2006年10月29日

寝ずの番−(映画:2006年132本目)−

寝ずの番1寝ずの番2








監督:マキノ雅彦
原作:中島らも
出演:中井貴一、木村佳乃、木下ほうか、田中章、土屋久美子、真由子、石田太郎、蛭子能収、高岡早紀、堺正章、笹野高史、岸部一徳、長門裕之、富司純子

評価:88点

(ネタバレあります)
故中島らも原作。
笑った、あきれた、そして泣いた。
ええ映画やないか。
ベタな大阪丸出しのボケと突っ込みの応酬、そして落語界のカッコよさを存分に味わせてくれる粋で洒落た芸の数々。
個性豊かな登場人物達の細かな演技も見ごたえがあるし、3つの通夜を通して溢れてくる死者への愛情がまたたまらん。
ま、一番の見どころは遠慮のかけらもないシモネタの数々なんですが。

監督のマキノ雅彦とは、俳優の津川雅彦のこと。
マキノ省三を祖父に、マキノ雅弘を叔父に持つ、といっても私はこの二人のことを全く知りませんでしたが、日本映画界を代表する映画監督だったらしい。
知らないものは知らないので申し訳ないが、でも、血は確実に引き継がれているのだろう。マキノ雅彦監督構想3年の会心の映画だった。

オープニングから名シーンだ。
上方落語界の重鎮・笑満亭橋鶴(長門裕之)が臨終の間際に弟子に伝えた言葉とは、「そそが見たい・・・」だった。
「そそ」とは京都弁で女性器のこと。
急遽、弟子の橋太(中井貴一)の嫁の茂子(木村佳乃)が呼び出される。
すったもんだはあったものの、「師匠のためや、わかった」と言って、茂子は寝ている橋鶴の顔の上にまたがって立ち、スカートを捲り上げたのだった。
「何するんじゃ」と言わんばかり長門裕之の眼と、恥ずかしげな木村佳乃の表情が最高。
結局、「そそ」は「そと(外)」の聞き間違いというオチがついて、オープニングは終了する。

DVDには、出演者の座談会音声入りで映画を再生できる特典がついているが、これを聞きながら観るのがまた面白い。誰がどこでアドリブかましたのか、誰がこの演出を考えたのか、そんなことまでしゃべりまくりだ。

寝ずの番とは通夜のこと。
物語は、師匠(橋鶴)の通夜、一番弟子の橋次の通夜、そして師匠の妻・志津子の通夜の席で、弟子たち、その妻たち、客たちの故人への思い出話で綴られていく。
バカバカしいオチの話もあれば、えげつなく下品な話もある。
でも、通夜の席ということと、噺家の会話と言うことで、微妙なオブラートにつつまれ、いい感じに「なんでもあり」の雰囲気になっているのだ。
「チンポ」や「オメコ」が連発される映画って、普通は上映できないだろう。

志津子の通夜の席では、弔問に訪れた堺正章と噺家たちが、三味線で小唄の歌合戦になる。
もちろんシモネタオンパレードなのだが、これがなぜかジーンとくるのだ。
合唱もよかったし、師匠の死体を抱き上げて踊るラインダンスは笑えた。

出演者の大阪弁はほとんど違和感がない。
中井貴一は関西出身じゃないはず。特訓したのだろうか。堺正章の関西弁だけがちょっと変だったなあ。
映画館の観客の平均年齢が随分と高かったようだ。確かに若者には面白くないかもしれない。これを面白いと思う俺は相当オッサンなのだな。
それとテレビ放送は無理だよなあ。「ピー」ばっかりになってしまうはずだ。
いい映画なのに、もったいない。テレビ東京あたりが頑張ってくれんかのう。
寝ずの番3

