2006年08月06日

メゾン・ド・ヒミコ−(映画:2006年102本目)−

メゾンドヒミコ1メゾンドヒミコ2







監督:犬童一心
出演:オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、西島秀俊、歌澤寅右衛門

評価:81点

(ネタバレあります)
世の中で嫌いなものは、ゲイと納豆とカボチャの煮付。
そんな俺だったのに、この映画を見ているといつの間にかゲイのおっさんたちを応援し始めていた。
映画ってなんて恐ろしいのだろう。

柴咲コウの働く会社に、オダギリジョーが迎えにくる。
彼は彼女と母親を捨て去っていったゲイの父親の恋人だった。
さらに、父親は末期がんで、自ら建てたゲイの老人ホームで床に伏せており、オダギリジョーは高額なバイト代を餌に彼女にホームに来るように依頼する。

物語の設定からしてぶっとんでいるが、オダギリジョーが画面に出ていると、なんだかそれが普通に思えてしまう。
それほど、「ゲイのオダギリジョー」という存在の持つオーラは凄い。
美しく妖しく純粋だ。
しかし、中学生を毒牙にかけるのはやりすぎじゃないのか?彼は本当の自分に目覚めたのか、それともオダギリジョーの魔法にかかってしまったのか。

ゲイのおじいさん?たちはみんな怪しく格好も強烈で、顔も仕草も放送コードギリギリ。ギリギリというか個人的には完全にアウトだった。それでも最初に書いたとおり、彼らの悩みを温かく繊細に描き出していく映像を見ているうちになぜか応援したくなってくるから不思議だ。
クラブで絡まれるシーンでは、酔っ払いのおっさんを殴りたくなる。
観客の感情が、主人公の柴崎コウの感情の推移とうまくリンクするという、演出のうまさには感心した。

あんな老人ホーム、あってもいいかもしれない。
でも、俺はゲイの人たちと手はつなげないだろうな。例えそれがオダギリジョーでも。
たぶん。
たぶんたぶん。
うーん、ちょっと自信ないかも。

