2006年01月09日

SAYURI−映画を見たで(今年3本目)−

SAYURI1SAYURI2







監督:ロブ・マーシャル
出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり

評価:85点(100点満点)

公式サイト

ハリウッドが描いた日本としては、十分に許容範囲。
幻想的な映像は、日本よりも日本的で美しく、俳優陣の存在感も素晴らしい。
だけど、まあ、こんなもんかな。
血沸き肉踊る興奮もないし、心に染み入る切なさもない。
芸者たちの激しい女の戦いは見ごたえがあるけど、この程度なら日本のテレビドラマでいくらでも見れそうだ。
実際、「ミシェル・ヨー」を見ていると「真矢みき」を思い出し(顔が似てませんか?)、それが「女王の教室」につながった。
女王の教室のイジメはこんなもんじゃなかったぞ。

芸者の世界なんて、私のような(貧乏な)一般市民には縁遠い話であって、この映画を見たからと言ってつっこみどころなんて何もわからない。
時代も戦中戦後であって、時代考証もできないもの。
さほどひっかかる部分もなく、最後まで見てしまった。
強いて言えば、コーンにカキ氷を入れるな、とか、いくらなんでも舞の海に名横綱はつらいだろう、とかそんなところ。
だから、監督が表現したいであろう芸者世界の独特の雰囲気だとか、映像の美しさは十分に堪能できた。
それだけに、もうちょっと盛り上がりが欲しかったなあ・・・。
派手なドラマ性よりも、幻想的な空気を大事にしたということなのか。

渡辺兼も役所広司もうまい。
桃井かおりのふてぶてしい雰囲気もたまらない。
もちろん、チャンは美しい。

だけど、私的には少女時代のSAYURIを演じた、大後寿々花がイチ押し。
きっと大物になるだろう。
オジさんがお金持ちになったらミズアゲしてあげるからね。ぐふぐふ。
(ゴメンナサイ)

