2007年07月12日

地下鉄(メトロ)に乗って−(映画:2007年76本目)−

メトロ1メトロ2
原作:浅田次郎
監督:篠原哲雄
出演:堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお

評価:70点

公式サイト

(ネタバレあります)
この本の原作を読んだのは1996年か1997年。
今より10年以上前で、僕はいまより10歳若かった。あたりまえだが。
浅田次郎を読みはじめたばかりの頃だった。
たまたま読んだこの本に、あまりにも深い感動を受けたのを覚えている。
以来、一度も読み返したことがないというのに、ずっとその感動だけが心に残っていた。

これはじつはやっかいなことで、嫌な事実だけが忘れ去られてひたすらに美化されていく昔の恋の思い出に似ている。
人間は都合よく記憶を操作する生物ではあるのだが、こういう操作された記憶は、再びその本を読んだり、映画化されたりして事実が突然目の前に現れたときに、そのギャップを埋めきれないのだ。
えっ、あの子が憧れのマドンナだった白箸さん?
二重アゴじゃん。腹がダルダルじゃん。10年たったら人は変わるなあ。
自分のことは棚に上げてかってにそう思ったりする。
白箸さんもいい迷惑だ。
どこにいるんだろう白箸さん。
小学生のときは好きだったのに。

なんの話じゃ。

地下鉄を乗っているときに突然訪れるタイムスリップで、主人公は昔の父親に何度も会うことになる。
召集令状が来て満州へ出征することになった少年時代の父。
満州で、子供達を助けるために命を投げ出してソ連と戦っていた父。
戦後の闇市で生きるために必死だった父。
母を愛し、生まれてきた自分達を愛してくれていた父。

そんな父に会うまでは、主人公は兄を死に追い詰めた父をただ憎んでいたのだった。
しかし、会えるはずのない父に会うことで、主人公は死を迎えようとしている現在の父を赦すことになる。

物語は、この父子のストーリーと、もうひとつ主人公の愛人とその母親のストーリーが重なっている。
こちらは感動的かつ悲しいラストを迎える。
しかし、ううむ、こんな内容だったっけ?
映画を見てもさっぱり思い出せないのが情けない。
誰かが自分の命を投げ出して、階段から落ちていたことぐらいは思い出すんだけどなあ・・・。

はっきりと思い出せないのは僕の責任なのだが、とにかく当時の感動が鮮やかに蘇らなかったので点数はちょっと厳しめ。
映画そのものだけを見れば、まあ合格点だとは思うのだが、なんにせよ昔の思い出という亡霊と戦わねばならぬ分、しゃあないところです。


