仕事の強い味方!4ポート充電器

最近mac book AiriPadmini5applePencilにポケットwi-fiに何かとモバイルやガジェットを多用することが多くなっております。

そこで課題となるのがバッテリー残量管理ですね。もちろんどの端末もバッテリーを備えており良いのですが一日中使っていると正直iPadとポケットwi-fiはバッテリーがもちません・・・。

そこで必要になるのが充電器です、はい。
ピンと来る方もいるかもしれませんがここで問題となるのが各端末の充電端子です。

そう!iPad(第5世代)やiPhoneライトニングでポケットwi-fiはマイクロUSB
mac book AirUSB-typeCとバラバラこの時点でケーブルは最低限3種類必要・・・。

まぁ百歩譲って充電器側の規格がUSB-typeAUSB-typeCの2種類となると充電器が複数必要・・・。

当初注文しようとしていた「Anker nanoⅡ45W」を急遽やめて「Anker PowerPort AtomⅢ Slim」にしたんです。
IMG_0666

nanoⅡはポートの数が1に対してPowerPort Atom4ポート!ということはこれ一台用意すればあとは各種ケーブルを揃えておけばなんでも充電できるってことです。

前置きが長くなりましたが商品レビューをしたいと思います。


Anker PowerPort AtomⅢレビュー

ハイパワー

一番高出力のtypeCポート最大45Wです。一番出力を必要とするmac book Air最短2時間ほどで充電できます。

他にもトゥルーワイヤレスもtypeCが現在は主流ですし、最近発売されたiPadmini6(注文済み)もtypeCなので2ポート備えてるのは非常にありがたい2ポート同時に充電した時は最大出力が30Wと低下しますが、それでも必要にして十分!(もう片方のtypeCは最大18W)

USB-typeAポートは二つ

主流はtypeCとなった今でもどうしても手放せないtypeAポートそれが2つ備わっているのはやはり安心ですね。but!喜ぶのは早い!こちらのtypeAポートは合計出力が15W!まぁtypeAでの充電するものはそれほど高出力を求めてないので15Wで全然問題ないのですがとりあえず参考までに。

本体は面積はあるが超スリム

IMG_0668
この点が一番の決め手になって今回選んだのですが、薄さ20mmもないのでPCバッグに入れても全然かさばりません!mac book Airの純正(max30W)から交換ました!あちらは1ポートしかないので単純に比較できませんが、厚みがある分非常にかさばりましたw

IMG_0667

熱を全然帯びない

この手の充電器のイメージは充電中はかなり熱を帯びて結構気になるのですが、高出力のくせに不思議と全然熱を帯びないから精神的に安心ですw
安物の粗悪品を妥協して買って火災とかになったらそれこそ安物外の銭失いになりかねませんからね。

結局ケーブルがかさばるのですわ

これが唯一の欠点かもしれませぬ(後に解決する)
せっかく本体がコンパクトでスリムなのに持ち運ぶ際はメガネ型コネクタのコンセントが必要でそれが付属のもので1.5mあるせいでこれがかなり持ち運ぶのに邪魔。
そりゃ長い分手元に持ってこれるメリットもありますが充電ケーブルを長くすればいいし正直太いコンセントを持ち歩くのは非常にストレス

IMG_0665
ということで、サンワサプライ製0.2mのL型メガネコンセントを別で手配しつつ、充電ケーブルもAnker製の1.8mの物にwこれで携帯するのにかさばらない上に、コンセントから2mまでの範囲なら充電可能!
唯一のデメリットを克服しましたw
IMG_0669

まとめ

複数の機器を同時に充電したい方、ガジェットに合わせてたくさん充電器を使っている方、充電速度に満足していない方など、一気に不満を解消してくれるお勧めの充電器でした。