2006年07月15日

デイジー−(映画:2006年94本目)−

デイジー1デイジー2







監督 アンドリュー・ラウ
出演 チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ

評価:86点

公式サイト

(ネタバレあります)
オランダを舞台に繰り広げられる、ハードボイルドと恋愛物語の見事な調和。
ありえない展開だが、これくらい思い切った嘘くささだと逆に映画に入り込めるから不思議なもんだ。

チョン・ジヒョン(画家)と、イ・ソンジェ(警察官)と、チョン・ウソン(殺し屋)。
画面いっぱいに強烈なオーラを放つこの3人が、こんな役柄で絡み合うという非現実の世界。
そこにどっぷりとはまらせてもらった。
絡み合う、といっても、超純愛しかでてこない。
チョン・ジヒョンとチョン・ウソンなんて、手も握らないのだ。
手も握らないわりには、望遠レンズ(というか銃のスコープかあれは)で彼女をずっと見続けたり、広場と家の送り迎えを勝手に始めたり、深夜に自宅を訪問したり、もうそれは完全にストーカー。
でも、あれだけかっこいいと、あんなことをしても決してストーカー扱いはされないのだろう。
ウソンがストーカー行為を繰り返しても、彼女の心はイ・ソンジェを待ち続ける。
そのあたりの切ない演技は、まさに韓国映画純愛路線まっしぐらでした。
最後にはみんな死んでしまうという悲恋も、まさに王道。

チョン・ジヒョンはこれまでの威勢のいいエキセントリックなネエチャン役から180度方向転換して、内気ではにかみ屋の芸術家のお嬢様を演じている。
さすがに最初は違和感ありありだったが(エヘとか、ウフとかいう笑顔は見てて少しイライラした)、言葉を失ってからは声が出ない分その不自然さが消えてくれてよかったようだ。

チョン・ウソンは、同性から見てもたまらんくらいにカッコイイね。
あんな目で見つめられたらどうしようもございませんな。

デイジー咲き乱れる美しい郊外の風景もよかったが、街中の映像がお洒落で美しい。広場もそうだが雨宿りしていた軒先までも、ひとつひとつの映像が切り取るとすべて絵葉書になりそうだ。
家の中も、出てくる小物も、コーヒーを入れるサイフォンも、机も椅子も完璧だった。

ストーリー、登場人物、そして映像。
すべてがセットになって非現実の世界に観客を放り込むという点では、実にツボをよく押さえてある映画だと思う。
でも、泣くまではいかなかった。
もうちょっと、なんとかならんかったか・・・。もうちょっと。
チョン・ジヒョンのキャラ設定に無理がありすぎたのかもしれないと、今になってそんな気もしてきたぞ。


