おじさんが亡くなったので、東京にいる長男と次男を呼びました。

次男はギリギリお通夜に間に合いました。

思いがけず、家族5人が集まりました。


家族が揃うと、何か、バランスが整う、と言いますか、心が安定すると言いますか、簡単に言えば、嬉しいです。


少し前までは、家族が一緒にいることは当たり前でしたが、今は、当たり前ではなくなり、家族が揃うことが特別なことになってしまいました。


寂しいなあ・・・・・



嬉しいなあ・・・・・

を同時に感じたのであります。