そうそう、クラブのシーンは楽しかった。いいねえ「また会う日まで」と「星降る街角」。

メゾン・ド・ヒミコ 通常版


Comments(13)TrackBack(45)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

45. メゾン・ド・ヒミコ  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2006年08月12日 18:40
5    『メゾン・ド・ヒミコ』を観ました。  とある、休日・・渋谷のシネマライズに30分前集合で余裕でしょ?  と思って行ったらスゴイ人が並んでいて、当然その回は売り切れ完売満員御礼でした。  仕方が無いので16時会場の回のチケットを購入していざ参戦!! ...
44. 柴咲コウが「ブスな女」に見えない誤算◆『メゾン・ド・ヒミコ』  [ 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 ]   2006年08月09日 02:31
3 9月28日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 私が心から愛する映画『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督と脚本・渡辺あやのコンビの新作に、私の大好きなオダギリジョーが主演すると知ってから、ずっと心待ちにしていた映画だった。しかし、舞台はゲイの老人ホームだという。『...
43. メゾン・ド・ヒミコ  [ any's cinediary ]   2006年08月09日 00:33
涙はきっと暖かい <ストーリー>ゲイである父を嫌い、その存在さえも否定して生き
42. メゾン・ド・ヒミコ  [ THE LANDMARK ]   2006年08月09日 00:16
柴咲コウとオダギリジョーが主演のこの映画。 なぜ、観ようと思ったか? それは、自分の家の近くで撮影をやっていたから! 何回か、撮影現場を通過していたのですが、 私はてっきり「亡国のイージス」の撮影だと思っていたのです。 あの映画も、近くに大きなセット組んで撮....
41. メゾン・ド・ヒミコ  [ シネマクロニクル ]   2006年08月08日 23:44
細野晴臣さんxPr.の小川さん、久保田さんのトークショーもあり、 犬童一心監督はドタキャン(お仕事で)、残念でした。 もう。 しかし、良すぎる、コレ。 っていうかオダギリジョー、良すぎる。 人生の孤独、死への恐怖、楽園の存在。 根源的なことをこんなに詩的に...
40. 『メゾン・ド・ヒミコ』  [ Rabiovsky計画 ]   2006年08月08日 22:54
『メゾン・ド・ヒミコ』公式サイト 『メゾン・ド・ヒミコ』オフィシャル・ブック 監督:犬童一心 脚本:渡辺あや 音楽:細野晴臣 出演:オダギリジョー 、柴咲コウ 、田中泯 、西島秀俊 、歌澤寅右衛門 2005年/日本/131分 おはなし Yahoo!ムービー...
39. メゾン・ド・ヒミコ  [ オトメになりたくて ]   2006年08月08日 18:12
? メゾン・ド・ヒミコ       今のところ三本紹介して来ましたが   ことごとくはずして若干食傷ぎみな私   コチラ 最後に映画館で観た映画です         「メゾン・ド・ヒミコ」                               良か...
38. 『メゾン・ド・ヒミコ』★★・・・60点  [ ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ ]   2006年08月08日 11:16
『メゾン・ド・ヒミコ』公式サイトマメ情報 ジャンル;ヒューマン 制作年度/国;'05/日本                  配給;アスミック・エース        監督;犬童一心      出演;オダギリジョー、柴咲コウ観賞劇場:9/22(木)KBCシネマ1.2◆...
37. メゾン・ド・ヒミコ  [ ムーパラ控え室から・・・ ]   2006年08月08日 00:25
オダジョー、エロすぎ[:てれちゃう:] メゾン・ド・ヒミコ 通常版久保田修 小川真司 by G-Tools 『オダギリジョーの尻いいなぁ…』
36. メゾン・ド・ヒミコ(05・日)  [ no movie no life ]   2006年08月07日 23:47
奇しくも昨日UPした「青い棘 」と正反対の映画を見てしまったような気がする。 沙織(柴崎コウ)の働く塗装事務所に訪れた若い男、春彦(オダギリジョー)。彼は沙織の父がもうすぐガンで亡くなることを伝えにやってきた。彼はゲイで自分と母を棄てた父の恋人。父を憎...
35. メゾンドヒミコ DVD  [ 噂の情報屋 ]   2006年08月07日 19:22
オダギリジョー、柴咲コウ共演の海辺に建つゲイのための老人ホームで 繰り広げられるひと夏の優しい愛の物語。 細野晴臣が18年ぶりに映画音楽を手がけたことや 柴崎コウがノーメイクで演じたことでも話題になりました。 DVDメゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)では...
