2005年10月04日

和民逝ってよし

d7df90b0.jpg彼岸も過ぎ秋刀魚を始め味覚の秋となってきたが、先日、渋谷の和民で『秋刀魚フェア』なるものメニューに発見。今年は脂ののった秋刀魚が豊漁とか、目ざとく早速オーダー。
秋刀魚にぎり鮨と塩焼き。
もう、考えただけでも口のなかに唾液が溜まってしまう。
出てきたものがこれ…
幼児のおママごとならいざ知らず、どうやって握ったらこうなるか?のにぎり鮨と、秋刀魚の焼死体(;-_-+
これでお代は頂戴いたしますってんだから、即逝ってよし!  
Posted by del_piero_10 at 02:48Comments(1)TrackBack(0)

2005年09月20日

後の祭り

自民党が大勝して、大量の有象無象の輩が議員バッチを付ける事となった。
わけのわからん弱冠26才のお兄ちゃんまで代議士だ。

  
Posted by del_piero_10 at 22:55Comments(0)TrackBack(0)

後の祭り

自民党が大勝して、大量の有象無象の輩が議員バッチを付ける事となった。
わけのわからん弱冠26才のお兄ちゃんまで代議士だ。
料亭にイケるだの、新幹線がタダだの他愛もない…わけないだろう。
これは棚ボタも度を超えている。過去にイタリア国会議員に当選したポルノ女優チョッチョリーナの方がよっぽどポリシーがあった。
こんな議員のいる自民党と広域宗教団体の下部組織公明党に国家権力を与えてしまったとは、日本よ、どこへ行く…

  
Posted by del_piero_10 at 00:22Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月16日

梅雨明け

何だか更新が滞ってしまったが、なぜなら、最近面白そうな話題がない。 西日本や大陸では大雨で相当な被害だったようだ。 ま、降らなかったらそれはそれで干上がってしまい大変なことなのだが、お天道様はそんなに甘くはないということか。 天候不順による米価の上昇はともかく、ガソリンの値上がりは腹が立つ。主に中共やインドでの需要増が原因らしいが、中共などチャリンコにでも乗っていれば用が足りるのだから、見栄を張ってクルマなどに乗らなければよい。俄か大国ではあるが所詮民度の低い2級国家である。   
Posted by del_piero_10 at 19:31Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月10日

運転代行

最近運転代行が増えたような気がする。取引先のある赤坂近辺にもできたようだ。この運転代行、当初は白タク擬いのべらぼうに高い法外な料金をむしり取る悪質な業者、って言うかマル暴関係が多かったようだ。近ごろは明朗会計の業者もいる   
Posted by del_piero_10 at 19:14Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月25日

最近レンタルしたお薦めの映画

最近レンタルしたDVDでお薦めの映画。 『誰も知らない』 http://www.kore-eda.com/daremoshiranai/ 監督:是枝裕和 主演:柳楽優弥 カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞 141分 ストーリー:1988年東京で実際に起きた巣鴨子供置き去り事件→http://ifinder.jugem.cc/?eid=190をモチーフにした作品。非嫡子の四人兄弟が母親に置き去りにされ乍も、弟妹の世話を任された長男が、母親の言い付けどおり世間から隠れなんとか生きようとする。しかし、愛人と駈け落ちした母親からの仕送りも尽き、電気ガス水道を止められる。生きるために兄弟は外へ出てコンビニで賞味期限切れのオニギリを貰い公園で洗濯、用足しをする。だが、やがて限界となり、長男が外出し飛び入りで野球試合をしているあいだ、衰弱していた末の妹が椅子から転倒し危篤に、帰宅して僅かな十円玉で母親へ公衆電話するも時間切れで連絡できず長男は為す術もなくなる。翌日、母親からの最後の仕送りが届いたときには妹は冷たくなっていた。そして、知り合ったイジメによる不登校の友人と、妹の亡骸を大好物だったアポロチョコレートとともにトランクに隠し、羽田空港間近に埋葬した。 正直、楽しくもなく、かといって悲しくもない、だが最後まで視入ってしまう。経済大国日本の都会の片隅でこんなことがあったのか、大人のエゴでこんなこと許されるのか、ゴンチチの奏でる音とともに痛々しくも気丈に生きる子供たちの姿に感動した。   
Posted by del_piero_10 at 05:48Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月04日

