あなたもブログ記事を読んでいると、
一度は記事の最後に「いかがだったでしょうか?」という文言を見た経験があるはずです。記事の最後にこの一言が書いてあるブログは、正直かなり多いですよね?

ですが、その「いかがだったでしょうか?」記事はなぜあんなに不愉快、そして人をイライラさせてしまうのか考えていきましょう。

・単純に内容がペラペラで中身が乏しい記事だから
・感想を強要されているみたいだから
・「いかがだったでしょうか?」という言葉自体が嫌い
・同じような「いかがだったでしょうか?」記事が他サイトでも多く、またかと残念な気持ちになる

おそらく、このような理由が主ではないでしょうか?
「いかがだったでしょうか?」記事にイライラする要因として、内容がペラペラで中身がなく参考やためになることがないのに、何が「いかがだったでしょうか?」だよ!という気持ちになるのかも!

そして、感想を強要されているみたいだからという理由も。読者はただ自分が納得できれば良いだけなので、その一言が余計だという可能性もあります。

次に、「いかがだったでしょうか?」という言葉自体が嫌いな場合です。これはあまりいないかもしれませんが、その言葉を嫌いという人もいるのかもしれません。それにより、この「いかがだったでしょうか?」記事を見ると、嫌悪感を抱いてしまうという可能性もあるでしょう。

さらに4つ目として、「いかがだったでしょうか?」という記事を最後に書いているブログは他サイトでも多数あるので、またかよという気持ちになる人たちも多いのが理由ではないでしょうか?

いくら内容が良くて中身が濃い記事でも、「いかがだったでしょうか?」があると台無しになるということもあるのかもしれません。
このように、「いかがだったでしょうか?」という言葉はあまり使わないほうが良い可能性もあるでしょう。

特に内容が乏しい記事であれば、余計に「いかがだったでしょうか?」という言葉はいらないのかもしれません。