぜなら、リステリア菌への露出からリステリア症を発症するまでの潜伏期間が最高70日におよぶ場合があるためだ。

リステリア菌感染の徴候は、嘔吐、吐き気、持続的な熱、筋肉痛、重い頭痛、および首の凝りなどを含むことがある。 他の病状と類似しているため、リステリア菌感染の診断には具体的な科学テストが必要である。

妊産婦、高齢者、幼児およいび免疫機能が低下している人々は特に命にかかわったり他の合併症にかかるリスクが高い。妊娠中の女性が感染すると、穏やかな、インフルエンザに似た症状のみを経験する場合が多いが、妊娠中の感染は早産、新生児感染、あるいは死産などを引き起こす場合がある。

以上


debuginger at 20:17|PermalinkComments(2) 北米ペットフードリコール情報 

2019年01月08日

交差汚染でミルクにアレルゲン(アーモンド成分)、リコール

Shamrock-Farms-milk




このミルクには別にアーモンドの成分は入れないはずなのに、同じ施設で製造されている他の製品の成分であるアーモンドが入ってしまったそうです。こんなこともあるのですね。

★ ★ ★

Food Safety Newsのサイト 2019年1月7日付

(見出し)ラベルに申告のないナッツでShamrock Farmsにミルクがリコールに

週末の間、フェニックスにあるShamrock Farms社は、自社の賞味期限が3/16/2019の2パーセント低脂肪バニラ半ガロンミルクをリコールした。このリコールは、賞味期限03/16/19のタイムスタンプ08:18-11:13 04-05 #1のミルクに、ラベルに申告のない、アレルゲンであるナッツ(アーモンド)が含まれていることが判明したために行われている。

ナッツにアレルギーを持つ人々がこの製品を摂取すると、穏やかな発疹から厳しい呼吸困難に及ぶ可能性のあるアレルギー反応を起こす場合がある。 実際にこの製品の消費による健康被害は報告されていないが、消費者の健康と安全を保証する予防措置としてこのリコールが行われている。アレルゲンの詳細については、こちらで食品アレルギー&アナフィラキシーネットワークを参照のこと。

申告のないアレルゲンは、生産設備におけるアーモンドが含まれている他製品との交差汚染に起因しており、テストによりサンプルに発見されたという。

問題の製品はアリゾナ州内の小売店舗およびディストリビュータ顧客に配布されていた。

リコール対象製品(製品名、UPCコード、賞味期限、ロット番号の順):
Shamrock Farms 2% Reduced Fat Vanilla Half Gallon Milk、0-28300-01228-8、2019年3月16日、タイムスタンプ08:18 11:13 04-05 #1

リコール対象製品が手元にある場合は、それらを消費するべきではない。製品は直ちに破棄するか、または全額返金処理を受けるため購入した店舗に返品を。

Shamrock Farms社はすでに、問題の製品が出荷された小売りの顧客に通知をした。消費者に対して適切に警報が出されることを確実にするため、Shamrock Farms社は自主リコールプロセスについてFDA米食品医薬品局に情報を逐一通知している。

Shamrock Farms社はアリゾナ州ツーソンで1922年に設立され、10,000頭を超える乳牛を所有している。

以上


debuginger at 18:56|PermalinkComments(2) 北米ペットフードリコール情報 

2019年01月07日

米国中西部の有名チェーン店、チーズケーキの大規模リコール



こちら、サルモネラ菌汚染の可能性でチーズケーキがこんなに色々なバラエティ、全部リコールになっています。。。

★ ★ ★

Food Safety Newsのサイト 2019年1月6日付

(見出し)Hy-Vee社、サルモネラ菌汚染の可能性でチーズケーキをリコール

米国中西部のアイオワ、イリノイ、カンザス、ミネソタ、ミズーリ、ネブラスカ、サウスダコタ、ウィスコンシン各州で249箇所を超えるスーパーマーケットを展開する従業員オーナーシップチェーンであるHy-Vee社が、サルモネラ菌汚染の可能性ためチーズケーキをリコールしている。

Hy-Vee社は、リコール対象のチーズケーキがDiamond Crystalブランドのチーズケーキミックスにより作られていると述べている。Hy-Vee社は、自社の原材料供給業者からの警告の文書によりこの汚染の可能性を知ったという。

このリコールは、賞味期限が2018年12月6日から2019年1月11日の間の8オンスおよび32オンスパッケージの、32種類に及ぶチーズケーキを含んでいる。 現在までのところ実際の発症例は報告されていない。

問題のチーズケーキは、同社の249店舗あるうちの、アイオワ、イリノイ、ミズーリ、カンザス、ネブラスカ、サウスダコタ、ミネソタ、およびウィスコンシンの8州の地域の117店舗に分配されていた。