Comments(4)TrackBack(37)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

37. DVD『地下鉄(メトロ)に乗って 』  [ みかんのReading Diary♪ ]   2008年06月24日 22:56
地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション (2006/日本)  衣料品の営業マンの長谷部は地下鉄の駅で父が倒れたという伝言を聞く。彼は地下道を歩きながら、暴君の父と口論して家を飛び出し、帰らぬ人となった兄のことを思い出していた。そのとき、彼の...
36. 地下鉄(メトロ)に乗って  [ ★試写会中毒★ ]   2007年09月04日 22:22
満 足 度 :★★★★     (★×10=満点)  監  督 :篠原哲雄 キャスト :堤真一        岡本綾              常盤貴子        大沢たかお 、他 ■ストーリー■  長谷部真次(堤真一)は下着メーカーの営業マ
35. 地下鉄(メトロ)に乗って  [ コンパス・ローズ  compass rose ]   2007年07月18日 19:30
いつもの地下鉄を降りると、 そこは昭和39年の東京だった―。 友人から映画の試写会のお誘いを受けた。 昨日、仕事を終えるや、いそいそと会場へ急いだ。 いつもの地下鉄に乗って。 観たのは浅田次郎原作の「地下鉄(メトロ)に乗って」だ。 地下...
34. 『地下鉄(メトロ)に乗って』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2007年07月15日 16:36
泣き度[:悲しい:][:悲しい:]        2006/10/21公開  (公式サイト) 切なさ[:しょんぼり:][:しょんぼり:][:しょんぼり:] 満足度[:星:][:星:] ≪物語は1992年頃のお話です。≫ 【監督】篠原哲雄 【脚本】石黒尚美 【原作】浅田次郎 『地下鉄に乗...
33. 『 地下鉄に乗って(メトロに乗って) 』  [ やっぱり邦画好き… ]   2007年07月14日 12:42
映画 『  地下鉄に乗って(メトロに乗って) 』   [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2006年10月21日公開】[ 上映劇場  ] 監督:篠原哲雄 原作:浅田次郎 【キャスト】 堤真一 岡本綾 常盤貴子 大沢たかお 公式サイト いつもの地下鉄...
32. 「地下鉄(メトロ)に乗って」〜短評〜  [ SolPoniente ]   2007年07月14日 08:26
「地下鉄(メトロ)に乗って」 監督 篠原 哲雄それぞれの人物からのメッセージがちぐはぐ、時空の越え方に違和感・・親をあんなに簡単には許せないってか、あそこまで嫌う理由も弱い「日本バンザイ!」現政権のプロパガンダっすか?不倫は愛っすか?原作は違ったろうな...
31. 地下鉄(メトロ)に乗って <ネタバレあり>  [ HAPPYMANIA ]   2007年07月14日 06:13
この映画のようにタイムスリップ出来るとすれば ワタクシは自分が生まれた日の両親の様子が見たい。長女なので 喜んだには違いないが はたしてどの程度偶然だか仕組まれたことなのか 兄ちゃんの命日に事が始まりあれだけ憎んでいた父親の“真の姿”に出会う事になる、...
30. 『地下鉄(メトロ)に乗って』を観たよ。  [ 【待宵夜話】++徒然夢想++ ]   2007年07月13日 12:19
シェアブログ1565に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  大好きな女優・常盤貴子さんの、ヴァラエティに富んだ「昭和コスプレ」を見られたのは嬉しかったな。綺麗だった〜。 『地下鉄(メトロ???? р
29. 映画:地下鉄(メトロ)に乗って 試写会  [ 駒吉の日記 ]   2007年07月13日 11:37
地下鉄(メトロ)に乗って 試写会@草月ホール 「長男は東京帝大にやって学者に、次男は堅い勤めで、三男は手元においておくんだ」 いつも使っている地下鉄、乗り換えに永田町で本日の試写会は青山一丁目。なんだか不思議なものに見えてきます。 「ALWAYS 三丁目の夕日...
28. 地下鉄[メトロ]に乗って(日本)  [ 映画でココロの筋トレ ]   2007年07月13日 10:18
浅田次郎さん原作の「地下鉄(メトロ)に乗って」の試写会に行ってきました。 ( → 公式HP  ) 出演:堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお 上映時間:121分 営業マンとして一日歩き回った帰り道。 携帯電話のメッセージに、弟から「...
27. 『地下鉄(メトロ)に乗って』  [ はなことば ]   2007年07月13日 06:55
2006年の作品。基本的に私の感想はがんがんネタバレしまくりますのでご了承ください。 もう…涙が止まらなかった。 人間の哀しさ、ていうの? これねえ、予告見たときから、どうも私の好みの映画っていう予感がしてたんだけど、もう、こんなに涙がぼろぼろこぼれると....
26. 地下鉄(メトロ)に乗って??秋の号泣映画第1弾  [ Osaka-cinema-cafe ]   2007年07月13日 01:53
東野圭吾原作の 「手紙」 韓流の「サッド・ムービー」、 そして、浅田次郎原作の、この「地下鉄(メトロ)に乗って」が 映画界が強力プッシュする、この秋の号泣映画3連発らしいです。 さっそく、その一発目、見て来ました。 号泣出来たのでしょうか? 営業マンの...
