2007年01月19日

硫黄島からの手紙−(映画:2007年7本目)−

硫黄島1硫黄島2







監督:クリント・イーストウッド
出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童

評価:72点

公式サイト

(ネタバレあります)
何が凄いって、これだけ日本人がワラワラと出てくる映画が洋画であって、監督がクリント・イーストウッドということだ。
良くぞまあ、役者たちの微妙な台詞回しまできちんと作れたもんだ。
渡辺謙をはじめとする俳優たちがうまかったということもあるだろうけど、イーストウッドの映画にかける熱意というか、この戦争を撮りきりたいという想いみたいなのもが伝わってきた。

恥ずかしながら、私は硫黄島の決戦について詳しいことも知らない。
一度くらいはどこかで聞いたか、何かで読んだかもしれないが、日米にどれくらいの兵力の差があって、日本軍がどれほど抵抗をして、結果としてどんな悲惨な戦闘になったか。
この映画をみて、ようやくきちんと知ったくらいだ。
本当なら日本人が日本人のために作らねばならない映画。
ひたすら悲惨でどうみても勝ち目のない戦いを、天皇陛下万歳と叫びながら戦わねばならなかった。そんな戦争の現実をきちんと伝え、そんな戦争のなかの兵士たちのモチベーションが家族であったことを伝える映画。
それをイーストウッドに作ってもらっているようじゃダメじゃないのかえ。

それは置いておいて、負け戦を必死で戦う日本軍の姿が淡々と映され、物語は進んでいく。
手榴弾を腹に抱えて自爆するような戦場の狂気が描かれると同時に、パン屋の主人として、妻子のもとに生きて帰りたいと思うごく普通の人間としての感覚が二宮によって伝えられ、そのアンバランスさが現場の異常さを際立たせていく。
ここらあたりは非常にうまい。
うまいが、あまりに二宮の役柄が普通の兄ちゃんすぎて、違和感も度を過ぎるというのか、居心地が多少悪かった。
もうひとつ言えば、渡辺謙演じる栗林某と言う偉い兵隊も、伊原剛志演じるバロン西も、加瀬亮演じる憲兵隊崩れも、みんないい人すぎるぞ。
いろんな人がいていいんだろうけど、いい人が多すぎて、軍隊のイメージに合わないのじゃ。
彼らの存在によって二宮のインパクトは随分弱まってしまった。
まあいいのか。あれはあれで。
唯一、中村獅童だけがいつもどおりだった。
私生活も竹内結子をイジメまくって、映画の役柄どおりのズルイ男なのに違いない!(偏見です)

