2009年08月07日

ブログ移転のお知らせ

いつもディースタッフのブログ、ホームページにおいで頂き
ありがとうございます。

この度ホームページのサーバーの移転に伴い、ブログも新しい
場所に移りました。http://www.deestaff.com/blog/

毎日更新を目指していろいろな話題を取り上げて行きますので、
引き続きご覧下さい。

今後ともよろしくお願い致します。

ディースタッフ リクルートメント
田中、吉崎、水嶋



deestaff at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!■スタッフコラム 

2009年08月06日

1人でも多くの方を

ディースタッフでは登録して下さった人材の方々のプロ
ファイルを「Dee Staff]という小冊子にして、日系企業
約2,000社に毎月無料でお届けしています。
Shousassi









お忙しい中、毎日多くの方が、ディースタッフまで時間と
手間をかけおいで下さり感謝の思いでいっぱいです。
せっかく来てくださった方を1人でも多くご紹介できるよう
にとの思いで毎月の小冊子制作にあたっています。

小冊子の内容は人材の方の出身大学・学部・語学・スキル
職務経験・希望勤務地・希望給与・日本語のコメント、
顔写真で構成されます。
もちろん登録時に小冊子へのプロファイル記載しても良い
かどうか各人材の許可を頂いています。

お蔭様で小冊子をご覧になった多くの企業様から求人のご
依頼を頂いております。
小冊子はディースタッフと企業さまを結ぶ大切なものです。

8月号のカタログも先日無事発送しました。
まだカタログをお届けしていない企業様で、郵送をご希望
の場合はお気軽にお申し付け下さい。

吉崎

タイでの就職・求人のご相談はディースタッフまで

deestaff at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!■スタッフコラム 

2009年08月05日

バンコクの通勤ラッシュ



バンコクの交通渋滞は悪名高いのですが、その緩和のためにと建設された
スカイトレイン(高架鉄道)でも最近通勤時の混雑が激しくなっています。

1999年12月に開通後、今年で満10年となりますが、開通当時は利用者が
それほど多くなく、朝夕の通勤時にも余裕で座れた記憶があります。
しかし今ではすっかりバンコク市民の足となり、タイにも通勤ラッシュ
が現われました。

今年5月から2つの駅が延長され8月12日の正式開業まで同区間の運賃は
無料となっています。無料だからかどうかわかりませんが、5月以降、
急に利用客が増えました。特に2つの路線が交差するサイアムという乗換駅
では3方向からの乗降客が一つのホームに溢れ、1本の列車に乗り切れず2本、
ひどい時は3本待たないと乗れません。毎朝ホームでおしくら饅頭状態です。

さらに運行システムの調整中なのか、頻繁に駅間で停まってしまいます。
皆さん通勤途中なので、さすがのタイ人もかなり焦っています。8月12日から
正式開業ということですので、それまでにはシステムも改善して欲しいもの
です。

タイの電車の時刻表は日本とは違い、「何時何分」という表示がありません。
「朝の7時から8時の間は大体何分おきに電車が来るでしょう」といういたって
ファジーな表示なのです。

昔、都心の地下鉄の通勤ラッシュを毎日経験していた事を思い出せば何と
いう事はないのですが、すみません、今回は愚痴ってしまいました。
バンコクで働く皆さんご苦労様です。

田中

タイ・バンコクでのお仕事探し、転職ご相談はディースタッフへ

deestaff at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!■スタッフコラム 

2009年08月04日

面接室

この仕事をしていていい点というのが、いろいろな人とお話をさせていただけるところではないかと思います。日本人、タイ人、実に色々な方がいて、場合によっては話に花が咲いてしまいます。先日面接に来られた日本人男性の方はかつて私の実家のある市の中で長く勤務をされていたそうで、よく買い物に行った場所や飲みに行った店などで話が盛り上がってしましました。世間とは狭いなー、などと感じる瞬間です。

タイ国内の話でも、通っていたタイ語学校がたまたま同じで、校長先生によく叱られた、宿題が多くて泣きそうになった、などという体験談を面接室の中でしみじみとしてしまったこともあります。

こうした身近なことを通してストレス無く話をしていただき、履歴書や職務経歴書には無い、その人のいいところを発見できればいいのではないかと考えて面接室に入っています。

