名古屋発!名古屋の会計事務所 経営者満足を追求する 公認会計士 税理士 出口会計事務所

相続税・贈与税対策、事業承継、後継者教育、事業計画・利益計画策定支援が強みです。(所長:公認会計士 税理士 出口 茂)

2009年12月

今年も誠にありがとうございました・・・来年の動向は!?

今年も一年本当にお世話になりました。ありがとうございました。

今年は、リーマンショックを引きずる中、アメリカでオバマさんが大統領に就任し、日本では政権交代があり、本当に大変な年でした。

お客様の中でも、雇用調整助成金を申請される会社様も多く、本当に閉塞感がストレスになるような日々が続きました。また、民事再生や破産事件も今までにないぐらい仕事をさせていただき、ある意味、ものすごい勉強の年でもありました。

まだまだ、多くの不安が渦巻いておりますが、不安が顕在化しないよう、一つひとつ問題を片付けなければなりません。

人間には、問題をどのように解決していくかを考え、実行する能力がありますし、実社会、現場社会を生きている人間の使命でもあると思います。このような人間の能力、可能性を考慮することができない、理論派の論者の考えには振り回されないようにしたいと、個人的には思っております。

来年がどうなるかは、皆がどうしたいか次第であると思います。


さて、来年は日本では参議院選挙がありますが、日本人にとってとても大切な選挙になると予想しております。それまでに日本、日本経済がどうなっているのか?!次の選挙で、日本の2、3年の方向性が決まる可能性もあると思いますので、日本人は現在のことだけでなく、しっかりと未来のことも考えて一年のスタートを切る必要があると思います。

とにかく、来年は素晴らしい年になることを心から祈ります。

今年を振り返ると

毎年、年末になりますと、

「しかし、一年、あっという間ですね。特に年をとってからは早い。」

と言う言葉をよく聞きます。

少し観点は異なりますが、よく“ひとの子供の成長は早い”という言葉通り、よその家の子供はあっという間に大きくなったねと感じることがあります。

時間の経過を確認することを忘れていたり、自分の管理外のことになると、そのようなことになるのかもしれません。

“この1週間あっという間だった”とか“この一月あっという間だった”とか、“あっという間”というのはどちらかと言えば辛いことが続いている状況ではないのではないかと思います。

ですので、“あっという間”はどちらかと言えば、良い時間を過ごしていたのかなと思います。


そういう自分も、いろいろありましたが、この一年“あっという間”でした。幸せな一年でした。

来年は、もう少し時間の使い方を上手にしたいなと思います。

タイムカプセル・・・阿久悠さんのメッセージ

またまたタイムカプセルの話ですが、式典で作詞家の故阿久悠さんが30年前に書かれた「30年後子どもたちへ贈る言葉」が朗読されました。以下記事です。

その中にあった「豊という意味を問う時  地球は青さを取り戻す」の部分が心に響きました。

私、個人的には、地球温暖化は二酸化炭素のみが原因だとは思っておりませんし。もちろん、温暖化を抑制する、環境を守ることに対する行為は積極的に行っていく意志はあります。しかし、そもそも山の多くが大昔は海底であたっとか、氷河期には日本は大陸と陸続きであったとか、今までも気候には大きな変化はあり、地球は生きていますし、地球の生物を生かす太陽も生きているのですから、その中でどうしていくべきだということを考えなければならないと、思っております。


地球も、国も、地域も会社も、心を一つにまとめることは本当に難しいですが、“うそ”があっては一つにまとまらないと思います。

昔と異なり、グローバルな現代、地球全体が大きな“うそ”で進んでいくのだけは勘弁してほしいなと、最近良く感じます。



なるほどね・・・それぞれの判断基準

先日、テレビ東京系の番組のカンブリア宮殿に、モード学園の学長さんが出ておりました。学長さんの言葉に「皆が反対するから成功すると思った。」というのがありました。

また、先日、日経新聞にゴールドマンサックスのアナリストの方の記事が載っておりましたが、その記事の中の「多くの投資家が景気の二番底を心配している。だから、私は二番底はないと考えている。リーマンショックの前に、そのようなことを心配している人は少なかったから。」という言葉が印象的でした。