父親たちの星条旗(同じ硫黄島の戦いを米兵サイドから見た映画)は見てないけど、まあいいか。

Comments(20)TrackBack(138)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

138. 映画DVD「硫黄島からの手紙」  [ 時評親爺 ]   2007年04月22日 21:48
久しぶりのDVD映画である。これまで半年間のブログ休止中でも観ていたがハズレが多く、「買っちゃ最後まで観ないてポイ」が続いていた(笑)。このDVDは本編のみと特典ディスク付と2種類あったが、不肖は特典はあまり観ない方なので安い方を買った(笑)。 タイト...
137. 硫黄島からの手紙  [ Enjoy Life♪ ]   2007年02月01日 16:08
アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち____
136. 硫黄島からの手紙  [ Enjoy Life♪ ]   2007年02月01日 16:06
アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち____
135. 映画「硫黄島からの手紙」  [ FREE TIME ]   2007年01月28日 00:27
話題の映画「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました。
134. 硫黄島からの手紙  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2007年01月26日 19:39
5  そこにいた兵士達は、必ず生きて祖国の地を踏む事は無いという覚悟を持って戦場に赴いた。  日本本土から約1250Kmの地にある硫黄島。上陸したアメリカ兵たちは異様な臭いと焦土、暑さに苦しめられながら日本軍の砲撃を受けた。  5日で陥落する....
133. 硫黄島からの手紙  [ こころね* ]   2007年01月25日 20:25
ほぼ日刊イトイ新聞でコラム12/10分を読んで、どうして「わたしはただのパン屋です。」というキャッチフレーズを考えたのかがとても気になって、早速観てきた。 涙発生最速記録大更新!w 私は二宮くんの「僕は墓穴を掘っているんでしょうか?」っていうナレーションだけ...
132. 硫黄島からの手紙 / アメリカの目線  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2007年01月23日 23:38
サンフランシスコの、エンバカデロセンターシネマという小さなアートシアターで、「硫黄島からの手紙」を再鑑賞。 一本の映画を二度観るのは、今年初めてである。 最初の記事はこちら。 劇場はほぼ満席。映画の性??ĨZ??
131. 映画『硫黄島からの手紙』  [ たまさんのHR/HM シネマカフェ ]   2007年01月23日 23:20
『父親たちの星条旗』に続く“硫黄島2部作”第2弾。 日本の側の視点で描かれてい
130. 「硫黄島からの手紙」、戦争映画の最高傑作  [ すがすが日記 ]   2007年01月23日 15:05
私はかなり劣悪な三流テレビドラマでも結構よく泣いてしまう。涙腺が少しゆるいようである。ところが「硫黄島からの手紙」をみて最後まで涙することはなかった。この映画に感動の涙を期待すると肩透かしを食らうかもしれない。 涙だけなら先日フジテレビで放送された凡作「硫...
129. 映画:硫黄島からの手紙  [ 駒吉の日記 ]   2007年01月23日 13:00
硫黄島からの手紙@シネマイクスピアリ 「自分が正しいと信じたことをしろ」 今年の【邦画】No.1 !!!と思ってしまった・・・(全編日本語のため各映画賞でもどの部門に該当するのかばらばらしてしまってるそうですね)戦争映画は自発的に観ることはないし、TVで放...
128. 硫黄島からの手紙  [ ライターへの道??私の観るもの、感じる事を伝えたい!?? ]   2007年01月23日 09:13
         硫黄島からの手紙(2006年、アメリカ、ワーナーブロス) http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ 監督:クリント・イースト・ウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛史、加瀬亮、中村獅童、他          戦況が悪化の一途をたど
127. 硫黄島からの手紙  [ 活動写真評論家人生 ]   2007年01月23日 01:24
TOHOシネマズなんば  人間は基本的に戦いというものが好きである。特に男は昔からその傾向が強いと
126. 作者の被写体への視線が胸を打つ感動作、でも… 『硫黄島からの手紙』  [ 瓶詰めの映画地獄 ??俄仕込みの南無阿弥陀佛?? ]   2007年01月22日 21:58
戦争に勝者や敗者など存在しない―と、 ひとつの「戦争」を戦った双方からの視点で描くという、 目からウロコの発想により起ち上がった“硫黄島プロジェクト二部作”。 しかし、いくら双方から描くとは言え同じ戦争を扱った映画を2本作る、 要は2本に同程度の集客が...
【新宿ミラノ座】 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将(渡辺謙)が降り立つ。アメリカ留学の経験を持つ栗林は、無意味な精神論が幅を利かせていた軍の体質を改め、合理的な体制を整えていく。上官の理不尽な...
124. 硫黄島からの手紙  [ TRUTH?ブログエリア ]   2007年01月22日 20:22
原題:Letters from Iwo Jima原案:『「玉砕総指揮官」の絵手紙
123. 硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima  [ 映画!That' s Entertainment ]   2007年01月22日 17:52
「硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima」 2006 アメリカ ワーナーブラザーズ、ドリームワークス映画提供       マルパソ・ピクチャーズ&アンビリン・ピクチャーズ製作・作品 141分 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド、ステ...
122. “硫黄島プロジェクト”第2弾作品「硫黄島からの手紙」  [ コレ、いいかも☆ ]   2007年01月22日 09:40
第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、日本側の視点から描いた戦争映画。硫黄島でアメリカ軍を悩ませた伝説の陸軍中将である栗林忠道と彼の部下たちによる死闘が描かれる。戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、アメリカ留学の経験を持ち、西洋...
121. 映画「硫黄島からの手紙」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2007年01月22日 08:23
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最も苦しめ...
120. 『硫黄島からの手紙』  [ カエルノセカイ ]   2007年01月22日 01:12
陸軍中将、栗林(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦ともいえる、硫黄島に着任する。 アメリカ留学の経験を持つ栗林は、理不尽な体罰を戒め、合理的な作戦を提案する。 やる気のない一兵卒、西郷(二宮和也)も、栗林によって横暴な上官の体罰から救われたひとりだった。 米軍を...
119. 硫黄島からの手紙  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2007年01月21日 23:26
5 世界が忘れてはいけない島がある。61年前、日米両軍は硫黄島で戦いました。 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である....
118. 観てきました  [ a Day in my Music Life ]   2007年01月21日 22:42
「硫黄島からの手紙」、観て来ました。 Newsweek日本版の最新号の表紙も彼が飾りました。 ご本人も「シュールだ!」ってコメントされていました(^^;) ネタバレ防止の為、感想は↓に。 キムタクの一件をニュースで知って。 もしも仮に米アカデミー賞にノミネ...
117. 硫黄島からの手紙  [ 映画とはずがたり ]   2007年01月21日 22:19
4 クリント・イーストウッド監督が、 第二次世界大戦を兵士たちの視点から描いた、 話題の2部作の日本編!! 信念を貫き、日本をそして愛する家族を守ろうとした男たちを、 日本を代表する俳優たちが日本語で演じきった、 映画史に残るハリウッド大作の誕生だ!! STO...
116. 硫黄島からの手紙☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2007年01月21日 21:32
観る前に、一応『父親達の星条旗』2回目鑑賞・・・あぁ、、、また同じとこで寝ちゃってるかも^^;;;ということで、土曜日の『硫黄島??戦場の郵便配達??』のドラマでもう一回予習・・・その上での鑑賞ってことで日曜日に観てきました。『硫黄島からの手紙』予告でも観て...
115. 硫黄島からの手紙☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2007年01月21日 21:30
観る前に、一応『父親達の星条旗』2回目鑑賞・・・あぁ、、、また同じとこで寝ちゃってるかも^^;;;ということで、土曜日の『硫黄島??戦場の郵便配達??』のドラマでもう一回予習・・・その上での鑑賞ってことで日曜日に観てきました。『硫黄島からの手紙』予告でも観て...
114. 硫黄島からの手紙  [ いろいろと ]   2007年01月21日 20:16
硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、
113. 『硫黄島からの手紙』〜ディフェンス・ザ・ホーム〜  [ Swing des Spoutniks ]   2007年01月21日 19:31
『硫黄島からの手紙』公式サイト 硫黄島の戦い(Wikipedia) 監督:クリント・イーストウッド出演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 加瀬亮 中村獅童ほか 【あらすじ】(goo映画より)戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、ひとりの指揮官が硫黄島に降り立った。陸軍中将、栗....
112. 硫黄島からの手紙  [ まぁず、なにやってんだか ]   2007年01月21日 19:25
ラジオを聴いていると、この一週間「硫黄島からの手紙」の特集をやってるし、テレビでも取り上げられているし、アカデミー賞候補との呼び名も高く、近所の映画館の招待券が当たったので(ってこれが一番の理由)、観に行ってきました。 絶対号泣しちゃうだろうから、映画...
111. 硫黄島からの手紙  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2007年01月21日 17:12
