名古屋発!名古屋の会計事務所 経営者満足を追求する 公認会計士 税理士 出口会計事務所

相続税・贈与税対策、事業承継、後継者教育、事業計画・利益計画策定支援が強みです。(所長:公認会計士 税理士 出口 茂)

2007年08月

世界陸上/男子マラソンの金メダル

marathon現在開催されている世界陸上の初日だったと思いますが、男子マラソンがあったと思います。

日本は、残念ながら個人ではメダルを獲得することはできませんでしたが、上位3人のタイムの合計で競う団体は金メダルを獲得。。。

が、新聞などには、未だ日本の獲得メダル数はゼロと記載されていたので、あれ?っと思ってました。

どうやら、世界陸上のマラソンは、ワールドカップマラソンというのと併催されていて、団体はこのワールドカップマラソンの金メダルだそうで、厳密には世界陸上のメダル獲得数にはカウントされないそうです。

調べるまで、全く知りませんでした・・・。

TVのアナウンサーが「これは、ワールドカップマラソンの金メダルで、世界陸上の金メダルではないです」って教えてくれない(きちんと放送してるのに、私が見てないだけかも・・・)と、私のように誤解する人もいるのでは。。。

それにしても、世界を代表する短距離の選手の速さは別格ですね。

予選の段階ではほとんど流していても、他を寄せ付けません。圧巻です。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

将棋/加藤一二三 元名人 初の千敗

滝の音がうるさい、、、として対局場の旅館の滝を止めさせたり、数々の逸話を持ってる加藤元名人が将棋界初の千敗を達成?したそうです。

最近珍しい個性的な棋士です。存在だけで独自の世界を築かれた感じがします。

TVでの解説もとても早口で、たまに何をおっしゃってるのか、??状態に陥りますが、それも含めて加藤元名人ですので、最近はそれはそれで楽しみにしております。

それにしても、現在67歳。引退することなく、現役を貫き通しています。

中学生でプロになって以降、好きなこととはいえ、ひとつの事をここまで長く続けれるって、本当凄いことだと思います。

30歳半ばより若い棋士が総タイトルを独占している将棋界で、ぜひ存在感を高めていただきたい棋士で、個人的にとても応援しております。 加嶋


◆出口会計事務所のHP◆

残念!!/「狙え得点王・村山浩史!」応援日記(77)(サッカーJFL:横河武蔵野)

明治大学との天皇杯東京都予選。

サッカー界は、アマ・プロ交えてひとつの栄冠を競う天皇杯があるんですよね。

出場総チームの数は相当ありそうですから、正月の決勝に向けて、当然だいぶ前から予選は始まっていて、ムラのチームがいよいよ予選に登場したわけです。

が、残念ながら負けてしまいました。

これは、大きな大きな楽しみが消えてしまった感じで、さすがにショック。。。

勝ち進めるだけのチカラのあるチームだっただけに、期待していたんですが。。。

気持ちを立て直し、怪我も治して、またがんばって欲しい!

シーズンはまだまだある。。。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

偉いぞ!・・・名古屋の地下鉄・心のネットワーク

名古屋で、帰宅途中の女性が殺害される残忍な事件が発生しました。

ものすごい憤りを感じます。腹が立ちます。

なぜ、こんな町になってしまったのか。連れ去られた現場付近の住民の方々は、パトロールを開始されたそうです。

昨日、地下鉄に乗りました。自分の前に、車椅子の方が乗っていらっしゃいました。

久屋大通駅で停車しますと、駅員さんが車椅子の方を待っておりました。ピタッと降りられる降車口で、待ってます。

心がパッと明るくなりました。気分がとても良くなりました。

駅員さん同士の“車椅子の方が、久屋大通駅の○○番で降りられます”という連絡。

なんて素晴しいのでしょうか。素晴しいネットワークです。

今回の残忍な事件は、携帯電話のHPが発端とのこと。全くの“負のネットワーク”で容疑者がつながりました。

ネットワーク。そこにあつまる人間の気持ち。

心、理念、信念。

家族、会社、町、地域、日本、世界。

どのようにつなげるのか。どのような心が集まるか。

今回の事件は、とても根が深い社会問題だと思います。








夏休み終盤

子供達の夏休みが本当の終盤に入ってきました。

嫁さんは、「宿題は終わったのか!」と、連日のように子供達を追い込んでいます(表現が悪いですね)。

私は、工作が大好きでしたので、毎年“超大作”を作り、クラスメイトに驚かれたいと思っておりました。(勉強の方は適当でしたが)