CoolBizって

省エネルック、カジュアルデー、CoolBiz(今年)と、ナゼ日本人は思い出したようにこういうキャンペーンを思いつくのか? 個人的には賛成だが、果たして、何時になったら浸透し根付くのだろうか。 世のネクタイ族、とりわけある程度の社会的地位がある人は、そのスタイルにステータスを感じると云う。 ブランドも様々、パッと見では分からないが、ピンキリ。くそガキが履いているヨレヨレのジーンズの方が高価だったりするときもある。すでにスタイルそのものにステータス性は見いだせないはずだ。 にもかかわらず、スーツに固執するのはなぜか? 日本人は制服好きであり管理されるのが好きである。幼い頃から名門の制服をステータスとして身に纏い育った者もいる。また、それらにあやかってか、好き好んで様々な亜流のデザインの制服を身に纏いたがり、満足感を得る。目立つための個性を論じながら、一方で目立たないようにしたいと思っている。この辺り、何か関連があるような気がする。   
Posted by del_piero_10 at 19:38Comments(0)TrackBack(0)

お薦めの映画

最近レンタルしたDVDでお薦めの映画。 『血と骨』 監督:崔洋一 主演:ビートたけし 145分 ストーリー、日本統治時代、同化政策によって【自主的に】渡日した朝鮮人の壮絶な生きざまを戦前から現代までリアルに描いている。言葉では表しにくい逆ギレの火病状態、悪業の限りを尽くした戦後の在日朝鮮人について、正確な時代考証とともに伝えてくれる優れた作品である。 全体を通して薄暗いシーンが多いので、部屋を暗くしての鑑賞を勧める。 大阪を舞台にしているが、日本の某広域宗教団体名誉会長の父親がモデルではないかとの噂もある   
Posted by del_piero_10 at 17:34Comments(0)TrackBack(0)

オイオイ(;^_^) /

朝鮮人の思考回路ってどうなっているのか? 人類最初のロケット打ち上げは紀元前の朝鮮人に依るものだそうだ→http://micro2.asahi.com/i/news/TKY200506020292.php3 ロケットチョセョー! ま、阿呆らしくてさらさら否定する気も無いし、歴史の捏造を遥かに超えて、キレのないギャグである。エープリルフールに云わなかったのも、いかにも朝鮮人らしくて笑える。 だが、笑えないのは先日報道の韓国による絶えない領海侵犯である。主に穴子を密漁しているようだが、韓国本国での流通消費は殆ど無く、その9割を超える消費地は日本。年間6千屯余りを我が国が輸入している。 他人の土地から盗んだものを平気で持ち主に売り付けているのと同じではないか? 国際法などどこ吹く風、領海侵犯&泥棒をしておいて、海上保安官に暴行されたなどと、相変わらず火病って喚き散らしている様はただ呆れるばかりだが、いい加減付き合っていられないのでこの際、密漁船の臨検などの手間を掛けず、北朝鮮工作船と同じ扱いで停船命令後、即刻艦砲射撃により沈めてしまえば良い。 日本人は目覚めるべきだ。今までもこれからも彼らは『話し合い』できる相手ではない、泥棒国家である。   
Posted by del_piero_10 at 16:09Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月24日

