一年の中で、晩秋のこの時期が一番からだの調子が芳しくありません。

朝起きると、2時間ぐらい、背中が張っていたり、腰が痛かったり、だるかったりします。

お昼ぐらいになるとだいぶ調子が出てきて、普通に動けるようになります。

何かのアレルギーなんでしょうか。


人間の体は、不思議で、面白く奥が深い。

アレルギーがひどいと、日常生活も難しくなる方もいるので、それを考えますと面白いとは言えないのですが、全てのことに意味がある、と感じます。

今年は、心労が重なっていることもあるんだろうなあ・・・・・


精神的アレルギーもあるのだろう・・・・

と思うこの頃です。