2006年09月24日

男たちの大和−(映画:2006年118本目)−

大和1大和2







監督;佐藤純彌
出演:反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ、渡辺大、内田謙太、崎本大海、橋爪遼、山田純大、長嶋一茂、渡哲也、蒼井優、高畑淳子、余貴美子、鈴木京香、寺島しのぶ、白石加代子、奥田瑛二、仲代達矢

評価:85点

公式サイト

(ネタバレあります)
今更だが、「男たちの大和」を見た。
どうせ右寄りの国威掲揚映画(そんな言葉誰も使わんぞ)なんだろうと思っていたら、素直に感動してしまった。

仲代達也と鈴木京香の二人の会話が現代であり、大和の物語自体は回想シーンで描かれている。最初はうっとおしく感じたこの設定も、戦争という悲惨な過去と現代をきちんとつなぎ、今を生きる我々に将来を託すという意図を考えれば納得がいく。
ラストで見せる3人の敬礼がいい。最初はオドオドしていた少年の表情が、老人の話を聞くうちに次第に大人になっていくところもいい演出だった。

日本海軍の威信をかけて作られた戦艦大和は、全長263m満載重量72800t最高速51km/hの「世界最大最強の戦艦」。浮沈伝説とともに連合艦隊の旗艦に就任したが、戦況の悪化と日本の敗戦が決定的になったため、昭和20年4月6日、「水上特攻」に出撃、撃沈された。
戦艦大和、と聞いて知らない日本人はいないだろうし、私たちの世代はみんな大和のプラモデルを作って遊んだものだ。
近所のお兄ちゃんの持っていた大きな大和は、電池でスクリューが動き、風呂に浮かべると進む優れものだった。大砲も左右上下に動いた。
ほしかったなあ、あれ。
そんな大和の話を、きちんと残してくれたことに感謝したい。
もちろん映画だからフィクションはあるだろう。だが、随所にドキュメンタリー風のナレーションやテロップが入っていることで、のめりこみすぎた感情がすっと覚まされて冷静に映画に対峙することができる。
大和が沈み、多くの人が亡くなったという事実をそのたびにかみ締めることができる。良質のエンタメでありながら、きちんとした反戦映画であって、貴重なドキュメンタリーになっている、というと褒めすぎかな。難を言えばいろいろと詰め込みすぎて若干散漫。

反町を料理係にしたというのも渋くて正解だった。
あれで先頭で旗でも振られると、かっこよすぎて浮いてしまうだろうしね。
そういえば先月亡くなった私の祖父も太平洋戦争では料理係の兵隊として出兵したという。もっといろんな話を聞いておけばよかった。いなくなってからそんなことを思うのだよな。

少年兵達を中心としたいくつかのエピソードはそれぞれ涙を誘う。
ボタモチのシーンも、田んぼのシーンも、バス停のシーンも。
単純だけど、戦争が起これば誰かがこんな悲しい思いをするのだ。

長嶋一茂が、俺達が死ぬことで日本は誤りを正すことができるというようなセリフを言っていた。あれだけの人間が死んだのだ。例え60年たったとしても日本は誤りを忘れてはいけない。