これは日本映画でしょうか、アメリカ映画でしょうか? クリント・イーストウッド監督は、これを「日本映画」だと仰っている。 ならば、私の今年の日本映画ナンバー1です!!! イーストウッド監督のいつもの静かな旋律で始まる・・・。 少し青みがかった古い写真...
110. 硫黄島からの手紙  [ knockin' on heaven's door ]   2007年01月21日 15:52
2006年はこの作品が見納めでした♪ Letters from Iwo Jima 『父親たちの星条旗』に続くクリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作の2作目は、日本軍の兵士たちの目線から硫黄島の戦いを描く。 1作目のアプローチとは異なり、大部分が過酷な戦場を舞台に剥き出し...
109. 「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」  [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2007年01月21日 14:35
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド /製作 : スティーヴン・スピルバーグ
108. 『硫黄島からの手紙』 ワールドプレミア試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2007年01月21日 14:33
太平洋戦争最大の激戦地、硫黄島。緻密な防御戦術で米軍を恐怖に陥れた栗林忠道中将は、家族へ愛情あふれる手紙を送り続けた。硫黄島。米国にとっては日本本土空襲の拠点。日本にとっての本土防衛の拠点。陸上戦力、日本軍約2万人に対して、米軍は支援部隊含め約16万人。「
107. 【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年01月21日 13:44
4 1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
106. 硫黄島からの手紙??これでいいのか?  [ ポノちゃんのブログ ]   2007年01月21日 13:36
前作の父親たちの星条旗がかなりよかったのでこちらも絶対見ると心に決めていたポノち
105. 「硫黄島からの手紙」  [ 気まぐれ961部隊! ]   2007年01月21日 12:13
奇しくも真珠湾攻撃の日と同じ12月9日・・・。映画「硫黄島からの手紙」が公開されました! チラシ画像はクリックで拡大。裏面はコチラ
104. 硫黄島からの手紙  [ 映画通の部屋 ]   2007年01月21日 11:19
「硫黄島からの手紙」 LETTERS FROM IWO JIMA/製作:2006
103. (今日の映画)硫黄島からの手紙  [ Kozmic Blues by TM ]   2007年01月21日 11:18
硫黄島からの手紙 (2006/米) Letters from Iwo Jima
102. 硫黄島からの手紙  [ CINEMA DEPOT's BLOG ]   2007年01月21日 10:39
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途をたどる1...
101. ● 硫黄島からの手紙 ●  [ MOVIE_and_GAME_and_PC_【cocos】 ]   2007年01月21日 10:34
▼帝国陸・海軍の陰と陽▼ 2006年日米公開の話題作、米兵視点の「父親たちの星
100. 「硫黄島からの手紙」の試写会へ行きましたよ  [ SUKIなこと ]   2007年01月21日 10:22
今日は(微妙に昨日だった)、夕方から「硫黄島からの手紙」という映画の試写会に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督の作品です。製作は、あのドリームワークス。 黒澤明監督を尊敬している、スティーブン・スピルバーグが作ったのです。 なかなか、凄い...
99. 「硫黄島からの手紙」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   2007年01月21日 08:27
「硫黄島からの手紙」についてのレビューをトラックバックで・集しています。 *出演:渡辺謙、二宮和・、伊原孫志、加瀬亮、中村獅童、他 *監督:クリント・イーストウッド 感想・評価・批評 等、レビューを卒む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽....
98. 硫黄島からの手紙  [ 5125年映画の旅 ]   2007年01月21日 07:10
5 第二次世界大戦の末期。日本軍の太平洋の要塞・硫黄島を陥落させるべくアメリカ軍は7万人の大戦力を送り込んだ。当初は5日で占領できると思われていたが、日本軍の必死の抵抗によって戦闘は36日間も続いた。勝ち目の無い戦いの中、それでも守るべき物のために戦い抜い...
97. 硫黄島からの手紙  [ カリスマ映画論 ]   2007年01月21日 07:05
【映画的カリスマ指数】★★★★★  死を覚悟しながら・・・生を綴る言葉    
96. 硫黄島からの手紙  [ C note ]   2007年01月21日 02:49
アメリカ資本の映画でありながらメインキャストは全員れっきとした日本人俳優、しか
95. 硫黄島からの手紙  [ 愛情いっぱい!家族ブロ! ]   2007年01月21日 02:19
よせては返す波のように、、、戦争の話は続く。 とうとう観てきました! 硫黄島2部作日本から観た硫黄島を描く「硫黄島からの手紙」 これは全編日本語であり、出演者もほとんどが日本人でありながら クリント・イーストウッドが監督をするハリウッド映画。 それ...
94. 「硫黄島からの手紙」  [ 古今東西座 ]   2007年01月21日 02:09
凄い映画だった。上映後もしばらく席から立てなかった。『ミリオンダラー・ベイビー』の時もそうだったが、イーストウッド監督作品を観た後はこうなる事が多い。 戦闘シーンのビジュアル的な部分は、対となるもう一本『父親たちの星条旗』の方が凄いのだが、テーマ的な部分は...
93. 武士の一分  [ たーくん'sシネマカフェ ]   2007年01月21日 02:04
武士の一分を観てきました。お友達のブロガーさんのお薦めと自分でも気になっていて鑑賞♪-Story-下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻(檀れい)と穏やかな生活を送る。しかし藩主の毒見役を務め失明。妻が家禄を守ることと引き換えに、番頭の島田藤弥に弄ばれたことを...
92. 『硫黄島からの手紙』in箕面  [ ☆えみたんの日記帳☆ ]   2007年01月21日 01:45
昨日は本当久しぶりに映画観て来たぁぁ~~鍊 涙そうそう以来観てないから・・・相当間があいてるぅ~~嶺 本当ならもっと映画観に行きたいんだけど、なぁ~んかなかなか時間がなくて行けてなぃんだぁ~(涙) んで、今回はあの『硫黄島からの手紙』を観て....
91. 『硫黄島からの手紙』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2007年01月21日 01:42
感動度[:ハート:][:ハート:]         2006/12/09公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 残虐度[:撃沈:][:撃沈:][:撃沈:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】クリント・イーストウッド 【製作】クリント・イーストウッド / スティ...
90. 硫黄島からの手紙  [ メルブロ ]   2007年01月21日 01:37
硫黄島からの手紙 上映時間 2時間21分 監督 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 加瀬亮 松崎悠希 中村獅童 評価 8点(10点満点) 会場 渋谷ピカデリー  今年最後の映画鑑賞です。昨年のラスト鑑賞作品は「男たちの大和」でした。2...
89. 硫黄島からの手紙(ネタバレあり)  [ エミの気紛れ日記 ]   2007年01月21日 01:10
この日をどれだけ待ち望んだことか・・・。
88. 「硫黄島からの手紙」  [ てんびんthe LIFE ]   2007年01月21日 01:06
「硫黄島からの手紙」九段会館で鑑賞 クリント・イーストウッドはやはり巨匠だと思わせるような作品。戦争映画ではあるけれども、戦争映画であることを忘れて普通の歴史ドラマとして見入ってしまいました。当然戦争の悲惨さや無意味さを伝えているんだけれども、硫黄島に...
87. 硫黄島からの手紙 (Letters From Iwo Jima)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年01月21日 00:58
監督 クリント・イーストウッド 主演 渡辺謙 2006年 アメリカ映画 141分 戦争 採点★★★ 仕事や日常生活を送る中で常に感じることなのだが、ほんの少し立ち位置を変えるだけでも、物事が大きく違って見えるもの。しかし、そのちょっとだけ違う見方、考え方、取り組み方とい...
86. 硫黄島からの手紙  [ シネ・ガラリーナ ]   2007年01月21日 00:55
2006年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド <京都MOVIXにて観賞> 私が今生きているのは、彼らのおかげかも知れないと思うこと。 想像すること。思いを馳せること。 日本人キャストで、日本語で、日本を舞台にした、日本の戦争の物語。それをアメリカ人監...
85. 硫黄島からの手紙  [ レンタルだけど映画好き  ]   2007年01月21日 00:45
世界が忘れてはいけない島がある。 2006年 アメリカ 監督 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/松崎悠希/中村獅童/裕木奈江 原作 栗林忠道   吉田津由子 あらすじ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、...
84. 硫黄島からの手紙  [ C'est Joli ]   2007年01月20日 23:57
4 硫黄島からの手紙’06:米 ◆監督:クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、中村獅童 ◆STORY◆太平洋戦争末期。ひとりの指揮官が硫黄島に降り立った。アメリカ留学の経験...
83. 試写会のススメ (13) ??硫黄島からの手紙??  [ ゆんた☆の観劇・鑑賞・旅日記 ]   2007年01月20日 23:54
先日、日本武道館で行われた、『硫黄島からの手紙』ワールドプレミア。世界初披露☆舞
82. 『硫黄島からの手紙』。  [ 小さな幸せ 〜Little Happiness〜 ]   2007年01月20日 23:54
4 『硫黄島からの手紙』観てきましたー。 (ネタバレほとんどなし感想。)
81. 『硫黄島からの手紙』。  [ 小さな幸せ 〜Little Happiness〜 ]   2007年01月20日 23:53
4 『硫黄島からの手紙』観てきましたー。 (ネタバレほとんどなし感想。)