Comments(11)TrackBack(100)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

100. SAYURI  [ とんとん亭 ]   2006年07月09日 07:48
「SAYURI」 2005年 米 ★★★ 本を書いた人も監督も全てアメリカ人だという事で これは「日本」の 芸者の物語というよりは それに似せた「何処かの“GEISHA”という職業に就いた女性の半生」そんな感じかな? 全員 流暢な英語を話すんですも...
99. 「SAYURI」  [ the borderland  ]   2006年07月09日 00:34
キャストが主演チャン・ツィイーと聞いた時、「へぇ??日本語話すんだ。」と、ずっと思い込んでいたのでいて、「キル・ビル」のように間が抜けてるんじゃないかと心配でした。だから予告編で英語だったので拍子抜けしたんですよね(^^;  私はヨーロッパを舞台にしたア...
98. SAYURI  [ 「月の風」シネマ日記 ]   2006年01月22日 11:10
章子怡主演 少し見方を変えないといけないかもしれない。 あの3女優の鬩ぎ合いは演技を超越しているように見えた。 物語よりもそっちの方が面白い。 何と言えばいいだろう、まるで、映画の舞台裏をそのまま映画にしような感じだ。 そう思えてしまうほど、鬼気迫るもの....
97. SAYURI  [ まぁず、なにやってんだか ]   2006年01月20日 14:36
予告を観て、とっても楽しみにしていて前売券を買っていたのに、観に行くのが遅くなってしまいました。公開から一週間経っただけで、近所のシネコンは一日の上映回数が3回に減ってしまい、「評判いまいちなのかなー」とちょっと心配になったのであります。でも、良かったで...
96. SAYURI  [ まぁず、なにやってんだか ]   2006年01月20日 14:34
予告を観て、とっても楽しみにしていて前売券を買っていたのに、観に行くのが遅くなってしまいました。公開から一週間経っただけで、近所のシネコンは一日の上映回数が3回に減ってしまい、「評判いまいちなのかなー」とちょっと心配になったのであります。でも、良かったで...
95. Memoirs of a Geisha  [ Butterfly Stroke ]   2006年01月20日 08:22
確かにチャン・ツィイー演じるサユリに目配せされたら、一瞬魂が遊離しちゃうかもっ?笑  でも、この作品の中では、パピめ一押しはコン・リー、二番は桃井かおり、三番目が工藤夕貴ですかなぁ。。。
94. 『SAYURI 〜MEMOIRS OF A GEISHA〜』  [ honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 ]   2006年01月14日 18:23
4 『SAYURI』 公式サイト:http://www.movies.co.jp/sayuri/原題:MEMOIRS OF A GEISHA製作:2005年アメリカ監督:ロブ・マーシャル出演:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/コン・リー 《公開時コピー》絢爛  無垢    毅然 一人の芸...
93. SAYURI  [ 俺の話を聴け〜! ]   2006年01月14日 00:03
事前にいろいろと賛否を見聞きしていたので、なるべくフラットな気持ちで鑑賞しようと心に決めて、劇場に向かった。これはアメリカ、ハリウッドが描いたファンタジーなんだよな、べつに時代考証の正確さを求める映画じゃないんだよな、英語と日本語のチャンポンを中国人がし....
92. 「さゆり」を読んだ  [ 映画子の映画日記 ]   2006年01月12日 21:44
映画を1度観てから、小説を読んだ。 あたりまえだけれど、映画と原作本は若干違う。 原作を読むと、もっと詳しくさゆりさんの気持ちが分かります。 映画でもさゆりさんが語っているけれど、、小説は細か~くさゆりさんが語っているからね! 日本人だとしても、このような小...
91. 【SAYURI】  [ 映画deブログ ]   2006年01月12日 21:12
『SAYURI』観てまいりました。 レイトとは言え、人の入りが意外と多くて驚きました。 上映間もないからでしょうかねぇ? 全体的に年齢層はかなり高めでした。 映画が始まっ??Ţ??★??
90. 『SAYURI』★★★★・85点  [ ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ ]   2006年01月12日 12:05
『SAYURI』公式サイト 制作年度/国;'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;BV、松竹  上映時間;146分  監督;ロブ・マーシャル 出演;チャン・ツィー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/コン・リー観賞劇場:12/14(水)丸の内プラゼー...
89. 「SAYURI」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2006年01月12日 02:04
「Memoirs of a Geisha 」2005 USA 製作は、スティーヴン・スピルバーグ、監督はロヴ・マーシャル。原作はアーサー・ゴールデンの“Memoirs of a Geisha”。 ほとんど邦画は観ないのだが、とりあえずハリウッド映画なので観た。ここでちょっと難癖...まずキャスティングか...
88. SAYURI@海外から見た日本の美を知る映画  [ りおんたいむ ]   2006年01月11日 17:26
いやぁ、今朝は辛かった。 昨日のお酒がなかなか抜けない。 ・・・凛音も『年をとった』ということ??{/hiyoko_cloud/} ま、おいておいて。 今日観てきた映画はコレ↓ SAYURI 劇場で予告編を見るようになってから、 ずーーーーっと公開を待っていた映画のひとつ。...
87. 豪華絢爛、百花繚乱の「SAYURI」  [ 猫とマンガとゴルフの日々 ]   2006年01月11日 12:51
      SAYURI 豪華でしたね。  昭和初期から太平洋戦争後まで、風景や建物の再現度はさすが素晴らしかったです。今の日本映画では再現できないでしょう。ところどころここは日本じゃないわね、どこでロケしたんだろうとか、この音楽は中国だろーとか、思いは...
86. 「SAYURI」 三大中国美女夢の競演!  [ 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記 ]   2006年01月10日 22:04
予告編を見た時から、ワースト映画の最高峰「ショーガール」の芸者版として見ようと心に決めてました。 だって、チャン・イーモウに見出され寵愛を受けた二人、コン・リーVSチャン・ツィイーだけでなく、 「グリーン・デスティニー」の撮影の時には、マジのケンカにまで発展...