私の子供達は、勉強も工作も、全て“やっつけ仕事”のようです。あまりモチベーションの上がる宿題はないようです。

モチベーションの上がらない仕事を、期限までにきっちりと終わらせる。大人でも、なかなか取り掛かりに時間がかかってしまいます。

このような話をしておりましたら、

事務所の女性税理士曰く「私は、工作以外は、夏休み前に全て終わらせていた!出口さんの血を引いたのですね。」

とのこと・・・。

管理不行届きの以前に、管理者の根本的な資質に問題があるようです。


しかし、もうそろそろ、長男には自分でモチベーションを上げることができるような目標ができたら良いのになあと、思います。

モチベーションをどのように持たせるか。ある程度のところまでは、家庭でも会社でも管理者としてがんばらねばと思ったのであります。











成長・・・佐賀北

昨日に引続き、甲子園ネタですが。

私は、甲子園の決勝戦は、移動する車の中でラジオで聞いたり、待ち時間には車のテレビを見ておりました。

「0対4」になった時は、それまで佐賀北は1安打しか打っていなかったので、正直、もう、決まったと思いました。しかし、佐賀北の監督さんなどの前日のミーティングでは、試合序盤では広陵の投手のスライダーは打てない。後半、スライダーの切れが落ちた時が勝負!と話し合ったそうです。

野球の神様がそれを聞いていたのでしょうか。

佐賀北を初めて見たのは、愛知県のお隣さんの三重県代表・宇治山田商業との延長15回引分け再試合でした。

愛知県代表の愛工大名電が早々に負けてしまったこともありますが、やはり、三重県、岐阜県、静岡県の代表は地元の仲間という気がして、応援してしまいます。

当然のように、宇治山田商業を応援しましたが、次の再試合には、大差で佐賀北に負けました。その時の、宇治山田商業のコメントがとても印象的です。

「初戦はずっと勝てると思って戦っていましたが、再試合の時は、ものすごく強くなっていて、勝てる気がしなかった。」

佐賀北と帝京の試合は、たまたま、ずっと自宅でテレビ観戦することができました。試合前は、帝京が圧勝するのでは?とも思ったのですが、やはり、延長で勝利しました。しびれた試合でした。佐賀北のエースのいつも落ち着いた表情に、本当に高校生か?と、感服しました。

しかし、人間と言うのは、本当にスゴイ!

人間の気持ちと言うのは、本当にスゴイ!

人生は、その人の気持ち、考え方、そのものだと思ったのであります。



佐賀北対広陵

決勝戦は、リアルタイムではTV観戦できず、夜のニュースで結果を知りました。

基本的には、どちらの学校ともがんばって欲しい気持ちでしたが、自分が公立高校出身ということで、少し佐賀北寄りだったかもしれません。

試合は劇的でしたが、やはり、8回の押し出しの時のボールの判定が気になりましたね。

満塁ホームランや、佐賀で大喜びする一般の方々の映像より、押し出しの瞬間のキャッチャーの映像のほうが印象的でした。

それにしても今年の甲子園は暑かったでしょうね・・・。

今年も夏が終わります。また来年も熱戦を期待します。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

感謝/simizu君

ブログのちょっとした加工の件で、simizu君へ先日質問。

電話に出る声はいつもの通り元気そう。

さっそく質問してみると、ちょっと時間ください、とのことでしたが、とても早く解決してくれました。

頼りになります。ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

さて、そのsimizu君の会社は若いSEが多くとても今元気がある会社です。

将来が楽しみです。また今度お邪魔します。

ルーセントタワーで流れた動画もどうぞ。




加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

イライラ感・・・

こういう、イライラ感は、去年経験した大病院での「たらい回し」以来かもしれない。

相手は、当事務所のプロバイダー。

メール転送サービスの条件設定に関して、まず金曜日に質問。

そもそも問い合わせ電話がとってもつながりにくいプロバイダーである。

希望を細かく伝え、かなり待たされて、女性スタッフから、「○○のように、設定してください。」と言われ、そのとおりにやってみる。

が、全く希望に沿わない。(そんなに難しいこと希望してないのに。。。)