Comments(5)TrackBack(42)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

42. 「男たちの大和」  [ 月影の舞 ]   2007年01月15日 16:30
「男たちの大和」 (パンフ 大和のように横にでかくてがっちり。800円) いやあ、こんなに泣かされるとは。 中盤からはずっと泣きっぱなし。 戦争ものはあまり観ないので、どうなのか わからないけど、戦闘シーンはすごい迫力。 セットも豪華で、生々しい。 ...
41. 男たちの大和/YAMATO  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2006年10月29日 12:22
評価:★10点(満点10点)   監督:佐藤純彌 主演:反町隆史 中村獅童 松山ケンイチ 仲代達也      蒼井優 鈴木京香 2005年 145min 大和の仲間こそ本当の戦友だった、、、 昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾(...
40. 「男たちの大和」鑑賞  [ BIGLOBE平社員ブログ ]   2006年10月13日 02:56
年賀状まだ書いてないし。 石塚です。
39. 「男たちの大和」を観てきました。  [ マラヤの猫 ]   2006年10月12日 03:18
本日は公開初日の「男たちの大和」を自宅近くのシネコンで観てきました。反戦のメッセージを込めた映画なのかただの戦争映画なのかが曖昧で、「何が言いたいんだ?」「何を見せたいんだ?」と言うような映画でしたが、大和の映像はなかなか見応えがありました。(ちょっと...
38. 『男たちの大和 YAMATO』  [ てぃーちゃーのプライベート ]   2006年10月09日 16:02
中村獅堂の片笑い、鈴木京香の半笑い。 ……はおいといて。 私が行った試写会は、監督との質疑応答付のもの。 当然、というか、そこでは「泣きました!」の嵐。 私が考えてた、 「作中で、登場人物が普通に外来語をつかってるんですけど(軍人同士のシーンでも)、あ....
37. 映画館「男たちの大和 YAMATO」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2006年10月02日 12:25
「戦艦大和」存在は知っていましたが、日本史が嫌いな私はどの時代のことなのか知らずにいました。父が観たいと言っていたので、父と一緒に観に行ってきました。 戦闘機の時代に日本が一生懸命作った戦艦大和。負ける戦争だと分かっていても戦わなければならなかった。...
36. 「男たちの大和/YAMATO 」  [ 雑板屋 ]   2006年09月28日 11:41
3 人間ドラマ重視の戦争映画ってとこか。 とても丁寧に作られている気がした。 戦艦大和がかなりかっこいい!デカくて威厳があって迫力があって・・・。 広大な海に浮かぶ存在感・・・あの大和に乗れること事態がそれぞれの誇りでもあったんだと思う。 物語は現代と過去....
35. 『男たちの大和 YAMATO』  [ Rabiovsky計画 ]   2006年09月28日 11:38
『男たちの大和 YAMATO』公式サイト Yahoo!ムービー『男たちの大和/YAMATO』 監督・脚本:佐藤純彌  原作:辺見じゅん  音楽:久石譲 出演:反町隆史 、中村獅童 、鈴木京香 、松山ケンイチ 、渡辺大 おはなし Yahoo!ムービー 2005年4月、真貴子...
34. 映画「男たちの大和 YAMATO」  [ ちょっとひとことええでっかぁ〜♪ ]   2006年09月28日 10:36
私は基本的に『戦争反対』には賛成なのだ!(バカボンのパパみたい) でもそんな戦争反対、戦争はキライ、映画でも観たくないっていう 薄っぺらい平和主義者きどりの女性や母親連中が観るべきだと思う。 これを観ればこの人
33. 男たちの大和/YAMATO  [ まぁず、なにやってんだか ]   2006年09月26日 23:40
夫が「男たちの大和/YAMATO」の前売券を一枚もらってきました。いつものように、「観た??い!」とまきあげ・・・じゃなかった、もらって、本日観てまいりました。夫は、昨日から海外出張していて、機内で新作映画を観ているハズだから、まぁ、いいかな(都合のいい言い訳)...
32. 『男たちの大和/YAMATO』・劇場  [ しましまシネマライフ! ]   2006年09月26日 10:30
今日は『男たちの大和/YAMATO』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》 座席数407の映
31. 尾道 男たちの大和/YAMATO 映画ロケセット見学 その3  [ 紫電改のつぶやき ]   2006年09月25日 22:29
ディテールもなかなかです。 艦橋は、合成画像にしているそうです。
30. 「男たちの大和」  [ 明日は明日の風が吹く ]   2006年09月25日 19:57
「男たちの大和」やっと観に行ってきました。
29. 『男たちの大和 YAMATO』  [ 映画大陸 ]   2006年09月25日 19:32
 Captain of the ship Oh!明日からお前が舵を取れ!  Captain of the ship Oh!生きる意味を探しに行こう  ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー 夕陽が西に沈む前に  ヨーソロー 確かな人生を ヨーソロー 俺たちの船を出す  これは一部では有名な長渕剛の『Ca...
28. 男たちの大和/YAMATO  [ Akira's VOICE ]   2006年09月25日 10:32
2005年の終わりに届けられた力強い戦争映画。