85. SAYURI  [ Enjoy Life♪ ]   2006年01月10日 17:21
貧しさ故に置屋に身売りされた少女。 辛く厳しい生活で、夢も希望も無くしかけた、その時、 橋の上で、運命的な出会いが有りました。 会長と呼ばれるその人に、 もう一度会いたい と言う、その思いを胸に抱きつつ、 芸の道に励むのでした。 しかし、やはり女性...
84. SAYURI  [ こっちゃんと映画をみまちょ♪ ]   2006年01月10日 16:18
いやぁ〜映画というのはホント面白いですねぇ。それではみなさん。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。・・・おおっと!まだ帰るワケには行きませんッ!実はね、ようやくこの作品を観ることが出来たんですよ。 日本ではない『ジャパン』という國。芸者ではない『GEISHA』...
83. SAYURI  [ ゆめのある場所 ]   2006年01月10日 15:40
SAYURI 貧しさゆえ置屋に売られた少女千代の芸者の道。 ある日、「こんな美しい日に、悲しい顔は似合わない」 1人の紳士、会長(渡辺謙)に出会いはかない恋心を抱く。 やがて美しい女性に成長した千代は花街一の芸者さゆりとなる。 とある教育研修で、京都出身の彼女が言っ...
82. はんなりと..... SAYURI  [ *~Leona~* blog ]   2006年01月10日 15:15
幼いころに芸者の置屋に身売りされて、そこでいじめられて、鍛えられてやがてその娘が100年に一回とか、まれにみる美しさで伝説の芸者になる邦画は腐るほどあるけど、これを日本の外で、しかもハリウッド映画で作るとどうなるかすご〜く興味があった。 例えば、ヘ...
81. 大後寿々花のDreams Come True~「SAYURI」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2006年01月10日 14:57
まあ、出てる女優さんたちのヒバナバチバチが こっちまで伝わってきそうな映画でした。 レッドカーペットにならんだ彼女たちみんなが、われが一番といわんばかりのね。 その誰もが自分の魅力をふりまいて大輪の花を咲かせてる。 ホントはね、チャンツィイーがもっと目立つの....
80. 全員が英語をしゃべる日本人の映画 SAYURI  [ Gallery&E-Shop アリアSTAFFのつぶやき ]   2006年01月10日 12:25
ハリウッドの映画『SAYURI 』が話題です。 日本人から、渡辺謙、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴が出演していることでも注目ですが、個人的には、チャン・ツィイーやコン・リーも大好きです。 しかし、日本が舞台の日本人のお話なのに、全員……そう、子供...
79. SAYURI  [ ぽれぽれ☆おさやん ]   2006年01月10日 11:53
映画「SAYURI」を見た。 この映画にからんで、『Newsweek』では 「日本を誤訳するアメリカ」なんて記事があったので どうかな??とは思いつつも、劇場へ。 とにかく、美しい! “さゆり”を演じるチャン・ツィイーも美しければ、 芸者の心意気も素晴しい。 さ...
78. SAYURI 観てきました  [ 親鸞会 映画サークル Movies ]   2006年01月10日 11:18
スピルバーグ製作総指揮の『SAYURI』が10日から公開になりましたので、さっそく観てきました。芸者という日本を題材にしたハリウッド映画ということで、期待と不安が半々でしたが、かなりきちんとした映画でしたよ。 1930??40年代(?)の日本が舞台ですが、とても丁寧に...
77. SAYURI  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2006年01月10日 10:22
鑑賞いたしました〜! 感想はまず、これはいったいどこの国?? 家並みも部屋の雰囲気も、それから着物の着付け方、髪型、化粧、日舞、障子の格子の枠の形に至るまで。。。 ぐぁーーーおかしい!ヘン! 劇場を出てきた人も口々に言ってました。 ポスターのチャ...
76. SAYURI / Memorirs of a Geisha  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2006年01月10日 10:16
5年くらい前から、ハリウッドで「さゆり」を映画化すると聞いてた。それも、スティーブン・スピルバーグで。 その当時、主演は工藤夕貴と予定されてて、いつになったらやるのかな〜と思ってたら 忘れた頃にやってきた! それも、主演には"アジアンビューティー”の象徴とも...
75. SAYURI  [ ジャスの部屋 -いん ぶろぐ- ]   2006年01月10日 09:58
映画「SAYURI」の感想です
74. SAYURI  [ lip ]   2006年01月10日 09:23
よくも悪くもガイジンから見た日本感。 日本人でもよく知っている人は少なくて、ベールにつつまれた花街の実情秘話…とかなんとかタイトルをつけてどっかの日本のテレビ局が作った方がいいものが出来るんじゃないだろうか…と思うのは自分が日本人だからで、これを見たアメ...
73. 『SAYURI』を観た  [ TV視聴室 ]   2006年01月10日 09:09
観に行く前は「かなり歪められちゃってる、よくアメリカ映画に出てくるわけわからん日本のようなところが舞台」のように描かれているのかと思いましたが、意外にまともな描写で驚きました。
72. 『 SAYURI 』  [ My Style ]   2006年01月10日 09:05
週末は『SAYURI』鑑賞へ ・・・ビミョー{/face_ase1/} 「日本」というより「ニッポン」「JAPAN」といった感じ。 欧米人が好きそうな Oh〜、Geisya!ってな具合。 なぜだか、タランティーノの『 キル・ビル 』を思い出したりして。 ヤクザのルーシー・...
71. 映画:「SAYURI」  [ 遠慮無く…書くよ! ]   2006年01月10日 07:45
監督: ロブ・マーシャル 出演: チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、桃井かおり、役所広司、コン・リー 制作総指揮: スティーブン・スピルバーグ 原題: Memoirs of a Geisha
70. 『SAYURI(Memoirs of a Geisha)』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   2006年01月10日 07:18
中国の評論家が1930年代からの日本の残虐行為を知っていながら中国人女優を起用するとは無神経だとの批判があったそうですが、日章旗を背景にしたチャン・ツィイーなどのシーンは堪らないものがあるのでしょうね。
69. SAYURI☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2006年01月10日 06:38