80. 硫黄島からの手紙  [ C'est Joli ]   2007年01月20日 23:52
4 硫黄島からの手紙’06:米 ◆監督:クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、中村獅童 ◆STORY◆太平洋戦争末期。ひとりの指揮官が硫黄島に降り立った。アメリカ留学の経験...
79. 硫黄島からの手紙 LETTERSFROMIWOJIMA  [ まてぃの徒然映画+雑記 ]   2007年01月20日 23:43
10分ほど遅刻したが、ちゃんと鑑賞できた。アメリカ映画でここまで日本軍をまともに描いた映画は初めてではなかろうか。クリント・イーストウッド監督は、日本俳優を使い日本語セリフで見事に(というか日本人以上に)硫黄島を戦った日本兵達の心を描写した。戦略的に非常...
78. 硫黄島からの手紙  [ とりあえず、コメントです ]   2007年01月20日 23:29
観終わった時は、声も出なかったです。 1944年。戦況は厳しくなりつつあり、戦力も乏しくなってきていた。 そんな中、アメリカ留学を経験し、優れた戦略を持つ栗林中将が硫黄島の総指揮官に着任した。 本土攻撃の拠点となる硫黄島は、アメリカにとっては次の重要なターゲ...
77. 散るぞ、悲しき 『硫黄島からの手紙』  [ トミーのエンタメ日記 ]   2007年01月20日 23:14
クリント・イーストウッド監督が日米それぞれの視点から太平洋戦争・硫黄島決戦を描く硫黄島二部作の二作目である『硫黄島からの手紙』を観てきました。 前作『父親たちの星条旗』が斬新な切り口で戦争を描いたヒューマンドラマの傑作だっただけに、本作にも
76. 散るぞ、悲しき 『硫黄島からの手紙』  [ トミーのエンタメ日記 ]   2007年01月20日 23:10
クリント・イーストウッド監督が日米それぞれの視点から太平洋戦争・硫黄島決戦を描く硫黄島二部作の二作目である『硫黄島からの手紙』を観てきました。 前作『父親たちの星条旗』が斬新な切り口で戦争を描いたヒューマンドラマの傑作だっただけに、本作にも
75. 硫黄島からの手紙  [ Diarydiary! ]   2007年01月20日 22:53
《硫黄島からの手紙》   2006年 アメリカ映画 ?? 原題 ?? LETTER
74. 硫黄島からの手紙  [ future world ]   2007年01月20日 22:16
「父親たちの星条旗」と2部作なのに、前作の余韻もなく、また比べようもないが、評判通りのいい映画だった。 太平洋戦争・・・両親や祖父母から当時の悲惨さ(父は大阪、母は東京在住だったので大空襲で自宅は炎上)はよく聞かされていたが、現地で戦う兵士の方々は当然....
73. 『硫黄島からの手紙』  [ Rabiovsky計画 ]   2007年01月20日 21:48
『硫黄島からの手紙』公式サイト 監督・音楽:クリント・イーストウッド 製作総指揮:ポール・ハギス 脚本:アイリス・ヤマシタ 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童 、裕木奈江 2006年・アメリカ・141分 おはなし Yahoo!映画...
72. 硫黄島からの手紙  [ 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α ]   2007年01月20日 21:19
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。
71. 硫黄島からの手紙  [ 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α ]   2007年01月20日 21:16
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。
70. 硫黄島からの手紙  [ 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α ]   2007年01月20日 21:13
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。
69. 『硫黄島からの手紙』 (初鑑賞121本目・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2007年01月20日 21:08
☆☆☆☆?? (5段階評価で 4) 12月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8 にて 14:10 の回を鑑賞。{%airplane%}
68. 「硫黄島からの手紙」を観た  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   2007年01月20日 19:34
太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。
67. 映画のご紹介(219) 硫黄島からの手紙  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2007年01月20日 19:24
4 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(219) 硫黄島からの手紙-長いものには巻かれろ!? 「長いものには巻かれろ」ということわざがある。 英語では、 If you can't beat them, join them. (負かすことができないなら、仲....
66. 映画のご紹介(219) 硫黄島からの手紙  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2007年01月20日 19:22
4 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(219) 硫黄島からの手紙-長いものには巻かれろ!? 「長いものには巻かれろ」ということわざがある。 英語では、 If you can't beat them, join them. (負かすことができないなら、仲....
65. ■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」  [ 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! ]   2007年01月20日 19:14
  ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます!   私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのことを感じ、考えています。 私がひとつだけわかったことは、この作品が事実だということ、そしてその事実を発表する....
映画硫黄島2部作第2弾、 硫黄島からの手紙を観てきました。 硫黄島2部作とは、クリントイーストウッド監督が太平洋戦争中の硫黄島を巡る戦いについて アメリカ側の視点から描いた「父親たちの星条旗」と 日本側の視点から描いた「硫黄島からの手紙」の2作品のことです。...
63. 硫黄島からの手紙(アメリカ)  [ 映画でココロの筋トレ ]   2007年01月20日 18:32
日本から見た硫黄島。 二宮君の演技がいいらしいということもあってかなり気になっていた 「硫黄島からの手紙」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童 、裕木奈江 上映時間:141分 194...
62. 硫黄島からの手紙  [ C'est Joli ]   2007年01月20日 18:19
4 硫黄島からの手紙’06:米 ◆監督:クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、中村獅童 ◆STORY◆太平洋戦争末期。ひとりの指揮官が硫黄島に降り立った。アメリカ留学の経験...
61. ● 硫黄島からの手紙 ●  [ MOVIE_and_GAME_and_PC_【cocos】 ]   2007年01月20日 17:41
▼帝国陸・海軍の陰と陽▼ 2006年日米公開の話題作、米兵視点の「父親たちの星
60. 硫黄島からの手紙  [ It's a Wonderful Life ]   2007年01月20日 17:25
「父親達の星条旗」の感想で、「敵=日本」というのを 意識しないような作り方に驚いたと書きましたが、 やはりアメリカ人兵士は物語にほとんど登場せず、 あくまでも日本兵たちの描写に終始する作品。 もし何も知らずにたまたまこの映画を観た方がいたら、 純然...
59. 硫黄島からの手紙 (映画館篇)  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2007年01月20日 17:23
硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也) 原題: Letters from Iwo Jima (2006) 2006年12月9日 日本初公開 公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン8 H-24 20...
58. 硫黄島からの手紙 (試写会篇)  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2007年01月20日 17:17
硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也) 原題: Letters from Iwo Jima (2006) 2006年12月9日 日本初公開 公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ 有楽町読売ホール試写会 2006年11月22日(水)6時40分開...
57. LETTERS FROM IWO JIMA  [ type C ]   2007年01月20日 16:44
監督: Clint Eastwood脚本: Iris Yamashita出演: Ken Watanabe, Kazunari Ninomiya, Tsuyoshi Ihara etc...
56. 映画「硫黄島からの手紙」を観て  [ とみのひとりごと ]   2007年01月20日 15:52
望む平和。
55. [Review] 硫黄島からの手紙  [ Diary of Cyber ]   2007年01月20日 15:24
「御国の為に戦え」と人は言う。「御国の為にこの命を捧げる」と戦友は言う。けれど本心は、もっと奥深い思いは、果たして一体何なのだろうか。 本当に気がかりなのは、我が家族。我が親友。そう。『国』という得体の知れない、想像だにつかないものに比べれば、身近で、き...
54. 『硫黄島からの手紙』  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2007年01月20日 15:16
2006年の「今年の漢字」は【命】でした。 その【命】を考えさせられる映画です。 戦場の場面 。 『父親たちの星条旗』で観た場面を反対側から見ることになります。 攻め入る側と迎え撃つ側。 海からと陸 
53. 劇場鑑賞「硫黄島からの手紙」  [ 日々“是”精進! ]   2007年01月20日 15:08