Comments(4)TrackBack(31)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

31. 『寝ずの番』・試写会  [ しましまシネマライフ! ]   2006年11月13日 23:58
今日は某テレビ局のサイトで当選した『寝ずの番』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★☆☆
30. 映画館「寝ずの番」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2006年11月07日 01:26
シモネタ、バンザイの楽しい作品でした! 落語家さんたちのお通夜の席は、本当にこんなんじゃないかって勝手に想像しちゃいましたよ??!かなり露骨な表現のシモネタもあるので付き合いだしたばかりのカップルが観たらちょっと恥ずかしいかも??! マキノ雅彦(津川雅彦...
29. 【劇場鑑賞34】寝ずの番  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年11月05日 15:43
4 偉人が死ぬ前に遺した 最期の言葉は    ゲーテは 「光を、もっと光を・・・」 ベートーベンは、 「友よ拍手を!喜劇は終わった!」 トルストイは、 「私は真実を愛する」 そして、 笑満亭橋鶴は・・・ いまは山中温泉で いま....
28. 寝ずの番  [ お台場を遊ぼう!ふとんちっとのお気に入り ]   2006年11月04日 00:02
シネスイッチ銀座のレディスデイは金曜日なのでちょっと気になっていた「寝ずの番」を見ました。噺家の師匠の通夜の席を描いた悲しくておかしい話です。下ネタ満載でちょっとお子様の見る映画では無いとは思いますが、「海猿」よりも良かったです。特に女将さんの通夜の席...
27. 映画「寝ずの番」  [ ちょっとひとことええでっかぁ〜♪ ]   2006年11月01日 23:29
新しく出来たMOVIX堺で最初に観た映画は「寝ずの番」です。 珍しく亭主も仕事の日とぶつからず同じ映画を観たかったみたい(* ̄m ̄)プッ
26. 「寝ずの番」(05)  [ 新世紀活動大写真 ]   2006年10月31日 20:31
津川雅彦がマキノ雅彦名義での監督第一作。上方落語の一門。今、まさに病室で臨終を迎えようとする長門裕之演じる師匠。笹野高史、中井貴一ら弟子達に何か望みはとたずねられ、「そ…そ○がみたい」。駆り出されたのが中井の嫁(木村佳乃)。おもむろにベッドにのぼり、ス...
25. 寝ずの番☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2006年10月31日 20:31
故人を偲んで遺体とともに一夜を明かす寝ずの番そのお通夜を舞台にした映画が『寝ずの番』が公開中ですが監督はマキノ雅彦=俳優の津川雅彦いまいち勝手がわからないお葬式を楽しい映画にしちゃった伊丹監督その伊丹監督作品によく出演していた津川さんが・・・お通夜を舞台....
24. 寝ずの番  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2006年10月31日 09:30
★★★☆  津川雅彦が、叔父のマキ丿雅弘監督の名を拝借し、『マキノ雅彦』として初めてメガホンをとった作品だそうだ。内容は上方落語の大御所と、その弟子たちの話を描いた大人のコメディーである。 まずちょい役も含めて、出演者が多彩であることに驚くだろう。津川雅彦
23. 寝ずの番  [ 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α ]   2006年10月31日 02:19
い、いやぁ??、、、まさか、まさか あの人やこんな人やそんな人まで あんな言葉を連呼するとは・・・
22. 寝ずの番:明るい下ネタコメディ 新宿文化シネマ  [ 気ままに映画日記☆ ]   2006年10月31日 00:20
予告編を見てエッチな木村佳乃にどっきり。さっそく見てきました。 この先下ネタ注意 嫌いな人は読まないように。お子ちゃまも読んじゃダメ。 落語の師匠笑満亭橋鶴(長門裕之)がいまわのきわに一言「そ○が見たい」 これを聞いた弟子(中井貴一)がかみさん(...
21. ■原作■寝ずの番:中島らも著  [ 映画とアートで☆ひとやすみひと休み ]   2006年10月30日 15:51
原作が先か?映画が先か?先日、世界同時公開された話題作『ダ・ヴィンチ・コード』で
20. 寝ずの番  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2006年10月30日 15:37
『寝ずの番』公開:2006/04/08監督:マキノ雅彦原作:中島らも  『寝ずの番』(講談社刊)出演:中井貴一、木村佳乃、堺正章、笹野高史、岸部一徳、長門裕之、富司純子そ、そんなお下品な〜っ ←一日1回ポチッと私にスイッチ入れてくださいまし♪
19. 寝ずの番 見てきました  [ 京ポンで今日もゆく〜 ]   2006年10月30日 13:39
映画「寝ずの番」見てきました。 たらら〜んとしたブログさんで紹介されていたのを読んで 観にいきたくなった映画。 原作 中島らも 監督 3代目マキノ襲名 マキノ雅彦(津川雅彦) 出演 中井貴一 木村佳乃     堺正章 笹野高史 岸部一徳 長門裕之 富司...
18. 寝ずの番  [ まぁず、なにやってんだか ]   2006年10月30日 13:31
テンポよく笑えて、ちょっと泣けて、観てよかったと思った映画がこの「寝ずの番」です。 公開2日目の初回上映を観に行ったのですが、入場したらすでに満席で、予想以上の前評判なのね、と感心してしまいました。二日前に指定席取っておいてよかった??。客層は年配の方々...
17. 寝ずの番  [ Akira's VOICE ]   2006年10月30日 10:10
歌と踊りと笑いと涙の人情喜劇。
16. ピー連発のにぎやかなお通夜。~「寝ずの番」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2006年10月30日 09:44
一番不謹慎やったのはサザン歌いながら 手術してたセンセちゃうん?(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ 淡路島では「チャコの海岸物語」は放送禁止ですか?(*/∇\*) 寝ずの番中井貴一 中島らも マキノ雅彦 ポニーキャニオン 2006-10-18売り上げランキング : 1563Amazonで詳しく見...