今年最後の鑑賞は・・・スミス夫妻か芸者噺か・・・ 友達と何か観ようね??っと、食後の時間帯が微妙にあって ファイナルは『SAYURI』になりました♪ 貧しさゆえ生まれ育った漁村から、京都の置屋に売られた姉妹 結局姉とも生き別れ、下働きとして暮らす千代 ...
68. SAYURI  [ 備忘録的日記 Part? ]   2006年01月10日 06:02
 豪華絢爛。おもしろかったけれど… “JAPAN”はロブ・マーシャル監督の目で見るとこうなのか…バリバリ日本人の私には不思議な映画でした。 日本らしい日本であって欲しかった私には
67. SAYURI??ゲイシャ・ブーム?  [ Osaka-cinema-cafe ]   2006年01月10日 03:19
今、聞くところによると(千歳香奈子さんによると)、 アメリカのファッション・コスメ業界では、 空前のゲイシャ・ブームが巻き起こってるらしいです。 バナナリパブリックでは、「ゲイシャキャンペーン」を 展開中で、美容メーカーのFreshは香水や、白粉、 洗顔...
66. SAYURI(評価:△)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2006年01月10日 03:13
【監督】ロブ・マーシャル 【出演】チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤夕貴/コン・リー 【公開日】2005/12.10 【製作】アメリカ 【ストーダ
タイトル:SAYURI   ジャンル:女のドロドロと純愛/2005年/146分 映画館:京都・TOHOシネマズ二条プレミアスクリーン(68席) 鑑賞日時:2006年1月4日(水),15:45〜 68席完売(3回目の鑑賞) 私の満足度:90%  オススメ度:70%  <冒頭> 暗転。かぜの音、波の音、雷。 黒...
64. SAYURI  [ ごんちっち in casTY ]   2006年01月10日 02:27
大のチャン・ツィイーファンとしては外せない作品で、楽しみに待ってた。先週公開始まったので、木曜日にレイトで観に行ってきました。 結論としては期待は裏切らない充実した内容でした。 英語名(MEMOIRS OF A GEISHA)とあるように、「さゆり」という名前の芸者の物...
63. SAYURI:二重フィルターから見える日本  [ 「朱雀門」という方法 ]   2006年01月10日 01:48
★監督:ロブ・マーシャル(2005年 アメリカ作品)MOVIX京都にて鑑賞。この映画の予告編は2回見ました。印象としては「ラスト・サムライ」を上回るトンデモ映画かな・・・というところ。観たい気持ちと観たくない気持ちが交錯....
62. ★「SAYURI」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年01月10日 01:00
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。
61. 『SAYURI』  [ Rabiovsky計画 ]   2006年01月10日 00:36
『SAYURI』公式サイト 監督:ロブ・マーシャル 原作:アーサー・ゴールデン 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:チャン・ツィイー 、渡辺謙 、ミシェル・ヨー 、役所広司 、    桃井かおり 、コン・リー 、大後寿々花 2005年/アメリカ/146分 おは....
60. SAYURI  [ 何を書くんだろー ]   2006年01月10日 00:16
「SAYURI」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  片田舎のとある漁村。生活苦から、その身を売られてしまう姉・佐津と妹・千代。蒸気機関車に乗せ られて、たどり着いた場所は、花街だった。千代(大後寿々花)は、置屋「新田」へと預けられ、姉とは ...
59. SAYURI  [ よろず茶屋  ]   2006年01月10日 00:11
3 レイトショーで観てきました。 今日もしっかりネタバレです。 花街一の芸者として花開き “会長さん”のお役に立ちたい…とひとつの愛を求めて 一途に、そして誇り高く生きていく =純愛ラブストーリーってな感じ? 「シカゴ」のロブ・マーシャル監督の描く舞台は ....
58. SAYURI  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年01月09日 23:33
予告編を観て「面白そうだな」と思っていても、観る優先順位は下の方で、もしかしたら観ないかもしれない、と思っていた。それがどうしたことだろう。前売り鑑賞券まで購入し、公開初日に観てしまった。それだけ惹きつけられていたのかも知れない。もちろん、観て正解だ。お....
57. 映画「SAYURI」  [ こまったちゃん。のきまぐれ感想記 ]   2006年01月09日 23:22
映画「SAYURI」開映20:45@錦糸町シネマ8楽天地 「SAYURI」 MEMOIRS OF A GEISHA 2005年 アメリカ 配給:ブエナビスタ 監督:ロブ・マーシャル 製作:ゲイリー・バーバー、ロジャー・バーンバウム、ダグ・フィッシャー、    ルーシー・フィッシ...
56. とある芸者の肖像〜「SAYURI」  [ 気まぐれ映画日記 ]   2006年01月09日 23:08
Memoirs of a Geishaアーサー・ゴールデンの『さゆり』の映画化作品「SAYURI」を観る。原作は当然ながら未読で、映画化の話を聞いたときはさゆりをはじめとした主要キャストに日本人は起用されなんて、と思って観るつもりはなかった。しかしながら予告を観てきらびやかな芸者...
55. 【映画】 SAYURI ★★★  [ 徒然なるままに・・・ ]   2006年01月09日 23:06
ストーリー: 9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。 ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は、 「会長さん」と呼ばれる紳士から優しく慰められ、 いつか芸者になって会長さんに再会したいと願うようになる。 時が経ち、15歳になった千代は、 芸者の中...
54. SAYURI  [ 季節が無い毎日 〜映画の影をめざして〜 ]   2006年01月09日 23:06
原作はアーサー・ゴールデン が書いた"MEMOIRS of a Geisha"。 芸者の世界を知っている日本人がどれだけいるのでしょうか。 ほとんどの人は知らないですよね。当然、私も知りません。 (SmaSTATIONで芸者の企画がありました) その世界をアメリカの作家が書き、それをハリ...
53. 「SAYURI」  [ a monologue ]   2006年01月09日 23:00
(凛の評価:★★★☆☆) ■公式HP:SAYURI ■原作本:「Memoirs
52. 「SAYURI」(字幕)みた。  [ たいむのひとりごと ]   2006年01月09日 22:50
