前回完成しましたアーティファクトのバイアランカスタムがカッコよかったのでHGUCで作っていこうかと思います。

IMG_3154
手持ちであったのはZ版の通常バイアラン。
FullSizeRender
こちらがアーティファクトのバイアランカスタム。一部のパーツは流用できそうですが骨格が全然違いますね。


IMG_3165
アーティファクトは鳥足のような関節構造でディテールもかなり違いがあります。

IMG_20220319_135002
ひとまず関節の位置を割り出すために適当な図面を書き、内部骨格と関節位置を考えます。

FullSizeRender
図面からプラ板で骨格を組んでみたところです。ここから肉付けしていきます。


FullSizeRender
爪先からひざ周辺まで作業を進めました。しかし何か違う、、、。特に脛周りが。
プラ板のみでの造形はなかなかうまくいかないようなのでパテを揃えてやり直します。


IMG_3162
パテ盛りの前にプラ板でゲージを作ります。机の上がえらいことになってます。


IMG_3164
エポパテを盛り重ね、ゲージを目安に削り込みます。

IMG_20220319_140256
上手くいっているのかいないのか、もう少し作業を進めて全体で摺り合わせないとなんともいえないですね。

このような感じで迷走しながら進んでおります。

FullSizeRender
孫悟空インパルスを制作しました。
今回は固定仕上げのつもりで可動は考えておりません。
ハンドパーツはビルドナックルズの平手を加工して開き手と持ち手を作っています。

FullSizeRender
制作途中の写真がなくてすいません、忘れていました。

後ろ姿も装飾がびっしりです!しかも殆ど塗り分けでの再現です。

FullSizeRender
装飾の塗り分けにはアクリル塗料とエナメル塗料で拭き取りを試してみました。いつもラッカー使用なのでアクリルのエアブラシ吹きがなかなか思うようにいかず苦戦しました。クレオスの新水性ホビーカラーは昔に比べかなり使いやすくなってはいるものの、隠蔽力はそれ程高くないようなので下地にホワイトを吹いてから重ねていくのがよさそうです。

FullSizeRender
続いてアーティファクトの第一弾も組んでおります。バイアランカスタムもEX-sもかっこいいですね。


FullSizeRender
バイアランカスタムは目立つ合わせ目だけ処理してサフを吹きました。この状態でもいい感じですよね!


FullSizeRender
しかし我慢できずに塗ってしまいました。
こちらもラッカー→アクリル→エナメルの拭き取りと一部筆塗りです。
FullSizeRender
FullSizeRender
アーティファクトの塗り分けはかなり集中力を消費する作業でしたが、色分けするとやはり満足感が違います。

バイアランカッコいいなぁ、そういえばHGのバイアランカスタム積んでいたような。

新年一発目のブログ更新になります。
昨年末からSDガンダム祭りが私の中で開催されております。

IMG_3084
まずは武聖関羽雲長ニューガンダムです。名前が長い!
目立つ肉抜きを埋めたり、足回りの可動範囲を改善させています。

FullSizeRender
こちらが塗装完成画像です。

FullSizeRender
名前も長いが槍も長い。

FullSizeRender
二つ目は炎皇張飛ゴッドガンダム。なぜか字の益徳が省略されておりますね。

IMG_3098
三国創傑伝シリーズは昔のSD三国伝のキットがベースになっていますのであまり開脚ができません。

IMG_3100
そこで関節をビルドファイターズシリーズのボールデンアームアームズに置き換えてやります。
IMG_3101
これで可動範囲がかなり広くなります。

IMG_3121
左右の腰装甲の接続をスプリングに置換して下半身とのクリアランスを広げてやります。

FullSizeRender
そんなこんなで塗装も完了しました。

いやー!現在のSDはほんとにカッコいいですね!可動範囲工作やりましたが、私は完成後に動かさない人なので今後は固定仕上げになるかもしれませんね。

IMG_20220115_172925
まだまだSD祭りは継続中です。

次回を待てっ!

こんな感じで今年もよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