July 15, 2016

素人経営の落とし穴

デリヘルを経営し生き残っていくために最低限必要なことは以下になります

1、写真に気を遣っている

2、徹底した無駄の削減

3、女の子教育

4、良い魅せ方(見せ方ではありません魅せ方です) 

当たり前と思っていても、潰れるお店のほとんどはやってるつもりになっているだけで実はやってないというお店がほとんどです。

自分がお客様の立場のときは上記の事に気を遣ってお店選びをするのに経営側になると出来なくなってしまうという不思議な現象に陥ります。




deli_open55 at 13:48|PermalinkComments(0)clip!

June 03, 2010

デリヘル起業の必須事項とは5

デリヘルをこれから開業しようとするには具体的に何が必要でしょうか?
今日は少し突っ込んだ現実的にしなくてはいけないことなどを書きたいと思います。

開業までに必要なことは大きく分けて以下になります

1、物件探し
2、商圏市場調査とコンセプト企画立案
3、HP制作
4、媒体選定(求人広告・営業広告)

ここから掘り下げていくとこうなります

◆物件探し
大家さんの承諾が取れる物件を探します。しかし、最近では足元を見られて家賃等を吹っかけられることも多々あることも否めません。

◎当社なら・・・
不動産担当の専門部署がありますので、相場からかけ離れた条件等を提示される心配はありません。また、まだ一般に出回ってない情報もキャッチできます。

◆商圏市場調査とコンセプト企画立案
開業予定の商圏はどうなっているのか、ジャンル・価格帯・主な営業媒体や求人媒体・HP・競合についてなど調べることが多々あります。
ここを見間違って流行ってる店がこうだから・・・などとするのは落とし穴に落ちる最も多いパターンです。

なぜなら、流行っている店は始めからそうだったわけではないということ、大手のデリヘル店が行うことと新規店が行うことは資本力や営業歴などから全く別物です。例えば若い子中心の大手デリヘルがあり流行っているからといって同じジャンルで勝負できるかと言うと無理です。

若い子で顔出しが出来て可愛い子は、常連さんもいない新規店には来ませんので求人費がとてつもない金額になりあっという間に資金ショートします。
では、新規店に適切な開業ジャンルは・・・

◎当社では・・・
物件が決まり商圏が決まると同時に、市場調査班が現地に赴き徹底調査をします。その上で最適と思われるジャンル・価格帯・店名などをご提案しております。

◆HP制作
デリヘルにとって集客媒体はHPしかありません。お客様はお店のHPからしか情報を得られませんので、コンセプトや料金・出勤などお客様が欲しい情報がわかりやすいHPにする必要があります。ただ、作ればいいという時代はとっくに終わってますので訴求力のあるわかりやすいHPが勝ち組デリヘルには必須となります。

◎当社では・・・
HP制作・完成後の管理などそれぞれ専門部署がありますので、スピーディーで確実なフォローが行えます。またデザインについても当社独自のノウハウを元に訴求力があり、尚且つリアルタイムに情報を配信できるサイト制作が可能です。

◆媒体選定
デリヘル経営において広告媒体の選定はもっとも気を遣う箇所です。なぜなら月間経費のほとんどが広告費だからです。

とは言っても、主要媒体が紙からネットに移行した今、星の数ほどある情報サイトや求人サイトの中で効果のあると言われているものを選ぶことは至難の技です。また、広告代理店の言われるがままに出していては無駄な経費ばかり掛かってしまいます。

また、流行っている店が出している広告と同じものを選ぶことも危険です。なぜなら同じネット広告サイトでもコンテンツ型とリンク型に分かれます。ここを間違えてしまうといくら出しても電話は鳴りませんので注意が必要です。

◎当社なら・・・
市場調査時にも同時に媒体調査も行いますが、新規店に最適な営業媒体・広告媒体をご提案いたします。また、広告の出し方や媒体内でのアピールの仕方などもご提案させていただいております。

また、これにより無駄な広告費を削減することが可能になります。


デリヘルを開業するまでには最低でも上記の内容は必須となります。
既に確立したノウハウをお持ちの方ならいざ知らず、これを全て一人で行うことは非常に困難ですよね。

また、めでたく開業した後には以下のことが更に必要になります

1、女性管理
2、スタッフ管理
3、HP更新業務
4、広告媒体調査
5、広告代理店との折衝

が必要になります。

デリヘルを出せば儲かる時代は終わってます

これからのデリヘルに必要なことは、

地道な努力と確かなノウハウ

さらに他店との差別化です

競合と同じ事を同じ値段で同じようなタイプの女性を使用しては生き残っていくことは難しい時代です。

また、どの業種もそうですが経営者は孤独なものです。
泣き言を言いたいときや愚痴をこぼしたいときもあると思います。

そんな時、我々は近くにいます
同じ目標を持った良きパートナーとして我々は存在します

デリヘル開業支援
 

deli_open55 at 16:03|Permalinkclip!

