日々是偵察飛行日記

座右の銘「生涯一座敷童、日々是偵察飛行也」をもとに、俺サマ口調で日々を語り倒す。

2017年05月

夕方は天満橋の教会コンサートに出かけ、大阪風情を満喫する

ここ数年、5月に真夏日(30度以上)が数日ある年が続いているそうだが、平成の始めごろはそうでもなかったそうだ。今日も真夏日で、半袖Tシャツ一枚に首タオルという、俺サマクールビズ姿でキメる。

午前中は自宅で朝食、明日の寺子屋ドイツ語の予習、途中、極楽物療。ドイツ語の予習の後、自宅にて昼食。午後は数学。

夕方、首タオルはそのままに、半袖Tシャツの上にポロシャツを着て、荷物の支度をして大阪に繰り出す。

大阪駅から市バスに乗ったら、俺サマが降車予定の停留所の直前で、タクシーが無理矢理割り入ってきて渋滞にひっかかり、バスレーンを塞ぐ形になってしまった。俺サマは降車の準備をして、出口の近くに立ってたのだが、バスの運転手も、しょうがないタクシーだなあって顔をしてた。

そしたら、後ろからおっちゃんが俺サマを押しのけて運転手の所にぐっと顔を近づけ、「何や、あれ。迷惑なんわかっとって突っ込んで来てるやんか。何やったら、ワシが文句言うて来たろか?」と。運転手としては、「言うたって!言うたって!」とは言えず、そうやなあ、みたいな返事をしていた。

大阪のおっちゃんは、おもろいなあ。

ちなみに、タクシーは、流石にまずいと思ったのか、ハンドルを切り返して横道に入って行ったので、バスは無事停留所に停まれた。

拠点マンションで搬入物資を下ろし、一息ついてから、少し早めの夕食に出掛ける。

今日は天神通りの何の変哲もない蕎麦屋に入ってみた。表のサンプルを見て、天ざる蕎麦にしようかなと思って入ったのだが、普通の定食屋並に色々なメニューがあったので、ロース豚カツ定食1350円を注文してみた。

そしたら、ロース豚カツに小さな海老フライがオマケに付き、豚カツにはゴマだれソース、エビフライにはタルタルソース付き。ご飯、味噌汁、漬物は勿論として、蕎麦屋の意地を見せて小さな蕎麦、しかも冷たい蕎麦を注文したら、トロロ芋がたっぷり掛かっていた。さらには、ミニ野菜サラダ、タコと胡瓜と若布の酢の物小鉢、ダメ押しの冷奴までついていた。

このコストパフォーマンスの高さは、まさに俺サマが夢にまで見た大阪飯である。

普通の蕎麦屋なので、当然ながらテレビが点いていて、客のおっちゃんらがそれに見入っていた。ニュース番組で、某国のミサイル発射のニュースの時には、「『国会議事堂をふっとばしたる!』とか言うてるけど、もっと他に吹っ飛ばすところがあるやろ」「原発なんか狙われるやろな。皆、危機感が無いから、全然考えてないやろけど」と。

次に米国の有名プロゴルファーが飲酒運転だの薬物だので逮捕されたニュースの時は、「なんや、これ。別人の顔やんか。えらいもんになってしもたな」「飲酒運転って、女と一緒やったんとちゃうか」「女やろ。女にボケとったら、アカンな」など、なんやかやと論評していた。

やっぱり、大阪のおっちゃんは、おもろい。

夕食の後、天満橋の近くの教会で開かれた、バロック音楽のコンサートへ。ネットで見つけて飛び入り潜入したのだが、60代後半ぐらいのオーボエ奏者とチェンバロ奏者の夫婦が中心になってやってるらしい、10人ぐらいのアンサンブルだった。

オーボエ奏者のオジさんは、バスの運転手に「何やったら、ワシが文句言うて来たろか?」とか言いそうな、大阪のおっちゃん!だった。

ヴァイオリンの曲の前に、演奏者が、この曲は大変美しい曲ですが、作曲者はこの曲に似合わず、気難しくて、協調性が無く、人間嫌いだったと言い伝えられていますと解説していた。

それは違いますね。気難しくて、協調性が無く、人間嫌いだからこそ、美しい曲が書けるのです!