Comments(9)TrackBack(48)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

48. 映画「デイジー」  [ ちょっとひとことええでっかぁ〜♪ ]   2006年07月30日 06:54
オランダに10年住んでいた友達を誘って観て来ました。 その友達を頼って私も一応1ヶ月居候していたことのあるオランダが舞台の映画です。
47. 「デイジー」鑑賞  [ BIGLOBE平社員ブログ ]   2006年07月24日 00:12
実はこっちが本命。 石塚です。
46. 雨がやんだら、、『デイジー』  [ パフィオ - People of About Forty Years Old - ]   2006年07月20日 19:45
初めて見た韓国映画。 なぜ、見に行ったかというと、 オランダが舞台だから。 ちょっとありえない設定と展開。 少しの嘘と、少しの勘違いと、 少しの思いやりが悲劇に繋がるってのは、 常套手段だけど、切なく
45. 『 デイジー 』  [ 王様の耳はロバの耳 ]   2006年07月19日 14:33
   『 デイジー 』  オランダで絵を描きながら  祖父の骨董品店を手伝う  画家の卵のヘヨン ( チョン・ジヒョン )  そこへ送り主の分からないデイジーの鉢植えが  「 Flowers ! 」 の声と共に毎日届く ―――  ヘヨンの元へデイジーが届くよう...
姜大衛(ジョン“デビッド”チャン)先生、ホンモノの日本公開最新作、劉偉強メイドの韓流作品『デイジー(雛菊)』!これは逃してなるまい、と思い続けてました。 何せ韓流界の人気者が出る作品ですから、世間の話題も集めてるだろう!と踏んでたのですが、思いの外盛り上....
43. *DAISY/デイジー  [ Diary* ]   2006年07月18日 08:18
出演:チョン・ジヒョン(ヘヨン)、チョン・ウソン(パクウィー)、イ・ソンジェ(ジョンウ) オランダを舞台にした韓国のラブストーリームービー。 それはもう、切なすぎるお話しでした。 異国の地で出逢った男女3人のそれぞれの恋のゆくへの結末が悲しすぎます。 こ...
42. 「デイジー」の情報  [ Mugen Diary ]   2006年07月17日 23:36
5月27日に公開される「デイジー」の情報を。 「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだ宿命の愛の物語。 出演:チョン・ジヒョン(ヘヨン役)、チョン・ウソン(パクウィ役)、イ・ソンジェ(ジョンウ役)他 同映画の...
41. DAISY  [ まぁず、なにやってんだか ]   2006年07月17日 22:37
一ツ橋ホールの「デイジー」試写会に行ってきました。「私の頭の中の消しゴム」でチョン・ウソンのファンになったので、待望の新作です。 最初はヘヨン(チョン・ジヒョン)の日常が映され、彼女のかわいらしいこと。 オランダの美しい町並み、デイジーが一面に咲く風景...
40. デイジー・・・チョン・ウソン、チョン・ジヒョン  [  Kimagure Diary ]   2006年07月17日 16:07
昨日はMOVIX昭島に「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン、 「猟奇的な彼女」、「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン主演の 「デイ...
39. 『DAISY デイジー』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2006年07月17日 11:45
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   5/27公開   公式サイト(壁紙・スクリーンセーバーあり) 泣き度[:悲しい:] 映像美[:おはな:][:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】アンドリュー・ラウ 【脚本】クァク・ジェヨン 【出演】 チョン...
38. 「デイジー」  [ 雑板屋 ]   2006年07月17日 07:24
5 ‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは1度だけ目....
37. デイジー  [ 映画評論家人生 ]   2006年07月17日 02:37
千日前セントラル 韓流ブームというが、おかしな言葉だと思う。韓流がブームだという。韓が流でブームなのかもしれない。意味がよくわからなくなってきた。韓国映画がやってきて、もう何年になるだろうか。長い。
36. 「デイジー」鑑賞  [ エモーショナル★ライフ ]   2006年07月17日 02:36
本日2本目は韓国映画の「デイジー」。 ずいぶん前から公開を楽しみにしてましたのでようやくです! 本当は月曜日の舞台挨拶付きの特別上映を見に行きたかったんですが チケット発売開始と同時にホームページにアクセスしたけど全然つながらず、 1時間ぐらい粘ってましたが....
35. 「デイジー」 インターナショナル・バージョン (ちょい、ネタバレ)  [ 応答せよ!!! ]   2006年07月16日 23:45
 出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ   2006年作品 ついに、日本語字幕の付いた「デイジー」を見ちゃいました! 韓国で観たものとは、オープニングから異なっていました。 悲しいことに、どうしても、マニア?の目線になってしまって...
34. 『DAISY/デイジー』  愛を心に秘めた無垢な「花」  [ enjoy! MOVIE☆LIFE ]   2006年07月16日 23:43
クァク・ジョエン, 入間 眞 デイジー SB文庫 (画像はノベライズ) 出演■チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン 監督■アンドリュー・ラウ 脚本■クァク・ジェヨン <ストーリー>  オランダで骨董店を
33. 「デイジー」 インターナショナル・バージョン (ちょい、ネタバレ)  [ 応答せよ!!! ]   2006年07月16日 23:43
