企業再生の仕事をしておりますと、つくづく、

・やるかやらないか



・やるとしたらいつやるか(タイミング)

だけだなあ・・・・と感じます。


民事再生でも、会社更生でも、いわゆる「大鉈を振るう」ことをして、大手術をして、何とか会社を再生するのですが、日ごろからそうならないように気を付けて、ちゃんと行動していれば、そんなにも厳しい、辛い目にはあわなかった、ということばかりです。

コツコツやる人が一番強い、というのが実感です。


ただ、そうは言っても、世の中、そんなに単純ではない。

例えば、株の取引きも、

・安く買い

・高く売る

それだけなのに、

そのタイミングの違いだけで、大儲けしたり、大損したりする。


言葉も同じ。

同じ言葉でも、いつその言葉を相手に投げかけるかで、伝わり方が大きく変わる。

感情に任せて言うと、ろくな結果にならない。


来年は、今まで以上にそんなことを考えて、効率を上げようと思うのであります。