ご覧下さいまして、ありがとうございます( ^ω^ ) 


宮崎県  O様の再生新車 から、フロントフォークOHの作業です。

まずは、前日OHさせて頂きました、アンチダイブをボトムケースに組み付け、作業開始です。


始めに  ロックピースのOリングの方もかなり変形し 傷んでおりましたので交換いたします。

 

このOリング。
かなり重要なんです!


続きまして、インナーピストンのリング
こちらもヘタリ 縦キズだらけですので

交換。



こちらの対策パーツ
厚みが変わり
張りも全く違うので、

減衰力が本来に物に戻ります。


取り替えたピストンリング、!
良く見ると傷だらけ。。



大半の原因は、
フロントフォークのオイルシールが傷むまで  フォークオイルを交換していない結果。



オイルが劣化し、 摩擦したメタル類に粉末等で 不純物が発生し


最終的に 各部構成部品等を傷め、

破損
高額修理

になってしまいます。



エンジン同様、

オイル  と、名の付く部分は定期的なオイル交換が、

必ず必要です!!




またしても話が逸れましたが、


洗浄後、
ストレートエッジ
ダイヤルゲージ
で測定完了した、インナーチューブ。


先程のインナーピストンと、ダンパースプリングを組み込み、作業を進めます。



スライドメタルも、やはりテフロンが剥がれ かなり精度が落ちガタが出てしまっておりま
す。。。



こちらも、全て交換。

不良品で再び組立て、足廻りを極めるなんて 不可能なパーツですし、


良い足廻りとは程遠い話になってしまいます。



ロックピースバルブのパーツ達が変形して使用不可になっております。。。


原因は、前回OHした方の
組み間違い。。。



ストッパーと、バルブを上下間違えると
この様に変形し  使えなくなります。。。


幸い  OH後、
走行が浅かったみたいで、
ピストン自体は致命的な傷は有りませんでしたので、

軽く研磨し  再使用
 組立→動作確認し


作業続行します。



オイルシール、ダストシールを組み付け

ボトムスプリングを投入し、ジョイントカラーも勿論  投入。



アッパースプリングは、案の定
使用限度オーバー。。。


新品は既に廃盤ですが!



当社ではこちらも、再生品を  製作しておりますので、ご安心を!!

右が中古

左が当社の新品。

かなり縮んでいるのが解りますよね。




長年 フロントフォークの中に、縮めたまま入っておりますので
当たり前ですし、

この様な状態で、当時と同じ性能なんて
出る訳ありませんよね。。。



勿論 交換します。


添加剤入 フォークオイルを投入し、
最終段階へ。


そして、フォークトップボルトもリメイク済みと交換。


元々比較的に綺麗な方ですが、
右がリメイク品
左が付いていた物


やはり、色褪せ  していますね。



リメイク済みを取り付け、完成です!

これでこそ 拘りのOHであり、


再生新車の醍醐味です!



今まで、ボルトの拘りや
 色艶の拘り。

パーツなどの拘りは多くお話して参りましたが、

足廻りもかなり拘り強いです。



結局の所、
全てに強い  "こだわり"  があるからこそ出来る車両ですし、


理屈が解っていなくても、決して究極の車両は 出来ないですからね。。。





続いては、 スイングアーム廻りの組立作業を致します のでお楽しみに♪