『Don't be afraid.Look at me, CHIYO!』おもわ
51. SAYURI  [ 百記徒然袋 ]   2006年01月09日 22:38
早速観て来ました。 図らずも花柳界に身を投じたヒロインSAYURIの数奇な運命を描いたラブストーリー。 評価には賛否両論あるようです。 >まもなく公開の米映画「SAYURI」に賛??
50. SAYURI -Memoirs of a Geisya-  [ any's cinediary ]   2006年01月09日 22:36
絢爛 無垢毅然 <ストーリー>貧しさゆえに置屋に売られた少女、千代(大後寿々花
49. 『SAYURI』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年01月09日 22:02
不思議な瞳によって、伝説の運命を背負った少女・・・・・・“SAYURI”。 ■監督 ロブ・マーシャル■原作 アーサー・ゴールデン(「Memoirs of a Geisha」)■キャスト チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、桃井かおり、役所広司、コン・リー、大後寿々花、...
48. SAYURI  [ カリスマ映画論 ]   2006年01月09日 21:53
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  異国情緒溢れる熾烈な女の世界
47. SAYURI  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2006年01月09日 21:38
貧しい家庭で育ち、9歳で置屋に売られた千代は、置屋の下女として働かされていました。ある時、「会長」と呼ばれる紳士から優しくされ、その後、芸者になって「会長」と再会することを夢見るようになり...。 豪華絢爛な作品でした。ただ、「貧しく生まれ育った女性の成...
46. SAYURI・・・・・評価額1350円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年01月09日 21:37
師走は何でこんなに忙しいのだろう。 死ぬよ、マヂで。 聞いた話では芸者さんも、この次期お座敷が多くてとっても忙しいのだそうだ。 経済的にも内容的にも別の世界の話だが、娯楽産
45. 「SAYURI」見てきました  [ よしなしごと ]   2006年01月09日 21:35
 いやー、この映画も映画館で見るつもりではなかったのですが、時間を間違えてしまい見たい映画が始まったあとだったため、一番待ち時間がなく入れるこのSAYURIを見てきました。
44. SAYURI  [ 広島ではたらく社長になりたい男のBLOG ]   2006年01月09日 21:33
SAYURI  を見てきました。 予告編から惹かれてしまった映画をついに、見てきました。 しかも、周囲はカップルだらけのクリスマスイブに一人で・・・。 でも、本当に見ごたえのある映画でした。 さすがにスピルバーグ氏がプロデュースしているだけのことはあります。...
43. SAYURI  [ 映画倶楽部 祇園座 ]   2006年01月09日 21:30
4 大好きなチャン・ツィイーが主演する話題の映画「SAYURI」を観てきました。 さゆりという一人の芸者の一途な恋の物語です。 「ラスト・サムライ」に続く日本を舞台にした映画ということも気になる点ですが 私にとってもっとも気になるのは豪華な出演者の顔ぶれ。 一度に....
42. 『SAYURI』(問題作◆)  [ 六本木シネマだより ]   2006年01月09日 21:17
 試写鑑賞後、めずらしく、ハリウッド大予算ムーヴィーの記者会見に行っちゃった。ロブ・マーシャル監督を見たかったし(「会いたかった」という表現は使えないだろう)ぜひ質問したかったのだ。  いちばん聞きたかったのは「水揚げ」のこと。映画の中でマーシャルはさ...
41. SAYURI  [ ようこそ劇場へ! ]   2006年01月09日 20:58
アーサー・ゴールデンのアメリカ製・花柳小説の翻訳上下巻を手にした時は、面白くて一気に読んだものだ。京都の祗園と先斗町の区別もつかないし、お茶屋遊びもしたことがないのは、僕だけではなく恐らくほとんどの日本人がそうだと思う。 となれば、どうせ嘘っぽさはフィクシ...
40. SAYURI(MEMORS OF A GEISHA)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年01月09日 20:57
5 その少女は、特別の輝きを持っていた・・・ 運命の出会い・・・ 絢爛 無垢 毅然 昔、ダウンタウンがやっていたGEISHA GIRLSの話ではありません・・・(笑)
39. SAYURI/チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、大後寿々花  [ カノンな日々 ]   2006年01月09日 20:56
3 アメリカ人ってのはよっぽど芸者が好きなんでしょうね。しかも、やっぱり日本人とはどうも観点がズレてるし(笑)。しかし、この作品、感想書くのが難しいなぁ。だって物語としては平凡で何の感動もないんだもん。そもそも、昭和初期の京都が舞台だというのにセリフがほとんど....
38. SAYURI  [ かなり週刊:にっき ]   2006年01月09日 20:49
何かと話題の「SAYURI」を見てきました。勝手に映画評はこちら。 正直これまで
37. SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA 2005 146分  [ 極私的映画論+α ]   2006年01月09日 20:49
貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃がいた。下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”と呼ばれる立派な紳士が優しく声を掛...
36. 「SAYURI」劇場にて  [ xina-shinのぷちシネマレビュー? ]   2006年01月09日 20:45
昨日、『男たちの大和』に続いてみたのが『SAYURI』です。
35. SAYURI  [ ネタバレ映画館 ]   2006年01月09日 20:42
 『北の零年』では小百合を裏切った渡辺謙。ここで名誉挽回するのか?!  日本文化や日本人の心、はなまちのしきたりなど、「ハリウッドが描いた日本なんて虚構の世界だ」と批判する日本人も多いのだろう。多分、監督もスタッフも出演者も皆十分に納得していたのでしょう...
34. 『SAYURI』  [ Brilliant Days ]   2006年01月09日 20:32
(原題:Memoirs of a Geisha) 2005年 アメリカ 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/工藤夕貴 /コン・リー/桃井かおり/大後寿々花 原作:アーサー・ゴールデン まず、私の日本文化に対する教養がまったく足りてない事は百も....
