2011年09月10日

キミは知らない<大崎梢>

キミは知らない
キミは知らない
クチコミを見る


出版社: 幻冬舎 (2011/05)
ISBN-10: 4344019881

内容(「BOOK」データベースより)
先生、本当のことを教えて。何で私の前に現れたの?研究者だった亡父の手帳を渡した直後、突然姿を消した先生。ほのかに想いを寄せていた高校2年の悠奈はたまらず後を追う。ところが再会したのは穏やかな先生とは別人のような鋭い眼差しの男。さらに悠奈の前に、「お迎えにあがりました」と謎の男たちが現れて―。

*********************

主人公の行動を冷静に振り返ると、思慮にかけていてムチャクチャなのだが、あまりにもいきいきと動き回るものだから、違和感も少なく、自然と物語に引き込まれてしまう。
もともと登場人物のキャラ付けは上手な人だけれど、この小説では特にいろんな設定がピタっとはまっている。
さらに、青春小説だと思って読んでいたら、思いのほか本格的なミステリになっていることにも驚かされた。
なかなか話がつながってこないのと、敵味方が二転三転するので読みだすとやめられない、風呂で読み始めると危険です。

Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字