日常、どんな人も判断を繰り返します。

私の場合、休みの日に“ぐうたら”することが多いですが、ぐうたらすること自体も、選択の結果でぐうたらしています。仕事で忙しければ、ぐうたらできませんし、嫁さんの機嫌が悪ければ、もっとぐうたらできません・・・。

・未来への意志

・自分の判断基準

・判断のタイミング

複雑な世の中ですが、意外にシンプルなのかもしれないと、思う時もあります。



タイムカプセル・・・時間は未来から

先日参加しましたタイムカプセル開府式典にて高校時代の友人とバッタリと遇いました。(一昨日書いたとおりです。)

その友人のお母さんが、このタイムカプセルの開封式典の何年も前から「あと4年だね。」、「あと3年だね。」と毎年おっしゃっていたそうです。そのお母さんは昨年、ちょうど開封式典の1年前に亡くなられ、開封式典の日は、法事もあり北海道から名古屋に戻ってきたと言ってました。何かのご縁だったのでしょうか。

「現在の自分は過去の積み重ね」でもあると同時に、「現在の自分は未来への意志そのもの」と感じました。

また私の能力では上手く表現できませんが、一人一人の存在はちっぽけですが、この宇宙は一人一人のために有機的に存在しているのではないか、また、時間も空間も含め、それぞれの宇宙は自分の意志で自分以外の人の宇宙とつながることができると感じたりしています。・・・・訳分からんですね。別に変な宗教に走ってはいませんのでご心配なく。

まあ、良く分からない妄想はほっておいて、強い意志で、その時、その時を悔いのないように生きていきたい!!

と、強く思ったのであります。

クラブで出るおつまみ

忘年会も終焉を迎えつつありますね。僕はあと2つ残っております。

2次会、3次会でいくクラブでいつも思うのですが、クラブで出るおつまみは、妙に美味しい。

普段いつでも食べれるスナック菓子だったり、チョコレートだったりで、別に特別なものではないのですが。

ちょっと豪華な皿に“ちょろん”と、本気で食べたら1、2分でなくなってしまう量がのっている。

正直、僕の場合、お目当ての女性がいる訳ではないので、行くお店はいつもバラバラです。

おつまみを工夫しているお店、まあ適当に出してますというお店、いろいろです。たまに、ゴディバのチョコレートを出すようなお店もありますが、お値段の方も高い・・・・。

だいたいのお客さんは、お腹一杯食べてから来るので、少量でも美味しいものが食べたいと思っているのではないかと、おつまみ研究家は思うのであります。

まあ、大切なのは、ママの人柄と、お店の女性の話術なのでしょうが・・・。

タイプカプセル・・・辞書が枕

11月からいろいろとバタバタしており、ここ2ヶ月はブログをすっかりと加嶋に頼ってしまいました。ごめんなさい。

末っ子が新型インフルエンザからくる肺炎で入院する直前、30年前に埋めたタイプカプセルの開封式に参加しました。

愛知県教育委員会と毎日新聞が主催者ですが、なにしろ30年前のことですので、主催者などはすっかりと忘れておりました。

30年前の小学6年生の時、タイプカプセルの中に入れる絵画に応募し、収納品提供者として当選したのですが、一人で埋設式に参加するのは寂しいということで、埋設式に落選した友人達が付き添ってくれたことがうれしく、30年前のことは鮮明に覚えておりました。

開封式の3ヶ月ほど前に招待のハガキが届いた時は、「とうとう30年経ったのだ。」ととても感慨深かったです。

会場は、「旧愛知県青少年公園」、現在は「愛・地球博記念公園」ですが、愛・地球博の時は、埋めたタイムカプセルを避けてパビリオン等を建設したとのことです。30年前は愛・地球博が開催されることは決まっておりませんでしたし、まさか、公園の名前が変るとも誰も想像していなかったことだと思います。

いろいろ感慨深い気持ちで式典に参加しておりましたら、収納品提供者を代表してお二人が挨拶をされておりました。

ん!?んっ!!