34. メゾン・ド・ヒミコ  [ 魅羅来る ]   2006年08月07日 11:51
観てきましたともっ!オダジョー(^^♪ コウちゃんも好きなので、この組合せは観たい観たい早く観たい!で、ホントは夜勤明けで直行!と思ってたんだけど、耐力切れで一眠りの後夜出かけた。 なんだろ、とにかく観てみて!ってカンジ。 言葉で表せない、穏やかで掴み...
33. メゾン・ド・ヒミコ  [ 日々徒然ゆ~だけ ]   2006年08月07日 11:41
 ゲイバー「BAR 卑弥呼」…もしかして「銀巴里」をイメージしたの?これは相容れない父娘=家族の話で,同性愛者と異性愛者の話で,生と死と老いの話。  年老いたゲイ達の姿は見世物小屋的な好奇心をくすぐり,それでいて世間の視線は現実的で,ファンタジーとリアルの境目...
32. メゾン・ド・ヒミコ  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2006年08月07日 10:52
★★★☆  あら、いやだわこれって「ゲイの養老院」の名前だったのね。・・・いけない、僕までゲイ言葉が移ってしまいました。 湘南の海に面して建つ、なにやら妖しげなムードの白い館。運営するのは、昔ゲイバーの凄腕ママだったヒミコ・・・ そのヒミコに捨てられた娘が
31. ピキピキピッキー!~「メゾン・ド・ヒミコ」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2006年08月07日 10:51
いや~~。 正直言うていいですか。 子供のいる前でDVD見るんじゃなかった。(笑) メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)オダギリジョー 犬童一心 柴咲コウ 角川エンタテインメント 2006-03-03売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools ヒミコに....
30. 映画「メゾン・ド・ヒミコ」  [ ○blog ]   2006年08月07日 09:44
昨日、試写会で、「メゾン・ド・ヒミコ」を見ました。 あらすじ:ゲイの父親が家を出て、母は病死し、ひとりで暮らす沙織。彼女のもとに、ある日、父親の恋人である青年が訪ねてくる。青年は沙織に彼女の父親は癌で死期が近いことを告げ、父親が経営するゲイのための老人...
29. 『 メゾン・ド・ヒミコ 』  [ 王様の耳はロバの耳 ]   2006年08月07日 09:43
 友達に誘われ、見に行ってきました。  出演 : オダギリ・ジョー、柴崎コウ  STORY : 父親がゲイをカミングアウトして        家を出て行き、母親は病気で亡くなり、        その時の治療費の借金を抱える娘の沙織        (柴崎コウ...
28. メゾン・ド・ヒミコ  [ BUNPITUノHIBI ]   2006年08月07日 07:51
犬童一心監督 優しい話ではないのです。 でも柔らかい話でした。 (以下、隠したまま感想の書きようがないのでネタバレしてます) 自分と母親を捨てた、ゲイの父親が死にかけている。彼が住んでいるのは、自らが作ったゲイの老人ホーム。恋人だという美しい男に頼ま....
27. メゾン・ド・ヒミコ☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2006年08月07日 07:07
犬童監督の映画は・・・なんだか御伽噺な空気があります。 映像も、その空気もなじむのですが、身近な現実というよりも ちょっと別の世界のような・・・突き放されているような・・・ あ、『タッチ』は別物ですけど(笑) 今回は『メゾン・ド・ヒミコ』 ゲイの集う老...
26. メゾン・ド・ヒミコ  [ きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ ]   2006年08月07日 05:58
感想あげるの遅いですが、この作品は 公開終了ギリギリで観てきました! 「何か良かった」という友人の評判しか聞いていなかったんですが、 柴咲コウちゃんが出演しているし、「ジョゼと虎と魚たち」を撮った監督、 脚本家の強力タッグなこの作品。 「観なければ!!...
25. 【メゾン・ド・ヒミコ】  [ easygoing ]   2006年08月07日 03:05
・・・新宿 某映画館にて・・・ 【メゾン・ド・ヒミコ】 ?監督 : 犬童 一心 主演 : オダギリジョー、柴崎 コウ、田中 泯、       西島秀俊、村上大樹、草村礼子・・・ いまさらながら観て参りました。 公開始まって、いついってもコミコミ...
24. メゾン・ド・ヒミコ  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年08月07日 01:21
4 人気blogランキングに参加してます! ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。 ご協力お願い致します。 母が私にこの歌を 教えてくれた 昔の日 母は涙を浮かべていたる 私を迎えに来たのは、 若くして美しい男。 彼は、父の恋人だった。 ...
