いわば「総論」について見取り図を描いた第1部に続き、今回は誰もが関心のある「年金」について、ズバリ語ります。

 年金については、さまざまな俗説が世にあふれています。これほど、多種多様な俗説がまかり通っている分野も少ないでしょう。

 なかでも典型的な俗説は、「公的年金は破綻(はたん)する」とか「将来もらえないようになる」というものです。「だから自分でためないとダメですよ」と。みなさんもきっと耳にされたことがあるでしょう。

 実は、この問題は100年以上も前に「そんなことはあり得ない」ということが、経済学者によって証明しつくされています。
 簡単に説明してみましょう。

 今の日本は、1年間の税収が50兆円くらいです。でも95兆円くらい使っています。家計で言えば、50万円しか収入がないのに何で95万円も使えるのでしょうか。

 それはもちろん、国債を発行するからです。ということは、国債が出せる限り、年金は払えます、ということになります。どんなに収入が少なくなっても、お金を貸してくれる(国債を買ってくれる)人がいれば、年金は破綻しないということです。これは間違いないですね。

 これを裏返して、ごく単純にいえば、日本の年金が破綻するときは、国債が出せなくなったときだということです。それは国債が紙切れになったときです。

 これを、第1のテーゼ(命題)とします。では、第2のテーゼは、というと、これも簡単な話です。日本で、国債を一番たくさん、保有しているのはだれでしょうか。

image001













 郵便貯金、かんぽ生命、銀行、証券、保険会社ですね。

 そうすると、この2つのテーゼから、国が破綻する前に、わが国の全ての金融機関は破綻してしまっているということになります。国債が紙切れになっているということは、そういうことです。

 以上で証明は終わりなのですが、国の行く末が心配だとか、年金なんかいつ払ってもらえなくなるかわからない、と思って、銀行や証券会社、保険会社などにせっせと貯金しても、それらの金融機関は国家が破綻する前にすでに破綻してしまっているわけですから、皆さんの虎の子の貯金も紙切れになっている。

 つまり、近代国家においては、国家以上に安全な金融機関はあり得ない、ということが、簡単に証明できるわけです。国の格付けを超える格付けの金融機関がないということは、そういうことなのです。(続く)

終活WEBソナエより)