2008年05月06日

つぐない−(映画:2008年38本目)−

つぐない1つぐない2
監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ブレンダ・ブレシン

評価:95点

公式サイト

(ネタバレあります)
多感な少女のついた嘘が、愛し合う男女の仲を引き裂いた。
少女は生涯をかけて、その罪を償うことに決めた。
粗筋だけを読めば、基本的なテーマはこの程度だろうと想像できる。

ところが実際は多様なテーマがぎっしりと映画の中に凝縮され、かつ登場人物たちの心理描写が緻密かつ巧みに表現されていて素晴らしい。
全ての動き、会話、音楽、映像、あらゆるシーンが過不足なくひとつの物語を感動的に構成している。
これぞ映画だと、見ている途中からなんともいえない感動を覚えてしまった。

映像として圧巻だったのは、軍人として出征していた主人公のロビーが、味方とはぐれて生き延びやっとの思いでたどり着いたダンケルク海岸のシーン。
長回しでとられたこのシーンには鳥肌が立った。
本国に帰る術もなく諦観と憤りを露にする軍人たち。海に向かい希望の合唱を続ける軍人たち。傷つき倒れた軍人たちと壊れた船や戦車。そしてとおくであがる煙と意味もなく回り続ける観覧車・・・。
ひとつの言葉もなく、戦争の現実を見るものに突きつけ、しかも芸術的なカメラワークと映像美を魅せてくれる。
ああ、なんて素晴らしいんだ。
これがテーマの一部分に過ぎないというのだから凄い。

少女だったブライオニーが、姉セシーリア(キーラ・ナイトレイ)の恋人であったロビーを、嘘の証言で犯罪者にしてしまうまでの経緯の表現もまたよかった。
ひたすらにまっすぐで、強い正義感をもつ少女が、自分の初恋が叶わないという事実と、ロビーの手紙や姉とロビーの密会現場を見たことで自分の中にある真実を捻じ曲げてしまう。
この、ブライオニーの持つ潔癖さは、映画の冒頭でタイプライターの音にあわせてカクカクと動き回る律儀な歩き方から瞬時に観客に理解させられる。
このあたりの演出もあまりに見事。

かといって、セシーリアとロビーの唯一無二の愛への感動が薄れてしまうかと言えばそうでもない。
こちらも計算されつくされ、書き込まれている。
まあ、後半部分は妄想であったわけではあるが・・・。

ラストで老いたブライオニーがテレビインタビューで真実を語る部分は、いい意味で衝撃だった。
もう何も言うことはない。

時間軸の適度な入れ替えもまったくわかりにくくないどころか、登場人物たちの行動の裏側にある心理を見事にあらわす憎いテクニックとなっている。
何度でも見たい、名作だ。

