号泣の議員、不倫騒動の芸能人、東京都知事の政治資金の問題など。

最初の対処が、その後に大きな影響を及ぼしているなあ・・・と思います。

問題が発覚した時、その問題が自分にとってどのようなことなのか?を把握しきれないうちに、中途半端な対処をしたり、小手先で逃げよう、とすると、傷が深くなってしまうものだなあ、と感じる出来事です。

三菱自動車は、過去、リコール問題発覚時に、リコールを隠す、という最悪のことをしてしまいました。


問題の発覚



問題の認識

は、大きく異なります。


できたら、問題の発覚と同時に、問題の意味を認識し、なるべく早く適切な対処ができる、というのが理想だと思います。

人間誰でも間違いをおかします。

ただ、間違いをおかした時に、素直に対処できる姿勢、態度を保持できるかが、生きていくうえで鍵になる、会社が存続できる鍵になる、と思うのであります。