「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました日米双方で約3万人もの戦死者を出した硫黄島戦を、日米双方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督による硫黄島プロジェクト第2弾。圧倒的不利な局面にありながら、米軍に立ち向かった日本兵たちの闘いを、指揮を執った栗...
52. 硫黄島からの手紙  [ しまねこ日記 ]   2007年01月20日 13:49
戦況悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持つ陸軍中将・栗林(渡辺 謙)が硫黄島に赴任してくる。着任早々、彼は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守しようと、島の地理を最大限に生かした戦法で立ち向かおうとする。体罰を禁止し無駄死にを避けよ...
51. 硫黄島からの手紙  [ しまねこ日記 ]   2007年01月20日 13:48
戦況悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持つ陸軍中将・栗林(渡辺 謙)が硫黄島に赴任してくる。着任早々、彼は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守しようと、島の地理を最大限に生かした戦法で立ち向かおうとする。体罰を禁止し無駄死にを避けよ...
50. 硫黄島からの手紙  [ 映画感想つれづれ日記 ]   2007年01月20日 13:44
49. 硫黄島からの手紙  [ タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 ]   2007年01月20日 13:24
5 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 141分 監督 クリント・イーストウッド 製作総指揮 ポール・ハギス 原作 − 脚本 アイリス・ヤマシタ 音楽 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童 、裕木奈江 ...
48. 硫黄島からの手紙  [ りらの感想日記♪ ]   2007年01月20日 13:08
【硫黄島からの手紙】 ★★★★ 2006/12/9 ストーリー 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦
47. 映画「硫黄島からの手紙」予告編を観て  [ 小さなことを喜ぼう!             〜女41歳の「ちょいハピ」な日々〜 ]   2007年01月20日 12:35
昨日は、映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」を観たという話を書きましたが、その時に、「硫黄島からの手紙」の予告編を観ることができたのも収穫でした。 予告編だけで、かなり泣きそうでした。 あれは、本編はまず間違いなく相当量のティッシュが必要とな...
46. 硫黄島からの手紙  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2007年01月20日 12:34
★★★★  米軍側から描いた『父親たちの星条旗』を観たときは、暗い画面で、戦闘服を着た同じような顔付きの米国人を覚えられるはずがなく、最後迄観るのがかなりしんどかった。       だが日本側からの描写である本作には、やはり心の琴線に触れるシーンが多く、熱
45. 映画「硫黄島からの手紙」を鑑賞。  [ masalaの辛口映画館 ]   2007年01月20日 12:07
 昨日、新宿ミラノ2にて『硫黄島からの手紙』を見た。この作品は本当はミラノ1での上映のはずでしたが、昨日は「鉄コン筋クリート」の初日で劇場を差し替えての上映、ミラノ1の大スクリーンで見れるのを楽しみに行ったのに残念。しかし、いつもガラガラのミラノ2がお...
44. 映画「硫黄島からの手紙」を鑑賞。  [ masalaの辛口映画館 ]   2007年01月20日 12:06
 昨日、新宿ミラノ2にて『硫黄島からの手紙』を見た。この作品は本当はミラノ1での上映のはずでしたが、昨日は「鉄コン筋クリート」の初日で劇場を差し替えての上映、ミラノ1の大スクリーンで見れるのを楽しみに行ったのに残念。しかし、いつもガラガラのミラノ2がお...
43. 礼節の極み「硫黄島からの手紙」  [ 映画雑記・COLOR of CINEMA ]   2007年01月20日 12:02
「硫黄島からの手紙」注・内容に触れています。最も衝撃的なことは、これは紛れもなく「ハリウッド映画」(イーストウッド監督作品は正確にはハリウッド映画と呼べないかもしれないが便宜上ハリウッド映画と表記して
42. 硫黄島からの手紙  [ BLACK&WHITE ]   2007年01月20日 11:37
【Letters From Iwo Jima】2006年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド   出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 クリント・イーストウッド監督による日本側の視点から描いた硫黄島の戦??
41. 脳天がズキズキ痛む程、泣きじゃくった。。。  [ YOU-kiss ]   2007年01月20日 11:05
クリント・イーストウッド監督作品、硫黄島2部作の第2弾、“硫黄島からの手紙”。 第1弾は先日試写会で鑑賞したのですが、どーしても日本版が観たかったので映画館へ行ってきました。 (公式サイトはこちら ) アメリカverの“父親たちの星条旗“は、戦闘シー...
40. 硫黄島からの手紙  [ Akira's VOICE ]   2007年01月20日 10:51
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
39. 硫黄島からの手紙  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年01月20日 10:45
『LETTERS FROM IWO JIMA』公開:2006/12/09(12/10鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリント・イーストウッド製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ脚本:アイリス・ヤマシタ出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕....
38. 硫黄島からの手紙  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年01月20日 10:43
『LETTERS FROM IWO JIMA』公開:2006/12/09(12/10鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリント・イーストウッド製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ脚本:アイリス・ヤマシタ出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕....
37. 硫黄島からの手紙/渡辺謙、二宮和也  [ カノンな日々 ]   2007年01月20日 10:28
5 劇場スタッフの方いわく「こんなに混むのは久しぶり」という賑わいです。どうもこの作品と「NANA2」「デジモン」そして先週末から公開されてる「武士の一分 」「007 カジノ・ロワイヤル」あたりの観客動員が好調みたいですね。この映画に関してはTVで関連ドラマややイース...
36. 「硫黄島からの手紙」見てきました。  [ よしなしごと ]   2007年01月20日 10:25
 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。
35. 硫黄島からの手紙/渡辺謙、二宮和也  [ カノンな日々 ]   2007年01月20日 10:24
5 劇場スタッフの方いわく「こんなに混むのは久しぶり」という賑わいです。どうもこの作品と「NANA2」「デジモン」そして先週末から公開されてる「武士の一分 」「007 カジノ・ロワイヤル」あたりの観客動員が好調みたいですね。この映画に関してはTVで関連ドラマややイース...
34. 感想/硫黄島からの手紙(試写)  [ APRIL FOOLS ]   2007年01月20日 10:22
イーストウッド監督作、衝撃の二部作後編『硫黄島からの手紙』12月9日公開。日本側の視点で描かれた硫黄島は、熾烈極まる戦いとそこで散っていった兵士たちの物語。あらゆる意味で歴史的作品。 父親たちの星条旗|硫黄島からの手紙 同じ舞台で、日米どっちの視点も「個と...
33. 硫黄島からの手紙  [ にわうたぶろぐ ]   2007年01月20日 10:15
 10月に公開された「父親たちの星条旗」に続く、クリント・イーストウッド監督の硫黄島作品の第二部。(「父親たちの星条旗」の感想はコチラ)視点を日本側に変えて、第二次世界大戦において、激戦区・硫黄島で戦った兵士たちの姿を描く作品。昨日、初日に観てきました...
32. それぞれに顔のある日本兵たち。  [ アジアンリミックス ]   2007年01月20日 09:49
『硫黄島からの手紙』(★★★★☆) 2006年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド 脚本/アイリス・ヤマシタ 出演/渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江 他 『父親たちの星条旗』に続く、クリンダ??Ĥ????
31. 硫黄島からの手紙  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2007年01月20日 09:36
「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督)を遅まきながら観る。20年ほど前に実際に訪れた島だ。懐かしさが先に立つ。
30. 硫黄島からの手紙  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2007年01月20日 09:34
「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督)を遅まきながら観る。20年ほど前に実際に訪れた島だ。懐かしさが先に立つ。
29. 硫黄島からの手紙(ネタバレ)  [ 朝靄の中のにんじん畑で ]   2007年01月20日 09:25
クリント・イーストウッド監督、ポール・ハギス脚本、スティーブン・スピルバーク製作
28. 硫黄島からの手紙  [ やつがれ ]   2007年01月20日 09:12
「硫黄島からの手紙」を観てきました。太平洋戦争の硫黄島での日米の壮絶な戦いをクリント・イーストウッド監督は「父親たちの星条旗」でアメリカ側からの視点で描きましたが、その監督が「硫黄島からの手紙」で日本側からの視点として描いた映画です。この映画、出演者が...
27. 『父親たちの星条旗』  [ ふつうの生活 ふつうのパラダイス ]   2007年01月20日 09:07
「硫黄島ってどこにあるの?」と、娘に聞かれまして、「えっとぉ、沖縄の先のほうかな。」と、答えたら、横にいた息子に「馬鹿じゃないの。なに言ってんの。硫黄島でしょ。ほんとに知らないの。小笠原諸島だよ。」と馬鹿にされました。「小笠原諸島って…。」「東京の真下...
