2010年08月29日

死神の精度<伊坂幸太郎>−本:2010-31−

死神の精度
死神の精度
クチコミを見る


# 出版社: 文藝春秋 (2005/6/28)
# ISBN-10: 4163239804

評価:80点

5年も前の小説とは知らなかった。

しかもラジオドラマ化、映画化(金城武主演)、舞台化までされているなんて。
確かに完ぺきに出来上がった、洗練された構成。
死神と人間の関係という、これまで語りつくされてきたような陳腐な設定を、コミカルさと深刻さをうまく混ぜあわせて絶妙に処理している。
ミュージックが好きで(ジャンルに強いこだわりはないようだ)、人間界への知識(言葉の意味など)が多少不自由で、味や痛みは感じない。眠ることもない死神。
彼らの仕事は担当の人間と接触し、その人物が死に値するかどうかを確認すること。「可」という判断をすれば、8日後にその人物は事故等のアクシデントで死んでしまうのだ。
病死等の「寿命」は死神と関係ない。死神の仕事は「突発的な事故」だけ。としたことだけで、読者の死神への嫌悪感はずいぶんと薄れてしまう。そのうえ、妙に親近感のわくセリフなどが繰り返されるので、基本的にこの小説で死神を嫌いになる人はいないだろう。

6つの短編が収められているが、やくざの話であったり、恋愛小説で会ったり、雪の山荘密室殺人事件であったり、バラエティにも富んでいて読みやすい。
一番好きなのは最後の老女の散髪屋か。
やくざの話もよかったけど。

Comments(1)TrackBack(10)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

10. 『死神の精度』伊坂幸太郎  [ ひなたでゆるり ]   2010年09月24日 01:21
死神の精度 伊坂幸太郎/文藝春秋 俺が仕事をするといつも降るんだ クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語今回は雨男で音楽好きな死神が主人公。彼らの仕事は死を目前にした人間の調査に当たり、その人間が死を実行するのに適しているかどうかを判断し報告する...
9. 『死神の精度』伊坂幸太郎  [ ひなたでゆるり ]   2010年09月24日 01:21
死神の精度 伊坂幸太郎/文藝春秋 俺が仕事をするといつも降るんだ クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語今回は雨男で音楽好きな死神が主人公。彼らの仕事は死を目前にした人間の調査に当たり、その人間が死を実行するのに適しているかどうかを判断し報告する...
8. 「死神の精度」伊坂幸太郎  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2010年08月31日 22:59
死神の精度 (文春文庫 (い70-1))(2008/02/08)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 私は、人間の死についてさほど興味がない。人の死には意味がなく、価値もな??.
7. 「死神の精度」伊坂幸太郎  [ ナナメモ ]   2010年08月30日 21:44
死神の精度 主人公は死神。情報部から与えられた名前は「千葉」。7日間対象となる人を観察し「可」もしくは「見送り」を報告する。「可」と判断された人は8日目に亡くなる。 死神の「千葉」が担当する6人のお話。基本は行動をともにして、話を聞き、そして決断...
6. 死神の精度(伊坂幸太郎)  [ Bookworm ]   2010年08月30日 12:44
「死神」を主人公にした短編連作集。 ”死”を扱うお話なんだけど、そこまで暗く救いようのなさというのは感じられなかったなぁ。人間臭さというか、そういう俗世間的なものはあまり感じず、上品で洗練されたという印象を受けました。もちろん、内容的にはモロ人間臭いんだ...
5. (書評)死神の精度  [ 新・たこの感想文 ]   2010年08月30日 12:20
著者:伊坂幸太郎 死神の精度 (文春文庫 (い70-1))(2008/02/08)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 死神の特徴。苗字が地名で、音楽が大好き。素手で人間??.
4. 伊坂幸太郎『死神の精度』  ★★★★☆  [ book diary ]   2010年08月30日 00:47
死神の精度 伊坂 幸太郎  私が好きな伊坂の甘さがところどころに効いてて、皆さん仰られるように盛り上がりには欠けるものの、その淡々とした雰囲気やら、いつもながらの軽妙な会話やら、音楽への愛情やら……総括としては好きだなあ、ってことです。私、伊坂が好き(笑...
3. 『死神の精度』/伊坂幸太郎 ◎  [ 蒼のほとりで書に溺れ。 ]   2010年08月29日 21:43
感情もなければ痛覚もない死神が唯一つ、現世で愛するものは「ミュージック」である。死神は、仕事の現場(人間界)に出ると仕事の合間を縫って、CDショップで音楽を視聴する。 死神は、寿命でない死を迎える人間を査定して、その人物の死の可否を担当部署に報告し、その死...
2. 「死神の精度」 伊坂幸太郎  [ コンパス・ローズ  compass rose ]   2010年08月29日 20:12
CDショップの片隅で、熱心に“ミュージック”の試聴をしている人がいたら、それはもしかすると千葉さんかもしれない。千葉さん。ごくごくありふれた苗字を持つ彼は、調査対象の生死に対して、「可」あるいは「見送り」の報告をするためにこの世に派遣された死神なのだった。...
1. 「死神の精度」伊坂幸太郎  [ 日だまりで読書 ]   2010年08月29日 18:18
作者の、どこか乾いた文体にマッチした作品だったと思います。 ★★★★☆ 死神、千葉(仮名)は調査部所属。担当の人間の死が「可」か「...

この記事へのコメント

1. Posted by ��宴�帥����   2013年08月18日 14:03
2 ��障����������違�若�c�☁����倶ィ������劫����<�潟�����(�����違�紙�鞘��J)��������勤��篋���勖��������蕭����������������~. ��������������潟�<�潟�������������ゃ����勉�蚊�帥�勉����潟�祉�若�潟�<�潟����違�c�����. ��<����c����с����劫�ゃ�������������勉�ŝ�����������bad��若�����

コメントする

名前
URL
 
  絵文字