あいつ知ってる。

挨拶した一人が高校の同級生です。


式典終了後、彼に駆け寄り、久しぶり!と声をかけました。


彼は高校生の時(今から25年前)から中国に着目し、会社でも海外赴任で中国に行ったそうで、現在は北海道に居るとのこと。

本当に中国に行って仕事したんだ!と、彼の意志の固さに感心したのと、あらためてお互い中年、中堅どころなんだなあ・・と感じました。


彼曰く「出口が英語の英和辞典と和英辞典を重ねて、その上にタオルを引いて、いつも授業中に寝ているのを見て、辞書は枕になるんだと新鮮だった。」

と、自分では覚えていないことを鮮明に覚えていました・・・・。


しかし、あと30年すると、僕も71歳か・・・・。

いろいろなことを話せる友達がたくさんいるといいなあ。


エクセル/動画マニュアル.com

Excel動画マニュアルのサイトです。こちらから。

やっぱり、文章より動画のほうが伝わりやすい。

動画の強みですね。

こういうサイトはひまなときに、ちょこちょこ見るだけで勉強になります。

特にグラフ作成とかはやっぱり動画がわかりやすいです。

携帯や家電の取扱説明書も動画にできるところは動画で配信したらわかりやすいところがありそうな気がします。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

表彰式/「狙え得点王・村山浩史!」応援日記(104)(サッカーJFL:横河武蔵野)

jfl2009年度のJFL表彰式が行われ、ムラのチームは今期2位だったので、準優勝の表彰が行われた模様。

2位は凄いですね。お疲れさまでした。

次シーズンの活躍のため、ゆっくり身体を休めて欲しいです。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

扶養控除の見直し

ようやく決まったようです。

一言で、扶養控除と言っても、年齢の幅により、5つに分類されます。

1.一般扶養控除(0〜15歳)⇒廃止 

2.特定扶養控除(16〜18歳)⇒縮減 控除額は、所得税38万円、住民税33万円

3.特定扶養控除(19〜22歳)⇒現行通り存続 控除額は、所得税63万円、住民税45万円

4.一般扶養控除(23〜69歳)⇒現行通り存続 控除額は?と同じ

5.老人扶養控除(70歳以上)⇒現行通り存続 控除額は、所得税58万円、住民税45万円(同居加算あり)

結局、19歳以上の扶養控除額は変更なく、新聞によると次は、配偶者控除廃止が焦点になるそうです。

扶養控除より、配偶者控除のほうが大きな議論になりそうです。今の配偶者特別控除みたいな感じで細かくなったりするんでしょうか。。。

実務的には複雑・煩雑にならないほうがいいんですが。。。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

区役所からお知らせ

このたび、区役所から一通のお知らせが届きました。

住民税からの住宅ローン特別控除に関して、区役所への申告書の提出が不要になったようです。

今までは、所得税で適用を受ける住宅ローン特別控除を住民税でも適用する必要がある場合、区役所宛てに住宅ローン特別控除申告書を提出する必要がありました。

今回、改正になり平成22年度からは提出する必要がなくなったみたいです。

が、手続きは必要のようで、年末調整する人は、「住宅借入金等特別控除申告書」を勤務先に提出しなくていけません。

確定申告書を提出する人は、「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」を添付し、確定申告書に住宅借入金等特別控除額や居住開始年月日などを記載することが必要のようです。

