2009年10月24日

ゴールデンスランバー<伊坂幸太郎>−(本:2009年読了)−

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー
クチコミを見る


# 出版社: 新潮社 (2007/11/29)
# ISBN-10: 4104596035

評価:95点

ゴールデンスランバーって、どこかで聞いたことがあるとずっと考えていたのだが、そうそう、ビートルズのアビー・ロードに入っていた曲だった。
著者はビートルズファンなのでしょう。かなり詳しく当時のビートルズの置かれた状況が登場人物たちのセリフを通して説明されたりする。歌詞も何度か引用される。
突然メドレーが入っているなどかなり異質なアルバムだったけど、私は結構アビーロードが好きだった。ビートルズの終焉を表わすアルバムでもあったのだけれど。

物語はビートルズとは関係ない。総理大臣が仙台でのパレード中に突然ラジコンヘリを使った爆弾で暗殺され、その犯人としてまったく見に覚えのない青柳が追われることとなる。
真の黒幕はわからないものの、国家権力総動員で理不尽に追い回される主人公の逃走劇はとにかくスリリングでスピード感満載。学生時代の友人や、偶然知り合った人たちの協力を得て、ボロボロになりながらも逃げ続ける主人公は、生き続けるために大勝負をかけてクライマックスに臨む。

多少できすぎているのは小説だからいいでしょう。
オズワルドの話なんて主人公は若いのによく知っているものだと感じたし、父親のセリフはかっこよすぎる。
事件の最後にある人に再会して助けられるシーン。そこから、事件の3ヵ月後を説明している第5章になだれ込んでいくアクションから感動への展開は見事だった。エレベーターのシーンもなかなかいいのだ。

