お疲れ様です! 
とくちゃんです



応援クリックお願いします
→           





いやー、また負けました。
というか最近全く当たりません。
ある程度上位評価をつけている馬が来たりはしますが、
結局本命馬が来ない。

買い方を考えなおした方がいいのかなと。
僕の買い方は基本的には
ワイド1点買い

なぜこれかというと、
狙える穴馬と、信頼出来る人気馬がいた時に、
最も効率がいい、と判断しているからです。

で、それである程度回収率は上がっていたんですが、
メインレースや重賞など、どんなレースでも基本的にその買い方にはめ込んで行きました。

昨日の◎ルージュバックと◯ミッキークイーンなんて、
どちらも人気している同士で、これをワイドを買うなんて、
効率がいいんでしょうか??

いや、悪いですよね。
まぁ余程自信があるなら一点ドカン!で勝負していいとは思うんですが、別にそんなわけでもなく、いつもの買い方を崩さずに買ってしまいました。

こんな馬券なら、見(ケン)するべきでしたね。



ちょっと負けが込んで来たので、
来週からしっかり自分を見つめ直したいと思います。





それでは




配当的に大荒れとなったヴィクトリアマイルのレース回顧をしていきます。




全馬揃ったスタート。
きれいでしたね。


ソルヴェィグがスッと先手。
スマートレイアーもスムーズに先行策。
ミッキークイーンもいいスタート。
ルージュバックはここで戸崎が押さえにかかり、どんどん後方へ。
ほぼ最後方まで下げます。
思わず
「え??
何してんの??」
と。

オレンジ帽のレッツゴードンキはスローペースに掛かり気味。
外枠が災いしたか。
スプリント戦を使った後だけにこのスローペースは辛かったですね。


ミッキークイーンはその2馬身後ろでしっかり折り合いついており、
ベストポジション。
その直後にクイーンズリング。

その直後にアドマイヤリードルメール
この馬はいつも通りの競馬。

スローの中、ルージュバックはここまで下げて後方から2番手という最悪のポジション。
それも外に馬が一頭居て動きにくい配置。
ここで無理だと確信しました。



馬場の悪い内を避けてみんな外へ持っていきます。
スマートレイアーはキタサンブラックのジャパンカップのようにど真ん中へ。
他馬も巻き込み気味に外へ連れていく。
ここで凄いのがデムーロとルメール。
青のクイーンズリングと、
赤のアドマイヤリード
空いた内を馬なりで通り、
自動的にもう好位へ居ます。
まぁクイーンズリングは引っかかり気味でしたが、アドマイヤリードは折り合いばっちりでいい感じ。


ゴールドシップの皐月賞や、
ネオユニヴァースのダービーを思い出すワープ。

緑のミッキークイーンは外目で包まれ気味だが、浜中は外へ出す気満々。
レッツゴードンキは1番外へ。
スプリント戦で2着に来るような馬が、スローでこの大外へ回すロスはきつい。



問題のシーン。
大本命に乗っている浜中は進路確保に必死。
蛯名デンコウアンジュとクリノホラールを外へ弾き出すラフプレー。


道悪らしく、各馬大きく横へ広がる。
一応触れますが、
ルージュバックも懸命に追い込んではいます。前が止まらないだけ。

ここでさっきのお返しと言わんばかり、
激怒蛯名がミッキークイーンを被せにいく。
ガンガン右ムチですからね、笑
しぶとさが売りのミッキークイーンにとっては結構痛い。
ここで勝負圏外へと去りました。

アドマイヤリードは、
スマートレイアーとソルヴェィグの狭い間隙を突いて来る。
ここで詰まらないのがルメール。

スマートレイアーとソルヴェィグもかなり粘るが、
外からもデンコウアンジュとジュールポレールが来る。


完璧なレースでアドマイヤリードとルメールが1着ゴール。
2.3着争いが相当熾烈。


稍重で上がり33秒台という速い上がり。
後ろや外に回した馬にはきつかったですね。






1着アドマイヤリード
ルメールが完璧な騎乗。
良馬場なら厳しいとみていたが、
稍重で馬群がばらけて捌きやすく、
直前で評価を上げた馬。
で、ルメールがその通りにうまく乗って勝利。
いやー、この馬、
桜花賞5着、
オークス15着、
ローズステークス7着。
とクラシック戦線で通用しなかった。
それがその後の堀川特別から覚醒
勝っても負けても物凄い脚を繰り出す馬に成長。

