日々是偵察飛行日記

座右の銘「生涯一座敷童、日々是偵察飛行也」をもとに、俺サマ口調で日々を語り倒す。

昨日までの真夏日が一転して肌寒くなり、夕方は寺子屋、夜はラクトスポーツへ

昨夜は夏のように寝苦しく、一晩じゅうエアコンをつけっ放しにしたけれど、明け方には布団を被らずに寝ていた。

今日も何とか7時間ちょっとぐらいは寝て、自宅で朝食と野暮用の後、極楽物療へ。帰宅後、夕方の寺子屋ドイツ語の下見をさらっとやってから、しばし数学。

それから山科駅前まで繰り出して、例のハンバーガ屋で肉倍量バーガーセットの昼食。

自宅は昨日までの真夏日つづきで熱が籠もって蒸し暑いのだが、屋外に出ると肌寒いぐらい。着る物の調整が悩ましい。

昼食から戻ってまた少し数学。

15時半頃支度をして寺子屋ドイツ語へ。寺子屋は狭いので、早く行っても前の講座の人が居たりして教室に入れない。かと言って待っている場所もないので、アンチュチュで少しだけ時間調整。

16時40分から18時10分まで寺子屋ドイツ語。今日から新しい受講生が入った。俺サマと同世代ぐらいの女性で、前に俺サマが中級クラスと上級クラスのハイブリッド受講をした時に、中級クラスに居た人である。

これで例のあっけらかん女子高生も入れて、合計3名のクラスとなった。元気一杯弾けまくる女子高生ってのも、そういうのが好きなオジさんにはいいのだろうけど、俺サマはピーピー賑やかなのは、ちとくたびれる方である。だから同世代の女性が入ってくれて心強いというか、彼女が防波堤になってくれて、俺サマはひと息つけるかなという感じ。

それでも受講生が3名となると、先生を含めて4名の会話となり、「社交的ぼっち」の俺サマとしては、厳しい状況とも言える。

つまり、4人以上の会話だと、皆がわーわー言い合っている状況で、俺サマが口を挟める瞬間を慎重に見極めなければならない。しかも、やっと巡ってきた短い発言時間に的確な言葉を思いついて、途中で誰かが口を挟んできて話題が別の方向に変えられる前に、自分の言いたい事を言い終えることができるか?ということを常々考えなければならない。

しかもそれをドイツ語でやるのだから、余計大変だ。老い先短い俺サマが、何を好き好んでそんな寿命が縮みそうなストレスフルな状況に我が身を投じなければならんのだ?という疑問がないわけでもない。しかし星由里子ではないが、74歳でも「まだお若い」というのだから、もうちょっと頑張らなくっちゃいかんのかという気もする。

寺子屋の後、近くのコンビニでアイスクリームを買ってその場で一気食いしてから山科に戻る。

帰宅して夕食と野暮用の後、ラクトスポーツプラザへ。もーれつア太郎、いつも土曜日には来てるんだな。自転車漕ぎの嘘中村与一の所に、今日も悪漢ヤコブが近寄って行って、俺サマに言わせれば「完璧に不毛な会話」、つまりプロ野球の話をしていた。その他に久々登場「腹の中に羊一匹男」や嘘ピーターも来ていた。しかし概して土曜日のラクトスポーツプラザは閑散としている。

ラクトから帰宅してひと息つき、少し数学をやって、本日の営業は終了。


蒸し暑い一日、エアコンが効かない教室で3コマ授業で、少々くたびれる

早起きの金曜日である。昨夜も何をしていたという訳でもないのに何だかんだと遅くなって、今日の睡眠時間は6時間をちょっと切ってしまった。ううっ、眠い。

自宅で朝食と簡単な野暮用の後、9時頃に自宅を出て大学へ。ここ数日の真夏日攻勢に加えて、今日はずいぶん湿度が高い。睡眠不足と蒸し暑さのダブルパンチで足取りも重い。

朝の山科駅前、コトチカ山科の壁にもたれてへたり込む小ざっぱりとした40男は今日も居て、さらには50代ぐらいの相棒も一緒だった。奴らは何をしているのか、今もって謎である。