名古屋市ホームページに詳細が書いてあるように記載されてるので、ちょっと調べてみようとホームページを見ましたが、さっぱり説明の箇所に行けませんでした。

まぁ、とりあえず、区役所に聞いてみるつもりです。

結局、今までの提出義務って、事務上全く不必要だった、ということに思えますね。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

谷川九段

tanigawakudan-dvd現在、A級順位戦で単独TOPの谷川九段のDVDを頂戴しました。

年末年始に観賞するDVDがひとつ増えました。

羽生世代(30歳代)が多い中、ぜひこのまま勝ち進み、羽生名人との名人戦を期待しております。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

起きてみたら、雪・・・

寒いはずです。

今朝起きてみると、名古屋でも雪が積もってました。

予報通りです!

今年の冬は暖かいなぁ、と思っていたのが嘘のように、急に冷え込んできました。

時期的に風邪ひいてる場合ではないので、気をつけます。

私は去年の今頃、自転車に乗ってるとき、バランスを崩し、自転車ごと転んで裂傷して縫いました。

傷口をみて、個人的に1年の早さを感じます。

寒くなるといろいろ怪我しやすくなるので、皆さんも気をつけてください。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

扶養控除廃止の詳細(3)

新聞に、扶養控除廃止に関する記事があって、その横に国保滞納の記事がありました。

保護者の滞納により、多くの無保険高校生がいる、、、というような記事でした。

当初、所得税だけが扶養控除廃止のはずでしたが、住民税も廃止されます。

住民税の額で国保の保険料が決まる自治体の場合、明らかに保険料がUPするわけで、さらに滞納が増えそうです。

こども手当の財源がらみから、扶養控除が議論の的になったように思いますが、果たしてどこら辺で落ち着くんでしょうか。。。日々変わってる感じで、情報入手も大変です。

こども手当も所得制限の話が現実味を帯びてきましたし・・・。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

手紙

tegamiとある顧問先さんにお邪魔しているとき、スタッフのDさんが突然「どうぞ」と貸してくださいました。

以前Dさんとは、映画「砂の器」(野村監督)の話でも盛り上がったこともありますので、このDVDも楽しみです。

年末年始にでもゆっくりみさせていただきます。ありがとうございました。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

エクセル/シート名を取得する関数

今回、各シートの名前が人の名前で、各シートにはその人の名前が題名になっている勤怠表を作成することになりました。

人の名前は間違えたくないので、シート名も書いて、題名も書いてたら、間違える確率が高くなります。

そこで、シート名だけ注意して入力したら、自動的に題名も変更するようにするのが、

=RIGHT(CELL("filename",A1),LEN(CELL("filename",A1))-FIND("]",CELL("filename",A1)))

です。セルA1にシート名を取得するときの計算式です。

まだ保存されていない新規のエクセルファイルではダメですので、ぜひ既に保存されたファイルでやってみてください。

この計算式をセルに入力すれば自動でシート名を取得します。

特に人の名前は変換の最中に間違えることが多いのでお勧めです。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

扶養控除廃止の詳細(2)

先日、扶養控除廃止に関する書き込みをしました。

その中で、

>一般と特定が議論されましたが、どうやら特定のほうは2010年度は存続するようです。

と申しましたが、このあと新聞によるとどうやら、特定扶養控除(16歳以上23歳未満)は控除額を縮小するような流れになってるみたいです。(すみませんでした。)

まだ決まった話ではないと思いますが、、、そもそも住民税は廃止対象ではないと言っていたのを、ガラッと転換して廃止対象にしたくらいですから、これくらいの変更はたいしたことではないかもしれません。。。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

エクセル/オートフィルタ抽出分だけの合計

オートフィルタで抽出し、抽出された分だけの合計を知りたいときがあります。

最初から、データ全体の合計を表示するセルを用意していて、オートフィルタ機能を使っても、抽出分だけ表示されることはありませんので、subtotal関数を使用します。