 出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ   2006年作品 ついに、日本語字幕の付いた「デイジー」を見ちゃいました! 韓国で観たものとは、オープニングから異なっていました。 悲しいことに、どうしても、マニア?の目線になってしまって...
32. デイジー  [ SSKS* ]   2006年07月16日 20:19
日本 オフィシャルサイト 韓国 オフィシャルサイト 2006 韓国 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ ストーリー:オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジー...
31. ??????: デイジー  [ 口惜しいけれど韓流かつ ]   2006年07月16日 19:30
『デイジー』見てきました。 よかったです。  映画が終わってクレジットが流れるな
30. デイジー DAISY  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2006年07月16日 18:32
たぁ〜っ、こりゃまいった! すんごく良かった〜[:拍手:] 想像してた以上に良かったです[:グッド:] 脚本も良し、構成も良し、ロケ地も良し、俳優がこれまた良〜し、の何拍子も揃った秀作でした。 ストーリーには、あまり触れないほうがいいと思いますので、...
29. デイジー  [ 映画とはずがたり ]   2006年07月16日 18:07
5 異国の地でめぐりあった 男女の数奇な愛の軌跡をみつめた物語。 STORY:オランダ・アムステルダム。 画家を目指すへヨンは、名前も顔もわからないが、 どこかで自分を見守りながら、 デイジーの花を贈り続けてくれる男性を “運命の人”だと信じていた。 そんなある...
28.  『DAISY』  [ моя комната ??まやこむなた?? ]   2006年07月16日 16:47
あり得ん。ロマンチックすぎる。でもまあそれが映画だ(笑)。そんな本作はラブストーリーと犯罪モノがうまく絡み合ったメロドラマで、『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンと『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンが共演。監督は『インファナル・アフェア』シリーズの...
27. デイジー  [ あじさいCinema ]   2006年07月16日 14:46
DAISY デイジー (韓/香港) 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チャン・ジヒョン/チョン・ウソン/イ・ソンジェ
26. デイジー  [ 見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか! ]   2006年07月16日 13:53
監督:??偉強(アンドリュー・ラウ)英題:Daisyキャスト:チョン・ジヒョン、チ
25. 『デイジー』(2006年) ★★★★☆  [ どっぷりレビュー ]   2006年07月16日 13:43
監督は『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ氏。脚本は『僕の彼女を紹介します』の監督クァク・ジェヨン氏が担当、プロデューサーはサイダスHQのチョン・フンタク氏。キャストにチョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ。これだけアジアの才能が揃えば...
24. 「DAIZY」を観てきたよ。。  [ 3 minutes thinking☆ ]   2006年07月16日 12:53
昨日から公開している韓国の映画、「DAISY」を観てきた。 「海猿」や「ダヴィンチ・コード」など強敵がたくさんいるので、 日曜だというのに、席はがらがら。 (-^□^-)らっきぃ あらすじは・・・ オランダで祖父の骨董品屋を手伝いながら暮らしている画家の卵の...
23. 秘めたる思いが運命の歯車を狂わせる  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年07月16日 11:52
119「デイジー」(韓国)  「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウが監督。主役の男が殺し屋と刑事。これはかなりノワール色の濃い作品だろうと思っていたが・・韓流王道の純愛映画だった。  部隊はオランダ。画家のヘヨンはいつもデイジーの花を贈ってくれ...
22. デイジー  [ It's a Wonderful Life ]   2006年07月16日 08:51
「インファナル・アフェア」「頭文字D」のアンドリュー・ラウが監督、 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨンが脚本。 メインは韓国のキャストなんで、韓国にラウ監督が呼ばれた形なんでしょうか。 香港映画ファンとしてはアンドリュー・ラ...
21. デイジー☆愛は、枯れない。  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   2006年07月16日 08:50
今月1日、映画の日、2本目に観ました♪ (1本目は『ピンクパンサー』で??す)
20. 「デイジー」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年07月16日 08:33
「デイジー」よみうりホールで鑑賞 チョン・ジヒョン×チョン・ウソン×アンドリュー・ラウ。この3人のコラボレーションの妙。思っていたようなこてこての韓国恋愛映画とは一味違ったつくりになっていました。そこは、アンドリュー・ラウ監督の作る男の世界に一歩踏み入れ...
19. デイジー  [ Nobody Knows ]   2006年07月16日 07:56
とうとう昨日試写会へ行ってきました。そういえばこれも韓流。。。のせいか、どうも年
18. デイジー  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2006年07月16日 07:19
チョン・ジヒョンみてて思ったのは、鈴木京香w 「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンと「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンの共演のサスペンスタッチのラブストーリー。 全編オランダを舞台に、一人の美しい女性??˝ @
