日々是偵察飛行日記

座右の銘「生涯一座敷童、日々是偵察飛行也」をもとに、俺サマ口調で日々を語り倒す。

2016年04月

夕方、寺町通りの靴屋に行き、謎を抱えてそのまま帰宅

盆や正月や連休は、心静かに勉強ができるので、大変よろしい。

午前中は自宅で数学。

午後は山科区内に散歩に出て、大丸ラクト山科店でチリの白ワインを1本買い、ついでにその辺で昼食。

帰宅してまたしばし数学。

夕方頃、街に出て、寺町通の俺サマ御用達の靴屋へ。茶、黒交互に履いている黒の方の靴が傷んだので、修理に出そうか、と。

しかし店の人によれば、これはかなり古い靴なので、折角修理してもまたすぐに別の修理が難しい部分が悪くなりそうだとのこと。確かに2、3年前から履いている靴だから、さもありなん、と。

じゃあ、新しいのを買おうかと思ったのだが、店の人に俺サマの購入記録を調べてもらうと、去年の夏に買った新しい靴があるはずだ?と。そう言われても、どうも心当たりがないが、兎に角もう一度確認してから出直しますということで店を出た。

折角街に出てきたのに、靴の件でも何も進展が無いままに、手ぶらですぐに帰るのも何だからと、JEUGIA三条本店に入る。リヒテルの昔のリサイタルの未公開録音が新たにCD化されたというのがあって、3枚組5000円ちょっと。うーん、とりあえずウチ帰ってアマゾンと値段を比較してから考えようということで、今日のところはパス。

それから上島珈琲寺町通り店に入り、iPadで俺サマの過去のブログを検索しまくって、過去数年間に靴を買ったり修理に出したりした日時を洗い出した。

確かに去年8月に靴を買っていて、それは行方不明である。どういう経緯か忘れてしまったが、大学に一足箱に入れたまま置いてある靴があるが、あれがそうかもしれない。今度大学に行って確かめてみよう、というところで今日の捜索は終わり。

俺サマがブログで、淡々と日々の行状の記録に終始しているのは、あれを書いては2ちゃんねるで無茶苦茶書かれる、これを書いては色々な所から文句が出る、それを書いては大学の研究室に脅迫電話が掛かってくるetc. という長年にわたる苦渋に満ちた経験による。その結果、「俺サマは馬鹿だぜい!」みたいな自分の悪口と公式日程の羅列という芸風が確立したのである。

まあ、これだと炎上騒ぎも起こらず平穏だし、一日の終わりにその日の出来事を振り返るのは、ボケ防止に多少は効くだろうし、それに何と言っても、Googleの検索機能つき備忘録として、今日のような時にとっても便利。

帰宅して夕食の後、夜はまた少し数学。

祭日だけど勿論授業日

連休初日だけど、文科省の指導により通常の講義日。俺サマ的には早起きして、10時頃に出勤。

10時40分から12時10分まで、3回生「複素解析学I」の講義。今日は導関数が零の正則関数が定数関数になることの証明を終え、複素指数関数の簡単な性質の証明、複素三角関数の定義とその冪級数展開のところまで。

この講義が始まる直前に一人の学生がやってきて、数理科学科の学生が中心になってやっている、数学の勉強会をする学術系サークルの新歓コンパをやりますので、先生も来てもらえませんか、と。

Rits数理科学科の学生達は俺サマのブログを読んでないから、俺サマがこの手の飲み会に参加するわけが無いことを知らないのはしょうがないけど、さて、どう答えたものか。

同じ問題は、卒業式の謝恩会の時も起こるわけで、例年はメールが届いたり、案内状が研究室のドアのポストに入ってたりするので、返信のメールや案内状に、一言「欠席します」とだけ書いて然るべき所に提出したりする。

しかし先日の2月だか3月には、学生が直接俺サマの研究室にやってきて打診するので、「ああ、それ、僕は行きませんから」とつっけんどんに追い返すこととなった。今回も、そんな調子で行くか、それとも、もうすこし穏便にやるべきかしら、と。

結局、参加を希望する場合は、学生の溜まり場になっている某所のホワイトボードの然るべき所に名前を書いてくれればよいという話を聞き出し、「じゃあ、後で、そこを覗いてみます」という事で、その場は収めた。

昼休みは、研究室で色々雑用。途中、生協食堂で昼食。

14時40分から16時10分まで、2回生「代数学序論I」の講義。今日は有限巡回群の生成元と関係式による表示、巡回群はアーベル群だが逆は成り立たないこと、各元の逆元と位数、有限巡回群の具体例としての回転行列の話など。

講義の後、研究室に戻り、昼休みに書いていた書類を完成させ、事務への送付手続きを済ませたり、デュッセルドルフのホテルにFAXを送ったり。

それから午前中の学生との約束通り、ホワイトボードがある某所を「覗いて」みた。勿論、新歓コンパに出席する積もりは無いので、単に「ああ、これの事か」と、話に出ていたホワイトボードを目視で確認しただけだけど。