金曜夕方再度電話して、調べてもらうことに。

夜、留守番電話に電話があったようなので、土曜日、再度こちらから電話。

相変わらずつながりにくいが、ようやくつながる。

現状設定を再度説明して、またまた電話を保留され、男性スタッフが、「女性スタッフからの指示は間違ってました。△△のように、設定してください。」と言われる。

30分ほど電話して、結局またまた設定しなおす。

が、全く希望に沿わない。

所用を済ませ、また電話してみる。

別の男性スタッフが出て、またまた希望を説明させられ、電話保留。

10分位待ってたら、突然電話が切れる。。。ありゃりゃ。。。

最後のつもりで、再度電話。

また細かく設定の確認などで、30分電話。

「技術的なことを調べるので、再度こちらから電話させていただきます。日曜は何時ごろいらっしゃいますか?」とのことで、可能そうな時間を伝える。

(今まで何を調べたんだろう。。。)

結局、日曜夕方も30分以上の電話問答。

「言われたとおりにやってますよ。できないなら、できないでいいですよ。」と言ったあと、さらに、「技術的なことを調べるので時間ください。」との一旦切る。

いよいよ、ファイナルへ。

しばらくしたら電話が鳴り、「技術に確認しましたら、ご希望に沿えないようです・・・。」

ありゃりゃ。。。

電話を待つために週末の行動も制限されて、また、一体延べ何時間電話したんだろう。。。

あ〜あ、プロバイダー替えたいなぁ。 加嶋


◆出口会計事務所のHP◆

何から学ぶ!

ここ一月ほど、夜は私が所属します名古屋青年会議所の選挙活動で遅い日が続いております。私の親友が、理事選挙に立候補するからです。

来年、名古屋青年会議所の理事長になる方は、私がお世話になった素晴しい方で、その理事長の下で、親友の彼を理事として一緒にがんばらせてあげたいと、心から思っています。

午前2時、3時に打ち合わせが終了した後も、帰りの車の中で、また車を停めてツメ切れなかったことを話し合います。


青年会議所、いわゆる「JC」です。

JCは賛否両論というよりも、「否」の方が多いでしょうか。結構、いろいろなところで風当たりが強いです。

当事務所の女性税理士も“2代目、3代目のボンボンのサロン”というイメージが強いです。

嫁さんも“どうして仕事を土日までやったり、家族との時間を犠牲にしてまで活動するのか!?”
と言います。というよりも怒っています・・・。

嫁さんのこの考えは、誠に持って自分の不徳の致すところです。


名古屋には、このような経営者が集う団体としまして、若い層では「若鯱会(わかしゃちかい)」などがありますし、また、ご存知のようにロータリークラブやライオンズクラブがあります。

何のために参加するのか!

JC、ロータリークラブ、ライオンズクラブの会費を、会社の交際費で計上している会社は多いです(法基通9−7−15の2参照。給与、寄付金などになる場合もあります。)。あるいは、自分のために加入していると考えている方は、全ての参加費(年会費から懇親会など)を、自分のお給料から自腹で出している方もいます。


私は、会社の経費とするならば、何らかの方法で、会社にお土産を持って帰って欲しいと思います。逆に、そうでなければ、会社の経費にしてはいけません。

お土産とは?

・経営者としての成長

・情報収集

・会社運営のヒント

・直接的な売上(利益)

などなど。


私は、本当に多くのお土産を事務所に持ち帰っていると思っています。

一番のお土産は、小さいながらも組織を運営していくにあたっての心構え、人間関係のあり方でしょうか。


しかし、自分のやっていることをしっかりと仕事でも家庭でも身近な嫁さんに伝えられないようでは、本当にダメだと思っています。


経営者としては、お金も時間も、損得勘定の期間を30年で見るのか、1年で見るのかはそれぞれだと思いますが、しっかりと費用対効果を見定めたいと思います。



でも、一人の人間として楽しい!これも大切。





離脱/「狙え得点王・村山浩史!」応援日記(76)(サッカーJFL:横河武蔵野)