コンサートの帰りに、拠点マンションで一息ついて、それから京都に帰る。JRは昼間の沿線火災の影響で、ダイヤが乱れっ放しで、俺サマが乗った京都行普通列車も5分ほど遅れ、京都で乗り換えた野洲行き新快速も、また5分程遅れていた。

23時半頃帰宅。去年の教務委員の先生から、教務委員これやってください!メールが届いていたので、適宜処理する。



夜は2ヶ月振りにラクトスポーツプラザに復帰

午前中は自宅にて、朝食と野暮用の後、極楽物療。帰りに山科区内のスーパーで食料品を、大丸ラクト山科店で切らしていた赤ワインを買い、さらに地下鉄山科駅でイコカカードのチャージをする。

その後、ついでにその辺で昼食。帰宅して、食後の珈琲の後、数学。

昨日、学科内メーリングリストの微妙メールに返事を出しておいたが、その反応メールが微妙かつ不穏に色々流れていた。ふーんと思って流していると、今度は事務から何やら休講だの補講だのというメールが飛んできて、一瞬腰を抜かした。

半年ぐらい前だったが、俺サマが臨時で1回だけやることになってた講義をすっかり忘れていて、百万遍界隈を楽しく徘徊していた。そして夕方帰る時に、ちょうど今日みたいな感じで事務からメールが飛んできてて、先生、今日は授業すっぽかしましたね。補講は何日にされますか?とあり、一瞬目の前が真っ暗になったものである。

しかし今日のメールにある科目名を見ると、、、それ、俺サマの担当科目とちゃうやん!またもう一人の高山先生と間違えてメール送ってきたな、、、いや、そうでも無さそうだ。

で、結局、俺サマは今年度教務委員なので、その関係のあれしろこれしろメールだった。なーんだ、びっくりさせないでくれよ、と。

夕食後は、2ヶ月ぶりにラクトスポーツプラザへ。坐骨神経痛は、全ての症状の震源地だった患部の痛みがまだ残っていて、ある種の動作ができない状態だが、少し前までは、そもそも運動しようなんて気力が湧いて来なかったから、全体的に見て改善しているのでしょう。

今日はZUMBAの日だが、流石にそういう激しい動きはまだ出来ない。ストレッチを念入りにやって、負荷を軽めにして筋トレを以前の8割程度、有酸素運動はエアロバイクなら足が痛くならないので、それを30分ほど。

自宅からスポーツプラザまでは、まだ歩ける状態でもないので、自転車。ストレッチを始めてから、何故かふと自転車の鍵が気になり始め、念のためロッカールームに戻って確かめたら、、、無い!フロント横の貴重品ロッカーに入れた覚えはないけど、一応見てみたが、やはり無い。もしかしたら鍵の掛け忘れ?と、駐輪所まで行って確認したが、やはり鍵はかかっている。

これはまずいことになったぞ!と、駐輪所からスポーツプラザまで戻る途中、もしかして、、、と思い立って、フロント横貴重品ロッカーの辺りの床を見てみたら、、、やはり落ちていた。ジーンズ(昭和語ね)のポケットから家の鍵を取り出す時に、ぽろっと落としたらしい。

まったく、夕方の教務委員あれしろこれしろメールといい、今日は肝を冷やすことが多い。

さて、一安心の後、ZUMBA、楽しそうだなあ、、、と横目で眺めながら、筋トレ。ZUMBAが終わった頃に、インストラクターの先生に見つかって、最近見なかったけど、どうよ?と。

座敷童の俺サマとしては、気配を殺してたつもりなのに、俺サマの姿が見えるなんて、貴方は心の美しい方ですね、みたいな事をぶちかましても話がややこしくなるだけなので、いやあ、この2ヶ月ばかり坐骨神経痛で大変で、今日、久しぶりに来て、まだ病み上がりのリハビリ状態です、と。

すると先生は、坐骨神経痛は筋肉のこわばりが原因だから、十分にストレッチすると良いし、カイロプラスチックという手もある、と。俺サマの坐骨神経痛はヘルニアが原因なので、ちょっと違うみたいだけど、まあ、いいか。

で、お気遣いありがとう。そのうちまたZUMBAに復帰したいので、その節はよろしくと言っておいた。

どうだい?この俺サマでも、いっちょまえに世間話ってぇモンが出来るだろうが。って、そんなの自慢にならない、か。

スポーツプラザから帰宅後、水曜日の寺子屋ドイツ語の予習をすこし。


代数学の演習問題を作って、夕方から大阪

日曜日である。ゆっくり起きて、遅めの朝食は軽く済ませ、京都新聞日曜版の2つのパズルに取り組み始めるも、ふと、代数学の演習問題を作って、担当の助教の先生に送る作業を思い出す。

昼過ぎまでには終わらせようと、作業開始。と、学科のメーリングリストに微妙メールが流れてきたので、「しょうがないなあ」と思いつつ、返事を書いて出しておく。そうこうしているうちに昼過ぎになり、演習問題は完成せず。