23. メゾン・ド・ヒミコ:よーしこうなったらピキピキピッキー 新宿武蔵野館  [ 気ままに映画日記☆ ]   2006年08月07日 00:39
建設会社に勤める沙織(柴崎コウ)は事情により借金があり、生活が苦しい。昼休みに雑誌の風俗のアルバイトを見てためいきをついていた。 そこに、春彦(オアダギリジョー)がやってくる。彼は、沙織と母親を捨ててゲイバーのママになってしまった父親ヒミコ(田中泯)の恋...
22. メゾン・ド・ヒミコ  [ 色即是空日記+α ]   2006年08月07日 00:03
ゲイによるゲイのための老人ホーム 「メゾン・ド・ヒミコ」 そこで働くことになっ...
21. メゾン・ド・ヒミコ  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2006年08月06日 23:57
この作品の舞台となるのが、銀座の伝説的なゲイ・バーのママだった卑弥呼(田中泯)が開いたゲイのための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」。 卑弥呼の娘、沙織はゲイである父を嫌い、その存在を否定して生きてきたのですが、卑弥呼の愛人である春彦(オダギリジョー)は...
20. メゾン・ド・ヒミコ(愛する事に性別は越えられるのか?)  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年08月06日 23:35
4 「メゾン・ド・ヒミコ」は借金で昼夜働く女性が、小さい時に離婚して別れた父親が余命わずかという事を恋人という”男性”が告げに来て側で手伝いをする事になり、父親の最期を見届けるストーリーである。同性愛というものを理解しなければこの映画を観るのは苦しいだけに、....
19. [cdb] #44 メゾン・ド・ヒミコ  [ 色とりどりの日々 ]   2006年08月06日 23:22
今月私に不意に訪れた邦画ブームの中で 一番のヒット作品がこれ。 なんとなく立ち寄った映画館で、 そういえばこんなのもあったなと。 そんな気軽な気持ちで席に着い私は、 鑑賞後、すっかりこの作品の魅力に とりつかれていました。 『メゾン・ド・ヒミコ』。>&gt
18. メゾン・ド・ヒミコ  [ ルナのシネマ缶 ]   2006年08月06日 23:12
なんとなく不思議な世界なんだけど、 悪くない! 映像もきれいだったし、 思っていたより楽しめました。 ストーリーは、ゲイの老後って テーマだから、結構つらいトコも 汚い年寄りのゲイも出て来るんだけどね〜。 なんかね、全体を通して美しい映画だったような気が...
17. 『メゾン・ド・ヒミコ』  [ 映画大陸 ]   2006年08月06日 22:33
 HGレイザーラモン、プロレス界に進出!インリン様と大激突!  スポーツ新聞の記事を読んで久々にたまげた。これ嘘のような本当の話でありまして「ハッスル・マニア」にて両雄がリングに上がるとの事。といってもタイマンを張るわけじゃ無く5対5の団体戦になりそうだとい....
16. オカマの”結界”は守れたか? 「メゾン・ド・ヒミコ」  [ 梟通信??ホンの戯言 ]   2006年08月06日 22:33
オカマが老後を過ごす為に一緒に住んでいる「メゾン・ド・ヒミコ」。現実離れして見えるほどの、そこはステキな”結界””サンクチュアリ”だ。普通の家庭生活・人間関係の中に収まれない”被差別者”の集団。そのような”特殊な”結界も、ウツシヨ(現世)のしがらみから全く...
15. 『メゾン・ド・ヒミコ』  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2006年08月06日 22:06
ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、春彦(オダギリジョー)という若い男から父がガンで余命いくばくもないことを知らされる。春彦は父が営むゲイのための老人ホームで働く、父親の恋人だった。 [上映時間:131分] ...
14. 『メゾン・ド・ヒミコ』を観たよ。  [ 【待宵夜話】++徒然夢想++ ]   2006年08月06日 21:12
 決めた。『タッチ』を観に行くわ、私。 『メゾン・ド・ヒミコ』 参考:メゾン・ド・ヒミコ@映画生活 メゾン・ド・ヒミコ-シネマトゥデイ 2005年・日本・131分 監督:犬童一心 プロデューサー:久保田修 小川真司 脚本:渀!
13. 隣にいる優しさ、寂しさ  [ スナフキンの背中 ]   2006年08月06日 21:05
メゾン・ド・ヒミコを観てきました。 友達から熱烈の「いいから絶対観て!!」というblog感想に押され、邦画に疎い自分はその存在も知らなかったんだけど、昨日(女性1000円DAY)行ってきました。 あ〜、なんか強烈な話だった。でも確かにすごく良かった。 最近こういう...
12. メゾン・ド・ヒミコ  [ ライターへの道??私の観るもの、感じる事を伝えたい!?? ]   2006年08月06日 21:00
