2007年10月27日

海<小川洋子>−(本:2007年125冊目)−



出版社: 新潮社 (2006/10/28)
ISBN-10: 4104013048

評価:78点

微妙に現実離れした不思議で静かな小川ワールドを、7つの短編で堪能できる。そんな優れものです。

最初の「海」を読み進めて行く途中で、おおよそこの短編集の色や匂いはわかると思うので、あとは素直に流れに従って読み進めていけばいいだけ。
安心して小川洋子の世界に浸れます。
安心して、というのは、ちゃんと変なところもあるので安心して読んでくださいという意味になるのですが。

最後の「ガイド」では、田舎の観光街でガイドとして活躍する母親と母親を思う少年、少年の前に現れる「題名屋」という不思議な肩書きをオ持つ男の物語がかかれます。
「題名屋」という職業自体が変だということに加えて、ガイドの母親は観光客の目印になるように持っている旗が壊れて以来、傘を旗代わりに使っていたりします。
その微妙な変さ加減が小川洋子らしくていい感じ。

「ひよこトラック」もいい感じの話でした。
「バタフライ和文タイプ事務所」から醸し出される静謐で上品なエロチックさなんて結構ゾクリときたりもします。

行間も字も大きくてあっというまに読めてしまいますが、これは余韻を楽しむ小説なのでしょう。たぶん。

Comments(0)TrackBack(11)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

11. 「海」小川洋子  [ scribble ]   2007年10月30日 20:01
海 小川 洋子 キリンはどんなふうにして寝るんだろう。『新潮』掲載の表題作ほか、「博士の愛した数式」の前後に書かれた、美しく奥行きの深い全7作品を収録する。この世界の素晴らしさを伝えてくれる短編集。高校卒業前の家庭学習期間中に、情報の補講を受けたんです...
10. 海 〔小川洋子〕  [ まったり読書日記 ]   2007年10月29日 21:17
3 海 ≪内容≫ キリンはどんなふうにして寝るんだろう―。 『新潮』掲載の表題作ほか、「博士の愛した数式」の前後に書かれた、美しく奥行きの深い全7作品を収録する。 この世界の素晴らしさを伝えてくれる短編集。 (MARCデータベースより)
9. 「海」小川洋子  [ ナナメモ ]   2007年10月29日 18:14
海 小川 洋子 恋人の小さな弟との会話を書いた「海」を初め7つの物語。 小川さんの描く物語って不思議。物語の舞台が違う時代の日本じゃない場所というのか、ちょっと浮かんだ異次元というのか…電車に乗って眠っていたら気がついたらそこについていたと言うのか…...
8. 「海」小川洋子  [ ナナメモ ]   2007年10月29日 18:14
海 小川 洋子 恋人の小さな弟との会話を書いた「海」を初め7つの物語。 小川さんの描く物語って不思議。物語の舞台が違う時代の日本じゃない場所というのか、ちょっと浮かんだ異次元というのか…電車に乗って眠っていたら気がついたらそこについていたと言うのか…...
7. 小川洋子 『海』  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2007年10月28日 22:24
海/小川 洋子 ¥1,365 Amazon.co.jp キリンはどんなふうにして寝るんだろう-。『新潮』掲載の表題作ほか、「博士の愛した数式」の前後に書かれた、美しく奥行きの深い全7作品を収録する。この世界の素晴らしさを伝えてくれる短編集。 よかったです。小川洋子...
6. 小川洋子 『海』  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2007年10月28日 22:20
海/小川 洋子 ¥1,365 Amazon.co.jp キリンはどんなふうにして寝るんだろう-。『新潮』掲載の表題作ほか、「博士の愛した数式」の前後に書かれた、美しく奥行きの深い全7作品を収録する。この世界の素晴らしさを伝えてくれる短編集。 よかったです。小川洋子...
5. 「海」 小川洋子  [ コンパス・ローズ  compass rose ]   2007年10月28日 17:54
海小川 洋子 / 新潮社(2006/10/28)Amazonランキング:87251位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog この夏一番の暑さとなった今日の札幌の最高温度は34度。もとよりクーラーなどない部屋は、ただ座っているだけでも身体から水分が蒸発...
4. 海 小川洋子 新潮社   [ おいしい本箱Diary ]   2007年10月28日 01:52
小川さんの短編集です。 うん。キラキラしてます。言葉の一つ一つが、小川に沈み込んだ小石のように 水気を含んで光ってる。この言葉たちに魔法をかけられ、気持ちよく酩酊する ことができる。前にも書きましたが、小川さんの文章は、とっても肌に合う。 長編も素敵です...
3. 海  小川 洋子  [ モンガの独り言 読書日記通信 ]   2007年10月27日 23:10
海 小川 洋子  07−19 ★★★☆☆  【海】 小川 洋子 著  新潮社  《美しく、奥行きの深い物語……小川ワールド》  内容(「MARC」データベースより) キリンはどんなふうにして寝るんだろう-。『新潮』掲載の表題作ほか、「博士の愛した数式」の前...
2. 「海」小川洋子  [ 本のある生活 ]   2007年10月27日 23:08
海 7つの短編や掌編は、どれもしんと静かで、さみしくて、でもぽっと灯りが灯るようなあたたかさがありました。日本が舞台なのに、どこか外国の街のような、現実の世界ではないような雰囲気です。「それからはスープのことばかり考えて暮らした」の世界にちょっと似てる....
1. 本「海」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2007年10月27日 21:35
海 小川洋子  新潮社 2006年10月 海  鳴麟琴という世界にひとつしかない楽器を演奏する小さな弟。幻想の世界に入って様な感覚だった。 風薫るウィーンの旅六日間 大切なのは昔こんなことがあったという思い出があることなんだと思う。今と...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字