25. 地下鉄(メトロ)に乗って  [ BLACK&WHITE ]   2007年07月13日 00:46
原作:浅田次郎 監督:篠原哲雄 出演:堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお 地下鉄の駅の階段を上って地上に出たらそこは昭和39年の東京だった。 完全なるタイムスリップもの。 時代は39年だけでなくいろいろな時代を何
24. 「地下鉄に乗って」はいい話でした・・・(;θ;)  [ Thanksgiving Day ]   2007年07月13日 00:32
中野サンプラザで行われた、映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の試写会に行ってきました!! 「鉄道員(ぽっぽや)」などでお馴染みの、浅田次郎さんの小説を映画化した作品です。 こんなお話です・・・ ↓↓↓ 『いつもと同じ会社からの帰り道。地下鉄を降りて駅の階段を....
23. あの頃は、夢の向こうへと消えて  [ CINECHANの映画感想 ]   2007年07月13日 00:26
253「地下鉄(メトロ)の乗って」(日本)  横暴な父親といさかいを起こした兄が事故で亡くなる。父親に強い反感を抱く真次は絶縁し、小さな衣料メーカーで働いていた。時が経ち、父親が危篤だという連絡が弟から入る。奇しくもその日は兄の命日だった。複雑な想いで地...
22. 地下鉄(メトロ)に乗って  [ ちわわぱらだいす ]   2007年07月12日 23:30
試写会で見てきました。 舞台挨拶で岡本綾が来てたんですけど。。。すみませんね~ 岡本綾って誰?状態でした。。。 内容は・・・ 昭和初期の風景が見れて面白かった・・・ 地下鉄ってそんな古い時代からあったの?すごいな~ 熊本には地下鉄はありません輦 し....
21. 地下鉄(メトロ)に乗って  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年07月12日 23:20
  あなたは父になる前の父親を 知っていますか? あなたが生まれる前の母親に 会いたいですか?       評価:★6点(満点10点) 2006年 121min 監督:篠原哲雄 主演:堤真一 岡本綾 常盤貴子 大沢たかお 【コメント....
20. 【劇場鑑賞116】地下鉄(メトロ)に乗って  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年07月12日 23:04
2 あなたは、父になる前の父親を知ってますか? あなたが生まれる前の母親に会いたいですか? いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった───。
1 「地下鉄(メトロ)に乗って」は浅田次郎原作の「地下鉄に乗って」を映画化した作品で、地下鉄から降りたら突然タイムスリップして自分の両親の生き様に知るストーリーである。作品的にはSFファンタジー的であるのは良いとしても内容としてはあまりにもスパイラル過ぎて最....
18. 映画「地下鉄に乗って」を鑑賞。  [ masalaの辛口映画館 ]   2007年07月12日 19:29
 皆さん、こんにちはmasalaです。 今日は、TOHOシネマズ川崎にて「地下鉄(メトロ)に乗って」を見てきました。 今日は客入りが非常に悪く、154席のスクリーン4に24名の客入り、年配のお客さんも多数見に来ている。 映画の話は、地下鉄から、東京オリ...
17. 地下鉄(メトロ)に乗って 07089  [ 猫姫じゃ ]   2007年07月12日 18:24
地下鉄(メトロ)に乗って 2006年   篠原哲雄 監督  浅田次郎 原作堤真一  岡本綾  常盤貴子  大沢たかお  田中泯  笹野高史  北条隆博  吉行和子 いやぁ、、、よくできたお話、、、 これって、原作そのままなんですか??...
16. 地下鉄(メトロ)に乗って/堤真一、大沢たかお  [ カノンな日々 ]   2007年07月12日 15:50
3 地下鉄の出口をくぐれば、そこには昭和39年の街並みが・・・この設定からしてかなりそそられましたヨ。タイムスリップもの、浅田次郎の原作ということもあってかなり楽しみにしていた作品です。時間軸をずらすきっかけになるのが地下鉄というのは、「イルマーレ」の郵便受け....
15. 「地下鉄(メトロ)に乗って」を観る  [ 紫@試写会マニア ]   2007年07月12日 13:46
浅田次郎氏原作、タイムスリップ(!?)映画、「地下鉄(メトロ)に乗って」を招待券で観てきました。 主演の堤真一さん、大沢たかおさんは実はワタクシ好みの俳優さん。 演技も好きですが、単刀直入に‘顔’が好きなんです♪(特に堤さ??んっ) といっても、邦画は見...
14. 地下鉄(メトロ)に乗って  [ シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー ]   2007年07月12日 11:03
終わり良ければすべてよし、だけど・・・浅田次郎 原作「地下鉄に乗って」試写会を観賞。「いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった・・・。」「地下鉄」がキーになっているわけではない。はじめのタイムスリップこそ、地下鉄駅の階段を駆け上ると、東京オリ...
13. 『地下鉄に乗って』鑑賞!  [ ★☆★風景写真blog★☆★healing Photo! ]   2007年07月12日 09:53