17. 映画「デイジー」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年07月16日 00:54
原題:Daisy 25歳にして、純粋培養無垢でうぶな、恋に恋する女性の、勘違いに始まる悲劇のラブストーリー、無償の愛にハッピーエンドは訪れるのか・・。 なぜかあまり意味があるとは思えないオランダ、そこでおじいさんの骨董店を手伝いながら、広場で肖像画を描...
16. デイジー 06年113本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年07月16日 00:37
デイジー ちょっと順番違うんだケド、緊急UP! アンドリュー・ラウ 監督 って、、え?香港映画??チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ このリンク先、yahooのチョン・ウソン って、ジャンボ尾崎みたいなんだケド、この映画では、時折中村雅俊 ...
15. 【デイジー】  [ 空の「一期一会」 ]   2006年07月16日 00:27
★「古惑仔」「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督、最新作
14. 「デイジー」 イ・ソンジェに1票。  [ のらりくらりと・・・あくせくと・・・ ]   2006年07月16日 00:18
早速楽しみにしていた「デイジー」見てきました。なにせこの日記をよく見返してみると、これが4回目の「デイジー」に付いての記事になりましたから。1作1回が基本の私にしてはとても珍しいことで、かなりの期待の表れです。そして今回が本編を見たホントの感想です。ま...
13. 「デイジー」  [ the borderland  ]   2006年07月15日 23:07
「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督作品にチョン・ジヒョンが出るというので楽しみにしてたんですが、脚本がクァク・ジェヨンとは観終わるまで知りませんでした。クァク・ジェヨンはストーカーのように着いて回るなぁ。どうりで監督らしくないラブストーリ...
12. デイジー  [ 日々徒然ゆ~だけ ]   2006年07月15日 23:06
 それなりに面白かったのである。あくまでもそれなり。監督・脚本両者のベスト状態を観て来ているだけに,「まだまだこんなもんじゃないっしょ」と思うのはイケない事だろうか。
11. 「デイジー」見てきました  [ よしなしごと ]   2006年07月15日 22:50
 僕の彼女を紹介します、私の頭の中の消しゴムに続く、感動作(と言われている)デイジーを見てきました。
10. 『デイジー』  [ Document_Not_Bound... ]   2006年07月15日 22:48
実にそそられる予告編を観てからというもの、やはりDVDではなく、大画面、スクリーンでチョン・ジヒョン嬢を観たい・・・と思い、映画館へ足を運び観てみたら・・・印象は予告編を観たときと同じでしたよ。ヤラ...
9. デイジー  [ HIROMIC WORLD ]   2006年07月15日 22:45
本日の1本は「デイジー」試写会上映。 インファナル・アフェアシリーズのアンドリュ
8. 『デイジー』鑑賞!♪d(^-^)  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2006年07月15日 22:44
『デイジー』鑑賞レビュー! 愛は、枯れない。 花に想いを託して。 命がけで愛を貫く....。 花言葉は、『心に秘めた愛』....。 製作年??2005年 原題:::: ?????? 製作国??韓国 日本公開??2006年5月27日 全国ロードショー 上映時間??12...
7. 『デイジー』  [ 思ったことBAN!BAN! ]   2006年07月15日 22:39
主人公のヘヨンのもとに、 デイジーの花が贈られてくるときに発せられる… “Flowers” というかけ声が印象的だった。 幸せを感じさせる声だなぁ…と。 映画は、そのヘヨンと二人の男との 三角関係をめぐる話。 デイジーの花がヘヨンとその運命の人を...
6. 『デイジー』  [ 試写会帰りに ]   2006年07月15日 22:23
『デイジー DAISY』試写。 香港マフィアと走り屋と、今、男くさい世界を描かせたら世界一なのでは? と思うアンドリュー・ラウ監督ですが、恋愛物は、ちょっと勝手が違ったか……!? デイジー PHOTO BOOK 『インファナル・アフェア』三部作、『頭文字[イニシャル]D THE MOV...
「デイジー」DVD韓国版の発売が決定しました。(^_-)-☆ 人気blogランキングへ
4. 映画 「デイジー」  [ ようこそMr.G ]   2006年07月15日 22:19
映画 「デイジー」 を観ました。
3. デイジー 見ました(5/27鑑賞)  [ 京ポンで今日もゆく〜 ]   2006年07月15日 22:11
監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン(ヘヨン )/チョン・ウソン(パクウィ)/イ・ソンジェ(ジョンウ)他 公式ページ→GO goo映画の紹介記事→GO ストーリー: 場所はオランダ、アムステルダム。画家の卵ヘヨンはデイジーの花とともにいつもどこ...
2. デイジー(韓国)  [ 映画でココロの筋トレ ]   2006年07月15日 22:04
今日は、レディースデー。 何か観たいなってことで「デイジー」を観てきました。 ( → 公式HP  ) 出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン 上映時間:125分 アムステルダムで暮らすヘ...
1. 感想/DAISY デイジー(試写)  [ APRIL FOOLS ]   2006年07月15日 22:02
今までの韓流より随分スタイリッシュな作品と言ってよさそう、5月27日公開『デイジー』。"わたけし"のチョン・ウソンと、『猟奇的な彼女』&"ボクカノ"のチョン・ジヒョンというコンビに、アンドリュー・ラウ監督で全編アムステルダムロケ。なんだかえらいゴージャスゥ。 『...