カグーが気になる

最近、殺伐としたニュースが多い中、レッサーパンダの仁王立ちが話題となっているようだ。 単純だが、愛想も無くゴロゴロしているだけだったタマちゃんよりはマシか? 外国のメディアでも紹介されたらしいが、たしかにレッサーパンダは個体数が少ない希少動物でワシントン条約でも保護され世界中でも珍しいのに、それが芸達者であるというのはさらに希少であると言える。 ワシントン条約と言えば、先日、横浜市立野毛山動物園へ行ったとき、とても気になる鳥がいた。 その名は『カグー』ニューカレドニアの国鳥で、同じく希少種である。 少し調べたら、この鳥の珍しさは、レッサーパンダの比ではない。 我が国では、上野と横浜以外では拝む事ができない、超希少種であろう。 http://www.newcaledonia.jp/profile/nature/cagou/cagou.htm なぜ気になるかと。その動きである。 一見賢そうな彼らは、常に地べたを歩きながら時折パントマイムのように『止まる』。 他の動物でも警戒しているときなど同様の行動となるのは百も承知だが、面白いのはその体勢。 人間に例えれば、「だるまさんが転んだ」で『止まっている』状態に近い。 そして止まっている状態でもその羽、形も視れば視るほど美しい。 野毛山ではチビッコに人気のペンギンの陰で、分かりにくい場所に展示してあるが、時間に余裕のあるときはゆっくり視てみるといい。 そしてカグーが欲しくなった今日この頃、ま、野毛山は無料だし、また観に行こう。 http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/dousyoku/center/animals/kagu.html 日ノ出町駅(京急本線)  
Posted by del_piero_10 at 13:10Comments(3)TrackBack(6)

2005年05月18日

強制連行?

やはり最近の韓国は理解できない。阪神淡路大震災のときは『天罰だ』などと罵っていた筈だが、当たり前とはいえ、今回のJR西日本福知山線脱線事故に関しては中共と申し合わせたかのように間髪を空けず哀悼の意だそうだ。 自らが空回りし始めて(国際社会から白い目で視られて)いる事に少しは気づいたのか? だいたい、第二次大戦の戦争当事国でもない韓国がロシアの戦勝記念行事に出席する意味が分からない。後でコラージュ(捏造)するためのネタ写真を撮りたかっただけなのだろうか?(爆) 戦時中の朝鮮人強制徴用については本書がとても判り易い→http://www.bunshun.co.jp/yonda/zainichi/zainichi.htm  
Posted by del_piero_10 at 16:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月11日

ラーメン考

行列のできるラーメン。ラーメン日本一対決番組。まあ、糞暑い日に他愛も無く楽しんで並んだり、勝手にTV観て盛り上がったりしているので、とやかく言うつもりは無いが、「なぜ?」である。 なぜ、たかがラーメンのためにそこまでするか?安いとか店員がカワイイとかであればまだしも、一杯1000円以上に交通費を費やしてまでに至っては、理解できない。 ある人は行列は「認知的不協和」だとか「集団ヒステリー」などと、その行動を評しているようだ。 かく言う自分もラーメンは大好物だが、並ぶ気はさらさらない。なぜならば、頻繁にTV登場し、有名人が現れ、常に行列と言われる店にたまたま空いていたので試してみた事があるが、半分も食べる事ができず(この味どうなの?)むなしく引き上げ、べつの近所の普通の中華料理屋でラーメンを食べ直しした事がある。それは一度きりではない。 暑さ寒さと同じく、味覚は極めて主観的なものであると考える。一人ひとり違っていて当然なものであって、それでこそ嗜好と言えるだろう。   
Posted by del_piero_10 at 02:50Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月06日

瓩(キログラム)

重さとは何なのだろう?重力があるから感じられる物だとばかり思っていた。 世界中に幾つか存在する1キログラムの基準となる、白金イリジウム合金の塊の重さが、最近ばらつきが出てきているらしい。他国で手に入れた金塊の重さが本国で計ったら差がでてしまう、これは大変だ。と言うわけで、このほど普遍定数を基にして決めるべきだとのこと。引用→http://hotwired.goo.ne.jp/i/news/20050506307.html ウーン、難しくて分からん(@_@;)とはいうものの、目に見えないもので基準を決められるのは、個人的には抵抗がある。天秤も可哀想だ。ま、今まで100グラム500円の牛肉が101グラムに実質増量されるのであれば納得せざるを得ないか?   
Posted by del_piero_10 at 22:53Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月28日