『地下鉄に乗って』鑑賞レビュー! 121分間のタイムスリップファンタジー いつもの地下鉄を降りると、そこは 昭和39年の東京だった....。 時代を超えてメトロが繋ぐ 激しくも切ない愛の物語 日本中を涙させた 『鉄道員』から7年 こ...
12. 【地下鉄に乗って】  [ じゅずじの旦那 ]   2007年07月12日 09:46
芸術の秋!? 最近、映画好いてます。 昨日から始まった「メトロに乗って」、さっそく行ってきました(^O^) →本を再読してからと思ったのですが… メトロ(地下鉄)出口から出た瞬間、そこは…レトロ。 →ありがちで、すいません。ゆるしてくださいm(__)m 《いつ...
11. 「 地下鉄(メトロ)に乗って 」  [ MoonDreamWorks ]   2007年07月12日 09:22
監督 : 篠原哲雄出演 : 堤真一/ 岡本綾/ 常盤貴子/ 大沢たかお原作 : 浅田次郎公式HP:http://www.metro-movie.jp/ 「 地下鉄は良いね、思うままにどこへでも行けるから 」またまた、大変良い映画を観た・・・ タイムパラドックス的発想を使った、親子の確...
10. 『地下鉄(メトロ)に乗って』★☆・・・  [ ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK ]   2007年07月12日 09:20
『地下鉄(メトロ)に乗って』公式サイト制作データ;2006日本/GAGA ジャンル;ヒューマン上映時間;121分 監督;篠原哲雄出演;堤真一/岡本綾/常盤貴子/大沢たかお劇場:10/27(土)丸の内ピカデリー2◆STORY◆長谷部真次、43歳。小さな下着メーカーの営業マン。ある日...
9. 『地下鉄に乗って』  [ ふつうの生活 ふつうのパラダイス ]   2007年07月12日 09:13
ワーナーマイカルの試写会が当たったので行ってきたんだけど、駄作だった。あれはないでしょう。あれは。あのラストは女として許せないんですけど。やぱり、シナリオ書いてるのが男だからでしょうかねえ。女だったら、絶対あんなラストは書きません。命は大切にしなきゃい...
8. 地下鉄に乗って  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2007年07月12日 08:49
自分の思っていた雰囲気とは、少し違っていました。 タイムスリップものです、これ。 ある日、主人公の長谷部真次(堤真一)が地下鉄を降りたら、そこは東京オリンピックの開催に沸く昭和39年の東京で、突然タイムスリップするっていう話しなんです。 で、その...
7. 地下鉄に乗って 60点(100点満点中)  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2007年07月12日 08:05
地下鉄をつくっちゃえ 公式サイト 浅田次郎の同名小説を映画化。 昭和39年の少年時代に兄を失い、その原因を家族に横暴な父にあると考え、父を憎んで生きてきた主人公・真次(堤真一)が、仕事の帰りに地下鉄の駅から出ると、そこは兄が死んだ日の新中野駅だった。真....
6. 「地下鉄に乗って」父子って  [ ももたろうサブライ ]   2007年07月12日 07:55
監督 篠原哲雄「原作が好きだ」という動機で観にいくと期待を裏切られることが多い。設定の説明に費やされる冒頭部分はもたついていて、そんなことを思った。原作を知らない人は設定を理解するのに時間がかかるのではないだろうか。また終盤に2回の暗転があったが、ラス...
5. 地下鉄(メトロ)に乗って  [ 読書と時折の旅 (風と雲の郷本館) ]   2007年07月12日 07:21
 昨日は、「地下鉄(メトロ)に乗って」の試写会に、会社が終わってから出かけた。 主な出演者は、堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお。 試写会には、岡本綾が来ていた。実は、私は、この日始めて、岡本綾という女優がいることを知ったのであるが、街中でも割と見か...
4. 地下鉄(メトロ)に乗って  [ 5125年映画の旅 ]   2007年07月12日 06:51
2 小さな会社で営業を営む長谷部は、自分の事ばかり考え、家族を蔑ろにしてきた父親と絶縁状態だった。そんな父が病に倒れ、会いに行こうか迷っていた時、地下鉄の構内で死んだ兄によく似た人影を見つける。彼を追いかけ、地下鉄を出た先は、昭和39年の東京だった。そこで彼...
3. 『地下鉄(メトロ)に乗って』  [ 試写会帰りに ]   2007年07月12日 06:31
試写にて『地下鉄に乗って』鑑賞。「あなたは、父になる前の父親を知っていますか?」「あなたが生まれる前の母親に会いたいですか?」というコピーと、地下鉄に乗ってタイムスリップするという設定には引かれましたが、それだけだった……。 地下鉄(メトロ)に乗って THX....
2. 『地下鉄(メトロ)に乗って』  [ 唐揚げ大好き! ]   2007年07月12日 05:50
    『地下鉄(メトロ)に乗って』   いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった――。   この映画を観た率直な感想は「大沢たかおの魅力にヤラれた!」ということ。 何という存在感!なんでしょう。 今まで大沢たかおをフィーチャーしていなかっ...
1. 地下鉄(メトロ)に乗って  [ いい加減社長の日記 ]   2007年07月12日 05:36
ちょっと早めに着いた「UCとしまえん 」はガラガラ。 「あれ、今日はどうしたのかな?」という感じ。 いつも空いているけど、それにもまして人がいない。 「大作がないから?」と思いながら待ってると、9時近くになって、やっと普通くらいの空きくらいに。ちょっと安...