それからしばし色々の後、山科区内のスーパーに買出しに出る。ついでに、その辺でかなり遅めの昼食。

久々に山科駅前の「上等カレー」屋に行ってみたが、若い店員が一人増えて専ら皿洗い。それまで補佐や皿洗いをしていた爺さんがカレーを作り、それまでカレーを作っていた40代ぐらいの人が補佐に回っていた。

帰宅して演習問題作成作業を終え、助教の先生にメールで送って一件落着。途中で放り出していた2つのパズルを片付けた頃には、もう夕方。

それから支度をして大阪へ。出足が遅れたせいか、拠点マンションでテレビを点けたら、ちびまるこちゃんの第一話目が終わるところだった。

そんな調子で、例によってまったりとすごし、21時前に拠点マンションを発つ。21時12分の京都行き普通列車に乗り、つり革にぶら下がっていたら、前の席に座っている親子3人連れの父親が、この顔にピンときたら110番!じゃないけど、福岡の大学から最近別の所に移った、数学の先生では?と。

まあ、俺サマは、数学者は嫌いだし、他人の空似だろうから、どうでもいいや、と。

彼ら3人は吹田で降りていった。俺サマはやっと席に座れたので、さて数学をと思ったが、間もなく睡魔に襲われ気を失う。結局今日は、代数学の演習問題を作っただけで終わったな。

前を走る快速列車に急病人が出た関係で、新大阪でしばらく足止めを食うも、京都駅乗換えも比較的順調にゆき、22時半頃に無事帰宅。


カレー味カール生産中止、、、孝行したい時に親はなし

午前中は自宅で野暮用と朝食の後、極楽物療へ。受付を済ませて物療部屋に向う階段の所に、30代ぐらいの女が座ってスマホをいじっていた。邪魔だなあ、と。

そういえば、10年ぐらい前、ジベタリアンと言って、通行量の多い路上の真ん中でへたり込んだり、人が頻繁に通る階段に腰を下ろしたりして、通行の邪魔をする若者が、大量発生した時期があったが、その残党派であろう。

物療では、例によって腰の牽引の後、カーテンで仕切られたベットのあるスペースで、低周波電流を当ててもらうのだが、今日は終了のブザーが鳴っても、看護師さんは誰も気づかなかったようだ。

そのまま3分ほど待っても、一向に来てくれる気配がないので、自分でテキトーに機器類を外して、そのまま放置し、自力脱出して帰ってきた。

その後、山科区内のスーパーで、東日本で販売中止宣言が出た、明治のカールを買った。カレー味が無いので、店員さんに聞いたら、今はうす味とチーズ味以外はなかなか入荷しない状態だと。後で分かったことだが、カレー味は生産中止になったらしい。しょうがないので、うす味を1袋購入。

それから山科区内で適当に昼食。今日はテーブルについても、一向に店員さんが注文を取りにきてくれないので、暇そうに突っ立ってる店員さんの所に行って合図する。

俺サマは、立派な座敷童として心の美しい人だけに姿が見えるようになろうと、日々修行を積んでいるのだが、今日は物療でも昼食でも、完全に気配を殺すことができたようで、この意味ではいつになく快調である。

ラクト山科の床屋に行って、グロタンカット(要するに丸刈り)にしてもらう。帰りに大丸ラクト山科店の食料品売り場を覗いてみたら、カールのカレー味が数袋売っていた。しかし大丸らしい馬鹿高の値段がついていたので、一瞬ひるんでしまい、その場は退散。

ラクトの帰りに別のスーパーを覗いてみたら、カールのチーズ味やうす味が、先ほどのスーパーより10円安く売っているのに愕然とする。

帰宅してしばし数学。とは言え、今日はどうも調子が出ない。理由は色々あるのだが、要するに、岡潔大先生の「人を相手に学問するのはたやすいことだが、学問を相手に学問をするのは、大変なことである」という言葉をかみ締めていたのである。

私大教員は、人を相手に学問をすることを求められるが、およそ何事につけ、一般ウケしない考え方をする俺サマにとって、それはたやすいことではない、と言うより不可能である。では、学問を相手にまっとうに学問が出来てるかというと、全然そうでもないのよね。まさに中年禿易く、学成り難しってやつである。

まあ、腐っててもしょうがないので、 ぼちぼちやって行きますけど。

夕方は、寺子屋へ。百万遍に向うバスの中や、時間調整で立ち寄ったアンチュチュ、そして寺子屋でも、妙に蒸し暑くって汗をだらだらかいてしまい、今日は変な陽気だなあと思ってた。