26. 『硫黄島からの手紙』  [ ふつうの生活 ふつうのパラダイス ]   2007年01月20日 09:04
やっぱりヘンな日本がでてくるよー。何とかして。イーストウッドは最初日本人の監督でこの作品を作らせるつもりだったらしい。でも、結局自分でやっちゃったみたい。監督はイーストウッドでもいいからさ、せめて大道具係りとか、シナリオとかは、日本人入れてほしいんです...
25. 「硫黄島からの手紙」戦争はイヤだ  [ ももたろうサブライ ]   2007年01月20日 07:57
監督 クリント・イーストウッド 戦争はイヤだ。戦争は理性も良識も踏み潰してしまう。人間としてのあたり前の感情を打ち砕いてしまう。戦場では正しいものが生き残るとは限らない。自分も敵も人間だ。愛すべき家族があり、家族に愛されている、そんな人間だ。というのが...
24. 硫黄島からの手紙  [ Addicted to the Movie and Reading! ]   2007年01月20日 07:49
■ 試写会にて鑑賞 硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA 2006年/アメリカ/141分 監督: クリント・イーストウッド 出演: 渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童 公式サイト 太平洋戦争末期、小笠原諸島の硫黄島。一兵卒である西郷は、本土に残し....
23. 硫黄島からの手紙  [ Addicted to the Movie and Reading! ]   2007年01月20日 07:48
■ 試写会にて鑑賞 硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA 2006年/アメリカ/141分 監督: クリント・イーストウッド 出演: 渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童 公式サイト 太平洋戦争末期、小笠原諸島の硫黄島。一兵卒である西郷は、本土に残し....
22. 硫黄島からの手紙  [ Addicted to the Movie and Reading! ]   2007年01月20日 07:46
■ 試写会にて鑑賞 硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA 2006年/アメリカ/141分 監督: クリント・イーストウッド 出演: 渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童 公式サイト 太平洋戦争末期、小笠原諸島の硫黄島。一兵卒である西郷は、本土に残し....
21. 硫黄島からの手紙  [ Kousyoublog ]   2007年01月20日 07:21
硫黄島からの手紙を観て来ました。 五日で陥落すると言われた島を三十六日間〜という宣伝文句のような米軍を翻弄する日本軍の英雄的行動を描いた映画ではなく、基本的には戦場の兵士たちの家族への想いと決断のドラマです。戦場では誰もが勇敢であり、誰もが臆病であり、...
20. 硫黄島からの手紙  [ 欧風 ]   2007年01月20日 07:18
さて、昨日はクラブワールドカップに行った、と書きましたが、その試合の前日、16日も東京にいたので、映画を観ることに。 池袋シネマサンシャインで観た
19. 硫黄島からの手紙  [ skywave blog ]   2007年01月20日 07:09
戦争とは、「国と国との白黒」の決着をつけるものであり、その唯一のルールは、生身の人間の「命のやりとり」、相手を一人でも多く殺すこと。 戦争の恐ろしさを十分に思い知らさ
18. 『硫黄島からの手紙』  [ Sweet* Days ]   2007年01月20日 06:48
監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的だった日本軍。各軍から見放された硫黄島での戦いの為、栗林は島中にトン...
17. 『硫黄島からの手紙』鑑賞!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2007年01月20日 05:34
『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島???? グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島 この島で61年前に起こった出来事を あなたは知っ...
16. 「硫黄島からの手紙」 now roadshow!  [ とりあえず生態学+ ]   2007年01月20日 03:17
我々の子どもらが日本で1日でも長く安泰に暮らせるなら、我々がこの島を守る1日には意味がある 硫黄島からの手紙 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 141分   監督 クリント・イーストウッド   製作総指揀
15. 硫黄島からの手紙@渋谷ピカデリー  [ ソウウツおかげでFLASHBACK現象 ]   2007年01月20日 02:36
年齢設定に大根混在などミスキャストもあったが、渡辺謙を筆頭に皆悲壮感をまとい、硫黄島での戦闘が始まってからは緊迫した空気が続く。彼ら兵士の死は主要人物ですらあっけなく、センチメンタルに浸らせない。戦争においては命がこうも軽いことをクリント・イーストウッド...
14. 硫黄島からの手紙  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年01月20日 02:21
          公式サイトはこちら。     評価:★4点(満点10点) 2006年 141min 監督:クリント・イーストウッド 主演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 中村獅童 【あらすじ】戦況が悪化の一途をたどる1944....
13. 「硫黄島からの手紙」  [ ??☆ EL JARDIN SECRETO ☆?? ]   2007年01月20日 02:20
なんだかんだで3週間ぶりの映画でした。知らないうちに、ようやく「海賊版撲滅キャンペーン」の映像も替わりました。で、「硫黄島からの手紙」です。「父親たちの星条旗」の対になる作品ということで、淡々としたアプローチは同じなのでしょうけど、玉砕した敗戦国側から...
12. この手紙は届くことはないだろう・・・  [ CINECHANの映画感想 ]   2007年01月20日 01:45
266「硫黄島からの手紙」(アメリカ)  1945年2月19日、アメリカ軍の上陸と共に硫黄島の戦いは始まった。アメリカは5日で終わると考えていた戦いだったが、日本兵は36日間そこを守り抜いた。その指揮官は栗林中将。彼らは祖国にいる家族、子供たちを一日でも...
11. 映画「硫黄島からの手紙」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年01月20日 01:40
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗林忠道...
10. 硫黄島からの手紙  [ シネマでキッチュ ]   2007年01月20日 01:31
(札幌シネマフロンティアにて) 2部構成の本作は「父親たちの星条旗」と合わせてひとつとすると、いっそう稀有な輝きが増してきますね。でもなんか日本兵の描き方に微妙な違和感を覚えてしまうの。 「硫黄島からの手紙」を観終わってうちの夫が言う・・ 「西中佐って・・オ...
9. 硫黄島からの手紙  [ 映画のメモ帳+α ]   2007年01月20日 01:26
硫黄島からの手紙(2006 アメリカ) 原題   LETTERS FROM IWO JIMA        監督   クリント・イーストウッド            脚本   アイリス・ヤマシタ       撮影   トム・スターン          音楽   クリント・イーストウ...
8. 硫黄島からの手紙  [ 映画のメモ帳+α ]   2007年01月20日 01:25
硫黄島からの手紙(2006 アメリカ) 原題   LETTERS FROM IWO JIMA        監督   クリント・イーストウッド            脚本   アイリス・ヤマシタ       撮影   トム・スターン          音楽   クリント・イーストウ...
7. 硫黄島からの手紙  [ cinemania_super!!! ]   2007年01月20日 01:22
洋題:LETTERS FROM IWO JIMA 2006年12月09日劇場公開作品 製作年:2006年 アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙/二宮和也/ 伊原剛志 加瀬亮/ 中村獅童/裕木奈江 配給:ワーナー 収録時間:140分 第1部・父親たちの星条旗 <あらすじ> 戦況...
6. 『硫黄島からの手紙』 ★★★  [ 時流を聴く ]   2007年01月20日 01:21
公開初日の『硫黄島からの手紙』を鑑賞。 日本から見た硫黄島を描いた『硫黄島からの手紙』はすっと入り込んでくる。 硫黄島の薄暗い洞窟の中で「天皇陛下、万歳!」と叫ぶ日本兵の姿をみて最初は強い違和感を覚え
5. 硫黄島からの手紙(06・米)  [ no movie no life ]   2007年01月20日 01:17
自分が日本人だからかもしれないが、2部作の方の1作目、「父親たちの星条旗」の方が辛辣だ、という第一印象だった。 美化している・・・とまでは言わないが、硫黄島からの指揮官となって赴任した栗林中将(渡辺謙)が「良い人」すぎるからだ。 しかし、冷静に考えてみ...
4. 硫黄島からの手紙  [ シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー ]   2007年01月20日 00:34
常に諸子の先頭に在りクリント・イーストウッド監督「硫黄島」2部作第2弾。本作品は、当初「父親たちの星条旗」だけを製作する予定だったクリント・イーストウッド監督が、この「硫黄島での戦い」について調査するうちに日本からの視点で「硫黄島」を描く必要があると決意...
3. 硫黄島からの手紙  [ たにぐちまさひろWEBLOG ]   2007年01月20日 00:31
“ここでこのまま死ぬのと生きて戦いつづけるのとどちらが陛下の御為になる? どっちだ!” クリント・イーストウッド監督による“硫黄島2部作”の2作目、“硫黄島からの手紙”を観てきました。       ※前作“父親たちの星条旗”の感想はこちら 連合艦隊の...
2. 硫黄島からの手紙  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2007年01月20日 00:30
十分な兵力も武器も弾薬も食料も水も持たず、過酷な戦いを強いられる日本兵から見た硫黄島の戦いが描かれています。先に公開されている「父親たちの星条旗」 と合わせて「硫黄島二部作」となっています。 日本の兵隊たちが、過酷な状況の中で、いかに死力を尽くして戦っ...
1. 硫黄島からの手紙  [ とんとん亭 ]   2007年01月20日 00:27
「硫黄島からの手紙」 2006年 米 ★★★☆☆ ご存知、「父親達の星条旗」と対になっている日本側から観た「硫黄島」 での攻防戦を描く第2弾。 戦後60年・・・今から20年ほど前に硫黄島の旧塹壕調査の男どもが、 何かを掘り当てる。どうやらズタ...

