2011年09月04日

ブルーゴールド<真保裕一>

ブルー・ゴールド
ブルー・ゴールド
クチコミを見る


出版社: 朝日新聞出版 (2010/9/7)
ISBN-10: 402250787X
発売日: 2010/9/7

内容紹介
零細コンサルタント会社へ左遷させられた薮内之宏は、業界でも悪名高い社長の伊比大介と共に、長野県の酒造メーカーを大胆な手法で手に入れる。だが2千億円の巨大取引成立寸前に横やりが入った。その所有地の土壌汚染がテレビで告発されたのだ。一体誰が何のために!? やがて予想もしなかった巨大企業が薮内たちの前に立ちはだかる! 息を呑む頭脳戦&どんでん返しの連続――まさに第一級の謎解きエンターテインメント!

****************************************

序盤から圧倒的なスピード感で読者を引きずりこんでいくのは見事。
主人公は入社4年目とはとても思えない逞しさと切れる頭を持ち、彼の出向先の社長は違法行為スレスレのやり取りを繰り返しながら平気な顔でズンズン進んでいく破天荒なオッサンという設定。
小説にありがちと言えばありがちなキャラなんだが、読者が肩入れしたくなるようなコネタもきちんと挟みながら、魅力的な主役になっている。
商社と地元企業と地方自治体と国が、入り乱れて激しく殴り合い、少しづつ謎が解き明かされながらいよいよクライマックスへ・・・。
だが、最後がなんとも小さい話になってしまって、かなりがっくりだ。
「水」をめぐる世界規模の大きな話が、個人の怨念にすり替わってしまうと言うのはどうなのか。
変に人情味を加えてまとめようとしたのがよくないのではないか。
最後までエンタメで突っ走ればよかったのに。

著者のインタビューを読むと、どうもあのエンディングが最初に頭にあって、そこを際立たせるために前半−中盤の伏線等を丁寧に書きこんだらしい。
読ませたいと著者が思うところが全く面白くなく、つかみで書いた序盤から中盤の方が圧倒的に魅力的だというのは、なんとも皮肉なもんだなあ。


Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by �����㋘�激�   2013年08月18日 14:03
2 melocoton������ ��i�壔�㋘�������������壩��篏�2篋阪�������������c����勉�с�����緇���勖�ャ�壔�i�壔�㋘��������蕋���鴻�����������������������羆冴����⓾�障�����. �����帥�������������激����☗�冴����ŝ�c�⓾����障����������������c�宴�����筝���i�壔�㋘����������ч����鴻����勉��筝���ŝ�с��������. ��с�������˨��ŝ�若��蕭����������������篁c�����������綺⓾�̥Щ�����������勉����ŝ����ŝ��������(膃�) ������絎吟�勐��筝���i�壔�㋘�����������6篋榊����ŝ�勉�с�������ゃ��4篋阪����勉�鴻����若�鴻��篏帥�c�⓾����ゃ����������ч����鴻�⓾�障��. �����i�若�勉��筝私査�����c�������吾�c�㋘�ゃ��10������������蕋���鴻�������<�����������(膃�) ��������c�虁卸��c�〠��莇潟�������帥�ゃ����ŝ�勉�с��������篁ヤ����障����活�������⓾�障�����(羆�)

コメントする

名前
 
  絵文字