サッカー日本代表の本田選手のこの夏のチーム移籍はなくなり、移籍先とみられていたACミランと本田選手サイドの戦略、目論見が外れたという記事が少し前にありました。

どのような原因で移籍がダメになったのかは当事者でないと分からないと思いますが、記事から流れてくる情報では、現在所属しているロシアのチームとACミランとの移籍金で折り合いがなかなかつかないということのようです。

本田選手は、以前観たNHKの「プロフェッショナル」と言う番組の中では、欧州のビッグクラブへの移籍を目指しているような発言をされていたので、一番大切な本田選手の気持ちとしては、移籍がなくなりやり切れない感じなのかもしれません。

現在所属するロシアのチームのことは分かりませんが、他のチームに所属していたら、もっと早く移籍が実現していたかもしれません。

本田選手とチームは、双方が契約時に納得して契約を結んだ訳なので、致し方ないことだと思います。

所属するチームがなかなか離してくれない。でも自分は出たい。なかなか上手くいきません。


プライベートでも仕事でも、誰と付き合うかは、生きていくうえでとても大切なことです。

身近なところで言えば、結婚。

結婚するかしないか、結婚した方が良いかどうかは置いておいて、人が人生の中で結婚するという前提で言えば、人生の中で一番大切なこと、失敗したくないことの一番は、結婚だと私は思っています。(個人的な感想でもあります。)

人の人生、幸せは結婚で大きく左右されると思いますが、結婚する前は、なかなか死ぬまでのことを真剣に考える人は少ないように思います。

死ぬまでとは言わなくとも、いざ結婚式をどのように挙げるかという段階で、結婚する当事者、両家のご両親の間で、結婚式はこうするべき、こうしたいでもめたりします。

些細な問題ではあるのですが、そこで「好き!!」と言うだけでは片付かないこともある、と気づいたりしますが、それを乗り越える愛情や覚悟があれば問題ないのですが、それが砕けたり、心情的なしこり、不信感などが長く尾を引くことが多々あります。

そうか、相手には相手を育てた家族がいる、その人とも付き合っていくのだ、と実感します。

誰と付き合うかと言うのは、実は本当に難しいことで、誰と付き合うかが、その人の人生そのものになると、私は思います。

だからと言って、臆病になって門戸を狭め過ぎるのも、面白い人生から距離を置くことになってしまします。

しかし、どれくらい先まで読めるかは分かりませんが、自分の人生で、取り返しのつかない時間の過ごし方をするのも避けたいところです。

本田選手もいろいろ考えることもあるでしょうが、現在のチームで今までよりも良い結果を残し、望む環境でご活躍されることを祈っております。