15. 寝ずの番  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2006年10月30日 09:16
寝ずの番 2006年4月8日 劇場初公開 公式サイト: http://nezunoban.cocolog-nifty.com/main/ 池袋・新文芸座 2006年9月25日(月)10時20分の回 ゴウ先生総合ランキング: B-   画質(ビスタ): A-   音質(DTSステレオ?): B+
14. 「寝ずの番」舞台挨拶あり  [ てんびんthe LIFE ]   2006年10月30日 08:43
「寝ずの番」草月ホールで鑑賞 プレミアでは無いと思いますが今日は舞台挨拶があると書いてありました。壇上に上がったのはマキノ雅彦(津川雅彦)監督、中井貴一、木村佳乃の3名。ところが会場に来ていたゲストの凄さといったら今までの大きなプレミアでもこんなにいた...
13. [ 寝ずの番 ]おとなの艶画  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年10月30日 08:14
[ 寝ずの番 ]@銀座で鑑賞。 ガキの時に、深夜番組で「おとなの時間」というのを楽し みにしていた時期がある。その当時はこの「おとな・・・」 という響きになんともいえぬ艶かしさを感じたものだった。 今は、自分も年をとり「おとな・・・」という言葉には、 新...
12. 映画のご紹介(136) 寝ずの番  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2006年10月30日 08:01
3 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(136) 寝ずの番-寝ずの番は 生死一体の大宴会。 通夜には寝ずの番をする。 このことを初めて知ったのは、20年ほど前になくなった祖父の通夜だった。 「死んだ人が寂しくないよ....
11. 『寝ずの番』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   2006年10月30日 07:07
40歳とか50歳を超えた人達が、昔、是非遣ってみたかった事や、もう一度遣りたかった思い出を掻き集めて映像で実現させたような映画です。映画って、商業ベースに前線に出るとホンネとタテマエの差が大きくなるものですが、今回は「気にしないぞ!」っていう雰囲気が感じ...
10. シネマ日記 寝ずの番  [ skywave blog ]   2006年10月30日 06:12
古典的下ネタ炸裂、おかしくも、物悲しい人間の一面を暖かみのある笑いで、包んでくれます。 お通夜の夜の「寝ずの番」、故人を偲んで、回顧談に花が咲く。咲いただけでなく、歌
9. 寝ずの番:通夜場の馬鹿力  [ 犬儒学派的牧歌 ]   2006年10月30日 03:04
★監督:マキノ雅彦(2005年 日本作品) 京都シネマにて鑑賞(5月2日)。 『かもめ食堂』には及ば...
8. 寝ずの番  [ Addicted to the Movie and Reading! ]   2006年10月30日 02:32
■ 池袋シネマサンシャインにて鑑賞 寝ずの番 2006年/日本/110分 監督: マキノ雅彦 出演: 中井貴一/木村佳乃/富司純子/長門裕之/岸部一徳 公式サイト DVD情報はコチラ 上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴が今際の際に漏らした言葉―――――「そ、そ○が見たい....
7. 寝ずの番  [ 新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり> ]   2006年10月30日 02:07
地元ではかからなかったので、ロードショーでは観逃した。札幌・蠍座でありがたく鑑賞。
6. スゴイ映画:『寝ずの番』  [ この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! ]   2006年10月30日 01:52
前評判の高い『寝ずの番』。 楽しみにして見に行くと... 聯『ゲッ囹』...スゴイ客の入り。 前から4列目くらいで見る羽目に。 『やっぱり面白いのかな?』と見る前から期待。 ......面白い獵秊 日本人が劇場でこれほど笑う。...
5. 寝ずの番  [ いろいろと ]   2006年10月30日 01:31
期間上映で1週間だけ上映されます。 全国ロードショーは4月からでもう終わってるん
4. 寝ずの番/中井貴一、木村佳乃、長門博之  [ カノンな日々 ]   2006年10月30日 00:59
4 「タイフーン」を観たあと、この日、友人らと食事会までにまだ時間があったのでもう1本観ることに。候補は「プロデューサーズ」「リバティーン」とこの「寝ずの番」だったのだけど、2本目だし軽めの喜劇がいいかなと思ってこの「寝ずの番」にしました。あまりにストレート....
3. 寝ずの番 06年86本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年10月30日 00:34
寝ずの番 書くの忘れてた。いろんなご意見のblogにTBさせていただきました。 しゃれですyo。 俳優の津川雅彦 が、偉大なる映画人である祖父のマキノ省三 、叔父のマキノ雅弘 からマキノ性を襲名し、マキノ家 3代目監督マキノ雅彦として初メガホンを取った....
2. 寝ずの番  [ Extremelife ]   2006年10月30日 00:11
日本映画初期の巨人、マキノ省三監督を祖父に持ち、日本映画界のサラブレットとして輝かしい俳優人生を送ってきた津川雅彦が、“マキノ雅彦”名義で満を持して挑んだ映画監督デビュー作。中島らもの同名短編を基に、豪華俳優陣の競演で贈る痛快艶笑喜劇。上方落語界の重鎮...
1. 『寝ずの番』を観て来ました!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2006年10月30日 00:10
『寝ずの番』鑑賞レビュー! 師匠、何か心残りはありませんか? 最期に、これはやっておきたかったという ことはありませんか? そ、そ○が見たい… ?!  ??  ┐(´ー`)┌ 果たして“そ○”とは? 一体何のことなのか?! 沖...

