でかい一物の日記

プロレスの私的見所とか感想とか。あとラーメン

2016年09月

9.25 スポ戦MANIAvol.11 私的見所6

メインイベント
『SANBON GRAND PRIX』
シングルマッチ 61分3本勝負
イホ・デル・メソjr(秋葉原)
vs
ザ・ノーネーム
(RAWSINDICATE)

お笑い好きなメソらしいネーミング、昔のプロレス好きなノーネームらしい試合形式、いいね!
2人は過去に何度かシングル案を提案しているが、RAWでも秋葉原でもたらい回しにされて実現してないらしい。
仲いいしお互いのプロレス、リスペクトしてるしずっとやりたかったんだろうな。
よくスポセンで練習してる2人が、やれそうでやれないカードを実現する。
これこそスポ戦MANIAの在るべき姿であり、この2人なら腕前的にもメインに相応しい。
しっかし3本勝負、どういう展開にするんだろ?
コミックみたいに1本2本はパパッとして最後になるのか、完全にストロングで決まり手とか展開で色を変えてくるのか。
ラウンド制の試合みたいに色変えてくるのも面白そうだし…

とにかく楽しんで、組まれた位置にそんなプレッシャー感じずにのびのびやって欲しいな。
この2人ならそれで自ずとメインに相応しい試合になるから。

話題性で言ったら今までより弱いかもしれないけど、結果やっぱりスポ戦のメインだなってなるから、観に来る人は楽しみにしていてください!

9.25 スポ戦MANIAvol.11 私的見所4〜5

第四試合
『御大BIG3vs叱られBIG3』
6人タッグマッチ 30分一本勝負
ハリケーン津田
羅生門原
コッペパンベイダー
vs
風摩破琉
ダイヤモンド☆フユカイ
"brother"GAKKEY
ベテランの御大BIG3が並んでる絵が見たい!
僕等はプレイヤーで仲間だけどみんなファンだからね、これ完全にファン目線。
3人揃えられる括りは何か無いかなって色々考えて、最終的に一番しっくり来たのが叱られBIG3の3人。
フユカイが何で叱られなのかは忘れちゃったけど、まぁこのカードならいないと困るなクオリティ的にw
それにしてもこのカードだけでEWA、健康、WIN、信州、秋葉原と5団体の選手をごちゃ混ぜにしてるのか。無茶苦茶やるな〜
御大BIG3の入場〜リングに並び立つ姿でお腹いっぱいになりそうだけど、全員元気だからそれ以上に試合でも見せてくれるでしょう!

セミファイナル
『馬と鴉と二郎と金と』
タッグマッチ 45分一本勝負
馬並勃巳(NUWA)
ハミチツ二郎(CWP)
vs
Mr.money(nkw)
鴉野ショウ(RAW/SINDICATE)
プロモーターが試合タイトルを思い付かずやっつけ仕事感が出てるけど、個人的には二郎ちゃんがそのまんまなのがツボw
練習仲間のやりたいカードって事で鴉野の好きに組んでって感じのカード、面子は鴉野らしいチョイス。
ここに馬並選手が入ってるのがいいねー。
本当にオーラのある素晴らしい選手だし、遭遇した事無さそうなところに入ってるからどうなるんだろう感。
Moneyとの対峙とかいーな、面白そうだな。
口撃をある意味空気読まないくらいスルーして仕留めに行きそうだなとか、二郎ちゃんと何か連係する事あるのかなとか。
この面子は間違いなくセミメインクラス!
微妙に他じゃ見られないカードだと思うし、何となくスポ戦のセミらしいな。
鴉野枠ながら馬並選手というもっと注目集めそうなとこ持ってくるとはなーw

9.25 スポ戦MANIAvol.11 私的見所2〜3

第二試合
『アマチュアヤングライオンシングルマッチ』
シングルマッチ 20分一本勝負
Rockin海人(RAW)
vs
木本凌太(EWA)
今回ピックアップしたヤングライオンから参戦出来た選手は6選手。
この中からシングルを組むとしたらって事でこの2人、満場一致の選択だった。
簡単に言えば、この2人なら初めましての若手同士のシングルを任せても大丈夫だろうという事。

2人とも非常に若い。まだどちらも10代。
2人とも負けん気が強い。同じ若手の括りの中で何クソって気持を出してくれるだろう。
2人とも最近は技を増やしてるけど、それに伴って気持が出にくくなってる気もする。
だけどこのカードは…

きっと2人とも己の団体や練習環境や教わって来てる事に対する自信、誇り、色々あるはずだ。

だからお互い、「お前には負けられない!」って感情の迸りを見せてくれるきっと。
心に響くプロレス、超期待してる!

