“もう、いっぱい いっぱいです”

と言う言葉をたまに聞きます。

いろいろな場面で使われます。

もう、体力的に疲労がピークとか、ストレスがたまり精神的にいっぱいいっぱい、勉強しすぎて頭がパンパンなどなど。

やはり、常に何かを入れれるように、スペースは空けておきたいものです。

よく、人の意見、考えを取り入れるスペースは空けておく、あるいは、どのような人の意見、考えも受け入れるだけの器にしておくことが大切だと感じます。

情報、ストレスが溢れ、なかなか心にスペースを持ち続けることが難しい時代ではあると思います。

私個人的には、“器の大きさ”と“心のスペース”は、ほぼ同じと思っています。

器の大きさを大きくしようとすると、少し背伸びをしないといけないという感覚になるかもしれませんが、心のスペースを広げようと考えれば、若干ですが自然な感覚でできそうな気がします。

心のスペースを広げれば、ストレスの沸点も下がるでしょうし、人を受け入れる心の準備もできそうですし、世の中自分とは考えが異なるいろいろな人がいるんだ、色々な人がいて面白いな、とかそんな感覚になれるのだろうと思います。

少し前、永平寺に行った時、禅の教えの「空(くう)」という感覚を自分が持つことは難しいと思いましたが、単に心のスペースを広げることは自分にもできるかなと感じました。

まず、心のスペースを広げよう!と思うこの頃です。