27. 「大和」世界航海 40か国・地域100社からオファー !サイパン出発前に  [ 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! ]   2006年09月25日 07:40
映画「男たちの大和/YAMATO」が40カ国からオファー
26. ■週末の学び12/23「大和」〜男たちの大和/YAMATO必見です〜  [ 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! ]   2006年09月25日 07:38
※明日が祝日なので 一日繰り上げます   急遽内容を変更して贈ります   水上特攻って知ってますか?   大切な何かを守るために 命をかけたことはありますか?   ●大和   以下をクリック ↓↓↓↓↓↓   http://www.jyohoku....
25. 『男たちの大和』その3 独断と偏見の裏読み編  [ ふつうの生活 ふつうのパラダイス ]   2006年09月25日 07:22
前回はシナリオの話を書いたけどその後さらに考えていたら、「なるほどー。」なんてのが増えた。映画を実際に見ると、前宣伝で言ってた「愛するものを守るために」なんてフレーズが嘘っぱちなのはよくわかる。大和が「戦争を終わらせるために出撃するんだ。」なんて長島一...
24. 『男たちの大和』その2シナリオ編  [ ふつうの生活 ふつうのパラダイス ]   2006年09月25日 07:20
よくできた映画だったし、十分面白かったんだけどなーんか腑に落ちなかったところがあったことに気がついた。どうもこの映画には裏脚本なるものがあるらしい。というか正しくはシナリオの第一稿。その第一稿のポイントを読んだらすごく面白そうなのだ。このシナリオどおり...
23. 男たちの大和  [ 5125年映画の旅 ]   2006年09月25日 06:44
2 うーん、あまり楽しめなかった。あらゆる場面で大雑把な印象を受けました。戦争映画は好きですし、特撮も頑張ってました。ツボは抑えてあると思うんですが何かが足りない。和製ミリタリー映画が豊作だった今年を締めくくるには、少々物足りない出来でした。  展開と演....
22. 『男たちの大和/YAMATO』(2005) 試写会  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2006年09月25日 06:19
試写会へお誘いいただきました(またもや他力本願)。 <戦後60周年記念作品>と銘打たれておりますが、華やかさ豪華さとは無縁の力作です。 登場人物が多く、それを演じるのも若手で馴染みのない役者ばかり。その彼らが一様に坊主頭に水兵服なので、誰が誰やらわかり難...
21. 男たちの大和/YAMATO 試写会  [ 如意宝珠 ]   2006年09月25日 06:17
男たちの大和/YAMATO  http://www.yamato-movie.jp/ 製作:「男たちの大和/YAMATO」製作委員会 代表 高岩淡 企画:角川春樹、坂上順 原作:辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上・下)」(ハルキ文庫刊) 脚本:野上龍雄   監督;佐藤純彌 音楽:久石譲   ...
20. シネマ日記 男たちの大和  [ skywave blog ]   2006年09月25日 06:01
世界最大の戦艦「大和」は、3000人の乗組員と共に片道の燃料で沖縄に向かい、そして・・・ 日本は60年間、平和な時代を送っていますが、この”平和”は、太平洋戦争の犠牲
19. 劇場鑑賞「男たちの大和/YAMATO」  [ 日々“是”精進! ]   2006年09月25日 04:09
本日、「男たちの大和/YAMATO」を鑑賞してきた。第2次世界大戦下、沖縄へ水上特攻を命じられた戦艦・大和。不沈戦艦と呼ばれつつも沈没し、その乗組員たちの壮絶な生き様を描いた作品。散る桜残る桜も散る桜どこかで聞いたことがあるが忘れてしまった・・・。→良寛の句...
18. 男たちの大和/YAMATO  [ 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α ]   2006年09月25日 02:14
一人一人にドラマがあって、戦う理由がある。
17. 「必ず死んでくる・・」と手を振る人に  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年09月25日 01:37
2「男たちの大和 YAMATO」(日本)  「宇宙戦艦ヤマト」では地球を救うためイスカンダルへ向かったヤマト乗員は、必ず戻ってくる、と言っていた。しかし、実際の大和乗組員は、死を覚悟していた。家族を、祖国を助けるために水上特攻の先駆けとなった。そして10...
16. 男たちの大和/YAMATO  [ 欧風 ]   2006年09月25日 01:31
「男たちの大和 YAMATO」は17日から公開なんですが、この映画やこの映画をベタ褒めしちゃってるINDYならば、当然初日の初回に観に行くだろうって思ってました?いや、そんな事気にしてないしとかそう言う意見は馬耳東風でいくとして、ああ、もちろん行ったとも!例...
15. 男たちの大和??こんな愛国心は要らない  [ Osaka-cinema-cafe ]   2006年09月25日 01:19
試写で見たのが12月8日。 真珠湾攻撃の日でもあり(ジョン・レノンが暗殺された日でもあります)、 その日に、この映画を見るのは、日本人として何かの縁でしょうか? 映画「男たちの大和」 敗戦から60年たった、2005年四月。 鹿児島県枕崎の漁港。 一人...
14. 男たちの大和/YAMATO 今年の247本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年09月25日 01:14