ロードランナー逆走男といい、山科には謎のオッサンが多すぎる。しかし、お前が一番謎だろうが!という突っ込みは、瞬殺却下しておこう。

山科駅で電車を待っていたら、70代ぐらいのオバサマ3人組がベンチに座り、星由里子が西城秀樹と同じ日に亡くなっていたというニュースについてお喋りしていた。

彼女らの一人が「74歳とは、まだお若いのにねえ」と言うので、聞き耳を立てていた俺サマは一瞬たじろいた。じゃあ、「老い先短い俺サマ」がお気に入りフレーズの、まだ還暦前後の俺サマの立場はどうなるのよ?!と。

まあ、平均寿命が80代後半とか言ってる時代だから、74歳は「まだお若いのにねえ」となるのは道理なことなんだろうけど。俺サマ、肝っ玉が小さいから、びっくりしたわ。

10時過ぎに大学に到着。生協コンビニで昼食用のカレーパン、ツナオニオンサンド、豆乳を買って研究室へ。

10時40分から12時10分まで、2回生「構造数理セミナーI(代数編)」の演習の授業。学生が質問しやすいように、教室の中をぶらぶらと歩き回っているのだが、なかなか質問してくれない。しかし博士課程の学生が一人TAをやってくれているので、その点ではおおいに助かる。

学生はTAのお兄さんなら気軽に質問するようだが、そんな引っ込み思案な事では世界を相手に闘っていけないよ!などという昭和のイケイケ系オヤジみたいな事は、言ってもしょうがないので、言わない。

短い昼休みは、研究室にて昼食。

13時から14時30分まで、3回生「複素解析学I」の講義。今日は複素指数関数の周期性の話、複素対数関数が多価関数になること、そして最後に複素対数関数のリーマン面の構成を示したところで時間切れ。次回は、リーマン面と幾何学の関連についてコメントした後、複素対数関数の話をもう少しだけやって、複素積分の話に入る予定。

引き続き、14時40分から16時10分まで、2回生「代数学序論I」の講義。今日は生成元と関係式で定義された有限巡回群と、その生成元の話をする。次回はその応用として、1の原始n乗根の話に入り、時間があれば対称群の話に入る予定。

俺サマは、微に入り細に入り懇切丁寧な説明を全部黒板に書くので、板書が膨大で、しかもどうしても書くのが速くなる。すると学生から文句が出る。かと言って、ゆっくりと簡潔明瞭な板書をすると、説明不足でわからんと文句が出る。

昔、理論計算機科学をやってた時に似たようなことがあった。

普通の理論計算機科学屋があまり知らない数学を使った並列計算モデルの新理論を発見し、論文を書いてあちこちに投稿した時期があった。しかし査読審査で「背景の数学理論について、ちゃんと説明が書いてないので理解不能!」と言って落とされる。それで丁寧に説明を書くと、今度は「説明が長すぎる」と言って落とされる。実は数学科2回生レベルのやさしい代数で、広く知られている話なので、標準的な教科書を参考文献に挙げて説明を簡単にすると、今度は「俺たちが読んだ事のない本の話を使うのはけしからん」と言って落とされる。

こんな調子なので、流石に人格温厚をもって鳴る俺サマも最後はブチ切れて、どこかの国の総理大臣ではないが「こんな人達に負ける訳にはいかないのです!」と計算機科学をやめて数学に転向した。しかし今度は学生がぶーぶー言ってくる Orz...

