でかい一物の日記

プロレスの私的見所とか感想とか。あとラーメン

2016年06月

クラノ興行だった

ベイダーさんに
「今日はどんなコンセプトの興行なの?」って聞かれたけど
「分かりません」と。

そういう興行って普段出ないんだけどね。
まぁ結果的に今の現役と初めて絡むことが出来て刺激になったし、楽しかったので良しとしよう。

彼らが生まれた時と俺がプロレス始めた時があまり変わらないことに驚愕したけど、そんなん関係なくこうやってやれる事が凄いなプロレス。
人数が減ろうがUWFの歴史を紡いでくれた歴代の後輩達に感謝だ。

クラノとミーティングして、スピードに付き合うか否かとか、乗るか反るかってところから考えたんだけど…
最終結論は襲撃しようと。

後輩とか関係なく、二人共強敵だしチーム力も高い。
それならこっちの土壌に引きずり込む。
そのフィールドなら跳ね返られても抑えられるからね。

作戦通り運んだんじゃないかな?
上から飛んで来たら怖いなってパット探したけどいなかったからリング戻して。
どっちか捕まえるつもりだったし、どっち捕まえても足潰そうと思ってたからね。
後からアレもあったコレもあったと思うけど、最近教えることが多くてスパー少ないからかな?
パッと動けなかったのはまだまだだ。

クラノと俺はお互いノープランで動いてるからそのタイミングでの手駒が無くなる=タッチが速くなる。
連係とかは特に無いしやるつもりも無いけど、勝手に動いてたらたまたまタイミング合ったみたいなのが生まれたらいい。
組んで2戦目だけど、タッグワークは引け取らなかったんじゃないかな?

あっでも今回唯一ロープワークは出来たらやろうって考えてた。
あくまでどっちかが対角を振り返せる時があればだったけど、あれはスピーディな2人対策。
まぁまぁな感触だから今後も使おうかな?ありそうでないやり方だと思うし。

垂直って奥の手まで出して大人気なく勝ちに行ったんだけどな。
序盤あんだけいいペースだったのにどこで狂ったんだろか…
今回は誤爆もしてないのに(>_<)

それにしても二人共新3年なんて信じられん。
スタミナ、スピードだけでなく上手さや打たれ強さもある。
自分が新3年の時を思い返したらもう違い過ぎる…

まぁでも負けたのは悔しいけど、ホント楽しかったな。
もしまた絡む機会があったらそん時は二人共覚悟しとけよ〜

まだ発表出来ねーけど、20年目、俺にとってデカいのが既に2つ決まりそうだ。
もうちょい練習のギア上げてかねーとな!

6.5 テレホンクラブファイト2 私的見所5〜6

セミファイナル

クスリ松村(城西2)
VS
クズハヤシ(CWP)
健ちゃん仕事かなんかで急遽カード変更。
市ヶ谷で健ちゃんサクラバカ組に顎割られてるから、リベンジマッチだなーなんて思ってたけど、結局これまた強敵だね。
2年でセミ、しかもシングルなんて大抜擢!
きしだくん興行だったか、マラデカイとのシングル頑張ってたからなー
まだまだ引っ張られる試合になるだろうけど、そんな中でも一瞬でもクズが焦るようなところを作って欲しいね。
頑張れ!!

メインイベント

でかい一物(健康 山田組/城西OB)
テレホンクラノ(健康 山田組)
VS
パットイッテフェラ(東洋3)
三村マザファッカズ(東洋3)
結成二戦目でメイン。これがプロモーターの力だな。
ちょっと作戦もボヤッとしてるけど、そもそもそんなことは関係なく好きにやるのが俺たち向風強。
あんま関係なく今回も思いつきでやるだけだね。
相手は若くて速くて上手いけど、俺らには俺らのやり方があるからね。

そんなことより今回のラインナップ、セミとメインに城西が入っているのだよ!
俺の一個下の代で公認サークルとしては崩壊した我らがJWF、15年の時を経てセミメインに上がるなんて素晴らしい!!