後で分かった事には、今日着て行ったTシャツは綿100%ではなく、ポリエステルが40%も入っていた!?やっぱりTシャツ買う時には、表示をちゃんと見ないといけないなあ。

16時40分から18時10分まで、寺子屋ドイツ語。その後、アンチュチュの図書室でしばし呆然とする。ああ、今日は朝からどうも調子がよろしくない。物療の階段女と自力脱出、昼食時の注文取り忘れ、私大の学問環境に適応も超越も出来てない自分、やたら暑いポリエステル40%のTシャツ。どれもこれも小さな事だが、俺サマを取り巻く何もかもが、今日はどうも上手く行ってない。ドイツ語で言えば、alles in Ordnung ではない。

しばらくしてから、気を取り直して山科に帰る。大丸ラクト山科店で、意を決してバカ高カールのカレー味を買おうと思ったら、、、売り切れていた。しかも、昼に見た値段が割引価格に変っていた。「孝行したい時に親はなし」という言葉を、ふと思い出した。

今日は色々調子が悪いと思ってたら、最後はそう来たか。もう、今日は駄目だな!と匙を投げ -- 最近流行りの言い方をすれば「心が折れて」--今日の夕食はテキトーに済まそうと好餃子で売れ残りの紫蘇餃子を買って帰る。

夕食後はアイロン掛けなどの野暮用をやりながら、しばし呑んだくれる。今日は膿を出し切ったから、明日は少しはマシな一日になるだろうとの希望を胸に、風呂に入って寝ることにする。



例によって3コマ講義日なれど、体やや重し

俺サマ的には早起き、、、した積もりだが、何となくぼんやりしてしまって、色々な支度が遅れ気味になる。

更に、何となく愚図愚図してしまい、想定より遅めに自宅を出る。

湿度は高いし、微妙に暑いしで、梅雨前の今の天候って、いいような、悪いようなって感じなのよね。

山科駅前のコンビニで昼食用のサンドイッチ等を物色するも、これといったものは無し。今日はガッツリ系の豚ロースカツサンドと、色々野菜たっぷり系サンドの2つをイメージしてたのだが、野菜系はレタスとハムのサンドイッチのみ。「野菜がレタスだけではなあ(トマトぐらい無いのかよ?)、、、」と、そのまま大学へ。

10時過ぎに大学に到着。生協コンビニで昼食用のサンドイッチ、ミニおにぎりセット、牛乳を買って研究室へ。

10時40分から12時10分まで、2回生「集合と位相I」の講義。今日は逆写像の話を逆関数の話にからめて復習し、逆像の概念を逆写像との違いを強調しながら講述。その後、同値関係と商集合の話に入り、立命の全学生の集合を「友達の輪」関係で類別する例を話した後、より数学的な例として、5の剰余系の話をする。

次回は、同値関係、同値類、商集合の一般論に入る予定。

短い昼休みは、研究室にて昼食。

13時から14時30分まで、3回生「複素解析学I」の講義。今日は複素指数関数のリーマン面を構成して、複素対数関数がそのリーマン面で正則関数になるという話。その後、複素積分の話に入り、まずは実閉区間上の複素積分の話をする。

次回は、複素数平面の曲線上の複素積分の話に入る予定。

引き続き、同じ教室にて14時40分から16時10分まで、2回生「代数学序論I」の講義。今日は、1の原始6乗根の例を話した後、1の原始n乗根の定義、n次円分方程式の解集合がn次巡回群になることの証明。

次回は円分方程式の解集合のうち、1の原始n乗根だけが巡回群の生成元になることの証明に入る予定。

と、いうことで、講義3コマのハードな金曜日もやっと終わった。俺サマは、数学の講義したり、ゼミで学生に教えたりするのが大好きだから、体力的にはちょっとキツいかな?とは思うけど、気分的には全然疲れないのよね。

講義の後、研究室に戻って一息つき、17時前に大学を発つ。大丸ラクト山科店で、切らしていた赤ワインを買って帰宅。メールをチェックしたら、学科のメーリングリストに何やらアナウンスが流れていて、「うーん!」てな事になってた。これは放ってはおけないな、と。

それで、とりあえず残り物のカボチャの煮付けと缶ビールで空腹を誤魔化しながら、「アンタ、何を言うてますんや?」メールを書いて送る。

その後、野暮用を片付け、それから夕食。その後、しばし呑んだ暮れる。


livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 今日一日だけで1年分以上笑う
  • 京大は一斉休暇日だったが、数理研ネコには会えた
  • 梅雨の日の午後に会議2つ。こんな1日は酒とヘンデルで蹴散らかすべし!
  • 数理研猫は元気にしてた