17時過ぎに大学を発ち、大丸ラクト山科店で赤ワインを1本買って帰宅。

夕食後、夜は8月末からのヨーロッパ出張の準備関連でゴゾゴソと。

旅券事務所はガラガラ、新福菜館本店は行列

一昨日はリュミニーから、昨日は大先生から、そして今朝は某学術雑誌から論文査読の依頼である。ここんところ、毎朝何かしら衝撃的なメールが届く。今のところは嬉しい知らせばかりだが、そのうちどんな怖いのが飛んでくるかと戦々恐々といったところ。

論文査読の依頼が何故「嬉しい知らせ」かというと、少なくともその学術雑誌の編集委員の数学者は、俺サマの事を馬鹿だとは思っていないからである。

しかし、10年ぐらい前に止めてしまって、もうかなりの事を忘れてしまった可換環論関係の論文で、今の俺サマにはちゃんと審査できる自信は無い。それで、丁重にお断りしておいた。

午前中は自宅で野暮用の後、支度をして京都駅の旅券事務所へ。

ゴールデンウィーク前後は大混雑し、1時間以上の待ち時間が予想されるから、不要不急の申請はこの時期を避けるべしと、申請書類や旅券事務所のホームページで警告している。この脅しが効き過ぎたのか、今日は俺サマを含めて3人ぐらいしか申請に来ておらず、窓口にずらりと10人ぐらい並んで待機している係の人たちは、暇そうにしていた。

それで、俺サマのパスポート申請手続きはすぐに終わった。しかし、京大生協の自動撮影ボックスで、音声アナウンスの指示に従って撮ったのに、窓口で、顔の位置が横にずれているから、撮り直しが必要かも知れないと言われた。まあ、結局セーフだったけど。

それから、新しいパスポートは申請日の今日から10年の期限で、今のパスポートの期限が切れる8月3日からの10年ではないとのこと。まあ、出発間近で慌てるのも何だからと思って早めに手続きしたのだが、2ヶ月ぐらい損したような気分。

パスポートの件が意外と早く片付いたので、久しぶりに京都駅近くの新福菜館本店に行ってみた。いつもは隣の第一旭本店の方に10数人規模の行列が出来ているようだが、今日は定休日らしい。13時過ぎの時点で、新福菜館の方に10数人規模の行列が出来ていた。

それで諦めて、京都駅地下街で昼食を済ませてから、17番のバスで14時過ぎに京大数理研に到着。北部生協会館で、抹茶ミルクアイスなるものと自販機珈琲で一息ついてから、数理研図書室に籠もり、夕方まで数学。

帰りは吉岡書店で数学洋書古本を少し偵察し、JR山科駅でちょうど切らしていた通勤回数券を買った。週3回以内の出勤なら、6ヶ月定期よりも回数券の方がお得である。

今学期は、火、水に会議や学生とのゼミがあり、金曜日は講義日と、ちょうど週3日に収まっている。学科長の役が回ってきた年も、「週3日死守!」の願いを込めて回数券で通したが、何やかや用事があって、結局週4~5日出勤になってしまった。

帰宅して夕食の後、夜はラクトスポーツプラザへ。数日前の掲示で、骨盤矯正ヨガは休講とのことだったので、今日は自主トレの積もりで行ってみたら、予定変更でヨガをやっていた。結局ヨガと有酸素運動自主トレ。

ラクトから帰宅して、深夜は明日の講義の準備を少し。

大先生から突然のメールにテンパる

午前中は自宅で野暮用の後、ふとメールのチェック。。。な、なんと!?

昨日はリュミニー数学研究所からのメールで午前中はしゃぎ回っていたが、今日はこのブログの愛読者という某大先生からのいきなりメール。8月下旬からのヨーロッパ出張の件について色々有難い助言をしていただき、午前中は恐縮のあまり、完全にテンパっていた。「どうしよう?」と。

この「どうしよう?」には、大先生の助言を受けて自分はどうすれば良いか?というのが2割、残りの8割は、「こんなエライ先生に、馬鹿の俺サマの糞ブログが読まれてたとは、、、」という、「どうしよう?」である。

まあ、一応、誰に読まれても困らない事を書いている積もりだが、数学者やウチの大学の学生や同僚に読まれることは想定していない。そういう想定外の人から、「読んでます!」とカミングアウとされると、俺サマに言わせれば、瓢箪から独楽が出てきたようなもので、それなりに衝撃が走る。

それから12時頃に大学に出勤。12時20分から、新任教員歓迎昼食会。会議室で仕出し弁当を食べながら、一人ずつ自己紹介させられた。

俺サマは自己紹介が嫌いな座敷童なので、「皆さん、僕の姿が見えますか?見せませんよね。よろしい」だけで終わりにしたいのだが、そういう訳にも行かないので、聞かれもしてない(自己紹介で話すことは大抵そうである)つまらない事を少し喋る。