全く嬉しくないニュース。

ムラが膝を故障し、離脱してしまった。想定していた最悪のパターン・・・。

う〜ん、今シーズンはここまで、怪我もなく順調にゴールも決めていたのに。。。

しかも、キャプテンだから、チームへの影響も考えると、この先さらに心配になってしまう。

とはいえ、実は日本サッカー界のビッグイベント:天皇杯の東京都予選が今月終わりから始まるんです。

リハビリを順調にこなして、休んだ分を取り戻す復帰弾で、ぜひ天皇杯出場を期待しています。 加嶋


◆出口会計事務所のHP◆

居場所を探す

様々な場面で、居場所を探すのは、やはり、自分でやるしかないと感じます。

私は、相当な人見知りですので、初めて会う方々との立食パティーは本当に苦手です。しかし、どうせ同じ時間を過ごすなら、楽しく過ごさねばと、何とかお話しする相手を探します。パーティー終了後、どっと疲れを感じる時もあります。

また、所属しております団体でもそう感じますが、なかなか出てこないメンバーは、経営者として忙しい中で時間をやりくりするほど、活動自体に興味が持てないということもあるかと思いますが、たぶん、自分の居場所がなかなか確保できず、出席してもあまり面白くないということが大きいような気がしております。


会社が経営戦略を立案する時、必ず“ポジショニング”をしますが、これはとても大切なステップだと思います。

業界の中で自社が現在居るポジションはどこか。また、これからどのポジションを目指すか。

そのポジションを探す時、自社の“存在価値”を客観的に考える必要が出てきます。

ニートが社会問題になっております。また、会社でも、精神的に疲れて休職する方が増えているそうです。大企業ですと、一つの課に一人ぐらいの割合で、休職する人がいると聞いた覚えがあります。

個人的に思いますに、昔は、もう少し皆に“ゆとり”があり、自分で自分の居場所を見つけられない人に対し、居場所を一緒に探してあげられる余裕が、今よりもあったような気がします。

ビジネス的には、ある業界の中で、自分のポジションを意識することもなく“普通に”居れば、普通に利益を確保できるという業界もかつてはありましたが、現在は、のほほんとしていましたら、利益の確保が難しい時代です。


人でも、会社でも、しっかりと自分の居場所を探すことが難しい時代、しかし、その力がないと厳しい時代だと、感じるのであります。

しかし、かつての“ゆとり”を日本人が取り戻して欲しいと思います。


ミミズの自殺?

ここのところ、全国的にメチャクチャ暑い日が続いておりますね。日陰の芝生の上で37度ですから、アスファルトの上は、もう、40度をはるかに超えているのでしょうね。しかし、北海道の釧路でも、連日30度をはるかに超えています。北海道の方々は、たいへんでしょうね。


実家で飼っている柴犬(メス・7歳)も、夏は相当バテております。犬君達は、アスファルトから相当近いところでの歩行ですので、人間よりも相当熱気を感じているのでしょうね。冬は何度でも散歩に連れて行け!と意思表示しますが、夏は、ボイコットすることが多々あります。

お盆休み中、少し時間ができたので、嫁さんと本屋(東区・正文館)さんに行き、帰りに栄のカフェに寄った。車は、セントラルパークの地下駐車場にとめました。

カフェへの行き帰り、セントラルパークを歩いていますと、コンクリート、石畳、アスファルトの上に、干からびたミミズ君達がたくさん転がっております。

子供の頃、「蜘蛛の糸」を読み、妙な偽善者になってしまった私は、熱いアスファルトの上でクネクネして苦しんでいるミミズ君を見ると、必ず、草むら、土のあるところに放り投げてやっています。

人通りの多い道路でヨタヨタしている虫を見ても、必ず街路樹などにとまらせてやっております。私が地獄に落ちたら、助けたミミズ君、虫君達が助けてくれるでしょうか。

しかし、ミミズ君達、どうしてわざわざ熱い道路に出てくるのでしょうか。それも、死んでしまっている・・・。

夏の夜、田舎に行きますと、電灯に突撃して死んでしまう虫をよく見ますが、あれは、まあ、光大好き本能の手前、仕方ないと思うが、ミミズはどのような気持ちで土から出てきてしまうのだろうか???