ちょっと言葉では説明しづらいので、また違うサイトを参考にさせていただきます。こちらから。

counta関数なども計算式内の数字を入れ替えるだけで使えるので、subtotal関数って意外と便利かと思います。   加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

何とか正常に

重症の肺炎で入院しておりました末っ子が先週末、退院してきました。

嫁さんも病院で泊まることもなくなり、また、私が病院で嫁さんと交代して看病することもなくなり、仕事、家庭がようやく正常に戻りつつあります。

11月は年間の中で、個人的にはとても忙しい月ですので、正直、バテバテでした。お客様はじめ、多くの方々にたいへんご迷惑をおかけしたことと思います。

何とか正常に戻りつつ日常で、あらためて、健康の大切さとありがたさを再認識しました。喉もと過ぎれば・・・にはしないようにしようと思います。

また、少し、年相応の労働状況にしないと、体がもたいないなあと感じるようになりました。

私の場合、今年は後厄ですが、前厄、本厄、後厄と特別なことは何もしておりません。最近、そのような年齢の時に、健康や仕事、家庭などでいろいろなことが起こり、それまでの生活スタイル、考え方を考え直す年齢なので、厄年と言われるような出来事、厄年のせいにするような出来事が、多くの方々に起こるのかもしれないと、思うようになりました。

と言いましても、私の場合、仕事人生で言えば、ようやく折り返しに来たと言うところですので、後半の勝負にしっかりと打って出ないと!とも思っております。

半額インク

エクスブリッジが手がけるECショップサポート。

WS事業部の優秀なスタッフによるサポートで、互換インクの会社さんの売上UPに大きく貢献している模様です。

前月600万円の売上を、なんと1500万円に増加させたみたいです。(900万円の増!)

凄いですね〜。数字をみたときびっくりしました。

今後、事業の大きな柱になるのでは、と思います。詳しくは、こちらから。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

エクセル/シート間の串刺し計算

例えば、同じ雛型の表を複数のシートで使って、その合計をシート間で串刺し計算したいときがあります。

部門別とか拠点別に売上データを管理していて、全社で集計したい場合等です。

そういう場合、

1.合計を表示したいセルに、まず「=sum(  」と入力する

2.集計対象の最初のシートを選択する。(そのあと、シートが連続しているときは、shiftキーを押しながら、最後のシートを選択。不連続の場合は、Ctrlキーを押しながら各シートを選択。)

3.2.の作業をした時点で、「=sum(シート名:シート名!」となってますので、そのあと計算対象になるセルを選択(orドラッグ)する。

4.3.までの作業をした時点で「=sum(シート名:シート名!セル範囲」となってますので、最後にもうひとつ右括弧「)」を入力する。

前職時代、この串刺し計算を先輩に教えてもらってマスターしてから、集計作業が飛躍的に効率化したのを覚えてます。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

扶養控除廃止の詳細

現行、「扶養控除」と一口に申しましても、

・一般扶養控除(15歳未満と、23歳以上70歳未満)

・特定扶養控除(16歳以上23歳未満)

・老人扶養控除(70歳以上)

に分類されて、別々の控除額が設定されています。(さらに細かく同居してるかなども加味されます。)

今回TVなどで取り扱われてる扶養控除には、老人扶養控除は入ってません。要は存続。

一般と特定が議論されましたが、どうやら特定のほうは2010年度は存続するようです。

問題は一般扶養控除。

この一般扶養控除を2つに分けるようです。呼び方もまだ決まってない感じで、

・一般扶養控除(15歳未満)(←年少部分、、、と表記してるものもあります)

・一般扶養控除(23歳〜69歳)(←成年部分、、、と表記してるものもあります)

のようになります。

一般扶養控除(15歳未満)は、子ども手当の給付を受けて廃止されます。(所得税は2011年1月、住民税は2012年1月に廃止。)