製品はプラスチックのふた付きの、プラスチック容器に入っている。賞味期限の範囲は2018年12月6日から2019年1月11日の間である。賞味期限はラベルに印字されている。以下はリコール対象製品のリストである(UPCコード、バラエティおよびサイズ):
02-80142-00000 Cherry Cheesecake Serving 8オンス
02-80141-00000 Cherry Cheesecake Family Size 32オンス
02-80146-00000 Oreo Cheesecake Serving 8オンス
02-80145-00000 Oreo Cheesecake Family Size 32オンス
02-80148-00000 Pumpkin Fluff Cheesecake Serving 8オンス
02-80147-00000 Pumpkin Fluff Cheesecake Family Size 32オンス
02-80150-00000 Strawberry Cheesecake Serving 8オンス
02-80149-00000 Strawberry Cheesecake Family Size 32オンス
02-80224-00000 Mint Cheesecake Serving 8オンス
02-80223-00000 Mint Cheesecake Family Size 32オンス
02-82327-00000 Turtle Cheesecake Serving 8オンス
02-82328-00000 Turtle Cheesecake Family Size 32オンス
02-80153-00000 Flag Cheesecake Serving 8オンス
02-80151-00000 Flag Cheesecake Family Size 32オンス
02-82315-00000 Mint Chip Bettercreme Cheesecake Serving 8オンス
02-82316-00000 Mint Chip Bettercreme Cheesecake Family Size 32オンス
02-82317-00000 Strawberry Bettercreme Cheesecake Serving 8オンス
02-82318-00000 Strawberry Bettercreme Cheesecake Family Size 32オンス
02-82319-00000 Lemon Bettercreme Cheesecake Serving 8オンス
02-82320-00000 Lemon Bettercreme Cheesecake Family Size 32オンス
02-82321-00000 Pumpkin Bettercreme Cheesecake Serving 8オンス
02-82322-00000 Pumpkin Bettercreme Cheesecake Family Size 32オンス
02-82323-00000 Chocolate Bettercreme Cheesecake Serving 8オンス
02-82324-00000 Chocolate Bettercreme Cheesecake Family Size 32オンス
02-82325-00000 Sea Salted Caramel Bettercreme Cheesecake Serving 8オンス
02-82326-00000 Sea Salted Caramel Bettercreme Cheesecake Family Size 32オンス
02-82329-00000 Golden Oreo Bettercreme Cheesecake Serving 8オンス
02-82330-00000 Golden Oreo Bettercreme Cheesecake Family Size 32オンス
02-82331-00000 Oreo Bettercreme Cheesecake Serving 8オンス
02-82332-00000 Oreo Bettercreme Cheesecake Family Size 32オンス
02-82333-00000 Smores Bettercreme Cheesecake Serving 8オンス
02-82334-00000 Smores Bettercreme Cheesecake Family Size 32オンス

同社は通知を受けてすぐに、問題の製品を店舗の棚から撤去した。これらの製品のうちどれでも購買した顧客は、製品を破棄するか、全額返金処理を受けるために店舗に返品を。

以上


debuginger at 18:55|PermalinkComments(2) 北米ペットフードリコール情報 

2019年01月06日

ナッツバターの菌汚染リコールいまだ続く

Oskri-and-Thrive-sunflower-tahini-butters



去年末に発覚したナッツバターの菌汚染リコール、この会社の製品も、顧客企業または個人顧客が自身でテストをしたところリステリア菌陽性が発覚、リコールになっています。

★ ★ ★

Food Safety Newsのサイト 2019年1月3日付

(見出し)顧客によるテストでOskri Organics社の製品にリステリア菌が発見されリコール開始

Oskri Organics 社は、顧客による無作為抽出テストで製品にリステリア菌が発見されたとして、自社のタヒニバターとヒマワリバターをリコールしている。同社はその顧客が、消費者であるのか、なんらかの企業体であるかどうかについては明示していない。

1月2日のFDA米食品医薬品局による同社のリコール掲示での発表によると、その顧客は12月18日に、命にもかかわることがあるリステリア菌汚染陽性であるテスト結果を、ウィスコンシン州レイクミルズの食品会社であるOskri Organics社に通知したという。

「問題のリステリア菌の汚染源を見つけるため、現在も調査が進行中である。FDA米食品医薬品局および我が社が問題の発生源を調査している一方で、当社は問題の製品の生産と配布を停止している。」

当局はリコール対象のタヒニバターまたはヒマワリバターに関連した実際の発症例の報告は受けていないが、リステリア菌感染の徴候が出るまでの潜伏期間は最高70日になる場合がある。Oskri Organics社は、自宅にリコール対象製品があった場合は直ちにそれらを破棄するよう人々に呼びかけている。

これらの 製品は賞味期限が1年以上と長い貯蔵期間を持つため、製品が消費者宅に貯蔵されていることが懸念されている。Oskri社は米国12の州に製品を配布していた。いくつかの製品はインターネットを通し消費者に直接販売されていた。

リコール対象のナッツバターすべては、プラスチックの16オンス入り容器に入っている。ロット番号は容器の上部または底の賞味期限の近くに印字されている。消費者は以下の情報により、リコール対象製品であるかをチェックできる:
・Oskri Organic Sunflower Butterは、緑がかったカーキ色で、賞味期限コードが10-2019、ロット番号#099、およびUPC番号が666016401295である。
・Oskri Tahini Butterは軽い黄褐色で、賞味期限コードが1-2020、ロット番号#193およびUPC番号が666016401301である。
・Thrive Sunflower Butterは明るいカーキ色で、賞味期限コードが2-2020、ロット番号#233およびUPC番号が671635704825である。

質問のある消費者は、電話1-920-648-8300またはメールinfo@oskri.comで、Oskri社に連絡を。

以上


debuginger at 17:30|PermalinkComments(0) 北米ペットフードリコール情報