この記事へのコメント

4. Posted by デコデコマン   2006年11月04日 09:39
ふとんちっとさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
そうそう、セリフです。
ピー音入りまくりで放送されるかもしれませんね。
3. Posted by ふとんちっと   2006年11月04日 00:20
TBありがとうございます。
日本映画で下ネタ満載でおかしくて悲しい映画は始めてみました。
たしかにTV放送は映像的ではなくてせりふの関係でに難しいかもね。
2. Posted by デコデコマン   2006年10月31日 00:50
「ねえねえ、そそってなあに」なんて12歳の娘に聞かれたときにはどうしようもありません。
だから大人の都合でR15になったのです。

R30は納得です。
R40でもいいんじゃないかな。
せめて自分の祖父母や叔父叔母の葬式を経験していないと笑えないんじゃないかと思います。

TB申し訳ありません。
ほんとに馬鹿なライブドアです。
申し訳ありません。
1. Posted by Ageha   2006年10月30日 09:58
シモネタオンパレードだけど、
いやらしいシーンがあるわけじゃなく、
・・・で、R−15?

正直、この映画にある
粋な笑いというか、
愛のある故人のいじり方(!!)というか
その辺が理解できるのは
残念ながらオッチャン、オバちゃんだろうなと。
R−30とか40とかいう
レベルだった気がします。
エッチ〜〜でかたづけられちゃ
かわいそうだなって・・・。

PS:「明日の記憶」と
マッキーVS松本零士の記事に
TBが送信できませんでした〜。(T_T)

コメントする

名前
 
  絵文字