この記事へのコメント

4. Posted by デコデコマン   2007年07月13日 00:19
hitoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですよね。とにかく感動してボロボロ泣けてきたのを覚えてます。
それだけになんだか物足りなくて・・・。
泣きたかったのになあ。
3. Posted by hito   2007年07月12日 12:47
私もこの原作を読んだのは10年くらい前のことです〜あの感動はものすごかったんでが・・ラストに全てが繋がって、集結した感覚、衝撃的でした。

そのすごく印象的だった(でも今はあまり覚えてないのですが)ラストが、映画だとちょっと弱かったような気が・・

地下鉄での父に向かっての「万歳!」のシーンはグッときました。
2. Posted by デコデコマン   2007年07月12日 11:11
なぎささん、おはようございます。
そうですね、次第に地下鉄がかんけいなくなってきたような気がします。

そうですか、原作見ていなくてもあまり印象に残らないということは、やっぱり何か足りない映画だったんでしょうね。

白箸さん、会えなくていいのです。
想いでは美しいままで(笑)
1. Posted by なぎさ   2007年07月12日 08:54
デコデコマンさん おはようございま〜す♪
いつも拝見して笑わせてもらってます!

これねぇ、原作は未読なんですが、映画館の予告を観てて楽しみにしてたんですよねぇ。
でも実際に観ると、なんだかどこかがしっくりこなくて、結局、観終わって
余り印象が残らない映画になってしまいました。
主人公の男性が、最初は地下鉄からタイムスリップしてたのに、徐々に地下鉄が巧く機能していなかったような記憶があります。

デコデコマンさん いつか「白箸さん」に出会えるといいですねっ!!!

コメントする

名前
 
  絵文字