33. SAYURI  [ CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ> ]   2006年01月09日 20:11
スピルバーグが、ドリームワークスだのアンブリンだの総動員して製作した、堂々の大作。なのに、なんか色物の匂いがするのはオレだけ?まあ、とりあえず観てみよう。レイトで行ってきた。
32. SAYURI  [ Addicted to the Movie and Reading! ]   2006年01月09日 20:06
2 SAYURI/MEMOIRS OF A GEISHA 2005年/アメリカ/146分 監督: ロブ・マーシャル 出演: チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司 公式サイト 千代は幼い頃、貧しさ故に姉・佐津と共に売られるが、置屋“新田”で千代のみが引き取られ、下働きと...
31. SAYURI  [ cinema is wonderful ]   2006年01月09日 20:02
SAYURI公式HP 【監督】ロブ・マーシャル 【出演】チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴、コン・リー他 さゆり(チャン・ツィイー)は、貧しさゆえ
30. 「SAYURI」  [ わたしの見た(モノ) ]   2006年01月09日 19:58
SAYURIオフィシャル・ビジュアルブック 「SAYURI」 チャン・ツィイー主演。 その他にもアジア系の女優が出演し、 主な会話は英語。 (予告編で違和感を覚え、日本語吹替版で鑑賞) その時点で、日本ではない。 日本によく似た架空の国を舞台に、 “ゲイシャ”
29. SAYURI  [ Lovely Cinema ]   2006年01月09日 19:55
同じシネコン内でのはしごは何回もしたことあるけど、今回はシネコンのはしご[:GO!:]しちゃいました。なかなか忙しい1日でした〜[:たらーっ:] 監督と主演女優が日本人じゃない!ってことにちょっとやきもちやくけど、チャン・ツィイーは綺麗だったし、渡辺謙もとっても良...
28. 映画「SAYURI」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年01月09日 19:47
映画館にて「SAYURI」★★★★ ストーリー:幼いころ祗園の置屋に売られた千代は、不思議な瞳をした美しい少女に成長し、その魅力を武器に一人前の芸者さゆり(チャン・ツィイー)としてデビューする。  外国人が「日本」と聞いて想像する言葉の一つに「ゲイシャ」がある...
27. SAYURI  [ ★★レガシィBP5 2.0GT spec.B WR-Limited2004★★ ]   2006年01月09日 19:45
コチラとコチラの後の本日3本目です。 待合いコーナー(飲食席)で、力道山の映画が2006年3月公開するようです。 力道山役が・・・のようです。 2本目があんな状態だったので、止めようかと思ったんですが、 思い切っていってみました。 どのようなものか...
26. SAYURI  [ ひとりごと ]   2006年01月09日 19:34
なんとも不思議な映画ですのう・・・。 日本であって日本でない。どこか架空の国の出来事のように思えました。 もしかしてトンデモ映画なのでは、とずっと思ってましたが、実際それほどでもなかったです。むしろ、アメリカ人が「芸者」が主役の映画を作ったことを考えれば...
25. SAYURI ★★★  [ 結局映画かよ ]   2006年01月09日 19:32
3 SAYURI (MEMOIRS OF A GEISHA) 製作: 2005年、アメリカ、コロンビア、ドリームワークス、スパイグラス、Amblin、Red Wagon 配給: ブエナビスタ=松竹 監督: ロブ・マーシャル 脚本: ロビン・スウィコード、ダグ・ライト 原作: アーサー・ゴール....
24. SAYURI/ロマンティック・ラブ・イデオロギー  [ マダム・クニコの映画解体新書 ]   2006年01月09日 19:29
本作のテーマは、家父長制文化の中で女性の従属的位置を認める”ロマンティック・ラブ・イデオロギー”である。 SAYURI  ロブ・マーシャル監督の前作「シカゴ」は、男性優位の文化に意義申し立てをするという内容だった。ハリウッドのミュージカルは”カーニバル”と...
23. [ SAYURI ]大後寿々花から目が離せない  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年01月09日 19:22
映画[ SAYURI ]@渋谷で鑑賞。 まさに[ SAYURI ]はアメリカから描いた日本“GEISHA” 像なのだろう。原作「Memories of a Geisha」には忠実 だろうが、歴史には忠実ではない。もともと映画なんて作 り物だから、面白ければいいんじゃないかと思う。監督は [ シカ...
22. 映画: SAYURI  [ Pocket Warmer ]   2006年01月09日 19:22
邦題:SAYURI 原題:Memoirs of a Geisha 原作:さゆりア
21. SAYURI  [ It's a Wonderful Life ]   2006年01月09日 19:20
う??ん、「細かい所は気になるけどなかなかやるねぇ」と観た後言いたい と思ってたんですが、どうなんでしょう。かなり微妙な映画だと思いました。 日常的な話題の中でツッコまれてしまう映画かも。 いい所もあるけど、自分が根本的にノレないとやっぱりだめですね...
20. SAYURI  [ 花ごよみ ]   2006年01月09日 19:04
監督ロブ・マーシャル  (アカデミー賞に輝いたミュージカル映画、シカゴの監督)  製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、 主演チャン・ツィイー、  共演には渡辺謙、役所広司、工藤夕貴ら  日本の俳優たちのほか、 ミシェール・ヨー、コン・リーなど  アジアの俳...
19. シネマ日記 SAYURI  [ skywave blog ]   2006年01月09日 19:00
中国と日本をミックスしたオリエンタルではあるが、ジャパニーズではない映画。しかし、予想していた違和感は、意外に気になりませんでした。 母国語が英語の方のために、日本の
18. SAYURI@シネマメディアージュ:レディースデー夕方  [ 映画とアートで☆ひとやすみひと休み ]   2006年01月09日 18:49
ブログ引越後初、かつ2005年の映画鑑賞最後を飾ったのは『SAYURI』。 まだ映画を見る趣味がなかった頃、『ラストサムライ』の“ヘンテコリンなニッポン”の話を映画好きの大学の後輩から聞いても、その時は「ふ~ん」としか思わなかった。 その私が昨日(12/28Wed)、....
17. SAYURI  [ No Cinema No Life ]   2006年01月09日 18:42