ふと、ミミズの習性について知りたいと思った暑いお盆でありました。

暑さで頭がやられたのかもしれません・・・・。人よりも直接、地肌に光線を浴びますので。






元横綱・琴桜 死去

朝青龍問題が連日ワイドショーで取り上げられているところに、先代の佐渡ヶ嶽親方の元横綱・琴桜死去のニュースが飛び込んできた。

急な話でかなり驚きました。

とても厳しく弟子に接する一方、気配りもある優しい親方で、琴光喜の大関昇進を喜ばれていたそうです。

実は、琴桜が鳥取県倉吉市出身(私の故郷の近く)ということで、年に一度佐渡ヶ嶽部屋の力士が倉吉に集まり、相撲イベントがあります。

都会と違い、なかなか芸能人などのイベントがない田舎ですので、小学生時代、友人とサイン色紙片手に、手当たり次第、力士にサインをお願いしたものです。

よく考えたら、人生で初めて、自らサイン色紙を持って、直接サインをもらったのは、琴風ではないでしょうか・・・。

確か去年も琴欧州を筆頭に倉吉でイベントがあったように聞いています。

ぜひ、まだまだ今後も続けてほしいイベントです。

それにしても残念なニュースでした。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

ぷっすま/うしさん

テレビ朝日系の深夜番組「ぷっすま」に、うしさん登場。

最近、画面で拝見する機会を逸していたりしたので、意外と久しぶりにTVで姿を確認。。。

「ぷっすま」は、以前にも何回か?出てるはずなので、準レギュラー扱いではないだろうか・・・、と思ってしまう。

今回は短時間だったので、次回はもう少し長めの出演を希望。

あと、画面表示されていた名前の漢字が違っていたのは、氏の名前に見慣れた私としては相当違和感が。。。

まぁ、とにかく相変わらずお元気そうで何より。

名古屋に立ち寄りの際は、一報いただき、また集まらなくてはいけない。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

なぜかは分からないが・・・

お盆中、溜まった仕事を必死にやる、やる、やる。

相続対策の提案をする際、まず、現在所有している財産の評価をするのですが、正直申しますと、差し迫った相続申告がないので、土地がたくさんあると、着手するまでに時間がかかる。単に、先延ばししているだけですが。

いかんなあ・・・・。この性格。

全く、直りません。先日も、クライアントに行く20分前にようやく提案書を仕上げたし。

どうして直らないのだろうか。

自分のことはよく分からないと言いますが、本当に自分のことがよく分からないと言いますか、たぶん、変わっているんだと思います。

現在、連日、甲子園で高校球児ががんばていますが、子供の頃からなぜか試合がナイターに突入すると意味もなくうれしい。

先日も、一日に2試合も延長戦があり、そのうちの1試合は延長15回までやっていた。

第四試合の開始時間は午後6時半過ぎ。

いいぞいいぞ! 訳もなくうれしい!

そう言えば、子供の頃、台風が来るとなぜか嬉しかったし、大雨で家に水が入ると、どこまで上がってくるかワクワクしていた(さすがに床上浸水はなかったたが)。その気持ちは今も変わらない。

コレが大人の精神構造か?

こんな精神構造の仲間が欲しいと思う今日この頃であります。





5時間24分

仕事をしていると、時間を上手に使えるか否かって、やっぱり、ポイント高い気がします。

作業系の仕事の場合、なるべく定型化してExcelや諸ソフトなどをフル活用し、じっくりアイディアを構築する時間が必要な企画提案系のほうに時間をまわすことが必要ですね。

とはいうものの、現実はいろいろ突発的なことがうまくいかないんですが。。。

さて、5時間24分、、、ですが、私のフルマラソンの完走時間とかではなく、これは、某将棋棋士がおととしの対局で一手指すのにかけた時間です。

持ち時間6時間のうち、ほとんどをある一手に費やす、、、凄い時間の使い方ですね。

なかなか真似できそうにありません。

どういう思考をしていて、こんなに長時間を費やしたのか、聞いてみたいです。

そして、しっかり勝利しているから、なお凄いんです。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

山本寛斎氏から学ぶ・・・現場主義

先日、私が所属する団体の催しで、「日本人の感性」というテーマで、東大の名誉教授であります月尾嘉男氏、デザイナーの山本寛斎氏を講師としてお招きしました。


山本寛斎氏は、肺炎で2ヶ月ほど入院されていたそうで、辛いであろうお体で、名古屋までいらっしゃった。

声もとても痛々しい。

山本氏は、服のデザイナーという仕事だけにとらわれず、人間を元気にさせる様々なイベントを開催されていること初めて知り、とてもすごい人なのだ!と感動しました。

日本のいろいろな祭りを自分の足で回って見て、「現場」にある人間の情熱を感じないといけないとおっしゃっていました。


現場主義。

現場主義をずっと貫くことは、言葉で言うのは簡単ですが、とてもたいへんなこと、情熱が必要なことだと思います。


また、人間を元気にしたい!という信念、情熱には本当に頭が下がります。


心の底から、そのようなことを思える人間に少しでもなりたいなあと、凡人の私も思ったのであります。



釧路湿原にびっくり・・・たまには「木を見て森を見ず」も良い

釧路湿原に行った際、

初日は釧路駅からノロッコ号という電車に乗り、釧路湿原を見渡せるところに行きました。

釧路湿原、きれいですねえ。広い!

