新アイフォンが売り出された日、ニュースでソフトバンクの孫正義氏の姿を良く見ました。

我が家の小6の末っ子が「マゴ セイギ さんって誰?」と聞くのでテレビを見ると孫正義氏でした・・・・・・・


「あのねえ、犬のコマーシャルのソフトバンクの社長じゃん。ソフトバンクが優勝したりすると、王さんと一緒に出てたりするでしょうが!冗談で言ったわけではないよね。」と私。

「中国人かな?とは思ったけど。」とあくまで真顔でとぼけ続けるので、我が家の教育は危機的な状況であることを悟りました。

確かに、「たいふう いっか」を「台風一家」と相当な年になるまで思っていましたし、「完璧」のぺきを相当な年になるまで「壁(かべ)」と書いていた自分ではありますので、小6での過ちの気づきは早い方とも言えますが。

末っ子には「良かったねえ、学校で笑われる前に家で恥をかいて。」と言いながら、私自身、恥をかき続けたおかげで、何とか今があるのかなあとも思うのであります。