勝ってクスリもリングに上げて、
「JWF、ダァー!」
で興行締めてやるぜ!!


http://s.ameblo.jp/telkurano/entry-12162360524.html

6.5 テレホンクラブファイト2 私的見所3〜4

第3試合

マッキー(健康)
ボッキ―コングJr(健康)
VS
ホテルニューハーフオータニ(駒沢4)
アンドレ・ザ・モジャイアン(早稲田OB)

オータニとモジャの組合せって何かビジュアル的に良さそうだな。
体型の感じが並んだら似た感じになりそうじゃん。
モジャは打たれ強いんだよね、受身もしっかりしてるし。
オータニは天然的なところがあるけど、攻撃が力強い。
受けと攻めの役割がしっかり出来そうだから、タッグのバランスも良さそうだ。
組んだことあるのかな?解らんけどスゲーいいタッグになりそう。
でも相手がマッキーボッキーてのはまた大変だ。
ボッキーのここ数年の安定感と説得力は凄いし、マッキーさんのペースもなかなかひっくり返しにくい。
何度も組んでるし、タッグとしての完成度やお互いのリスペクトや信頼ってのは鉄壁でしょう。
何気にベストバウト候補な予感。

第4試合

カンニングばれ山(明星2)
とにかくやりたい秋山(拓殖2)
VS
フェラナンテドーデス(中央4)
ハレタコーガン(健康 山田組)
ばれ山と秋山、二人共『山』が着くんだね。
二つの山ってことは、おっぱい?
タッグチーム名は【TEAMおっぱい】だな。
こういう典型的チャレンジマッチ、面白いんだよね。
若い子が臆し臆さず何度も立ち上がる姿は普通に感動するし。
ドーデスは昔から好き。何となくアイアイ笠原を思い出す。
技とか見た目じゃなく試合運びの空気感ってかオーラてか、その辺が似てる気がするんだよね。
あー明日いるならホリヘクラッチ教わる時間ねーかな?
2人に気をつけて欲しいのは、綺麗に技が決まったりしても油断しないことだね。
組長もドーデスも受けが上手いからね、よっしゃ!って思って油断すると実は三味線でしたなんて事はよくあること。
俺は馬場さんのランニングネックブリーカーが見たいので、油断せずバシっと決めてくれー!

http://s.ameblo.jp/telkurano/entry-12162360524.html

6.5 テレホンクラブファイト2 私的見所1〜2

第1試合

ぬれよんちんちゃん(慶応OB)
VS
ボジョレー女房(立正4)

学プロの番外編みたいな今回の興行。
その第1がOBと4年てのは豪華だ。
ちんちゃんはコミカルな部分がフューチャーされがちだけど、非常にベースのしっかりした選手。
てか慶応なのか!頭いい感じは微塵もしないけどなぁw
女房、コスチュームのセンスと得意技の一つがダイブしてのブレーンチョップっていうチョイスが個人的に好き。
最近他団体にも積極的に出てるみたいで、楽しんでやってるなーって感じがする。
お互い個性出して好きにやるのもよし、だけどUの第1らしく気合と基本だけでちゃんと見せてくれるってのも見たいな個人的には。
どっちに転んでもキッチリ第1を勤め上げるには十分なカード。


第2試合

コッペパンベイダーの愉快な仲間たち
参加選手:コッペパンベイダー、オリエンタルビューティーOH!ラブリー 他
ベイダーさんのバトル、最近はやってるんだろーか?
僕達UWFの伝統芸、団体芸です。
昔この名目なのにベイダーさんが始めに1人受身で消えちゃうってのやった事あるけど、せっかくオリラブもいるし最後まで残って欲しいな。
コテコテが見たいねー

http://s.ameblo.jp/telkurano/entry-12162360524.html
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