住民税は当初マニフェストでは対象外でしたが、結局所得税と同じ流れになりました。

一般扶養控除(23歳〜69歳)のほうが今議論されてます。

年齢幅が広いですし、いろんな理由で働けない人や60歳代の両親等を扶養している家庭からするとかなりの税負担増になります。(住民税UP⇒国保保険料UPも有り)

そのため財務省は、新たな案を提示するようですが、ちょっと詳細はわかりません。

年金制度のように、いろんな計算式を当てはめて複雑化するようなことはちょっと避けてほしいものです。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

エクセル/countif関数

エクセルで、例えば月間売上データとかを管理するとき、売り上がったものが何個なのかを調べるようなとき、countif関数を使います。

イメージとしては、









というデータの中で、Aは何個あるか、Bは、、、Cは、、、って感じです。

なかなか説明が難しいので、こちらをみてください。とても分かりやすいです。

結構よく使う関数で、とても便利です。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

中原永世名人

nakaharameijin壁に貼ってある将棋カレンダーです。(当事務所の壁ではありません。)

いよいよ今年最後一枚になりました。

購入したとき、12月の写真もチラッとみたと思いますが、どの棋士か忘れてました。最後、、、中原永世名人でした。

体調を崩されての引退でしたが、引退間際でも羽生名人から勝利されたと思います。

ほんと残念です・・・。

それにしても来年も、この壁に将棋カレンダーってあるのかなぁ・・・?  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

大学選手権組み合わせ

ラグビーのシーズンもいよいよ大学選手権へ。

今日、公開抽選による組み合わせが発表されました。

こちらから。

それにしても、去年大学日本一、今年対抗戦優勝の早大が一回戦で瑞穂なんですね。

最初聞いたとき、本当かな?と思いましたが、本当のようです。

春に同志社との対戦が瑞穂であったかと思いますが、大学選手権は近年秩父宮を主会場にしていた早大なので、瑞穂を使用するのは久々かと思います。

東海地区の早大ファンは必見ではないでしょうか・・・。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

ゴルフ練習場へ

golf先日、社労士先生の知人と、とあるゴルフ練習場へ。

久々です。

今回は、新しく別の社労士先生も加わり、総勢4名。

社労士事務所の近くのゴルフ練習場は、平日夜でも一杯です。

それにしても相変わらず豪快によく飛ばします。(うらやましい限り・・・。)  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

コラプシング

scrum今年のラグビーシーズンも、関東、関西とも各大学リーグの順位が固まってきてます。

さて、(毎年のことですが、)スクラムを故意に崩すというこの反則ですが、相変わらずよくわかりません。

崩れても反則とかでなく、単純にアゲインで再開するときも結構あります。

本当にレフリーは確信を持って裁いているんでしょうか・・・?

スクラムを実際に組んだことがないレフリーがどこまでこの反則を理解できてるのか・・・?

選手も本当に自分から故意に崩して、その結果反則をとられた、と納得してるんでしょうか・・・?  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

扶養控除廃止の影響(2)

先日、YAHOO JAPANのトップページにもこのニュースが記事掲載されてました。

当初、マニフェストにはこれは所得税の話であって、住民税は対象外となってましたが、実務面等の観点から、住民税も対象になった、とのこと。(あっさり・・・)

これにともなって、国民健康保険料も増加するケースも出てきますが、そこら辺は特例のようなものを用意して対応する模様。どんどん制度が複雑怪奇になりそうです。

意地になって守られるマニフェスト、適当に破られるマニフェスト。。。

マニフェスト発表時に比べ、法人税などの税収の大幅減が予想されてるわけで、要は環境が変わってるんです。

もうちょっと臨機応変にできないものなんですかね。。。  加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

サイクル・・・近所のピアゴ(旧店名:ユニー)の閉店

最近はとても忙しく、昼食を食べるのが面倒になってしまっています。事務所に居る時はコンビニで適当に昼食を買い、10分程度で食べて仕事に戻るか、近所のピアゴ(旧店名:ユニー)の“どんどん庵”(セルフのうどん屋さん)でさっと済ませてしまっております。よくないことです。

