DEEオフィシャルサイト

December 21, 2009

RIMG0566スタッフのTです。

とうきゅう」さんの屋上から撮ったあすみが丘の空です。冬の晴れた日というのは、空気が澄んでいるのでとても綺麗な青のグラデーションを作ります。

雲ひとつない快晴・・・も良いのですが、私は空に浮かぶ『雲』を眺めるのがわりと好きだったりします。秒単位で変化する、ひとつとして同じものが存在しない、素晴らしいモチーフだと思います。お金では買えない芸術ですね。

雲といっても色々な種類がありますが、特に美しいのが比較的低い位置にできるもくもくとした雲。「層積雲(Stratocumulus)」と呼ばれているものです。この「層積雲」、まるで空に浮かんだ白い大陸のようで、とてもファンタジック。現実の喧騒や人間・社会が抱える問題など小難しいことをしばし、忘れさせてくれます。

夕暮れ時、この「層積雲」に落ちてきた太陽が差し込むと、雲の間から、それはもう神々しい光の筋、「光芒」が見えることがあります。そんな時は最高のシャッターチャンスなのですが、そういう時に限ってデジカメを持っていなかったりします(苦笑)。

あすみが丘ってわりと高台がなかったりして、なかなか広域に空の写真を撮りにくいのが難点。どうしても木や電線が写ってしまいます。この「とうきゅう」からの写真も、上の方に電線が写っていたので切り取っちゃいました。

どなたか、あすみが丘で広くて見晴らしの良い場所があったら、教えてください。


DEEdee_create at 00:37│コメント(0)トラックバック(0)あすみが丘 │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード