コミック3
私が真面目系クズなのが浮き彫りになったというかなんというか。

とはいえ私だって赤点は免れねばと頑張ったのですが‥
みんなには及ばなかっただけですもの。
そうですもの。
真面目に頑張ってきてるんですがね。

というか公衆衛生がまさかの赤点ギリギリだったのが痛かったです。
予想してたのと全然違う箇所が出たなぁと思ってはいたのですがまさかそこまで悪いとも思っていなかった。

化学理論ももうちょっと取れてると思ったんだけどなぁ。

本当に優秀とまでは言えないボチボチな成績でしたが赤点はないので良しとしましょう。

担任の先生はクラス全体でうちのクラスが一番良かったらしいのでホクホクしてました。
ボーナスか何かの査定があるのかしらとかゲスパーしてしまった。
首席は判明しましたがうちのクラスは他にも上位がゴロゴロしているらしかったです。

クラス平均点も一番だし赤点の人も一番少ない優秀クラスだと。

そんなクラスで私やっていけるんでしょうか。
なんとかやってきておりますが。大丈夫か。
あっ、でもボッチ確定と思いきや予想に反してみんな優しいです。
デブにも優しいんですよ。

そして子持ちな方が私の他にも2名いるので話しやすい。
たまたまらしいですがクラス編成に感謝です。

追試がないのでのんびり今週過ごせます。

久々の学校です。
とは言っても今日はメインが成績発表で後はHRで後期の説明などだから時間は短いです。

大丈夫だとは思うけれど追試がないことを切に願います。
追試とか嫌すぎる。
娘の発熱とかで母召喚 とかやらかしたのでこれで追試だと洒落になりません。

友達とみんなでやれやれ一安心とか言い合いたいものです。

コミック1


お盆期間は夫の実家に帰省してました。
娘が会うのはお正月以来なので序盤は警戒心MAXでしたがすぐになつきましたね。両親より蝶よ花よと心から可愛がってくれるので当然とも言えます。

しかしそれを良いことに暴虐武人に振る舞うので親としては気がきじゃない。
人様の家でテーブルによじ登ろうとするわ、ボードの中にある従兄弟のおもちゃを遊ぶわ、甘えればお菓子や果物貰い放題なのでもうもうもうもう!

たまにの事なので寛大にみたりしようと思う限度を越えている&義実家だから

娘は母の気持ちなどおかまいなしにフリーダムで何度謝ったことか。
そんな私に義母と義姉は寛大だったのです。
甥っ子たち(4歳と2歳)に比べればどうってことはないと。
2人いるとそれはそうかと一瞬納得もしましたが

うちの娘も大きくなったら同じ道をたどる筈なので夫婦で戦々恐々。




↑このページのトップヘ