研究室に戻ってひと息ついてから、午前中の演習の授業の答案のチェック作業。その後、すぐに大学を発つ。

帰りに大丸ラクト山科店で、フルボディーの赤ワインと、ピノ・グリの白ワインを1本ずつ購入。ピノ・グリはフランス流の言い方で、ドイツではグラウア・ブーグンダーと呼ぶ。

グラウア・ブーグンダーは以前、マインツに出張した時、ホテルのレストランの人に勧められて、あまりに美味かったのでぐいぐい飲んで、それ以来俺サマのお気に入りの葡萄である。すきっと爽やかなシャルドネなどと違って、ちょっとひねくれた味わいがあるところが、俺サマとしてはとても親近感が持てる。まあ、ワインの好みと人格はあんまり関係ないのかも知れないけどね。

今夜はラクトスポーツプラザへ!などととんでもない事を考えていたのだが、この蒸し暑い日に大学のエアコンは動かずで、朝から汗だくで3コマ授業をやって教室や黒板の前を歩き回っていたので、少々くたびれた。

運動は大学で十分やったではないかということで、ラクトスポーツ行きは中止し、とりあえずキンキンに冷えた恵比寿ビール350cc缶でひと息つく。それから夕食。

夜は少し数学。


朝は近所の野暮用と二度寝、午後は卒研ゼミ、夜はドイツ語の予習

今月は月曜と木曜の(俺サマ的には!)朝早くに近所の野暮用があるので、昨夜は7時半に目覚ましを掛けて寝た。

しかし結局7時15分頃に目が覚め、ままよ!と速攻で野暮用を片付ける。

それから「7時間寝るぞ!寝るぞ!寝るぞ!」と自らに言い聞かせ、目覚ましを9時半に掛け直し、もう一度寝る。

結局、目覚ましが鳴る前の9時15分頃に目が覚めた。かくして、どうにか寄せ集めで7時間寝たかなって感じ。

朝食と野暮用の後片付けの後、明日の演習の授業の教材を学生用Webサイトに転送するといった雑用を片付けてから、自宅を発つ。雲っているから、今日は日傘はなしにして折り畳み雨傘にしようという事で家を出たら、カンカン照りになってきた。うーむ、戦略を誤ったな、と。

12時半過ぎに大学に到着し、生協コンビニで豆乳とカレーパンとツナサンドを買って研究室にて昼食。それから明日の代数学の演習のプリントのコピーなど。

13時30分から15時頃まで、卒研ゼミ代数編。15時10分頃から16時40分頃まで、卒研ゼミ幾何学編。今日は、教育実習の公欠届を出してくる学生が何人か居た。今日既に教育実習で不在の学生も居る。

卒研ゼミの後、研究室に戻り、代数グループの学生の一人が欲しがっていた資料をコピーして卒研生控え室の机に置きに行く。その後、明日の授業の予習を少しして、17時半頃に大学を発つ。

帰りにラクト山科のスーパーで、残り少なくなってきた日本酒と食材を少し買って帰宅。

今日も暑かった。帰宅してまずはキンキンに冷えた恵比寿ビール350cc缶でひと息入れる。それから夕食。

夕食後はそこはかとなく呑んだ暮れながら、土曜日の寺子屋ドイツ語の予習をとりあえず一通り終えて、本日の営業はこれにて終了。

さて、ツイッターの方は、世界の主だった数学学会や研究所のツイートをフォローしていると、色々情報が入ってきて便利かと思ったのだが、今のところどうでも良いような情報ばかりで、何だかなあ、、、って感じ。

最初は報道機関のツイートもフォローしてたのだが、それこそ分単位でどうでも良いようなニュースがざくざく流れてくるので、邪魔臭くなって全部止めた。

また、俺サマは馬鹿なくせにゴーマンなので(馬鹿だからゴーマンなのかも知れないが)、他人にはあまり興味がなく、個人のツイートをフォローする気はまるで無い。

ならば自分から何かを「呟く」ために使おうかという事になるが、ここ1、2週間やってみた感触では、虚空に向って独りをめき叫んでるだけ!みたいな感じなので、だんだんアホ臭くなってきた。

ということで、ツイッターは止めようかという気分に傾き始めている。もうちょっと様子を見ようかとは思ってるけどね。




プロフィール

グロタン

ギャラリー
  • 今日一日だけで1年分以上笑う
  • 京大は一斉休暇日だったが、数理研ネコには会えた
  • 梅雨の日の午後に会議2つ。こんな1日は酒とヘンデルで蹴散らかすべし!
  • 数理研猫は元気にしてた