でかい一物の日記

プロレスの私的見所とか感想とか。あとラーメン

我闘雲舞

初の板橋グリーンホール観戦

名前は知ってたけど一度も行ったことなかった板橋グリーンホール。
我闘雲舞がやるってんで、タイミング的にも行けたので行ってきた。
今回の俺的注目はオビチューロとふきん。
チケットをメール予約って初めてやったなぁ。

ラジアントを少し小さくしたような規模で、これだけいい選手が沢山観れるのか!って、OPから期待感。
ことりととおるの選手宣誓、とおるの仕事人ぷりと振り幅の広さを早くも感じた。
それにしても聖菜もりほも大人ぽくなったなぁ。
センターを決める選挙やってて、知らなかったけどCDとか出してるのね。
中間発表の帯広断トツ人気に本人が最も驚いてたけど、この得票差だと逃げ切れるんじゃね!?
帯広がセンターでCD出したら欲しいなw

第一からオビチューロの試合。
ワンチューロは非常に表情豊かな選手だな、観てて明るくなる感じがする。
帯広はもう少し落ち着いたらいーのに。バタバタ感がメリハリを薄めてしまうな。
ことりととおるは意外とことりが時に舵取りするのに驚いた。
年齢とか関係なく、非常にセンスを感じるレスラーだな、ことり。
とおるの壁は厚くてこりゃ厳しいかなって思ったけど、最後は思わず上手い!って声を上げたバッチリのタイミングでの丸め込みでオビチューロ勝利!
いやーありゃ素晴らしかった。あの丸め込みはタイミング良けりゃ意表を突くし説得力抜群。
どーやんだろ?俺も覚えたいなー

JKリフレコンビ、りほが笑顔で金を要求して佐藤光留が事あるごとに1000円渡していくってネタは面白かった。
ネガティブ報道と取られかねない内容でも、オイシイと解釈して明るく利用するプロレスってジャンルの懐は広いのだw
中森華子はあんなにどっしりした見た目なのに、何であんなに打撃が弱く見えるんだろ?勿体無い。
田村と佐藤光留の序盤は面白かったなー、グラウンドの攻防もっと見たかった。
りほも相変わらず動けるなーと思ったんだけど、連係の低空DKの浅さはちょっとなぁ。準決勝でも同じインパクトだったのであれがデフォなんだろうけど…
最後はじゃんけんでJKリフレ。個人的にこっちのが楽しみだから良かった。

さくらと高梨はやはり上手いな。
今更だが高梨の今のビジュアルはめっちゃかっこいい。
それにしてもこの二人は誤爆するのが定番なんだろうかw
むしろ一人で二人を翻弄する動きを二人とも見せてたから、連係はやらない方が…
焦りか疲れか緊張か、一回戦で決めた連係をへこったオビチューロ。
ちゃんと打撃入れてフォローしてたけど長過ぎたね。
ミスる事はあるから、そんなところは特に問題ではなく、一番残念だったのはさくらに張られた時にガムシャラに張り返せなかった帯広。
痛くても堪えてやり返さないといけないタイミングだったし、気持も爆発させやすいところだったのに…
『@obirinbou: 久しぶりにさくらさんを張り返しました。燃えた。
最後地獄突き、読まれた。
もっと考えなきゃだめだ。読まれても止められない突きとかできないと。#我闘雲舞』
ってTweetを見て、更にうーむと。さくらの切り返しの上手さは間違いなかったんだけど、その前に気持出せたのかな?少なくとも俺には伝わらなかった。
物理的に張り返しただけってのと、気持発散して思い切りぶつけたってのは意味合いが全く違うぞと。

米山は古き良き女子プロって感じで、うるさいくらいに声出すね。
円華は改めてイケメンで動けていい選手だなって。いいタッグだ。
JKリフレも動き悪くなかったんだけどね、こりゃチーム力の差かしら。
試合後に佐藤光留がりほに一番人気の4の字固めを頼んだけどちょうど手持切れって、負けても最後まで盛り上げてくれるプロ意識w

初のチョコレート広場観戦の際、エキシで感動したふきちゃんのシングル。
相手はアントンって事で、内容的にも期待出来るなって。
序盤のエルボー連打で早くも場外にエスケープさせたのは良かったものの、基本の腕取りで徹底的に一点やられる。
筋力や体型の違いはあれど、あれだけ基礎のみで一点を作り上げるアントンは流石だ。
てか観ながらちょいと反省。俺もっと削れるんじゃねーかなと。
終盤アントンが立って来い!もっと来い!こんなもんか!?って。
あの時にふきちゃんには踏ん張ってもっとガンガン行って欲しかった。
エキシの時のビシビシ来た気持の曝け出しに期待したんだけどな。絶好のタイミングだったと思うんだけど残念。

メインは凄いもうジェットコースターみたいに目まぐるしい攻防。
いやこれは返せないだろーって思うところが何度もあって、皆出し惜しみなく、一体何で決まるのさ!?受身にも長けてる面子だからだろうけど、盛り込まれ過ぎて若干長さを感じたところで米山の、いつ観ても素晴らしいダイビングセントーンでFin。
いやーこれは決勝に相応しい凄いタッグマッチだった。

これはトーナメント全体なんだけど、丸め込みの重ね技みたいな連係がいくつか観られて、なるほどそういう考え方もあるのか!って勉強なったなぁ。

この会場、定期圏内だし駅近いし時間潰し出来るところも沢山あるし、程よく狭いしいいなマジで。
また気になる興行タイミングあったらふらっと行こう、グリーンホール。

はぢめてのガトムー

DDTでテンション上がったので、行ってみたかった市ヶ谷へ。
予想以上の会場の狭さにビックリ!
入場制限無いのかな?ギッシリな上に外で見る人もいる。
寒かったから無理くり中に入れてもらったけど、本当にここでやんの!?って。

だけど始まってみてビックリ、スペースを考えてやりつつ、決して縮こまるわけではなく、しっかりとプロレスを見せてくれる。

至近距離過ぎて誤魔化しは効かない。
ドムドムって打撃音が響いてきて、気持ちもビンビン来るのよ!
エキシのふきちゃん、新人らしい懸命なファイトに早くも涙…
最近の新人は技がいっぱい出来たりするけど、やっぱこの感じが一番大事。
技じゃなくて心だな!北斗も言ってたもんね。

どの試合も面白かったな。
何か俺のイメージ的には飛び出す絵本みたいな、そんな感じだった。
勿論、そこにはレスリングがあって気持ちもあって。
あの会場ならではの面白さがあるんだな!

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