13時頃に研究室に戻り、8月末からの出張関係で色々雑用。

14時から16時過ぎまで、M2院生君のゼミ。

16時半から17時50分頃まで、学科会議。

18時過ぎにバスロータリーに行ったら、雨の中、なかなか来ないシャトルバスを待つ学生達の長蛇の列。昨年度は16時15分頃から17時前がそんな状態だったけど、今年度は18時頃がピークなのかしら。

俺サマは普通の路線バスの方に乗ったので、それほど並ばなくても済んだが、ぎゅう詰状態でラッシュアワーに捕まり、通常10数分のところを半時間かかって南草津駅に到着。

大丸ラクト山科店で、今月のおススメ赤ワインを1本買って帰宅。「これが飲まずにおれようか!」と、夕食時に赤ワインとウィスキーをがぶ飲み。

夜は今朝の大先生にお礼のメールを出しておく。

リュミニーの研究集会一般参加のための馬鹿避け選考に合格する

午前中はまず自宅で野暮用を片付ける。その後メールをチェックすると、フランスのリュミニー数学研究所から、「審査の結果、9月の研究集会への貴殿の参加申し込みが受理されたので、ここに通知する」とのメールが届いていた。

計算機業界時代にはあまり聞いたことが無い話だが、数学業界では研究集会の主催者が参加希望者を選別するということが時々行われる。人里離れた場所で、少人数でしんみりと議論したいということらしく、参加者の選考では、稔りある議論が期待できる人ということで、その人の専門分野と研究業績が考慮されるようである。これが、俺サマの言うところの「馬鹿避け選考」ってやつ。

9月の研究集会というのは、まさにその少人数集会(と言っても50人ぐらい規模のようだが)で、俺サマは去年の秋頃に参加申し込みはしたものの、「どうせ馬鹿避け選考で落とされるさ」と思って完全無視していたし、最近、その研究集会の期間に、クラコフ(ポーランド)の大先生の所に行く予定を入れた。

もうちょっと早く受理通知が着てたら、8月下旬からドイツのデュッセルドルフ、9月半ばはフランスのリュミニー、それからドイツのオスナブリュックにちょっとだけ寄って、、、みたいな計画になってかしら。しかし、まあ、俺サマの研究の方向性を考えると、やっぱり前半はデュッセルドルフ、後半はクラコフに行くという、今の計画がベストだな。

ということで、折角馬鹿避け選考に合格したけど、パスすることになりそうだな。まあ、今シーズンは、アンチュチュの講座が閉講になったり、今回のリュミニーのタイミングの悪さがあったりと、フランスに縁遠くなってしまったけど、しょうがないですな。しばらくフランスを離れよ!との神のお告げなんでしょう。

それにしても、俺サマは代数幾何学に転向して間もない5年前に、代数幾何学関連であちこちの馬鹿避け選考に応募して、軒並み蹴られて凹んでいたこともあって、今回の受理通知はしみじみと嬉しい。

いや、マトモな数学者にとっては、別にどうってこともない普通の話なのだが、俺サマは馬鹿だから勝手にはしゃぎ回っているのである。

で、余裕かまして、他に誰が「合格」したのかな?と、研究集会のWebサイトの「合格者一覧表」(つまり参加予定者リスト)を見て、片っ端から学術データベースで検索して「素行調査」をしているうちに午前中が終わった。ううっ、こんな賢こそうな人たちの仲間に入れてもらえて、、、俺サマ、感激!と。

ちなみに、研究集会の講演者に選ばれるのはエラくなければ駄目で、そういうエラい人の中には、あちこちの研究集会からお座敷の声が掛かって引っ張りタコ状態の人も居る。「最近のご研究について、何でもいいですから、講演して頂きたい」という風に、白紙委任みたいな依頼が来るそうである。

しかし馬鹿の俺サマなどは講演者云々に関しては完全に圏外で、今回のように、ただ単に講演を聞くだけの一般参加者に選んでもらえるかどうかが勝負のしどころなのである。

ひとしきりはしゃいだ後、大丸ラクト山科店で昼食用のパンを買って、大学に出勤。

研究室で昼食の後、14時から17時頃まで卒研ゼミ。

その後、図書館で文献を1冊借りてから大学を発つ。今日も2両連結シャトルバスに乗れた。

帰宅して荷物を降ろしてから、近所の耳鼻科へ。やはり自然治癒してたそうで、経過観察は今日で終了。

帰宅して野暮用の後、遅めの夕食。その後、デュッセルドルフのホテルを確認してから、現地の大先生の「良いホテルを予約していただき、有難うございます」とお礼メールを出しておく。

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 今日一日だけで1年分以上笑う
  • 京大は一斉休暇日だったが、数理研ネコには会えた
  • 梅雨の日の午後に会議2つ。こんな1日は酒とヘンデルで蹴散らかすべし!
  • 数理研猫は元気にしてた