この記事へのコメント

20. Posted by デコデコマン   2007年01月25日 01:17
冨田さん、コメントありがとうございます。
アカデミー賞作品賞ノミネートですからね。
実際そこまでの映画かというと、疑問がないわけでもありませんが・・・。
19. Posted by 冨田弘嗣   2007年01月23日 01:32
トラックバック、ありがとうございます。本当に、よくここまで日本人を描いたものだと思いました。日本人の心情は、民間人が殺戮された沖縄上陸にあり、それらは多くの映画に書かれていて、兵士と兵士の戦いを伏せている節があり、硫黄島については知られませんよね。私もまったく知らない人でした。硫黄島二部作のうち、本作の方がアメリカで評価が高いというのは、頷ける気がします。読ませていただき、ありがとうございました。  冨田弘嗣
18. Posted by デコデコマン   2007年01月22日 23:41
Kenkoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
私もちょっと勉強してみようかな・・・。
最近は戦争のことを教えてくれるテレビも映画も本も減りました。
そりゃそうですね、戦後60年ですから。

jazzyoba0083さん、コメントありがとうございます。

ほんと只者ではないジジイです。
顔を見ると、年取ったなあって思いますけどね。
17. Posted by デコデコマン   2007年01月22日 23:38
Labyrinthさん、こんばんは。