汽車のカレー

東急東横線祐天寺駅前にカレー専門店『ナイアガラ』がある。 駅から徒歩1分。店先に本物の踏み切り点滅灯があるので迷うことはない。 創業40年以上。この街の人は誰でも知ってる、子供の頃と変らない店内は、国鉄時代の懐かしい鉄道関連のジャンクグッズ(椅子や灰皿も本物)と、有名人や歴代駅長のサインが所狭しと飾られており、鉄道マニアには垂涎の店だ。マニアで無くても何となく旅したような気分になる。 ココの最も面白いのは、飲み物から何もかもテーブル席沿いの軌道を可愛らしい模型のSLが配膳してくれる事だ。小さい子供連れには楽しいお店と言えるだろう。オトナにとっては、激辛もあるが、個人的にはあまりお薦めできない。 また、かなり年季が入っているが、記念撮影に乗務員や駅務員の帽子も貸してくれる。 画像、動画はこちら→http://j.pic.to/df21   
Posted by del_piero_10 at 09:56Comments(0)TrackBack(0)

文房具など

200504280939000.jpgナゼか今年は、普段愛用しているものが調子悪くなる年だ。 G-SHOCKの浸水破壊に続き、多機能ペンも調子が悪くなった。三菱鉛筆製(UNI)ClipTurn、税込840円也。0.5?シャープ+黒+赤ボールペンの回転切り替え式。軸長145?、最大径20?Φでかなりゴツイが存在感はある。故に共有端末コーナーで他人に持ち去られることがなくなった(その心理が判らないでもないが)。安物のペンを何本も持ち去られるよりも経済的でもある。 この(UNI)ClipTurn、少し嵩張るもののホールドも良く、半年ほど使い込んでいるのだが、軸を捩る回転式の切り替えが滑らかでなくなった。と言うより、芯が出てこないし、一旦どれかを出すと他が出てこなくなる。突然なので原因は判らないが、非常に不便だ。 消耗品とはいえ、初めの印象が良かっただけに、残念!リコールするぞ。修理してくれるのか? 紹介サイト→http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/11828.html三菱鉛筆公式サイト(PC推奨)→http://www.mpuni.co.jp/product/ball_pen/clipturn/  
Posted by del_piero_10 at 09:43Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月26日

新人研修

今月末まで新人研修のアシストをしている。 敬関連会社なのだが、落ち着きのない若者かと思いきや、揃って高学歴(学部、院卒)なので皆落ち着いている感じがする。全員理系で理解が早くアタマはかなり良い。 『ソフトウェア技術者養成』と題して、ある大学の研究室とタイアップして、博士課程の講師が研究室独自のカリキュラムで教えているのだが、内容がどうも現場感覚からは程遠く、違和感を感じる。 ひどい言い方をすれば『セミナーごっこ』一人一台のPCと今時のパワポを駆使した講義ではあるが、博士くん以下、業務経歴が殆ど無いようで、何度となく新人が行き詰まったときの指導方法に?マークがついてしまう。彼らはアルバイト感覚で自らの研究データとして蓄積し、ダメだったら後でやり方を変えればいい程度に思っているのだろうが、新人や会社にとっては堪らない。この研修が終わったあと、このまま配属しても大丈夫なんだろうか?少し可哀想な気がする。 この内容で結構な¥貰えるのであれば、イイ商売である。検討の余地アリ   
Posted by del_piero_10 at 11:00Comments(0)TrackBack(0)

