神ってる2chまとめサイト

日本一おもしろいまとめサイトです。金バエではなく銀バエによる2chまとめサイト。韓国や生活全般についての話題をまとめています。

    1: 匿名 2017/10/15(日)07:47:34 ID:???
     朝鮮マンセー万歳

    来月初めに予定されている米国のトランプ大統領によるアジア歴訪について、外交関係者の間ではトランプ大統領が韓国と
    日本に滞在する日数に関心が集まっている。韓国、米国、日本の各国政府は表向きは「現時点では正式に決まっていない」としか
    コメントしていないが、日本国内ではトランプ大統領が3泊4日にわたり日本に滞在するとのニュースも報じられている。
    そうなった場合、文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領双方のスケジュールを考えると、韓国に滞在する期間は1泊2日となり、
    トランプ大統領の「韓国軽視」が問題になる可能性も出てくる。

    ■米国の専門家「滞在日数に差が出てはならない」
     韓国大統領府は12日、文大統領が来月8日から東南アジア歴訪に出発し、出発前にソウルでトランプ大統領と首脳会談を行う予定だと明らかにした。
    一方で日本の読売新聞は同じ12日付で「日米両政府はトランプ大統領の日本滞在期間を11月4-7日、あるいは5-7日とする方向で調整している」と
    報じ、またテレビ朝日は「4-6日を軸に最終調整に入った」と報じた。
    もしトランプ大統領が4日に日本に到着し、6日に韓国を訪問する場合、日本にも韓国にも2泊3日滞在することになる。
    一方でトランプ大統領が4日から日本に3泊4日滞在し、7日に韓国に来れば事情は変わってくる。

     ワシントンのブルッキングス研究所のパク・ジョンヒ氏は12日(現地時間)に韓国特派員らの取材に応じた際
    「(トランプ大統領が日本に3泊、韓国に1泊するとなれば)これは非常に良くない状況だ」「北朝鮮が(韓国の立場を)悟るだろうし、
    北朝鮮問題で主導権を握ろうとする文大統領の動きにも影響が出る恐れがある」と指摘した。その上でパク氏は「米国が(韓米)関係を
    軽視すれば、北朝鮮だけが有利になるだろう」「トランプ大統領が日本に3日滞在し、韓国に1日しか滞在しない場合に生じる2次的、
    3次的な影響も考えておかねばならない」との見方を示した。
    パク氏は米国国籍で2009年から今年の前半まで米中央情報局(CIA)や国家情報局(DNI)の幹部を歴任してきた。
    パク氏はトランプ大統領が今回の歴訪で必ずやるべき課題の1つとして「韓国と日本で滞在する期間を同じにすること」を上げている。

    ■韓国大統領府「業務日数としては同じ」
     これに対して韓国大統領府は「最悪の場合、トランプ大統領が日本で3泊4日、韓国で1泊2日過ごすケースも考えられるが、
    その場合もさほど大きな問題にはならない」と考えていることがわかった。日本滞在の期間は週末と重なる可能性が高いため、
    業務日数としては韓日両国での滞在日数は2日と全く同じになるというのがその理由だ。しかも米国の大統領が就任後、
    最初の海外歴訪で各国に滞在する期間に差をつけることは慣例にそぐわない。たとえばオバマ前大統領は2009年11月、就任後はじめてアジアを歴訪したが、その時は韓国と日本に滞在した日数はいずれも1泊2日だった。
    その前のブッシュ元大統領も02年2月の歴訪の際に韓国と日本に2泊3日の日程で滞在した。ただしクリントン元大統領は1993年の歴訪で
    日本に4泊5日、韓国に1泊2日滞在したが、これは当時日本で主要7カ国(G7)首脳会議が開催されたからだ。
    しかも24年前における韓日両国の国力の差も今とは全然違っていた。

    (以下略)

    朝鮮日報/ワシントン=趙儀俊(チョ・ウィジュン)特派員 2017/10/14 09:58
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.amp.html?contid=2017101400471


    【滞在日数で韓日格差か?トランプ米大統領 【朝鮮日報】】の続きを読む

    このページのトップヘ