中学でプロレス見始めて、高校でアマレス始めて。
弱かったしキツかったけど3年間続けて。
こないだ羽鳥先輩から顧問の先生が定年退職されたって連絡貰ったけど、もうそんなになるんだな。

大学入って今迄禁止されてたバイトしてみたくて、部活やサークルはやって来たしやる気なかった。
相変わらずプロレスは好きだったし、初めてのバイトで疲れても撮り貯めた全日観たり。

新歓興行は知ってた。でもその時はやる気なかったから横を通り過ぎただけだった。 
 
バイトにも慣れ、大学にも慣れた頃、気づいた。
大学、つまんねぇ……

横を通り過ぎた時に気にならなかったわけじゃない。遠目ながら脳裏に焼き付いてた一瞬。
学生プロレスでここまでやるのかーって。それがゲンさんのケブラータだった。

数日後、看板見て練習場所見学に行ってGパンのまんま受身混ぜて貰って…
同期が割れたり辞めようとしたり記憶飛ばしたり穴という穴から流血したりずっとロックアップダメ出しされたり唇三枚になったり歩けなくなるレベルで足腫れたりスクーターに轢かれたり全裸になったり興行ボイコットしたり旅館で暴れたり
色んな事があったけど厳しい面もありつつ人に恵まれたのだな、同期にも先輩後輩にも。
結局4年間続けてちゃんと最後を迎えられた。

飽きっぽいのに何故かコレだけは続けて来てて。
でもね、学生時代の心残り
それが、vs元さん

もう若くないし身体の故障も増えたけど、ネバーセイネバーってよく言ったもんだ。
唯一Jの同期で最後までやった俺が唯一シングルの機会が無かったのに、この歳になってやれる。

高校一年、15から始めたレスラーの俺は今年25歳になる。
レスリングも、結婚も、生きている中の日常の一つでしかない。
でもこんなタイミングでやれること、本当に有難い。

今の身体、考え、技術、使えるものを使うべき時に出せるかどうか。勝つ為に。

勝っても負けてもダメ出ししてくれるだろうな。
それもまた楽しみだしきっとより好きになるだろうな、プロレス。

久々に緊張する日まであと5日か…