Comments(5)TrackBack(35)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

35. 【2008-110】つぐない  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年05月14日 00:05
4 人気ブログランキングの順位は? 一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。
34. 60●つぐない  [ レザボアCATs ]   2008年05月12日 00:44
予想したよりずっと面白く、上手に描かれていて、ウットリ。人の気持ちのスレ違いが、悲劇を生む物語。・・・
33. つぐない  [ 心のままに映画の風景 ]   2008年05月09日 23:19
1935年、イングランドの政府官僚ジャック・タリスの屋敷。 小説家を夢見る13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は、 夏の休暇で帰省の..
32. 『つぐない』 (2007) / イギリス  [ NiceOne!! ]   2008年05月09日 18:06
原題:ATONEMENT監督:ジョー・ライト原作:イアン・マキューアン出演:キーラ・ナイトレイ、ジェイムズ・マカヴォイ、シーアシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ブレンダ・ブレッシン鑑賞劇場 : TOHOシネマズららぽーと横浜公式サイトは...
31. つぐない 東京厚生年金会館 2008.3.26  [ ◆JOY◆ ??映画鑑賞日記???? ]   2008年05月08日 16:14
あらすじ:1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女に生まれた美しいヒロイン、セシーリア。兄妹のように育てられた使用人の息子・ロビーを、身分の違 いを越えて愛しているのだと初めて気付いたある夏の日、生まれたばかりの二人の愛は、小説家を目指す多感な妹...
30. つぐない  [ カリスマ映画論 ]   2008年05月06日 23:47
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ”無邪気な悪意”が招いた運命の贖い  
29. 「つぐない」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2008年05月06日 22:08
「Atonement」2007 UK/フランス 小説家を夢見る多感な少女のついた嘘により、運命に翻弄される若き恋人たちの姿を描く感動のヒューマン・ドラマ。 ロビーに「ラスト・キング・オブ・スコットランド/2006」のジェームス・マカヴォイ。 セシーリアに「プライドと偏見/200...
28. 『つぐない』 @シャンテシネ  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年05月06日 22:05
第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言
27. つぐない  [ 映画通の部屋 ]   2008年05月06日 19:32
「つぐない」ATONEMENT/製作:2007年、イギリス 123分 PG-12
26. 『つぐない』 ★★★★  [ 時流を聴く ]   2008年05月06日 16:18
『つぐない』を鑑賞。   鑑賞候補に挙がっていた作品だけど、日経新聞金曜夕刊の「シネマ万華鏡」で 渡辺祥子(自称映画評論家)があいまいな評価をしているのを確認した瞬間に 映画館に行くことを決定(笑)。
25. つぐない  [ rambling rose≪cinefileR≫ ]   2008年05月06日 13:17
イアン・マキューアンの「贖罪」を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。オーソドックスなロマンス物の仮面を被った、案外骨太な心理ドラマでした。(感想UP)
24. つぐない/Atonement  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2008年05月06日 11:32
壮大なメロドラマを観ているよう。しかし、ありきたりのメロドラマでなく、最後に作家として名を成した77歳のブライオニー(バネッサ・レッド...
23. つぐない  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年05月06日 11:12
公式サイト。イアン・マキューアン原作、ジョー・ライト監督、ジェームズ・マカヴォイ、キーラ・ナイトレイ。「つぐない」をテーマにした映画としては、「君のためなら千回でも」があるけれど、あちらはかなり身勝手な贖罪であったのに対し、こちらは償い自体が叶わぬものと....
22. つぐない  [ Akira's VOICE ]   2008年05月06日 10:27
思い込みの嘘は自分を苦しめる。  
21. つぐない/ キーラ・ナイトレイ  [ カノンな日々 ]   2008年05月06日 10:26
「プライドと偏見」のジョー・ライト監督が再びキーラをヒロインに起用しイギリスのイアン・マキューアンのベストセラー小説「贖罪」を映画化した作品です。「シルク」はハズレな予感があってスルーしちゃったから私にとっては久しぶりのキーラ・ナイトレイ作品です。 出....
20. つぐない  [ とりあえず、コメントです ]   2008年05月06日 10:02
ベストセラー小説を映画化した作品です。 一つの嘘によって引き裂かれてしまった愛の行方が美しい映像と音楽で綴られていました。 1935年夏。13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は多感な少女で、小説を書くのが大好き。 今日は帰省してくる兄を歓迎するために戯曲...
19. つぐない  [ 5125年映画の旅 ]   2008年05月06日 09:50
5 小説家を目指す想像力豊かな少女ブライオニーは、家の使用人ロビーに恋心を抱いてた。しかし彼女はロビーと姉のセシーリアの初めての情事を目撃してしまう。直後、ブライオニーの友人ローラが何者かに強姦される事件が発生。ブライオニーは犯人がロビーであると嘘をつき、...
18. 感想/つぐない  [ EDITOREAL ]   2008年05月06日 09:42
ああ、まさに文学の世界! 『つぐない』4月12日公開。イングランドの政府官僚のお屋敷。帰省する兄のために戯曲を描きお芝居をしようと末娘ブライオニーは駆け回る。姉のセシーリアは、使用人の息子ロビーとささいな諍いを起こす。それは身分違いの恋だった。セシーリアとロ...
17. つぐない  [ 映画三昧、活字中毒 ]   2008年05月06日 09:30