         メゾン・ド・ヒミコ(2005年、アスミック・エース) http://www.himiko-movie.com/ 監督:犬童一心 出演:オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、他          ある日突然、沙織の前に若くて美しい男・春彦が現れた。 彼は、沙織の最も憎
11. 『メゾン・ド・ヒミコ』〜見識の白いキャンバス〜  [ Swing des Spoutniks ]   2006年08月06日 19:51
『メゾン・ド・ヒミコ』公式サイト 監督:犬童一心出演:オダギリジョー 柴咲コウ 田中泯 【あらすじ】(goo映画より)わけあって借金を抱えてしまい、昼はしがない会社の事務員、夜はコンビニのバイトをして働く24歳の沙織は、いっそ風俗ででも働こうかと思い悩んでいる...
10. メゾン・ド・ヒミコ  [ オタクの魂forビギナーズ ]   2006年08月06日 19:40
主演オダギリジョー・柴咲コウなんですけど、8月9月10月とオダギリジョー主演の映画が連続公開。 「忍〜SHINOBI」と「スクラップヘブン」‥‥すごいな、オダギリジョー。 今年は“抱かれたい男”1位になるのか‥‥‥‥今回は“ゲイ”の役ですけど。 「ボク、女に...
9. メゾン・ド・ヒミコ  [ Go Plain! ]   2006年08月06日 18:36
「メゾン・ド・ヒミコ」見てきました。 なんていうか…独特の「空気」というか「臭い」がある映画ですね。 好き嫌いがハッキリ分かれる気がします。 淡々としてるんだけど、内面に見え隠れする問題は単なるゲイ問題にとどまらず、非常に奥が深い。 でも笑いもあるし切....
8. メゾン・ド・ヒミコ (劇場)  [ あいりのCinema cafe ]   2006年08月06日 17:46
神戸シネリーブルにて監督 犬童一心脚本 渡辺あや出演 オダギリ・ジョー(春彦)    田中泯(卑弥
7. 映画のご紹介(66) ジョゼと虎と魚たち  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2006年08月06日 16:57
5 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(66) ジョゼと虎と魚たち ジョゼと虎と魚たちを観た。 お薦め通りの  重いが、素晴らしい映画だった。 メゾン・ド・ヒミコのブログにいろいろいただいたコメントを読んでいる内に、犬...
6. [ メゾン・ド・ヒミコ ]見つめ直すこと  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年08月06日 16:28
映画[ メゾン・ド・ヒミコ ]@渋谷で鑑賞。 監督犬童一心、脚本渡辺あやの前作[ ジョゼと虎と魚たち ] を観たら、これを観ないわけにはいかない。そうすると、 もう比べないわけにはいかない。作品としてもそうだし、 キャストもそう。前作『ジョゼ』は妻夫木聡...
5. メゾン・ド・ヒミコ観てきました  [ おかみの人生日記2 ]   2006年08月06日 15:32
以前に『メゾン・ド・ヒミコとドヴォルザーク』というタイトルでご紹介した映画 メゾン・ド・ヒミコ  やっと観にいくことが出来ました。 今回この映画を観にいったあと、色々な人に「観にいったよ??」と言うと 「あ????あのオダギリジョーがゲイ役のやつだよね」とち...
これは、もう間違いなく犬童一心監督の作品です。実はこの日この映画を観る前に同監督の「タッチ」を観ています。えぇもうまさしくタッチが違います・・・なんかオヤジギャグっぽい(笑) 「ジョゼと虎と魚たち」では、世間とは隔絶した生活を送る、足の不自由な女の子と普....
3. 「 メゾン・ド・ヒミコ 」  [ MoonDreamWorks ]   2006年08月06日 13:39
監督 : 犬童一心主演 : オダギリジョー / 柴咲コウ /     / 田中泯(『たそがれ清兵衛』) 公式HP:http://himiko-movie.com/ 監督は、「黄泉がえり」や「ジョゼと虎と魚たち」、「いぬの映画」など映画をの創った犬童一心。音楽は、サントラを手がけるの...
2. 感想/メゾン・ド・ヒミコ(試写)  [ APRIL FOOLS ]   2006年08月06日 13:37
夕方試写会へ。「ジョゼ虎」でその名を知らしめた犬童一心監督の最新作「メゾン・ド・ヒミコ」。オダギリジョー&柴咲コウ主演で話題のアレですな。8月27日公開。 メゾン・ド・ヒミコ あらすじ 自分と母親を捨てたゲイの父親を激しく嫌悪し否定して生きる沙織(柴咲)。...
1. メゾン・ド・ヒミコ@シネマライズ  [ ソウウツおかげでFLASHBACK現象 ]   2006年08月06日 13:10
登場人物の誰かに強いシンパシーを抱くことはなかった。老人ホームに介護とボケ、これは身近にあるものの、だからといって良し悪しとは別問題だ。ストーリーや演出、テンポが自分の好みということもない。秀でていたものが不明瞭と告白して、これは傑作だと僕は言おう。 ...

