2007年03月01日

θは遊んでくれたよ<森博嗣>−(本:2007年23冊目)−

θ講談社 (2005/5/10)
ISBN-10: 4061824317

評価:76点

(ネタバレあります)

よかった、オチがあって。
なかなか推理が進まず、このままではφの再現ではないかとドキドキし、最後のほうは残りのページ数ばかり気になってしまったが、ちゃんとオチがあって本当によかった。
オチがあったといっても、最後の最後に海月君が唐突に語り始めて謎解きをしてしまうという強引さ。
さすが森博嗣。
なにがさすがかわからないけど、これでいいのか森博嗣。
大学教授の考えることはやっぱり違うのだ。
そうそう、「工学部の教授と比べれば、医学部の教授のほうがはるかに偉い」と何度も繰り返すところなんて、小説を使ってボヤキをいれているのか大学当局に対して真剣に文句をいってるのか医学部教授に友人でもいるのか、よくわからないがそんなところだろう。
ついでに言えば、加賀谷さんは、山吹君と海月君のどちらとくっつくんだろうなあ。
読んでいてそんなことが気になったということは、大学生達の青春探偵物語、みたいな感じになっているということか。
それに対比するように書かれている、西之園と反町のオトナの雰囲気もなかなかよかったりはするのだけど。

ストーリーを全く紹介していなかった。
連続飛び降り自殺者の体には、みんな口紅でθ(シータ)というギリシャ文字が書かれていた。
新興宗教の集団自殺なのか、それともシリアルキラーなのか。
事件は意外ではあるものの「それってわりとありそう」な結論に落ち着く。
まあ、いいか。
そこそこ面白かったし。
このシリーズってどこまで進んでるんだろうか。Gシリーズとかいうらしいが、なんのGだ。まあいいか。また借りてみようっと。
森博嗣初心者脱却に向けて。


Comments(0)TrackBack(3)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

3. Θ(シータ)は遊んでくれたよ / 森 博嗣  [ SERALOG ]   2007年03月08日 22:52
Θ(シータ)は遊んでくれたよ 森 博嗣 待望の新刊。 飛び降り自殺とされた死体の額に、 Θと描かれていた。 その後に発見された死体にもΘのマークが。 なにやら、また別シリーズのキャラらしいのが、 リンクしてきそうな感じ。 それはうれしいものの、 今までの...
2. θは遊んでくれたよ [森博嗣]  [ + ChiekoaLibrary + ]   2007年03月01日 12:02
θは遊んでくれたよ森 博嗣 講談社 2005-05-10 連続して発生した投身事件。特に不審な点もなく、自殺かと思われた被害者たちですが、それぞれの体には「θ(シータ)」という奇妙な文字が…。これは殺人事件なのか?そして「θ」の意味するものは?Gシリーズ待望の第ニ弾。 ...
1. 「θは遊んでくれたよ」 森博嗣  [ 或る日の出来事 ]   2007年03月01日 08:29
さっそく読んじゃったシリーズ2作目。 今度は、飛び降りが相次ぐ。飛び降りて死んだ人のどこかには、θ(シータ)の印が残されていた。 インターネットの、新興宗教めいたサイトに関わる自殺なのか? 西之園萌絵の親友

コメントする

名前
URL
 
  絵文字