衆口、金を鑠す

中共の偏向反日愛国教育の申し子を中心とした、相も変らない支那人の衆愚デモはやや下火になりつつあるようだが、小泉首相のあのおよび腰な姿勢は一体何なんだか? 文盲率が高く、現代的民度の低い支那人の強請り嚇しに請け合うのなどとは靖国の英霊に対して許しがたい不敬だ。もはや小泉は詣でる資格はない。 日本政府の対応も??だ。戦後ヨーロッパのように、歴史の認識の違いは当事者双方で共同検証した上でそれぞれの是非を結論づけなければ一向に埒が明かない。 とは言うものの、支那や朝鮮は共同検証で真実が明らかになると相当都合が悪くなるので、そんな話には乗って来ないだろうが、正にそのことを世界へアナウンスし、日本の統治の正当性、支那や朝鮮の根も葉もない讒説、捏造、プロパガンダをアピールするべきだろう。まさか、三国人といえども欧米の歴史研究者、当時の報道記事まで日本の捏造だとは言えまい(爆) ワシントンポスト紙のコラム(PC推奨)→http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A61708-2005Apr17.html  このあたり、日本のマスコミも腫物に触るように意気地が無い。新聞などさっさとペーパーレス化して廃止、某広域宗教団体の影響を排除するなどして真実を広めることに注力出来ないものか?   
Posted by del_piero_10 at 07:16Comments(0)TrackBack(1)

2005年04月10日

不買運動?

連日飽きもせず『旗焼き』『人形焼き』『教科書焼き』の三点セットで相変わらず支那猿どもが暴徒と化しているようだ。その理由も相変わらずで進歩が無い。教科書検定など日本の国内問題であり内政干渉も甚だしい。歴史の捏造もお互い様だ。竹島、尖閣諸島など本来日本の領土であり何ら争いゴトとは無縁だったのだが、国際法でEEZ(排他的経済水域)が規定されたとたん、領有主張し始めるなど韓国同様白痴丸出し。戦後中共の国民洗脳教育のなんとも素晴らしい成果ではないか! 不買運動上等。結果、己の職場、仕事を失うだけ。中共以前の芸術・文化が素晴らしいだけに残念だが、大使館の襲撃などカントリーリスクが高く、民度の低い独裁中共へは、資本も邦人も総引き上げ、ODA即時中止、不法入国滞在支那人確保強制退去させてしまえば良いと思う。 それにしても、動員一万人程度か、中共の全人口割合からすれば、微々たる数。中継されたデモ隊は中共の『アゴ、アシ付き』の日雇いエキストラであることを願う(爆)   
Posted by del_piero_10 at 00:25Comments(0)TrackBack(3)

2005年04月04日

とんかつ

地元ネタなんだが、今日もトンカツ専門『喝』へ。ココのトンカツ定食そのものも美味しいが、カツカレーがまた良い。カツ煮のような柳川鍋でグラグラの熱々のが出てくる。食べ終わるまで冷める事はない。おかわり自由のご飯は椀で。 三軒茶屋界隈のトンカツ専門店、知る範囲で7〜8軒(もっと多いのかな?)の中では、縁もゆかりも無いがココが一押しである。 近くの世田谷通り沿いに、チェーン店でカウンター席のみの割と流行っているトンカツ屋が在るが、あの衣ではチョット…ま、好き好きなので否定はしない。 ◆場所は東京三菱銀行とドンキ(ピカソ)の間の飲み屋街、アド街っく天国で紹介常連の飲み屋『赤鬼』の近く   
Posted by del_piero_10 at 01:52Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月03日

合掌

POPE(ポープ)こと、ローマ法王ヨハネ・パウロ鏡い天寿を全うされて、逝去された。生前の偉業を讃え、謹んで御冥福をお祈りします。1981年の冬、被爆地広島の平和記念公園でたどたどしい日本語で訴えた『平和アピール』が脳裏に甦る。カトリック信者ではないが、こういう状況に於いて相変わらず白痴番組を垂れ流しているTV各局には正直閉口する。『他人の家へ土足で上がる』などと、よく言えたものだ。『葬儀式場の隣で乱チキ騒ぎ』と言われても反論できまい。   
Posted by del_piero_10 at 16:11Comments(0)TrackBack(0)