この記事へのコメント

9. Posted by デコデコマン   2006年07月21日 02:11
nonさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ほんとその通りです。
泣くツモリで見たんですけど・・・。
ウソンの視線はダメですかw
私がもし女性だったらウソンがいいなあ。
8. Posted by non   2006年07月19日 14:38
こんにちわ! はじめまして☆
TBありがとうございます!!

私も号泣覚悟で乗り込んだ映画でしたが
思いの外、泣けませんでした〜。
ウソン氏のネットリした視線に
ちょっと退いてしまって……(^^;)

映像、とってもキレイでしたね*

7. Posted by デコデコマン   2006年07月18日 00:47
冨田さん、コメントありがとうございます。
確かに・・・恋愛中って少しはストーカーですもんね。
ま、スコープで覗くのは怖いですけど。
同じく良作だと思います。
こちらこそありがとうございました。
6. Posted by 冨田弘嗣   2006年07月17日 02:42
トラックバック、ありがとうございます。少しはストーカーみたいなことをしないと、永遠に片思いのままですね。彼の気持ちはよくわかます。
映画の完成度が高いのは、香港にかなり傾いているせいかもしれません。これで泣くわけにはいかないけれど、良作でした。読ませてもらい、ありがとうございました。  冨田弘嗣
5. Posted by デコデコマン   2006年07月16日 19:42
sakulaさん、コメントありがとうございます。

そうか、あの視線も恋人の視線ならたまりませんが、ストーカーの視線なら恐ろしいですね。
でもやっぱり、いい男です。

かつさん、コメントありがとうございます。
非現実的なのに、なぜか気持ちは身近に感じるところの作り方が非常にうまかったですね。

こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。
4. Posted by かつ   2006年07月16日 19:35
TBありがとうございました。
おとぎ話のような映画で私はすごく気に入りました。
私もTBさせていただきます。これからもよろしくお願いします。
3. Posted by sakula   2006年07月16日 07:58
トラバありがとうございます。
ウソンの魅力いっぱいでしたね。
でも確かにストーカーっぽかった。
あの視線も、ある意味怖いかも。。。
2. Posted by デコデコマン   2006年07月16日 01:26
アンマリーさん、コメントありがとうございます。

アナザーバージョンはウソンでまくりなんでしょうね。
確かにファンにはたまらないかも。
是非、見てみようと思います。
1. Posted by AnneMarie   2006年07月15日 22:03
TBありがとうございます♪
はじめまして、アンマリーといいます。
「デイジー・アナザー・バージョン」も観ていただくと、「あぁ。。。そうだったのね」って思うところがいくつか出てきますよ。
ウソンの視点で描かれているのでファンにはたまりませんでした。エヘ♪
私もTBさせていただきますね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字