2日目は名古屋に帰る日でしたので、当初、もう一度釧路湿原に行くかどうか悩みました。飛行機に間に合わなくなるかもと思いながらも、違う角度から釧路湿原を見たいと思い、思い切って行くことにしました。

展望台に着きましたら、近くを歩いていた地元のおじさんが

「こんなところで見てもあまり面白くないよ。湿原を間近で見れるところに行くべきですよ。そうしないと、湿原ってどんなものなのかが分からないよ。」

と教えてくれた。

レンタカーを飛ばして、教えてもらったところに行く。

湿原って、遠くから見たら、何か草原のサバンナみたいだったけど、間近で見ると、底なし沼の上に草や木が生えている感じじゃん!

このようなところを開拓することは難しいねえ。

と感じることができました。


遠くから客観的に見ないと、物事が分からないこともありますが、今回は、近くで見て、初めて本当の湿原を知ることができた。


地元のおじさんに出会えたことは本当に運が良かった。おじさん、ありがとう。


木を見て、本質を知ることができた。

知床で鹿を見る

先週、家族で北海道に行って参りました。

北海道は昨年に引き続きの家族旅行でした。昨年は、旭山動物園、層雲峡などの山岳地帯、十勝などをまわりました。

今年は、以前からどうしても行きたかった知床、阿寒湖、釧路湿原をまわりました。

知床はいいですね。何か、人間も自然の一部なのだ!と強く感じることができました。

もともと、高校生の時は山登りをしていましたので、野山を歩くことは大好きでしたが、日本のアルプスの夏はどうしても雑多としており、なかなか“本当の大自然”を満喫することは困難だと感じておりました。

知床をトレッキング中、野生の鹿と遭遇しました。

お互い、キョトンと言う感じで見つめあいました。むふ!


先日、私が所属する団体で東大の名誉教授である月尾嘉男氏をお招きしてご講演をしていただきました。月尾氏も、知床によく行かれ、たまに熊に遭遇するとおっしゃっていました。

人間が騒がない限り、熊は襲ってこないと、月尾氏はおっしゃっていました。


たまに、机の上で仕事したり、渋滞の中、イライラしながら車の運転をしていますと、まったく自分って・・・・、こんな人生で良いのか?!と、正直、思ってしまうことがあります。


体がしっかりと動くうちに、知床に半月ぐらいのトレッキングの旅に行けれるまでは人生がんばるぞ!!と思ったのであります。

今日からお盆休み・・・だが

7月の中旬頃から、睡眠時間が少ない状態が続いております。

今週も、月曜日から金曜日までの睡眠時間の合計が10時間ほどでした。

だいたい、朝から午後8時、9時まで仕事。それ以降は、自分が所属している団体の用事で午前3時ごろまで打ち合わせ。その後、事務所で残った仕事をして、午前5時ぐらいに寝る。という日々です。これは9月初旬まで続きます。

眠い!

日中の判断も、いつもより(いつもも大したことないのですが・・・)鈍っているのが自分でも良く分かる。



と言いましても、8月1日から5日までは家族で北海道に行ってきましたので、充分骨休みは入れております。

ここ数年、家族旅行は8月の初めに行っております。

お盆休みはとにかく高い!

と言うことと、ずっと長男の家系ですので、お盆はお客様、お寺さんなどの来客が絶えませんので、家に居ないといけません。


私が子供の頃、家族旅行はお盆明けの8月17日頃から行っておりました。

懐かしい思い出です。その思い出をたくさん作っておきたいと思います。



しかし、今年のお盆は、所属する団体の用事の影響からか、先延ばしていた「事業承継」の提案の仕事が4つほど溜まってしまっており、事務所でひたすら仕事の日々&お盆の対応に追われそうです・・・。


お盆休みの思いでもちゃんと作らないと。と、バランスを取るのに悩んでおります。

暑い!/「狙え得点王・村山浩史!」応援日記(75)(サッカーJFL:横河武蔵野)

