2007年05月17日

オークスは逆転の舞台

常に先手をとる緻密な作戦でウオッカを下したダイワスカーレットと安藤勝己。
今度はウオッカより切れ味あるベッラレイアをどう封じ込めるか。直線も距離も長くなる分、早め早めに動くと最後止まる可能性はある。それとも自ら主導権を握るか。いずれにせよ、目標にされる形で二冠に挑む。
前走はイクスキューズの完璧なラッブを次元の違う脚でゴール前キッチリ捕らえた、ベッラレイア。苦しい競馬をしたからこそ、本番ではそれが生きる可能性は高い。

この2頭が人気を二分するのは間違いないが、間に割って入る馬、あるいは逆転まで可能な馬はいる。

桜花賞からオークスは逆転がよく起きる舞台である。
ハイレベルな今年は難しいかもしれないが……、断然人気だった、ダンスインザムードをダイワエルシエーロが破ったように決してこの時期の牝馬に断然ムードはないことを強調しておく。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星