この記事へのコメント

13. Posted by デコデコマン   2006年08月08日 23:53
コオさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりだと思います。
まあ、性行為についてはゲイの世界は生理的に受け付けませんが・・・。
12. Posted by コオ   2006年08月08日 18:16
TBどもです。
結局、ゲイもノーマルも人間としての魅力は変わらないということでしょうか。
暖かい人はゲイでもなんでも関係なく、人を優しくさせてくれると思います。
11. Posted by デコデコマン   2006年08月08日 00:08
カオリさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

温かくて、救いのあるラストでしたね。確かにいい感じでした。
BIG RIVERは見ていませんが、機会があればDVDででも見ようかなと・・・。
10. Posted by カオリ   2006年08月07日 23:49
TBどうもでした。私は、この作品のラストがとてつもなく好きですね。
オダギリジョーはコチラではやっと「BIG RIVER」上映になりました。1週間のみですが・・・これも楽しみです。
9. Posted by デコデコマン   2006年08月07日 22:53
nonさん、こんばんは。
はじめまして。

そうですか、オダジョーマジックにやられてしまいましたか。
まあ、あれだけ妖しければしかたないですねー。
8. Posted by デコデコマン   2006年08月07日 22:52
魅羅さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
そうそう、考えさせられる部分も多くて、思ってたよりも結構深い映画でした。

発毛はあきらめました・・・。
今はかっこよくハゲルことに力を入れている次第です。
7. Posted by 魅羅   2006年08月07日 12:02
TBありがとうございました。
私にとって、何度繰り返し観ても、また見たくなる作品のひとつです。
ゲイだとか、恋人だとか、そんな角度から見るのも良いのだけれど、人間ってなんだろう、って考えさせられる気がするんですよね。
といいつつ、オダジョーの虜でもあるという(笑。ただのミーハーでもありますw

ジャンル多岐なブログでいらっしゃいますね。
私のところも大概内容ぶっとびなんですけど(笑。
「ダイエット&発毛」にニヤリです(^o^)ノ
6. Posted by non   2006年08月07日 09:53
こんにちわ☆ はじめまして!
TBありがとうございます。
オダジョーは、ホント魅力的でしたね〜
あの色気では、ゲイと分かっていても
惹かれてしまいます!(笑)
沙織も少年も私も…オダジョーマジックに〜(^^;)

5. Posted by デコデコマン   2006年08月06日 19:56
ふくすけさん、こんばんは。

ははは、まったくその通りです。
ゲイの設定がさらに彼の魅力を引き上げていて、あれではもう向かうところ敵なしなんてもんじゃないですよね。
老若男女一網打尽ですからね。
いや凄い凄い。
4. Posted by デコデコマン   2006年08月06日 19:54
なび子殿、こんばんは。
ええっ、旦那様と同じですか。
それはあまりにも奇遇でゴザイマス。
よろしくお伝えくださいませ。

あいりさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、いろんなテーマが詰め込まれていて、でも必要以上にウェットにはならない、いい感じの映画でした。
ヒミコの「でも、あなたが好きよ」というセリフにはぐっと来ましたね。
3. Posted by ふくすけ   2006年08月06日 19:54
>映画ってなんて恐ろしいのだろう。
ってトコには確かに同感なんですが‥‥実のトコロ恐ろしいのは

『オダギリジョー』

なんじゃナイかって話ですよね。
前々からカッコいいのは解ってましたが“ゲイ”でもカッコいいってのは反則です。
ゲイの役をやっても女にモテモテですよ。

同じ男としては一刻もはやく
“日本から出て行ってください”
と願わずにはいられませんよね。
2. Posted by あいり   2006年08月06日 17:44
TBをありがとうございました。
初めまして!
映画がお好きなんですね。

>>映画ってなんて恐ろしいのだろう。
確かに私も同感です。笑
拒否反応を起こすはずがいつの間にか映画の中の人々を応援している。

この映画はゲイの世界だけじゃなく、老後の問題や父と娘の絆、人間の孤独、色々と考えさせられ、しかもあのラストの爽やかさ。
映画ファンは止められませんね。
1. Posted by なび子   2006年08月06日 16:04
ゲイと納豆とカボチャの煮付?
我が家のゴルフオヤヂとフシギな偶然の一致です。
しかもぎっちょ。ちょっとこわいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字