先日、いつものようにどんどん庵に行きましたら、「閉店セール」の幕がたくさん下がっておりました。近所のピアゴが閉店になることは、だいぶ前から近所のうわさになっており、初めてそれを聞いた時は、家族中に激震が走りました。

幼稚園の卒園式にも号泣した長男は、やはり相当な落ち込みです。一番困るのは嫁さんですが。

私の人生は、ピアゴ(ユニー)とともにというのは少し大げさですが、近所のピアゴは私が幼稚園に入学する頃に開店しました。

幼稚園の帰りに、祖父にガチャポンをピアゴでおねだりしたことを鮮明に覚えております。私の子供の頃は、屋上にペットショップや遊具などがあり、いわゆる近所の憩いの場でもありました。

寂しい・・・・・。とても。

生き残りは厳しい。

我が事務所も商店街のど真ん中にありますが、相当寂しい状況です。私が子供の頃はものすごく賑わっていましたが・・・。個人商店の生き残りは、さらに厳しい。いくら小回りが利くと言っても、時代のニーズを確実に捉えつづける事は、相当気の利く商店主でないと。魅力たっぷりの近所のイオンには勝てないでしょう。

よく、同じ商売を30年続けることはなかなか難しいと言われます。時の流れが早い現代、30年先などは予想しようもありません。

目先のニーズに確実に応え続けることと、そこに生きがいを感じること。それ以外になかなか良策は見つかりません。


残り一ヶ月

これから確定申告に向け、バタバタする時期でもあります。

それにしても、日中歩いてると汗かくくらいで、今年の12月は暖かいです。

早いもので今年も残り一ヶ月。

体調に気をつけて、きちんと一つ一つ仕事をこなしていくしかありません。 加嶋

◆出口会計事務所のHP◆

お金の使い方・・・事業仕分け

事業仕分けも終わり、各方面で様々な波紋が出始めているようです。

全くの私見ですが、お金の使い方のプロセスを国民の前で明らかにしたことはそれなりの効果があったと思いますが、「現在の日本人、これからの日本に必要な使い方」という理念に基づいた“仕分け”ができたのか、できていないのであれば非常に心配であります。

特に文化や教育にかかわる継続事業についてはそう思います。

自民党から民主党に政権が変ったからと言って、日本国民の風土、文化、ものの考え方が大きく変ったわけではないと思いますので、まず、「どのようなことにお金を使います」と明確に分かりやすくして欲しいなと感じました。

例えば、事業仕分けの中で、特殊法人の理事の報酬が高い!という場面がよくニュース等で流れましたが、その理事が体張って、命がけで働いているのであれば、高くないかもしれません。何を持って、高いのか、何を持って無駄なのかは、非常に難しい問題であると思います。

先日のブログでも書きましたが、お金の使い方は、会社毎、経営者毎に違います。第三者からは“無駄”に見えても、その効果は他人に判断できないことも多いように思います。また、お金の使い方は、例えば破産など大きな“衝撃”を受けないと、根本的に変らないことはたくさん見てきました。

昨年のリーマンショック以来、よく経済のパラダイムの大転換と言われますが、その大転換が、今までの使い方の考えを変える“衝撃”に該当するのか否か。

もう一度、現在、将来の日本国民が安心して生活できるお金の使い方を、この際ですのでじっくりと考えていただきたいと思います。

私は、リーマンショックの衝撃は、日本の予算の使い方を変える大きな衝撃であると感じております。

国策で経済を動かす中国のやり方が資本主義において適切なのかどうかは分かりませんが、日本の国民、法人から税金を集めるからには、頑張って納税する人々をしっかりと守って欲しいと思うのであります。
Google検索




Google









WWW を検索

このブログ内を検索



Myblog list
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。




  • ライブドアブログ