■ テアトルダイヤにて鑑賞つぐない/ATONEMENT 2007年/イギリス/123分 監督: ジョー・ライト 出演: キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヮ..
16. 映画「つぐない」(2007年、英)  [ 富久亭日乗 ]   2008年05月06日 08:49
   ★★★★☆  Ian McEwanの小説「Atonement」(2001年、『贖罪』)の映画化。 第二次世界大戦下のヨーロッパを舞台に 運命に翻弄される男女を描いた文芸作品。 原題は「Atonement」。  1930年代のイギリス、裕福なTallis家の長女Cecilia(Keira Knightley)は...
15. 「つぐない」Atonement 感想 4つ★  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2008年05月06日 08:24
2007年度映画の英国アカデミー賞で、凄く沢山の受賞をしたとのことですが、なるほど・・と思う部分と(アメリカの賞じゃなくて、イギリスのだ??.
14. 『つぐない』  [ Sweet*Days** ]   2008年05月06日 06:58
監督:ジョー・ライト CAST:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞、...
13. 「つぐない」  [ クマの巣 ]   2008年05月06日 03:11
「つぐない」、観ました。 「プライドと偏見」のジョー・ライトが再びキーラ・ナイトレイと組んだ文芸大作です。 1人の少女のついた嘘が...
12. 「つぐない」  [ てんびんthe LIFE ]   2008年05月06日 02:19
「つぐない」シャンテシネで鑑賞 子供の何気ない一言が家族の人生を変えてしまった…。 テーマは奥深いそして悲しい。 ところどころに映し出されるイギリスの美しい風景と相対する戦争の悲惨さ。 映像にもストーリーにもどっぷりとはまりました。 キーラ・ナイトレイ...
11. ★つぐない(2007)★  [ CinemaCollection ]   2008年05月06日 02:06
ATONEMENT一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 上映時間123分製作国イギリス公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/04/12ジャンルドラマ/戦争/ロマンス映倫PG-12【解説】英国を代表する作家の一人、イアン・マキュー...
10. 少女は嘘を吐いたのか?  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年05月06日 01:30
107「つぐない」(イギリス)  1935年夏、イングランド。政府官僚ジャック・タリスの屋敷では小説家を夢見る末娘ブライオニーが、休暇で帰省する兄と友人を自作の劇で歓待しようと準備に追われていた。一方大学卒業後の身の振り方が定まらず鬱屈した日々を送る姉セ...
9. 『つぐない』 (Atonement)  [ Mooovingな日々 ]   2008年05月06日 01:14
1935年英国。13歳のブライオニー・タリスの家族は富と特権を持ち、大邸宅で暮らしていた。最も暖かい季節に屋敷を動揺させる出来事が起こる。そこで働く家政婦の教養ある息子ロビー・ターナーはブライオニーの美しい姉セシリアに気があった。ロビーに首ったけなブライ...
8. つぐない (2007・イギリス)  [ 白ブタさん ]   2008年05月06日 01:11
すっごく見たかった作品(*^_^*) ようやく行ってきました??{%ハート4webry%}
7. 『つぐない』  [ めでぃあみっくす ]   2008年05月06日 01:10
タイプライターを叩く音を効果的に用いた音楽、13歳の少女の無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれた恋人たち、そしてその過ちに生涯苦しみ続ける一人の女性の半生。上映中2時間椅子が軋む雑音さえこの映画に対して失礼だと思えるくらいに美しく、切なく、そし....
6. つぐない  [ 映画のメモ帳+α ]   2008年05月06日 01:03
つぐない(2007 イギリス) 原題   ATONEMENT    監督   ジョー・ライト    原作   イアン・マキューアン 『贖罪』    脚色   クリストファー・ハンプトン       撮影   シーマス・マッガーヴェイ                   ...
5. つぐない 90点(100点満点中)  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2008年05月06日 01:01
「クェスはね、シャアにおまんこ舐められたいと思ってるの! シャアはねクェスのおまんこ舐めたいのよ! 」 公式サイト イギリスの作家イアン・マキューアンの小説『贖罪』を、やはりイギリス文学の映画化である『プライドと偏見』のジョー・ライト監督により映画化。キー...
4. 「つぐない」  [ 或る日の出来事 ]   2008年05月06日 01:01
この映画を観た理由は、アカデミー賞をはじめとする賞レースの常連だったから。 賞をとる映画が、すべての人にとって必ず素晴らしいとは限ら...
3. 映画「つぐない」を完成披露試写で鑑賞  [ masalaの辛口映画館 ]   2008年05月06日 01:00
 「つぐない」完成披露試写@スペースFS汐留 映画の話 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と思いを通わせ合うようになる。しかし、小説家...
2. つぐない  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年05月06日 00:53
 『一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。』  コチラの「つぐない」は、ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した4/12公開となったPG-12指定の大河ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  ...
1. 『つぐない』  [ cinema!cinema!??ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年05月06日 00:52
キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ主演の『つぐない』を新宿テアトルタイムズスクエアで観てきました。いやー、音楽に魅了された2時間強。 1935年のイングランド。政府官僚のジャック・タリスの屋敷では、末娘のブライオニーが休暇で帰省する兄と友人のために自...

