このブログでよく書きますが、普段何を考えるのかが大切、だと思います。

私の仕事で言えば、節税や助成金、補助金をいただくことも、経営の一つではありますが、その先に何があるのかを考えて欲しい、と思っています。

節税(本当の節税と言うのはそうそうないと個人的には思っていますが・・・)して会社に残ったお金をどうするのかまで考えている人はあまり多くないです。

トヨタやソフトバンクのように、節税を財務戦略、資本戦略まで落とし込んでいると、芸術的ではありますが・・・・

時間のある方は、トヨタ、ソフトバンクの利益、税金、資本取引、投資などを研究すると良いと思います。

上場している会社なのでマネは難しいですが、自分なりの節税、財務戦略も見えてくると思います。


助成金、補助金は公共のお金です。もらわないと損!という発想の人にあげて、そのお金は生きるのか。


それならば、節税なんて考えるより、少しでもたくさん儲ける、少しでも前年よりも粗利率を上げる、と言うことを毎日考えて行動するほうが楽しいかな。

助成金、補助金をもらったら、利益を出してバンバン税金を払って還元するよ、と思って欲しいな。

国や地方公共団体のお金の使い方も、どうなのかなあ・・・・


最近、発想を変えていかないとマズイと感じます。


何を考えて生きるのか。