また折に触れて私たちの業務のこぼれ話をしていきます。

水嶋

deestaff at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!■スタッフコラム 

2009年08月03日

百聞は一見にしかず

先日仕事の関係で中国へと行く機会がありました。
香港へは何度か行ったことがあるのですが中国本土
は初めての訪問となります。

中国と言えば「反日」とか「自己中心的」などと言った
どちらかと言うと悪いイメージしかなく、街を歩いていて
日本人とわかったら石でも投げられるのではなどという
ことを心配し、かなりどきどきとしていたのですがそんな
ことは杞憂に終わりました。(^_^;)

ホテルのスタッフやスターバックスの店員さんは毎日
笑顔で気持ちの良い挨拶をしてくれますし、あまり外人
慣れしていないような道端の売り子さんなど、実際に接
する中国の人は親切で親しみやすい人が多かったよう
な気がします。
China









広州などの都会より田舎へ行けば行くほど素朴な人が
多く、東海というところでは水を買いに入った雑貨店の
おばさんは自分が日本人とわかると、あんたご飯たべて
いきなさい、と誘ってくれたりしました。

ちょっと前まで中国に対して身構えていた自分の無知を
恥ずかしく思うと共に新たな発見ができた実り多い旅と
なりました。まさに百聞は一見にしかず!
それでは今日はこのへんで、再見!

吉崎

deestaff at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!■スタッフコラム 

2009年08月01日

日本人人材を求めるタイ企業

ディースタッフにご求人を頂いている会社は殆どが日系企業
ですが、タイの企業で日系企業とのお取引がある会社、または
販路を日系企業にまで広めたいと考えていらっしゃるタイの
会社もたくさんあります。

本日はタイの工具商社の営業マネージャーの方が、日本人人材
の採用についてご相談に来社されました。
日系企業のお客様との窓口となる、タイ語の上手な日本人のご
求人です。

日本人がタイ人オーナーの会社で働く場合、デメリットとメリット
があります。経営者との考え方の違い、上司がタイ人、仕事のスタ
イルの違い、就業規則や雇用条件がはっきりしない等、デメリット
の印象が強く、敬遠されるケースがあります。

一方メリットを考えると、貴重(稀少)な人材として大事にされる。
面接の際にしっかり雇用条件を相談すれば日系企業より良い条件で
迎えられる場合もある。タイ人の中で仕事をする事によりタイ語が
嫌でも上達するなど色々あります。

せっかくタイで働くのだから、日本の会社の延長である日系企業
だけでなく、どっぷりタイ人の社会に溶け込んでお仕事をするの
もまた遣り甲斐があるのではないでしょうか。

田中

タイでのお仕事探し、転職のご相談はディースタッフまで。

deestaff at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!■スタッフコラム 

2009年07月31日

手軽な美味 - タイのインスタント・ラーメン-

タイでも日本でも人気があるのがインスタントラーメン。
私は結構はまっています。夜、お腹が空いたとき、とても
頼りになります。1袋5バーツ(14円位)という安さも私
には強い味方です。

タイではたくさんの種類のインスタント・ラーメンが売られ
ていますが、タイならではの味がトムヤム系(辛くて、
しょっぱくて、酸っぱい味)です。
タイにいる私たちにはすっかりお馴染みの味ですが、初
めてタイに来た方には興味深深の味でしょう。

観光客の人達にも結構人気があって、先日も伊勢丹バンコク
店で日本の観光客が「これ、どんな味がするんだろう?とに
かく買ってみない」などといいながらたくさん購入してました。
付いているダシにご用心、全部入れたらとんでもなく辛くなり
ます。辛さにびっくりしている様子が目に浮かびます。

タイでの食べ方はとてもシンプル。日本とは違い、野菜や卵
などの具を入れず、お湯を注ぐだけ。タイの子供たちは麺を
粉々にしてお菓子代わりにに食べています。

これからも折に触れ、タイの町の中にある身近な食べ物をお伝
えします。

水嶋

タイのお仕事・生活情報はディースタッフで

deestaff at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!■スタッフコラム 

2009年07月30日

本日のお客様



本日はわざわざ中国から、タイの現地法人設立と人材募集の
のご相談においで頂きました。同社は自動車向け金属プレス
部品を製造されており、中国に大きな工場をお持ちです。