演技は決して下手ではなかったと思いますよ。でもなんだか彼の周りだけ現代劇のように見えたのです。
イーストウッドの演出なのかもしれませんけど。

バラくまさん、こんばんは。

二宮君のファンですか。
おじさんには嵐もよくわかりません。ナビ的役割、なるほど。
観客にとっては一番身近な存在でしたね。彼への感情移入から映画に入っていくというのは確かにありかもしれません。
16. Posted by jazzyoba0083   2007年01月22日 18:01
こんにちは。TBありがとうございます。
>それをイーストウッドに作ってもらっているようじゃダメじゃないのかえ。
おっしゃるとおりですなあ。
視点の置き方がやはりイーストウッドは
只者ではありませんな。それではまた!
15. Posted by kenko   2007年01月22日 13:37
デコデコマンさん、TBどうもでした☆
恥ずかしながら私も、今回の二部作で硫黄島の戦いについて教えられました。
映画の公開と合わせ、地上波やCSなどでもちょくちょく組まれていた硫黄島関連の特番なども一生懸命観てみたりして…
当時のドキュメンタリー画像などを観て、イーストウッド監督が様々な資料を元にいかにリアルな絵を撮ったのかがよく分かりました。
14. Posted by バラくま   2007年01月21日 22:40
何度も出て来て申し訳ありません。
↑のコメントに貼ったリンク先のアドレスが間違っていたので訂正させて下さい。おっちょこちょいでスミマセン!
13. Posted by バラくま   2007年01月21日 22:37
はじめまして。
TBありがとうございました♪

私は元々嵐ファンで、この映画を観るきっかけも二宮くん始まりでした。
ニノが演じる西郷に、実は私も違和感がありました。私の場合、彼のファン=あまりにも彼の事を知りすぎているから、役柄以前に本人に見えてしまうせいなのかな?等と思っていたのですが、確かに当時の軍人さん像と言うよりも現代的なお兄ちゃんって感じですよね。他所で拝見した感想では、クリント監督の映画では観客が感情移入しやすいナビ的役割の登場人物を出す場合が多いという記述があり、なるほどそれも一理あるかも…と思いました。
獅童さんの分析、鋭いですね(笑)
またお邪魔させて下さい(^^)
12. Posted by Labyrinth   2007年01月21日 22:31
Trackbackどうもありがとうございました。
こちらへもTBトライしたのですが反映されてないかも?です〜
二宮クン 違和感有りましたか?(笑)
私めは なかなかやるな! と思ったのですが・・ 此方が主役?みたいな (笑)
11. Posted by デコデコマン   2007年01月21日 13:54
しゅぺる&こぽるさん、コメントありがとうございます。

いろいろと思い返してみると、二宮演じる西郷は、やっぱり少し浮いていたような気がします。
おっしゃるとおり、現代っぽい設定すぎるんですよね。

トミーさん、コメントありがとうございます。

まったくそのとおりです。
この際、徹底的に悪役や気が触れた犯罪者の役をきわめて欲しいもんですね。
絶対にいい人の役は演じないというこだわりがあってもいいのでは。などと勝手に思ってしまいました。
10. Posted by デコデコマン   2007年01月21日 13:50
masalaさん、コメントありがとうございます。

確かに私生活ばかりが話題になって、この映画での注目度は極端に低かったですね。
むちゃくちゃぶりはきっと私生活そのものなんでしょう。もうこんな役柄しか周ってこないのではないかと心配してしまいます。

ケントさん、コメントありがとうございます。
TBはライブドアのせいでしょう。
ご迷惑おかけして申し訳ありません。
離婚まだしてないですよね、この二人。

たまちゃん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

9. Posted by トミー   2007年01月21日 11:59
こんにちは。
TBありがとうございました。

中村獅童は、あの事件がなければ
割と珍しい役をやってるなあ、という
印象だったのでしょうけれど、
あの事件のせいで、なんか
イメージ通りの役所になってしまい
ましたね。
今となっては『男たちの大和』の
彼の方が違和感あるようにすら
思えてしまいますよ^^
8. Posted by しゅぺる&こぼる   2007年01月20日 21:21
TBありがとうございました!
>イーストウッドの映画にかける熱意というか、この戦争を撮りきりたいという想いみたいなのもが伝わってきた。

わたしもそう思いましたね。
栗林が海岸沿いに走るシーンとか、
擂鉢山付近を歩くところとかかぶりました。
二宮君演じる西郷は現代人そのもなのかもしれませんね。
7. Posted by たまちゃん   2007年01月20日 13:43
こんにちは!
TBありがとうございます(笑)
6. Posted by ケント   2007年01月20日 12:33
TBありがとうございます
こちらからも何度かTBしましたが、うまく返せないようです。
>中村獅童だけがいつもどおりだった。
私生活も竹内結子をイジメまくって、映画の役柄どおりのズルイ男なのに違いない!
ははは、僕も全く同感であります
5. Posted by masala   2007年01月20日 12:16
3 こんにちは。
本作での役者の評価が渡辺、二宮、伊原の3者に集中していますが、私は中村獅童の演技を買いたいです。作品の中で一人狂気に突っ走るサマが、私生活での滅茶苦茶ぶりに重なり面白かったのですが、公開時期が悪かったせいか誰も評価されないのが可愛そうに思いました。
今年も「masalaの辛口映画館」を宜しくお願いします。
4. Posted by 奏   2007年01月20日 09:39
TBありがとうございました((´∀`*))美化される事も無く等身大な日本兵を描いているイーストウッド監督が素晴らしい(^^♪是非、父親達〜も是非ご覧下さい♪
3. Posted by デコデコマン   2007年01月20日 09:21
カオリさん、コメントありがとうございます。

了解しました。
DVDで、必ず・・・。

とりこてぷらさん、コメントありがとうございます。

邦画が元気な一年で、いろいろといい映画がありました。
2007年も邦画には期待しています。
2. Posted by とりこぷてら   2007年01月20日 03:20
2006年は外人監督が撮った日本映画が目立った印象があり、日本映画ってものを考えさせられました。
TBありがとうございました。
1. Posted by カオリ   2007年01月20日 01:18
こんばんは。TBどうもです。
「父親たちの星条旗」もぜひご覧ください・・・!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字