こんなとこからエイシンティンクルを差し切った脚は強烈でしたし、
その次の飛鳥ステークスもメンバーレベルの高かった条件戦を3馬身千切った。
それだけにG1級だとは思っていましたが、
阪神牝馬ステークスでミッキークイーンに手も足も出ない負け方を観て、ちょっと足りないかなぁと思ってしまいましたが、やはり強かった。
今後も楽しみな馬ですね。



2着デンコウアンジュ
2歳の時にメジャーエンブレムに勝った馬として有名ですが、凡走を繰り返し見放された所でズドン!と快走。
桜花賞もオークスも不利が大きかったし、秋華賞やエリザベスはポジションが最悪。
福島牝馬は早仕掛け、などなど。
力を出し切れないレースが多かったのも確か。
恐らく好走ポイントは、
・府中
・スロー
でしょうね。
好走ポイントから外れると凡走するタイプなので、
来年のヴィクトリアマイルまで散々凡走を繰り返して、
また大穴を開ける、という可能性も十分なので、覚えておきたいですね。
それがリピーターレースの特徴でもあります。




3着ジュールポレール
上がり馬。
条件戦でアドマイヤリードを封じ込めたり、前走も接戦。
十分重賞クラスで、
立ち回りが非常にうまい馬。
今回もいいポジションをとれて、きっちり力を出しきり好走。
安定感抜群の馬で、今後も凡走は考えにくいタイプ。
距離はこの辺りが良さそうではある。





4着スマートレイアー
このレース4年連続出走し、全て馬券圏外ともう一歩足りない。
基本的には直線が長くなると辛いタイプで、人気にもなるだけにG1ではちょっと足りない気はする。





5着ソルヴェィグ
ようやく期待通りに走ってくれたという感じ。
良馬場なら🉐馬として狙おうかと思っていたが、稍重でやめた。
まぁ、この馬が好走するということは、馬場は思ったより回復していたという事で。
スプリント戦や、立ち回り戦でまた評価を上げたい馬です。
これでまた人気してしまうでしょうが、スプリント戦では上位の存在でしょう。




6着クイーンズリング
デムーロがうまく距離ロスを押さえて乗ったが、
内がポッカリ開きすぎて馬が掛かってしまった。
4角でほぼ先頭に並んでいたし、
使える脚が一瞬しかないこの馬には厳しいレースになった。
立ち回りを活かしたいタイプだけに、馬場はやはりいい方がいい。




7着ミッキークイーン
ここまで崩れるとは思っていなかったが、振り返ると、
オークスと秋華賞や昨年のヴィクトリアマイルは全てタイトな流れで好走。
完敗したエリザベス女王杯も有馬記念も、立ち回り戦でスローな流れだった。
そもそもマイル自体が短いのもあるが、
スローな流れを外を回して突っ込んで来れる馬ではなかった、
という事だと思います。
評価を下げる必要も無いかと思います。
ただ、スローになりそうなレースでは割引が必要になるかも。





8着フロンテアクイーン
9着ウキヨノカゼ
10着ルージュバック
この3頭は似たような競馬。
ポジションが悪く、届くはずのない位置。
フロンテアクイーンは最後に詰まっていたし、
ウキヨノカゼは浜中の煽りで思いっきり大外へ振られた。
ルージュバックは馬群を割れない不器用な馬。戸崎はこれだけコンビを組んできて、何故こんな乗り方になるのか理解に苦しむ。
それぞれ持ち味を活かせないレースになった。
度外視出来るし、
いつ激走してもいい能力と末脚は持つ。




11着レッツゴードンキ
この馬の悪いところが全て出た。
スロー、外枠で距離延長。
折り合いを欠く要素がたっぷりあったし、コーナーのロスも大きかった。
この馬には上がりも速すぎた。そもそも過剰人気でしょう。





以上です。

前日の雨で、
当日回復。
という場合の微妙な馬場状態の時は、
予想以上にスローになる傾向があるような気がします。
各ジョッキーが慎重になるんでしょうかね。
それで意外と馬場が回復しているもんだから、好位組が圧倒的有利になったりしますね。

桜花賞なんかでもそうでした。前日の雨で馬場が悪いと見せかけて、意外とそこそこいいタイムが出て、
好位にいたレーヌミノルが優勝。


展開予想をする上でまたしっかりと考え直したいですね。




読んでいただきありがとうございます。

皆さんのお陰で少しずつランキングが上がって来ました(^^)
最後にワンクリックだけお願いします!
出来れば2つとも、ポチっとしてもらえると嬉しいです(^^)



→          


こちらもよろしくお願いします。