太平洋戦争前後の時代が舞台になっています。美しい映像はさすがだな??と思いました。日本の文化をキレイに映像化してくれている気がしました。 チャンツィー、ミシェルヨー、コンリーの美女の共演も素晴らしい。渡辺謙、役所広司という日本の俳優たちが出演しているのも...
16. 映画「SAYURI」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年01月09日 18:24
原題:Memoirs of a Geisha チャン・ツィイーが日本を舞う、「LOVERS」で魅せた得意の舞を、今度は花街を彩る水揚げ前の芸者として、見事な扇さばきで・・・魅せる。 貧しい漁村に生まれた姉妹が"花街"に離ればなれに売られる。千代(後のさゆり)は...
15. SAYURI  [ Akira's VOICE ]   2006年01月09日 18:19
監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。 話は普通・・・。
14. SAYURI  [ ちかちかのTake it Easy ]   2006年01月09日 18:15
ってことで太鼓の練習後にSAYURIを観てきました。時間には余裕があったんだけどレイトショー枠で。いや、正規料金高いしさ。 感想。 ん〜。ファンタジー&男のロマンですな。 私は基本的にどんな映画でも楽しめる人間なので、かなり楽しめた。チャンツィイーは美人で....
13. SAYURI  [ ★☆★ Cinema Diary ★☆★ ]   2006年01月09日 18:09
4 目には見えない凄い力を持っている作品。この映画で魅せる表現には嫌というほど引き込まれました。この作品で魅せる瞳、瞳、瞳。これには誰もが虜になることでしょう。
12. 『SAYURI』  [ 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 ]   2006年01月09日 17:57
?『SAYURI』 英題 MEMOIRS OF A GEISHA 公式HPはこちら   米国公式HP (日米同時公開の為)  9歳で花街の置屋に売られた少女・千代(さゆりは源氏名)。大変な苦難のなか会長と呼ばれる紳士と束の間の出会いの中で、希望を持ち、いつかあの方に再び逢...
11. SAYURI  [ シャーロットの涙 ]   2006年01月09日 17:52
青灰色の瞳・・・水の性分をもつ少女の幻想的で激流を感じる運命 豪華絢爛な美しさの影に隠れた女性同士の愛憎劇と人間模様を、純粋で一途な恋心と絡めて、美しくも懐かしい映像と和楽器も調和させドラマティックに盛り上げる音楽で綴られる作品。 あくまでも、ハリウッド...
10. 映画「SAYURI」 洋画作品だが、邦画作品でも十分通用する  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年01月09日 17:40
4 「SAYURI」は製作スティーブン・スピルバーグとそのスタッフが結集して日本の芸者の世界を描いた作品である。邦画中心の私がこの映画を見る事事態が珍しいのだが、外国人が作る日本を題材にした映画がどう描かれるのか?を楽しみに見る事にした。
9. 「SAYURI」  [ 試写会帰りに ]   2006年01月09日 17:40
両国国技館にて「SAYURI」“MEMOIRS OF A GEISHA”ワールドプレミア in JAPAN 鑑賞。 国技館で映画を観る。しかも「SAYURI」のワールドプレミアという事で、映画その物よりも舞台裏が気になっていた。 「枡席はしまうの? それとも、枡席で相席、体育座りで映画を観るのか?....
8. SAYURI  [ Saturday In The Park ]   2006年01月09日 17:37
アメリカ 146分 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー     渡辺謙     ミシェル・ヨー     役所広司 貧しい漁村に生まれ9歳で花街の置屋に売られた少女・千代は先輩で花街一の売 れっ子芸者の初桃の執拗ないじめに遭い辛い日々を送る。そ...
7. SAYURI さゆり MEMOIRS OF A GEISHA  [ travelyuu とらべるゆうめも MEMO ]   2006年01月09日 17:32
チャン・ツィイー、渡辺謙主演 チャン・ツィイーが綺麗でしたが子役の大後寿々花が良かった 千代は貧しい漁村に生まれ 小さな時に姉と祇園の置屋に売られる その置屋の売れっ子芸者初桃が千代に辛く当たる ある時幼い千代が橋のたもとで転んで泣いているのを 通りすがり...
6. 噛ませ犬の嵐 「SAYURI」  [ 平気の平左 ]   2006年01月09日 17:21
評価:55点 SAYURI 最初のシーンは日本語だったのですが、列車に乗って、置屋に来たころには全編英語になっておりました。 トンネルを抜けたらそこは雪国的な感じで、列車に乗ったらそこはJAPANだった、という感じでしょうか。 決して日本ではありません。 ...
5. 『 SAYURI  』  [ やっぱり邦画好き… ]   2006年01月09日 17:18
 公式サイト 映画 『 SAYURI  』      [ 劇場鑑賞 ] 2005年:アメリカ   【12月10日ロードショー】  [ 上映劇場 ] 監 督:ロブ・マーシャル 製 作:スティーブン・スピルバーグ      ダグラス・ウィック      ル...
4. 『SAYURI』を観て来ました!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2006年01月09日 17:15
 2005年12月12日 『SAYURI』観賞レビュー! 原題 Memoirs of a Geisha 絢爛 無垢 毅然 2005年/アメリカ 配給 ブエナビスタインターナショナル(ジャパン) 上映時間146min 世界同時公開 ★オフィシャルサイト★ 映画『SAYURI』は 1...
3. 映画館「SAYURI」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2006年01月09日 16:40
予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ??!」って言われたんだけど、そのころ私はこの小説しらなくてなんとも答えよう...
2. チャン・ツィイーの芸者も違和感ない『SAYURI』  [ Dead Movie Society★映画三昧★ ]   2006年01月09日 16:15
1997年にベストセラーとなった原作『メモワール・オブ・ゲイシャ』 の映画化権をすぐに買い取ったスティーヴン・スピルバーグは、 映画化にあたり生前の黒澤明監督に相談をしている。 黒澤監督は「絶対、日本語で映画化すべき」とアドバイスしたため、 英語で全世界配...
1. ブログ初挑戦☆  [ 初めての日記 ]   2006年01月09日 16:01
新参者です♪お手柔らかにお願いネ!分からなくって今日の出来事なんだけど...