ああ、面白かった。風呂場で夜中の2時まで一気読み。

Comments(0)TrackBack(28)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

28. ゴールデンスランバー  [ ぼちぼち ]   2009年11月05日 21:47
JUGEMテーマ:読書 冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」...
27. 伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年10月28日 22:31
ゴールデンスランバー/伊坂 幸太郎 ¥1,680 Amazon.co.jp 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳銃...
26. 「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎  [ コンパス・ローズ  compass rose ]   2009年10月28日 22:28
読んでからすでにひと月以上過ぎての感想となると、いくら面白かった本でも感動の余韻は薄れてくるものだ。このまま書かずにおこうか。奥深く沈めてしまおうか。記憶に刻印されている「面白かった!」という感動のほつれた糸先を試しに引いてみる。と、するすると読んだ時の...
25. 「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎  [ 日だまりで読書 ]   2009年10月28日 08:37
久々の伊坂さんの長編。 時間がさかのぼったり流れたり。 でも不思議と混乱しない、一気に読める作品でした。 ★★★★☆ 仙台での凱旋ヮ..
24. 「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎  [ 本のある生活 ]   2009年10月27日 21:55
ゴールデンスランバー すごい!おもしろかったし、私これすごく好きです!まさに伊坂さんの作品の集大成。「重力ピエロ」「魔王」の世界をさらに進めて、それをエンタメにしてしまいました。「魔王」では、しょぼい腹話術で大きなものと闘っていました。「ゴールデンスラ....
23. ゴールデンスランバー  [ 隣り近所のココロ・読書編 ]   2009年10月27日 09:34
ゴールデンスランバー 伊坂 幸太郎 JUGEMテーマ:小説全般 ●ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎 ●新潮社 ●1680円 ●評価 ☆☆☆☆ 数年前、アイドル宅[:家:]に入った泥棒を捕まえ、 顔がイケメンだったこともあり、 一躍時の人となった宅配ドライバー・青柳雅...
22. ゴールデンスランバー  伊坂幸太郎  [ 今更なんですがの本の話 ]   2009年10月26日 23:50
伊坂さんの集大成、最高傑作、そんな言葉を至る所で目にしていたんだけど、本当にその通りでした。やったね伊坂さんって感じです。新潮社のこのカバーに、視点が変わる毎に現れる登場人物のシルエット。それだけで初期の『オーデュボンの祈り』や『ラッシュライフ』を思い出....
21. 伊坂幸太郎  ゴールデンスランバー  [ マロンカフェ 〜のんびり読書〜 ]   2009年10月26日 15:42
 本屋大賞受賞おめでとうございますっ!圧勝でしたね。5年連続ノミネートされてやっとの受賞でした。よかったよかったεー(´ー`*)ホッ 伊坂作品って独特の文体や言い回しがクセになって面白く読める時もあるけれど、私に取ってはそれが少しくどいと感じてしまう...
20. 『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎 新潮社  [ アン・バランス・ダイアリー ]   2009年10月25日 21:43
ゴールデンスランバー 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか?(アマゾン内容説明より) 面白かったです! 息つく暇もないほどたたみかけてくる、ジェットコースター小説。 まさにエンター...
19. 伊坂幸太郎のことども  [ 「本のことども」by聖月 ]   2009年10月25日 20:29
  ◎ 『オーデュボンの祈り』 ◎◎ 『ラッシュライフ』 ◎◎ 『重力ピエロ』   ◎ 『陽気なギャングが地球を回す』   〇 『アヒルと鴨のコインロッカー』   〇 『チルドレン』 ◎◎ 『グラスホッパー』   〇 『死神の精度』 ◎◎ 『魔王』 ◎◎ 『...
18. ◎◎「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎 新潮社 1680円 2007/11  [ 「本のことども」by聖月 ]   2009年10月25日 20:29
 先日『サニサイドエッグ』荻原浩を読んだときに・・・    最初で大予言。本書『サニーサイドエッグ』荻原浩は、第138回直木賞を受賞するとともに、映画化されます。そのときには、さすが、聖月様と賞賛されるであろうことも予言しておこう。  ・・・と書いたが訂正...
17. 「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎  [ 気まぐれな猫の日常 ]   2009年10月25日 20:16
??仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、 青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。 訝る青柳に、森田は 「おまえは、陥れられている。今も、その最中だ」 ...
16. ゴールデンスランバー 〔伊坂 幸太郎〕  [ まったり読書日記 ]   2009年10月25日 20:15
ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎新潮社 2007-11-29売り上げランキング : 381おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔話....
15. 本「ゴールデンスランバー 」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2009年10月25日 14:55
ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎  新潮社 2007年11月 ゴールデンスランバー/伊坂 幸太郎 ¥1,680 Amazon.co.jp 金田首相が仙台でパレード中、ラジコン爆弾により暗殺され、青柳雅春が犯人と断定されマスコミで報道される。その日、青柳雅春...
14. ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎)  [ Bookworm ]   2009年10月25日 11:38
面白かったー! 伊坂さんらしく、時間が行ったり来たり、視点がどこそこに飛んだり。何の繋がりもないような描写や一言が、後になってすごく重要なポイントだったりもして。一瞬でも気が抜けない、そんな読書になりました。
13. ゴールデンスランバー  [ Akira's VOICE ]   2009年10月25日 10:48
伊坂幸太郎 著 
12. 【ゴールデンスランバー】 伊坂幸太郎 著  [ じゅずじの旦那 ]   2009年10月25日 08:08
謀略…  冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促さ...
11. ゴールデンスランバー  [ どくしょ。るーむ。 ]   2009年10月25日 01:01
著者:伊坂 幸太郎 出版社:新潮社 紹介文: やっと読みました! 話題作だけあって読み始めると息もつかずに一気読み、とはいえすごいボリュームでなかなか読み終わらない! 「ゴールデンスランバー」は、国家的な陰謀により、首相暗殺事件の犯人として濡れ衣を着せらた主人...
10. 「ゴールデンスランバー」  [ 心に残る本 ]   2009年10月24日 22:46
「ゴールデンスランバー」が、2008年本屋大賞を受賞しましたね。 私もようやく読みましたが、なるほどおもしろかったです。 仙台での??..
9. 『ゴールデンスランバー』/伊坂幸太郎 ○  [ 蒼のほとりで書に溺れ。 ]   2009年10月24日 22:20
・・・結構、消化不良なんですけど。いや、伊坂さんらしい、時系列の絡み合った緻密な、ある意味登場人物たちに都合がいいぐらいキッチリ組み立てられたストーリーで、読んでいて爽快なのですが。 明快な結末が用意されてなかったことが、ちょっと残念。でも、私の希望する...
8. ゴールデンスランバー / 伊坂 幸太郎 (新潮社)  [ ひとり読書会 ]   2009年10月24日 21:52
読み終わった後、 『2008年本屋大賞第1位!』 という巻末の表紙裏に貼りつけられた(図書館本ですので)帯が目に止まり、 「ほほう」とニヤリとしました。 「本屋大賞第1位ですよ」 「みんなが面白い!と絶賛する伊坂幸太郎氏の本ですよ」 さて、お前はどう思う。 ...
7. ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎 新潮社  [ おいしい本箱Diary ]   2009年10月24日 21:33
伊坂氏の久々の長編。物語を読む楽しみ、 たっぷり体感させて頂きました。力作です。 面白かった・・。ずっとドキドキしながら 読んでおりました。時々頁から目をあげると、 うちの猫が気持ちよさげに昼寝しておりまして。 どっぷりこの物語の緊張感にはまっていると...
6. 「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎  [ うらひろ ]   2009年10月24日 18:57
「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎(新潮社) 首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳。果たして彼は逃げ切れるのか。そして彼のかつての恋人や友人たち、彼がすれ違う人々・・・様々な記憶や出来事が交錯する、まさに伊坂ワールド。 久しぶりの伊坂さん最新刊・....
5. 伏線に潜む情感  [ 活字の砂漠で溺れたい ]   2009年10月24日 18:57
伊坂幸太郎 現時点での集大成。 この本の帯には、そう銘打たれていた。 多くの場合、本の帯に添えられた台詞は信用ならない。 しかし伊坂幸太郎氏 「ゴールデンスランバー」の場合は、そうではなかった。 まさに現時点での集大成、 ある時は青春の輝きを描いていたり、 あ....
4. 「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎  [ ナナメモ ]   2009年10月24日 18:43
ゴールデンスランバー 伊坂 幸太郎 JUGEMテーマ:読書 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲し...
3. ゴールデンスランバー  伊坂幸太郎  [ 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) ]   2009年10月24日 18:29
ゴールデンスランバー/伊坂 幸太郎 伊坂幸太郎 新潮社 2007 STORY: 仙台で起こった首相暗殺事件。その犯人に仕立て上げられた青柳雅春は、警察から逃げまくるが…。 感想:  首相の暗殺事件が起こり、なぜか自分が犯人に仕立て上げられる。身に覚えがない...
2. ゴールデン・スランバー*伊坂幸太郎  [ +++ こんな一冊 +++ ]   2009年10月24日 16:52
ゴールデンスランバー(2007/11/29)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドヮ..
1. 本「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎  [ 日々のつぶやき ]   2009年10月24日 16:27
『首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、巨大な陰謀から逃げ切ることができるのか?』 ??二年ぶり、千枚の書き下ろしは、直球勝負の娯楽大作!  冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力・・・・、   すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成。?? 「金...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字