ご覧くださいまして、ありがとうございますo(^_-)O♪


宮崎県  O様の車両より、
腰上組立 OHの作業進行です。


スリーブ入れ替えは勿論の事、
拘りの純正ペイントも完了し、
組立再開です( ^ω^ )

スリーブ入れ替え時に、多少誤差がある純正ピストンですが、
そのピストン1つ1つにサイズを合わせて、
ボーリングを行い、
各気筒 同じクリアランスを保持し
純正の量産型より、1台1台の精度に拘ります。



その小さな拘りこそ、
全ての始まりでもあり、
大きな支えとなるのです。



ピストンリングも 勿論全て新品に、

ピストンリングを組み付けて、
コネクティングロッドに
取り付けます。

フローティングタイプにとって、凄く重要となってくる、ピストンピン。

特に、CBXは 摩耗が早く、クリアランスが大幅に広くなっている車両も 
多い為

これ以上促進させない為にも、対策品を使用します。

1型用 オリジナル ピストンピンを
更に  DLC加工する事により、

更なる耐久性、耐摩擦抵抗を極限まで 落とし、
このピンの加工により、コネクティングロッドの摩擦の促進を抑え 

より長持ちするエンジンを実現致しました( ^ω^ )♪

見た目も一目瞭然。
1番左側が、純正。
残りがDLC加工済み。

DLC加工済み品の方が見た目も黒くなるので、すぐにわかりますよね( ^ω^ )♪

ピン自体も、
ホンダ純正では、FF用と共通化してしまい
1型用は廃盤となっております。
 
しかし、1型 2型では、ピン自体の重量が違いますので、
結果、 各気筒の総重量が変わり、
本来の1型から フィーリングがかけ離れてしまいます。。。

ですので、当社では、1型用 ピストンピンを オリジナル製作しております。


純 国内生産、国内加工品ですので、ご安心を。


当社のオリジナル商品は
全て 純 日本製となっております!!

一部では、 海外生産し、日本で加工しただけの物を 国内産と謳う
モラルに欠ける 悪徳な輩もいておりますので、ご注意下さい!

話が逸れましたが、
シリンダーを先日組み上げた
腰下に組付けます。


サクッとブロックを収めて、

続きまして、
シリンダーヘッドを組立ていきます。

スタッドボルトを入れ替え、
組立スタート致します。


まずステムシールを取付、

こちらは、FF用の 対策ステムシールを使用。

バルブスプリングも全て新品と交換。

特にインナースプリングは、使用限度ギリギリか、もしくは オーバーしている物ばかりなので、中古再使用する場合
注意が必要です。

スプリングん全て組付けて、

先程のブロックの上に組み込んで参ります。


測定& ラッピング済みのロッカーアーム廻り&カムシャフトを組込み、

おおまかに形になって来ました( ^ω^ )♪



近日中に、始動点検し、車両に搭載され、
新たに再び 快調に走り出します( ^ω^ )♪


再生新車、みちのりはまだまだ長いですf^_^;)