暦のうえでは、もう秋だそうです。

暑中見舞いから残暑見舞いになるそうですが、毎日暑い日が続き、秋とは名ばかりです。

実際、外を歩いていて、スーツを着用している人を見ると、「暑い中、お疲れ様です」という気持ちになります。

私は、コルセットを着用しているので十分すぎるくらい暑く、ワイシャツでも結構汗をかきます。

汗をかきながら、街中を歩いていると、「この暑さで、普通にスポーツやるのでも大変なのに、サッカーやるのは殺人的だ。。。ムラ、大丈夫かいな・・?」と思わざるを得ません。

とにかく、体調には十分すぎるくらいケアしてもらいたいものです。

で、次の試合の予定をみてみると、開始時間が18時・・・。よかった。。。

ちなみに相手は、2位の熊本のチーム。

頑張れ!!ムラ!!  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

話すことから

仕事をしていても、友人と話をしていても、また、家族と過ごしていても、常に誰かとのコミュニケーションがともないます。

仕事上、新規のお仕事のご依頼がある時、“見積り”をすることが多いです。

新規の場合、お互いがお互いのことをしっかりと分かっていませんので

・何を

・どこまで

望まれているのかをしっかり把握することが難しいと感じます。ニーズをしっかりと把握できませんと、ちゃんとした見積書が作成できません。


先日も、見積をさせていただく場面がありました。

最初の見積書の提出後、見積書の再作成のご依頼が来ました。


その時、私は先方が「何をどこまで」望まれているのかがすっかり分からなくなり、加嶋に「どのような見積内容を望まれているんだろう?」と相談しました。


加嶋は、「今日の午後、その方の近くに行くから、お考えを聞いてくる。」

とフットワーク軽く出かけていきました。


翌日、加嶋からいろいろ聞いて、先方のお考えを理解することができました。


まず、加嶋の「電話等ではなく、お会いして話を直接聞く」という姿勢がたいへん勉強になりました。


また、相手が求めることをしっかりと理解するには、しっかりと話を聞く。


納得のいくまで話をせず、相手の真意を知る前に、残念ながら“ご縁がなくなってしまう”ケースが多いような気がします。


新しい出会いだけでなく、いつも顔を顔を合わせている人、大切にしたい人とはしっかしと話をして、お互いを理解しなければと、あらためて思ったのであります。




昔のビデオ鑑賞(2)

scrum先日、昭和55年のラグビー早慶戦と、もうひとつ、慶大が創部100周年のときの早慶戦のビデオも観ました。

あのころは、私も在東京でしたので、大学ラグビー(1軍、2軍、新人戦など)をかなり観戦しておりました。

去年も、名古屋で2試合観戦しました。

が、最近(特に去年から)、私のなかで大きくなってるのが、コラプシングの判定基準のあいまいさ。(ラグビーのルールに詳しくない人はすみません。)

やっぱり、よくわからないんです。

笛を吹くレフリーが確信をもって裁いているのか。。。

反則を取られた側が、攻めているのに、わざとスクラムを落としたとして、コラプシングをとられるシーン・・・。

自分から崩そうとする場面ではないので、当然「どうして?」と解せない選手・・・。

観ていて、全くもって不可解です。

以前、購入した本(写真:スクラム〜駆け引きと勝負の謎を解く)をもう一度、読んでみよう。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

腰痛との戦い(2)

一旦、腰痛に悩まされると、本当長引きますね。

もう一ヶ月くらいになりそうです。

最悪だった頃からすると、歩けるだけでも、だいぶん回復したと思いますが、まだまだです。

自動車の乗り降り、乗ってるときの急ブレーキ、なんかは、やっぱりまだ気になりますし。。。

まぁ、気楽に徐々に快方に向かえばいいんですが。

先日、とある席で「バツ8(はち)」の男性とご一緒させていただきました。

今までお会いした人の最高が「バツ2」でしたので、一気に記録更新です。(それも大幅に。。。)

とてもお元気で、豪快に飲み、食べ、笑う方と一緒にいて、(腰痛などで最近ジリ貧の私ですが、)とても楽しい気分になった次第です。

何ごとも前向きに・・・。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

将棋・王位戦/羽生王位勝利で1勝2敗

hukaura-hachidan
将棋界のスーパースター羽生王位に今回挑戦しているのは、深浦八段(写真)。

実は、深浦八段は羽生王位との対戦でほぼ互角の成績をおさめている強豪棋士です。

ここ直近では、羽生王位に勝ち越してるんではないでしょうか・・・?