この記事へのコメント

5. Posted by デコデコマン   2008年05月07日 00:39
にゃむばななさん、こんばんは。

そうそう、ほんとにこのシーンは素晴らしかったです。
撮影現場の緊張感ももの凄かっただろうなあと想像してしまいました。
普通ならこのシーンが絶対メインになるはずなのに、さりげなくこんな凄い映像を見せてくれるところにしびれました。

ケントさん、TB申し訳ございません。
ご迷惑をおかけいたします。
彼女の将来にも期待したいですね。眼で演技できる少女でしたから。
4. Posted by デコデコマン   2008年05月07日 00:35
つるばらさん、はじめまして。
コメントとTBありがとうございました。

ほんとこれは完成度の高い、いい作品でした。
映画への評価は確かに甘いかもしれません・・・。そもそも見たいと思うものしか見ないものですから、レビューする時点で評価が高いのかも。

100点つけた作品って記憶が定かではありませんが、「シカゴ」ですかね。ブレード・ランナーもそれくらい。
あと1つか2つくらいあったような気がするんですが・・・。

今後もよろしくお願いいたします。
3. Posted by ケント   2008年05月06日 21:50
TBありがとうございました
なぜか最近ココログからライブドアへのTBが出来ないのです。ごめんなさい。
ブライオニーのがタイプライターの音にあわせてカクカクと動き回る律儀な歩き方は、本当に上手かったですね。
2. Posted by にゃむばなな   2008年05月06日 19:53
ロビーがたどり着いた海岸のシーンは凄かったですね。
しかもこのシーンが本編で重要な位置を占めるのではなく、このシーンですら物語のほんの一部でしかないように描いたジョー・ライト監督は素晴らしいセンスを持った監督さんだと思いましたよ。
1. Posted by つるばら   2008年05月06日 13:29
デコデコマンさん、初めまして。
TB有難うございました&私もさせて頂きました。(^^ゞ
「つぐない」いい作品でしたね。
タイトル聞いただけだと演歌かと思いますが;;ただ甘いだけのロマンス物じゃなくて良かったです。
ところで、最近の映画、沢山ご覧になってますね。
いくつか他のも拝見しましたが、どれも割りといい評価で、しかも語り口に映画への愛〜優しさを感じます。
が、100点満点の作品ってあるのかしらん??
またお邪魔しますね!宜しくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字