男たちの大和/YAMATO 日本人なら、この映画を見て、泣け! 誰はばかることなく、この男たちに、感謝と、賞賛と、哀悼の念を抱け! もう、最初から泣き、でした。沖縄に向かって出撃したのに、枕崎から、たったの200Kmのところで轟沈した大和。仲代達矢 さん、鈴木京....
13. 「男たちの大和」見てきました  [ よしなしごと ]   2006年09月25日 01:07
 2005年最後の映画ブログは、男たちの大和です。
12. ・映画「男たちの大和/YAMATO」封切!  [ たまちゃんのてーげー日記 ]   2006年09月25日 00:47
2005年12月17日(土)。お正月映画がいよいよ始まりましたね。CMが沢山流れている「男たちの大和/YAMATO」も、封切りです。(オフィシャルWEBサイト(http://www.yamato-movie.jp/))長渕剛の歌も耳に残ります。。。男たちの大和/YAMATO↑こちらは書籍。2...
11. 男たちの大和  [ 不良中年・天国と地獄 ]   2006年09月25日 00:38
1月9日(月)新宿グランドオデオン座にて去年の「ローレライ」や「亡国のイージス」には失望しました。戦争映画なのに、戦闘シーンは貧弱で、人間ドラマとしても薄っぺらでした。原作者もあまりの出来の悪さに、切歯扼腕したことでしょう。本作「男たちの大和」はどうで...
10. 男たちの大和/YAMATO(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2006年09月25日 00:19
【監督】佐藤純彌 【出演】反町隆史/中村獅童/鈴木京香/松山ケンイチ/蒼井優/長島一茂/渡哲也/寺島しのぶ/白石加代子/仲代達矢/他 【公開日】2005/12.17 【製作】日本 【ストーリー】 2005年4月、老漁師の神尾は冀rati.
9. 男たちの大和 YAMATO/反町隆史、中村獅童、仲代達矢、鈴木京香  [ カノンな日々 ]   2006年09月25日 00:14
3 最初は観に行く気はなかったんですよ。ところがこの映画の監督が私のお気に入りの「新幹線大爆破」の佐藤純彌監督だと知って、観に行きたい気持ちが沸々と沸いてきちゃいました。「新幹線大爆破」は高倉健主演の犯罪サスペンスで「スピード」「交渉人 真下正義」の元ネタに....
8. 男たちの大和  [ たにぐちまさひろWEBLOG ]   2006年09月25日 00:11
 それでも この国を愛しているから  たまらなく 愛しているから  もう一度  生まれ変わったら  私の名を  呼んで下さい 大晦日、今年最後の締めくくりとして、“男たちの大和”を観にいきました。 昭和16年12月、真珠湾攻撃と前後して完成をみた世界...
7. 『男たちの大和』 を鑑賞しました!  [ みはいる・BのB ]   2006年09月25日 00:09
☆☆☆☆?? (5段階評価で 4) さっそくみてきましたよ??♪ 109シネマズHAT神戸 シアター6 にて 15:30の回
6. 「男たちの大和/YAMATO」   [ てんびんthe LIFE ]   2006年09月25日 00:07
「男たちの大和/YAMATO」 千代田区公会堂で鑑賞 上映中から会場内はぐずぐずしている音が聞こえてきます。泣いているんだなあ。そういう私は…、今日も泣くまでには行きませんでした。物語は現在の枕崎港。一人の女性が漁船に大和の沈んだ海まで連れて行って欲しいと...
5. 男たちの大和/YAMATO  [ Extremelife ]   2006年09月25日 00:03
辺見じゅんのノンフィクションを「敦煌」の佐藤純彌監督が映画化した戦争スペクタクル・ドラマ。昭和20年4月、3000余命の乗組員とともに東シナ海に散った戦艦大和の壮絶な運命を描く。およそ6億円をかけて大和の原寸大のセットが組まれ、大きな話題に。反町隆史と中村獅...
4. 「男たちの大和/YAMATO」  [ the borderland  ]   2006年09月24日 23:57
10??11月頃、梅田のチケット屋でこの映画の前売が叩き売りされてました。2ヶ月以上もまえなのに、どこの店でも1300円の店はないぐらいで不思議に思っていたのですが、角川社長が勝負かけてたんですね。→関連記事 私も、もちろん800円で購入しました(^^; ...
3. 『男たちの大和/YAMATO』を観て来ました!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2006年09月24日 23:34
 2005年12月19日 『男たちの大和/YAMATO』観賞レビュー! もう会えない君を、守る。 2005年/日本 配給:東映 ★スタッフ★ 製作 「男たちの大和/YAMATO」製作委員会 代表 高岩淡 企画:角川春樹、坂上順 原作:...
2. 「 男たちの大和 」  [ MoonDreamWorks ]   2006年09月24日 23:24
監督 : 佐藤純彌  脚本 : 辺見じゅん主演 : 反町隆史 / 中村獅童 / 鈴木京香原作 : 辺見じゅん 箸 「男達の大和」     公式HP:http://www.yamato-movie.jp/  作家辺見じゅんが戦艦大和の誕生から撃沈、さらにひとりひとりの壮絶な生き様を克明...
1. 戦艦大和に散った人達がこれからの未来を託した思いがここに  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年09月24日 23:09
4 今年が戦後60年という事で制作された「男たちの大和」だが、実話という点ではやはり戦争の過去は忘れてはならないと常に思う。戦艦大和は60年経た今でも伝説の戦艦として語り継がれているが、ある意味で時代から取り残された戦艦だったとも言える。