羽生王位危うし、、、と思ってましたが、案の定、7番勝負はまず深浦八段の2連勝。

先日の3回戦でようやく羽生王位が勝利しましたが、まだまだ安心できません。

スーパースターと、最強の挑戦者が、今後どういう将棋を展開していく楽しみです。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

脳内メーカー

先日、K田さん(教育系会社勤務)から、脳内メーカーを紹介されました。

名前を入れると、自分の頭の中がわかるようです。

「食」「遊」「秘」「H」別に表示され、食べることしか考えてない人は、脳内が「食」で一杯になります。

が、問題は、このサイトが重すぎることですね。

ぜひ一度、自分の脳内図を見てみたいものですが、なかなか到達できません。

もう少し軽くなるのを待つのみです。 加嶋


◆出口会計事務所のHP◆

腰痛との戦い

uzukubo大須賀さんからいただいたコルセットに助けられております。

外出するときは、ワイシャツの下に装着しないと安心できません。

改めて、大須賀さん、ありがとうございます。

暑くなってきましたので、さすがに外を歩いた日などは、汗疹(あせも)が出てきました。

幸い、寝るときは、コルセットをはずせるくらいになりましたので、まだ良かったです。

入手したビリーDVDは、腰に相当負担があるらしく、注意するようアドバイスをいただきましたので、当然未着手。

まずはコルセットから解放されるくらいまで腰痛を軽くしたいものです。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

お気に入り/Matsusaka社長雑記

私が前職時代から、とてもお世話になっていた証券会社社長さんがブログをスタートされました。

違う業界の人のブログは、もともと興味深いですが、金融業界(証券業界)社長さんでらっしゃいますので、とても刺激的です。

さっそくブログLINKに追加させていただきました。

読みやすくて写真も多く、とても綺麗なブログです。

皆さんもぜひご一読ください。

Matsusaka社長雑記には、こちらから。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

出口調査

夏の参議院選挙が終わりました。

それにしても、「出口調査」って凄い!

20時ジャストに、各放送局が一斉に当選予想を出しましたが、ほぼ当たってるんですよね。

各放送局の結果を、見比べてもさほど違いはありません。

選挙のたびに、だんだん精度も増していくんではないでしょうか。。。

私のところの投票所は、ちょっと小さいからなのか、今回も、残念ながら、「出口調査」に直撃されることはありませんでした。

それにしても、私がまだ東京に住んでいた頃の6年前の1人区は、自民25勝対野党2勝だったんですねぇ。

山陰や岡山で、自民が負ける選挙がくるなんて、本当時代が変わったな〜、と思います。 加嶋  

◆出口会計事務所のHP◆

松井秀喜が好き

私は松井秀喜が大好きです。

私の好きな野球選手としましては

1位:王 貞治 

2位:長嶋 茂雄 

3位:松井 秀喜

という感じです。

たまたま、全て元巨人の選手です。

王監督が昨年、胃の手術をして復帰されましたが、とてもやつれられて、心が痛みました。その反面、死ぬまで現場に居るんだ!という強い意志を感じ、ますますすごい人だ!と思いました。現役時代の王選手は「ホームランは全てライトスタンドにたたき込んでやる!」というスタンスでホームランを量産されました。日本のホームランバッターは、広角打法でどこにでも打てる選手が多いので、王選手の謙虚な姿勢とはうらはらに、その潔さに、子供ながらにしびれておりました。(元広島の山本浩二選手のおっつけたライトへのホームランも良かったですけど)

とにかく、王選手の一本足打法は芸術です。


長嶋さん、松井選手も、もう、理屈抜きに大好きです。

松井選手が現在調子が良いので、それにつられて、私も毎日気分が良いです。昨年、手首の骨折をした時、マジで落ち込みました・・・。


日本の現在のプロ野球では、広島の前田選手、巨人の小笠原選手がいいですね。チームの勝ち負けも気になりますが、彼らが打つとやはり気分がいいです。

何はともあれ、ペナンとレースも正念場に入ってきましたので、怪我をしないように彼らのプレーを見続けたいです。




Google検索




Google









WWW を検索

このブログ内を検索



Myblog list
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。




  • ライブドアブログ