中国は大変好景気で、中国市場向けの商品を生産している
日系企業はどこも好調だそうです。
しかし中国政府にはもはや外資の導入は不要という考えがあり、
一方では小資本の外資に対しては一定基準まで増資をするか
さもなくば退去を促すような政策をとっているそうです。

そのため多くの日系企業は中国工場の拡張より、別の国に生産
拠点を移す事を検討されています。同社でもベトナムやラオスなど
東南アジアの国々を調査比較された結果、その第一候補となった
のがやはりタイだったのです。

タイの景気快復にはまだ時間がかかると思いますが、タイには必ず
復活する要素があるのだと、お客様のお話を伺って確信しました。
ディースタッフはたくさんの求職者のご登録を通じ、求人企業のご
要望にお応えしたいと思います。

田中

タイでのお仕事探しはディースタッフで。ご登録をお待ちしています。

deestaff at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!■スタッフコラム 

2009年07月29日

心機一転

最近ディースタッフではオフィスの大掃除と模様替えをしました。

入り口を入った受付の前に登録用紙を書き込む大きなテーブルが
あり、片側5人、向かい合わせで計10人の方が座れるようになって
いたのですが今回椅子を2つ減らし、人材の方にゆったりと座って
いただけるようにしました。そして面接室の前にも二人がけのテー
ブルを2つ置き一度に登録の方が来られたときも余裕を持って対応
できるようになりました。
面接室









大掃除では不要となったもののなかなか捨てれず溜め込んでいた
ものがなんとダンボールで40箱近くになりました(@_@;)
すべて運び出されたあとのオフィスは見違えるようにすっきりとし、
なんだかこころの中まですっと軽くなったような気がしました。

古いものを手放さなければ新しいものは入ってこない、という法則
があると聞いたことがありますがこれを機にどんどんと新しい発想
など取り入れ、さらなる変化を求め頑張っていきたいと思います。

新しく生まれ変わったオフィスに皆さんぜひお越し下さい。
スタッフ一同お待ちしております。

吉崎

タイでのお仕事探しならディースタッフへ!


deestaff at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!■スタッフコラム 

2009年07月26日

タクシン元首相の誕生日



タイの政治情勢は昨年末から年初の混乱期に比べるとずっと平静になって
います。そんな中で注目されていたのが7月26日今日、タクシン元首相の満60歳
の誕生日でした。

タイ人は誕生日を大変大切な日としており、特に日本の還暦にあたる60歳の
誕生日は大きな節目として、お寺に寄進したり、社会に対してなにか良いこと
をすることで長寿を祝います。

タクシン氏はかねてから作文コンクールで選ばれた5千人から1万人の児童、
学生に6,000バーツを支給するビッグサプライズを計画していました。
タクシン支持派の人たちは各地でお祝いの集会を開き、タクシン氏自らが
「私は帰ってくる」と歌うビデオに合わせて合唱するという場面が見られたそう
です。

最近のタイ国内の世論調査では、タクシン元首相への支持率が34.0%と
アピシット現首相への支持率32.9%を僅かに上回ったという結果が出ています。
同調査で4月にはアピシット首相支持率は50.6%で、今回大きく支持率が落ち
ており、なかなか進まない経済復興に対する不満と、タクシン氏復帰への期待
を示しているものと思われます。

国王へのタクシン氏に対する恩赦の嘆願署名を500万人集める運動が進めら
れており、一方では帰国して司法手続きに沿って法廷で戦うべきだとの意見も
多く、いずれにしてもタクシン氏はそう遠からずタイに帰国する日がくるのでは
ないかと思います。

ネット上ですが、アピシット首相からタクシン氏へ誕生日のお祝いが延べられ、
タクシン氏からも何かあればアピシット首相に協力するとの友好的な対話が
あったと伝えられています。いつかタクシン氏が帰国した際にも、新たに国を
分けての紛争にだけはならないよう、平和裏にタイの政治や経済情勢が良い方向
に動くきっかけになることを祈ります。

田中

deestaff at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!■スタッフコラム