この記事へのコメント

5. Posted by デコデコマン   2006年09月30日 11:39
Agehaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

なるほど。料理係という職務が生きることを示唆していたというのはわかる気がします。
中村獅童といい、反町といい、当時あんなに物分りのいい上官がいたかどうかはちょっと疑問ですけどね。

死ぬ美学よりも生きることの大切さがちゃんと伝わってきてよかったと私も思います。
4. Posted by Ageha   2006年09月29日 11:27
>反町を料理係にしたというのも渋くて正解だった。

中村獅堂さんのやってたような
兵隊さんが
フツーは圧倒的多数ですもんね。

料理係・・ってとこが
生きることにつながるのかもと。
食べさせるって事が。
・・・沈没した大和から
自分も投げ出されたんだけど
一人でも多くの兵を救おうとした
そのへんへもつながっていく。
突撃前に差し入れを持ってきて
退艦命令が出たら逃げろって
フツーわざわざ言いませんしね。

女性目線で描かれた原作だから尚更
インタビューを元にして書いていても
「生き恥をさらしても生きてほしい」
そっちに重点が置かれた作品だったと
思いました。
3. Posted by デコデコマン   2006年09月27日 01:27
邦画好きさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

TBの件はぜんぜんかまいませんです。
悪いのはすべてライブドアです。堀江と宮内が法廷で罵りあう様子を、もと社員はどんな思いで見て(聞いて)いるのでしょうかね。
2. Posted by やっぱり邦画好き…   2006年09月26日 09:26
すみません、TBがエラーになってしまっているようです。
返信されていなかったらごめんなさい。
1. Posted by やっぱり邦画好き…   2006年09月26日 09:23
この度はアメブロ版やっぱり邦画好き…にTBをいただき、ありがとうございます。
そして返信が遅くなりましたことお詫び申し上げます。
勝手ながら都合によりメインのJUGEM版やっぱり邦画好き…でTBの返信をさせていただきます。
これからもよろしくお願い致します。

コメントする

名前
 
  絵文字