この記事へのコメント

11. Posted by デコデコマン   2006年01月15日 01:48
honuさん、コメントありがとうございます。

倍賞美津子説、根強いようです。
確かにそうかもしれません。

大後寿々花ちゃんって、この映画はオーディション受けたりしたんでしょうね。凄いなあ、小学生なのに・・・。
いや、映画の世界だからそんなもので当たり前なのか。
10. Posted by honu   2006年01月14日 20:22
TBありがとうございました
>>「ミシェル・ヨー」を見ていると「真矢みき」を思い出し
私は倍賞美津子に似ているなーと思って観ていました
大後寿々花ちゃんは、将来が楽しみですね
9. Posted by デコデコマン   2006年01月10日 19:04
ミチさん、コメントありがとうございます。

>大後寿々花ちゃんの水揚げはご勘弁を〜〜(爆)

了解です。
とかいってそんなお金はありませんのでご安心を。

ハナさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

伏見稲荷の鳥居の下を駆けていくシーンや、氷を食べて微笑むシーンは最高によかったですね。『北の零年』、私もチェックしようかと思っています。

>ある意味、この映画は「大後寿々花」とゆー女優の原石をワールドクラスに輩出するためのモノだったのかと。

たましょくさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりかもしれません。
いったい次回作をなににするのか、今から興味深々です。
8. Posted by デコデコマン   2006年01月10日 18:59
charlotteさん、コメントありがとうございます。

倍賞美津子も似てますねー。
そうかみんな親戚だったのか。
shiro takaさん、教えていただきありがとうございました。

よしさん、ありがとうございました。
そうか、あれは竹の皮ですか!
原作買ったのであとで読んでみます。

マダム・クニコさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、物足りないという言葉がぴったりです。
日本ではそんなに興行成績あがらないかもしれませんね。
7. Posted by shiro_taka   2006年01月10日 00:09
TBありがとうございます。
ミシェル・ヨー、真矢みき、倍賞美津子はきっと親戚です(笑)
6. Posted by たましょく   2006年01月10日 00:08
 TBありがとうございますm(_ _)m

 各ブログの管理人さんが声を合わせ
て言う「大後寿々花の存在感」。何か
と、整合性が合わない映画でありなが
ら、彼女の存在感は、大物女優たちを
押しのけて、映画の中で一番輝いてま
したよね。

 ある意味、この映画は「大後寿々花」
とゆー女優の原石をワールドクラスに
輩出するためのモノだったのかと。
5. Posted by ハナ   2006年01月09日 20:05
初めまして、こんばんわ。
TBありがとうございます。

大後寿々花ちゃんはみなさん誉めまくりですよね!
私もすごいと思ってますし。
寿々花ちゃんが以前出演した映画『北の零年』をチェックしようか悩んでいるところです(笑)
4. Posted by ミチ   2006年01月09日 19:50
こんにちは♪
早くも3本目ですか?
いいなぁ〜。
「ミシェル・ヨー=真矢みき」にウケてしまいました!
鼻の形は似てるかもしれませんね。
いやぁ、大後寿々花ちゃんの水揚げはご勘弁を〜〜(爆)
3. Posted by マダム・クニコ   2006年01月09日 19:28
>派手なドラマ性よりも、幻想的な空気を大事にしたということなのか

外人にはエキゾチックで面白いのでしょうが、日本人には物足りませんねえ。
もっと深く掘り下げないと、訴えるものが見えてこないというか・・・。
バックラッシュ路線かも?
2. Posted by よし   2006年01月09日 18:53
>コーンにカキ氷
コーンに見えましたか?あれは竹の皮ではないでしょうか。
映画の中で水揚げ代が一万五千円だと言っていましたが、今の貨幣価値で計算すると一千万円程のようです。おかあさんが目の色を変えるのも納得できます。
大後寿々花の目標はチャン・ツィイーだそうです。
1. Posted by charlotte   2006年01月09日 17:57
TBありがとうございました。
ミシェル・ヨー=真矢みきですか〜なるほど。私は倍賞美津子に見えました(^^ゞ 寿々花ちゃんは今後が楽しみな女優さんですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字