第三試合
『FMW(ファット・マン・レスリング)vsSWS(スリム・レスリング・スリム)』
タッグマッチ 30分一本勝負
二本松太郎(DWP)
太仁田ブ厚(デブMW)
vs
風渡辺琉(RAW)
リヴァーサル沢(RAW)

もうね、完全にスポセン練習後のノリから生まれましたってカード。
因みにファットマンレスリングを思い付いたのは俺なのだ、どやっ♪

体格差のある対戦は、非常に分かり易くてて面白い展開になる事が多い。
しっかしこれは体格差あり過ぎた気がするw
腕前も体格も劣るSWSの2人は相当頭使って戦略を立てて臨まないと厳しいだろうな…

まぁでも勝機が無いわけじゃない。
力で捩伏せるのがプロレスの勝ち方の全てではないから。
丸め込んでも3つは狙えるし相手の力を利用してかける事が出来る技だってある。
場外カウントアウトってパターンだって勝ちは勝ちだ。

辺琉のプロレス頭とリヴァ沢のトリッキーさで何とか攻略して欲しい。

不安なのはリヴァ沢の受身と辺琉のスリムボディがどこまで耐えられるかだろうなぁ…
その不安が的中したら、秒殺も有り得るな。

まっ出落ちでも十分面白い見た目だけどねww

9.25 スポ戦MANIAvol.11 私的見所0〜1

エキシビションマッチ
タッグマッチ 15分一本勝負
印度YO
力丸乃りお(EWA/WIN)
vs
四阿まほろ
アウトサイダー根岸(健康)

お客様の体入からリングへ。
基礎力で安心出来る面子って選ぶんだけど、安心出来る2人をチョイス。
この先2人がレスラーを続けるのかは分からないけど、プロレスは運動としては誰でも出来る。
しかし試合する事は難しい。ここ大事。
練習重ねてるのは間違いないんだけど、リング上で何か知れるかな?掴めるかな?
そして見てる人達に何かを伝えられるかな?
入門当時から見てるからね、すごい楽しみなダークマッチ。
本戦開始前だけど、来る予定の方は是非ここから見て欲しい。
そして少しでもやってみたいとか体験してみたいとか運動不足を解消したいとか思った人は、勇気を出してスタッフに声かけて欲しい。
数ヶ月に渡り練習を重ねてきた彼らのお披露目、まだまだだけど懸命に練習の成果を、今の彼等を見せてくれるはずだ。
毛の生えた程度かもしれない、でもどんなに大技出来る品評会より訴えかけるものがあると確信している。
プロレスは闘い、根本は気持ちであり闘志だ。

第一試合
『アマチュアヤングライオンタッグマッチ』
タッグマッチ 20分一本勝負
華蓮丸(WIN)
HIRAMASA(FNW)
vs
Brooklyn Genziggler(nkw)
CARGO(FNW)

多分スポ戦MANIA、全国の草団体の交流のきっかけ作ったと思うのよ。
(正確には6号誕生会だけど)
SNSが普及してるし地方でも情報取りに行ったらセミメインクラスの選手は引きになる。
交流が活発化すればそのクラス、上ばみのところが使われがちだけど、若手も沢山いるだろうし見てみたいよね!?
皆様が上ばみを取るならスポ戦は青田買いさせていただきます♪
今回初めて見るFNW、個人的には超楽しみ。
力丸が一から育てた戦士はどんななんだろうか?もし塩っぱかったら力丸が悪いなw
あと小春ちゃんは2戦目だけど、基礎から教えてる選手。爪痕残して欲しい。
nkwの選手、当日のリングアナが楽しみなのだ、読めないから>_<
全員未来のメインイベンターだからね、草プロ見てる人は見逃せないんじゃないかな?
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