お疲れ様です! 
とくちゃんです


怒涛の3日間開催が終わり、
今週はGIウィークですね!

と言っても、低レベルと言われる短距離戦で、テンションはあまり上がらずf^_^;
まぁ、じっくり考えたいですね。



応援クリックお願いします。まだ開設したばかりのブログで、たった一票でも更新の励みになります。                                                                   
クリックするだけでOKです。ブログランキングの方に飛びますが、それで完了です。→          



阪神大賞典のレース回顧と分析を。
と言っても、
このレースの特徴である
底力が問われ、強い馬が強いレースを見せるレースになりましたね。
しかも今年は2強とそれ以外の力差が大きすぎたし、
それほど分析をする甲斐はなさそうですね。



きっちり印通り決まってくれましたね。
3連複で470円まで下がっていましたが。
まぁ、2点で的中出来たので、
予想としては良かったです。


道中一度も緩む事なく、締まったペースで淡々と流れる。
完全にスタミナと底力が問われるレース。




1着サトノダイヤモンド
いやー、強い。
ここはスタミナに特化したシュヴァルグランの庭で、相手の土俵。
タイムも速く、底力が問われた時に、
シュヴァルグランとはオッズの差程の開きはない、
と思っていたが、
まさに子供扱いでしたね。
安心して見ていられるぐらいの楽なレースぶり。
少し折り合いに苦労していたが、
それも序盤だけ。
あとは折り合いついて、楽に追走。
動きたいところで馬なりで動けて、
追われてからもスッと反応。
最後までスピードも衰える事なく、
完勝。
これで9戦7勝。
名前の通り、
硬い堅いダイヤモンド
阪神→京都は間違いなくプラスで、
天皇賞も大本命の扱いでいいでしょう。
淀ならさらに負けないと思う。





2着シュヴァルグラン
スタミナと底力が問われる最も得意な展開。
祐一もサトノダイヤモンドよりも
早目に仕掛ける勝ちにこだわる競馬。
ただ、常に射程圏に入れられていたのが苦しかった。
本番は相手の方が上積みが大きそうで、逆転は正直厳しいが、
キタサンブラックサトノダイヤモンドを見る形でついていけば簡単にはバテないので、
そのまま2.3着争いには加われる可能性は十分。
去年は内枠が災いして、動きたい所で動けなかったのも大きかったし、
枠や展開次第で本番も楽しみ。



3着トーセンバジル
四位が乗って欲しい騎乗をしっかりしてくれての3着。
四位は本当にこの着拾いの乗り方が得意。
この前のチューリップ賞でも2強の1角を崩したし、
この馬自身も同じ騎乗で神戸新聞杯でリアファルの3着に突っ込んでいる。
強い馬が前を掃除してくれた後に突っ込んでくる。
トーセンバジル自身もこの乗り方があっているし、
ハービンジャー産駒らしくスタミナが問われる展開も良かった。
まぁとは言え、4着以下は弱いので、本番は用無しだろう。
長丁場の空き巣重賞とかで狙えるかどうかのレベル。




4着タマモベストプレイ
厳しいペースでここまで良く粘った。
これからも長距離オープンで馬券になるだろう。

5着スピリッツミノル
事前の予想記事でも書いた通り、
タマモベストプレイとは鼻差の勝負で5着。
この馬は長距離が合っている。



ワンアンドオンリーはここでも走らなければもう走るとこがない。
レーヴミストラルはここ明らかに適正外で度外視でいい。なんでここ出てきたの??乗り方もね。





以上です!



スポンサーリンク
A8.netなら!------------------------------------◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能
◇もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!
◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる
◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載
アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)まずは登録
  



応援クリックお願いします。まだ開設したばかりのブログで、たった一票でも更新の励みになります。                                                                   
クリックするだけでOKです。ブログランキングの方に飛びますが、それで完了です。→