20161120_イヤホン


こんにちは、毎日の通勤、週末のランニングにイヤホン使い倒してる、でくのボウズです。

ここ数年でイヤホンを有線→ワイヤレス→有線→ワイヤレスと乗り換えまくっています。

で、総合的に見てやっぱワイヤレスが自分にはあってるな、ということでこの数年使い倒してきた中で気付いたワイヤレスを良さについてまとめてみました。

1.拘束感ゼロ

有線だとよくある、ケーブルがどこかにひっかかって首がクイッともっていかれるようなあの不快感がワイヤレスだと無縁だということ。夏場は移動中なんだかケーブルがまとわりついてただでさえ暑くて不快なのに、その不快感を倍増させます。冬場は寒いので厚手の衣類を着るわけですが、有線だとケーブルが絡みやすいこと!更にマスクする日も出てくると思いますが、これがまた面倒。順番を考えないといけないんですよね。イヤホン装着が先かマスクが先か。よく考えてやらないとケーブルが絡まっちゃう。ワイヤレスだとそんなことは一切考えなくてよい!ストレスフリーです。

2.有線に比べ音質はそこまで劣化しない

ワイヤレスはBluetoothなのでデータを圧縮、つまりおおざっぱにいえば、元の曲からいくらか音を間引いてイヤホンに通信されるわけですから、有線よりは音質は落ちます。ただ、Bluetooth技術は日々進化していて、もはやさほど音の劣化を感じさせないほど音質は上がっています。音楽関係の仕事をしていたり、「ハイレゾでないと音楽でない!」というようなこだわりがないのであれば、それなりの値段のワイヤレスイヤホンであれば十分音楽を楽しめるようになってきています。

3.比較にならないほどの携帯性

有線ケーブルってポケットにいれてると、ほぼ100%絡まります。なんなんでしょう。ほんの数分ポケットに入れてるだけなのに次使うときにはもうごちゃごちゃになってて、まずほどくところから始めないといけない。私の使っているやつはワイヤレスといっても左右のイヤホンをつなぐ分だけケーブルはありますが、この程度のケーブルなら問題ありません。絡まっても一瞬でほどけますので、ストレスフリーです。

4.ワイヤレスでもいいものが安く手に入る時代

ほんの数年前ってまだワイヤレスイヤホンてそんな選択肢がありませんでした。普及していない→売れない→予算かけずに作る→売れない→普及しない→。。。といった循環だったと思います。なので、ものもあまりいいのがなくて、音もピコピコファミコンみたいな音しかならない感じだったので、とても音楽を楽しむという感じではありませんでした。それが最近は数千円出せばそこそこ、1万出せば有線と遜色ないくらいの音質で音楽を楽しめるようになってきてます。



いかがでしょうか。あくまで主観ですが、ただ家電量販店で試聴を数分するだけではわからない、数年使ってみて見えてきた率直な感想になります。何かの参考にしていただければ幸いです。

ちなみに今、主にランニング用に使っているのが以下です。圧巻のboseサウンドです。やはり自分はbose好きなんだと思います。。

 

主に通勤用に使っているのが以下です。コスパが最高ということで試しに買ってみたのですが、十分です。ほんとワイヤレスの技術の進化を実感しました。



最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければSNSシェアいただけると歓喜します。