ホビージャパン作例から追加工作箇所を作業していきます。

FullSizeRender
まずは大型プロペラントタンクとランディングギアです。作例では他キットからの流用しているようですが、持っていないので似たようなものを作ってみましょう。


FullSizeRender
まずはランディングギアから。プラ棒とパイプを組み合わせていきます。

ところで、私の持っているタミヤプラ棒2ミリは寸法がいい加減で、直径が2.2ミリほどあるので毎回2.0ミリまで削り出して使っているのですが、こんなものなんですかね?3ミリプラ棒はキッチリ3.0ミリなのですが。

FullSizeRender
ランディングギアの基部と設置部をプラ板で作ります。やや剛性に欠ける感じがするのでワンサイズ太いプラ棒を被せます。


FullSizeRender
組み立てるとこんな感じです。


FullSizeRender
サイズは問題なさそうです。翼が下方に垂れた形状なので必然的に降着機構も大型になってしまいます。引き込んだらブースターの半分くらいの容量を占めてしまうのではないでしょうか?
それにドラッグブレースぐらいの格納機構は必要かも。。。

最終的にはブースター下部を切り欠いて内側に接着剤します。

続いてプロペラントタンクです。

FullSizeRender
作例にあるようないい感じの筒状のものがなかったので極太マッキーを使ってみました。軽量化のため芯はくり抜いています。

FullSizeRender
キャップの凸凹は瞬着パテでざっと埋めて、気泡はクレヨンで埋めてしまいます。

FullSizeRender
タンク後端のパネルをプラ板で作ります。


FullSizeRender
筋彫りを加えサフを吹いてみました。
うーん、溢れ出るマッキー感。最終的には塗装してからまた考えるましょう。
マッキーですが、プラモへの流用には向いてなかったです。素材のプラが非常に硬く、かつ粘りもあるため筋彫りは非常にやり難いです。ヤスリもなかなかかけ難い。そして何より接着剤や塗料を弾いてしまうのでプライマー等の処理が必要になります。
サフも一度プライマーなしで拭いてしまい、マスキングテープで全て剥がれてしまいました。

最後に本体の工作です。
IMG_2862
作例は胸部分中央にカメラ、その横にアンテナのようなディテールが追加されています。頭部も 左右に厚みを増しているようです。


FullSizeRender
見様見真似でプラ板で作ってみます。胸のカメラは作例に比べかなり大きくなってしまいましたが、自分の力量ではこれが限界っす。
プロモデラーさん凄いですね。


ホビージャパン作例はぱっと見は改修箇所が少なく見えるのですが、キットとよくよく見比べると細かな工作がそこかしこにあるんですよね。
模型雑誌の「簡単な作業」「誰でもできる」という文面を鵜呑みにしてはいけないですねー😅

前回から引き続き全身にパネルラインを掘り込んでおります。ようやくひと段落し大型のプロペラントタンクの接続を模索しています。

FullSizeRender

IMG_2850
筋ボリは写真では上手く映っていませんが、、、

FullSizeRender
ブースターはとにかくデカイです。完成しても置き場に困りますねー!

Z祭り第二弾、AOZ縛りに向けてハイゼンスレイⅡラーを作製しています。

IMG_2848
プレバン限定モデル、AOZは詳しくないのですがキット化発表した時にカッコ良くて注文しておりました。144スケールですがかなり大型ですね。
IMG_2846
プレバン公式HPから完成画像です。プレーンな面が広いのでディテールを追加しようと資料を漁っていたところ、

IMG_2847
ホビージャパンの作例をコピーすることにしました。

IMG_2844
現在パネルラインをひたすら掘り込んでいます。

IMG_2845
大型ブースターも作例を参考にひたすら掘り込みます。
今年の夏休みは自宅で筋彫りの夏となりました。引き続き頑張ります。

↑このページのトップヘ