2009年09月27日

きのうの世界<恩田陸>−(本:2009年読了)−

きのうの世界
きのうの世界
クチコミを見る


# 出版社: 講談社 (2008/9/4)
# ISBN-10: 4062140616

評価:71点

独特の世界観で読むものを魅了する恩田ワールド。
開始早々、よくわからん2人称を使った珍しい文体で掴みはOK。そのまま現実なのか夢なのかわからないような不思議な世界が展開され、そのなかで殺人事件の謎解きに少しづつ迫っていく。
ただ、殺人事件は起きるのだが切迫感はほとんどなく、スポットがあてられるのは事件よりも事件が起きた町の生い立ち。

町の中にある隣の市の飛び地の謎、町のシンボルでもある3本の塔の謎、町に張り巡らされた水路の謎。町にやってきた何でも記憶してしまう男の謎。その他とにかく謎がどんどん広がって収拾がつかなくなっていく。
ああ、これはわけのわからんオチでまとめきれないパターンになりそうだと半分を過ぎたあたりで思った。それでもまだ希望はあった。
あと4分の1くらいになって、まだ殺人犯もわからず町の秘密もわからない。とても嫌な予感がしたのだが、流麗な文章に酔うように物語は進んでいく。
気付いたときにはあと十数ページ。とき既に遅く、幽体離脱かなんだかよくわからん結末に落ち着いでしまった。
???である。
で、町の秘密はどうなったのだ。
自分が二人いるという男の謎はどこにいった?
凶器をカラスがって、そんな無茶な。

理路整然としたオチは端から期待していないものの、もう少し納得できる展開にしてもらいたかったものだ。書きっぱなしではないか。
物語の雰囲気は大好きなのだが。

Comments(2)TrackBack(10)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

10. きのうの世界  恩田陸  [ 今更なんですがの本の話 ]   2009年10月17日 20:50
ようこそ 塔と水路の町へ。 昭和初期の面影を残す建物が立ち並び、最近では観光地として見直されはじめたM町を訪れたあなたは、まずその言葉で迎えられるだろう。 その言葉の通り、駅前から続く道を進むと、いたる所に張り巡らされた水路と、町の象徴である塔が目に入るは....
9. 恩田陸 『きのうの世界』  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年10月02日 23:08
きのうの世界/恩田 陸 ¥1,785 Amazon.co.jp 失踪した男は遠く離れた場所で殺されていた 塔と水路の町にある「水無月橋」。霜の降りるような寒い朝、殺人事件が起こる。バス停に捨てられていた地図に残された赤い矢印は……? 恩田陸待望の新刊 これまた恩田陸...
8. 「きのうの世界」 恩田陸  [ 日だまりで読書 ]   2009年09月30日 18:06
恩田さんの世界,堪能させていただきました\(^o^)/ 満足♪ ★★★★☆ 塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。一年剮..
7. きのうの世界(恩田陸)  [ Bookworm ]   2009年09月30日 11:13
「な、なんですとぉーっ!?」と叫びたくなるようなラストでした。というより、「・・・なんと;;;」とガックリ膝を折って「あは。あはははは。」と乾いた笑いがこみ上げてくるようなラスト、と言ったほうがいいかな。脱力しちゃいました。真相って、得てしてそんなもんなのか...
6. 恩田陸  きのうの世界  [ マロンカフェ 〜のんびり読書〜 ]   2009年09月30日 09:28
大好きな恩田さんの新刊です。私ってあまり新刊に飛びつく読者じゃないんですが、(どちらかというと発売されて少し時間が経って評判を聞いてから読むタイプです。)この本はミステリらしいし、恩田陸の集大成!と宣伝されていたので早速読んでみました。 上司の送別会の直後...
5. 本「きのうの世界」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2009年09月28日 21:14
きのうの世界 恩田陸  講談社 2008年9月 きのうの世界/恩田 陸 ¥1,785 Amazon.co.jp 塔と水路の町M町。このM町の水無月橋で、殺人事件が起きる。被害者は、市川吾郎。彼は、東京で会社員として働き、ある晩上司の送別会から忽然と姿を消し、その一年...
4. きのうの世界 〔恩田 陸〕  [ まったり読書日記 ]   2009年09月28日 20:37
きのうの世界恩田 陸講談社 2008-09-04売り上げランキング : 5750おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ファン切望の最新長編!! 誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。 塔と水路がある町のはずれ、「水無月...
3. 「きのうの世界」恩田陸  [ ナナメモ ]   2009年09月28日 20:36
きのうの世界 恩田 陸 JUGEMテーマ:読書 塔と水路がある町のはずれ、丘にかかる木の橋「水無月橋」で見つかった死体。1年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか? 分厚い本です。恩田さんみずから「集大成です」と語ってます。恩田さんらしい世界が広が...
2. 恩田陸/「きのうの世界」/講談社刊  [ ミステリ読書録 ]   2009年09月28日 07:11
恩田陸さんの「きのうの世界」。 東京で平凡な会社員として働いていた中年男性が、ある日突然、何の前触れもなく上司の送別会の 席から忽然と姿を消し、一年後、塔と水路のあるM町の小さな木造の橋の上で死体となって 発見される。刺殺のようだが、周囲に凶器は発見され...
1. きのうの世界*恩田陸  [ +++ こんな一冊 +++ ]   2009年09月28日 06:42
きのうの世界(2008/09/04)恩田 陸商品詳細を見る 失踪した男は遠く離れた場所で殺されていた 塔と水路の町にある「水無月橋」。霜の降りるような宮.

この記事へのコメント

2. Posted by デコデコマン   2009年09月28日 22:46
べるさん、こんばんは。
コメントとTBありがとうございます。

新聞連載であのまとめかたというのも凄いなあと思いましたね。
でも、おっしゃるとおり独特の世界観は健在で、それを楽しんでいればいい小説なのかもしれません。
ご本人が「集大成」と言っている意味は少しわかりかねますけど。
こちらこそ、またよろしくお願いいたします。
1. Posted by べる   2009年09月28日 07:16
こんにちは。TBありがとうございました^^
投げっぱなしの謎がいくつも放りだされたまんまでしたね。読み終えて頭の中が『?』で満たされました・・・^^;新聞連載だからその辺のつじつまを合わせるのが大変だったのかな、とも思いましたが・・・。でも、恩田さんらしい世界観で、私は楽しめる一冊でした。
こちらからもTBさせて頂きました。またよろしくお願いいたします。

コメントする

名前
 
  絵文字