May 31, 2010

勝ち組デリヘルの経営術5

いよいよ夏商戦に向けてあわただしい時期がやってきました。

デリヘル業界にもSEOSEOと騒がれだしてもうしばらく経ちますが、
勘違いをしている人が多く、無駄な経費を掛けていませんか?

また、ただ単純に検索結果で上位にきたら電話が増えると思っていませんか?
 
大変危険な大きな間違いです
 
しかも、この話がPC版の事だと思った方はさらに危険です
 
以前も書きましたがPC版のSEOにお金を掛けるなら
 
1、写真にお金をかける
2、有効媒体に大きな枠で掲載する
こっちの方がよほど効果はあります。

理由は以前にも紹介しましたが、

PCサイトの訪問者の多くは

1、同業他店
2、広告代理店
3、利用したことがあるお客様
4、なんとなくネットサーフィンをしている人

が殆どです。
また、PCサイトの訪問者の殆どはフータウンのような風俗情報サイトからのアクセスが多いです。

逆にこれから利用しようとしている実客の多くはモバイルサイトから電話というパターンになります。

そのため、勝ち組デリヘルの多くでPCサイトのアクセス数とモバイルサイトのアクセス数の割合を比べるとおよそ7:3でモバイルサイトの方が圧倒的に多いです。
 
そこでデリヘルにおいてSEO対策をするならモバイルサイトとなるわけですが、

ここでまた問題があります。

検索結果での上位表示はもちろん大事ですが、これだけ競合が増えている今日お客様も目が肥えています。サイトの中身ももっと大事だと思いませんか?
 
なぜなら検索上位に来てアクセス数は伸びました
 

 
それだけでは肝心な電話は鳴りません
 
今年の主だったデリヘル店の傾向は
 
アクセス数は減ってるが客数はそれほど変わっていない
というところが多いようです
 
ということは・・・
 
1、滞在時間が短くなっている
2、色んなページを見ていない

元々デリヘルのホームページの場合、一般サイトと比べて滞在時間が短い傾向にあります。
 
よく言われるのは、訪問した瞬間の3秒〜5秒で第一印象を判断し次に進むか閉じるかが決められます。
 
ここで仮説です
 
もしも、滞在時間を延ばすことが出来たら・・・
 
もしも、すぐ閉じられないサイトにしたら・・・

どうでしょうか?
イメージ沸いてきたでしょうか・・・

2010年のデリヘル店のキーワードは
1、他店との差別化
2、サイトの滞在時間を延ばす
この2点に尽きます
 
逆に言えばどちらも出来ないお店は淘汰されていくと思います
自分がお客様だったら自分のお店を利用しますか?

・利用すると答えた方は、なぜですか?
・利用しないと答えた方は、なぜですか?

ここから自分のお店の良い箇所と悪い箇所があぶりだすことが出来ます
そして良い箇所をトコトン伸ばして追求していけば自分のお店でしか出来ないことがきっと見えてくると思います

そして先に書いた
【サイトの滞在時間を延ばす】
ためのコンテンツを追加し検索結果上位+αとなります

また、勝ち組といわれるデリヘル店にはある共通点があります

それは、
ホームページを見ていて楽しい
ということです
 
楽しいとは少し語弊があるかもしれませんが、

要は常に動いている感がある
ということです。

更新情報やスタッフブログ、女の子ブログ、トピックス、写真更新などどれも手抜きは一切無しで毎日こつこつ積み重ねています

そして表示するデザインも決して自己満足ではなく、

見る人・お客様の立場になってサイト構成をしています。
 
お客様が欲しい情報がすぐにわかるように導線引いてますか?
女の子ブログを始めたは良いけどきちんと更新されていますか?

お客様はホームページ内の情報でしかお店を判断できません
写真やプロフィールでしか女の子の判断ができません

お客様に優しいホームページ作りをしましょう

そしてそのノウハウは弊社にあります

そして勝ち組と呼ばれるデリヘル店に一緒に頑張って行けたら幸いです

縁の下の力持ちで弊社は存在しています


deli_open55 at 21:07|Permalinkclip!

February 22, 2010

デリヘル開業計画の落とし穴5

デリヘルの開業時にはどなたもある程度の資金計画を立てているかと思います。

事務所契約金
HP制作費
広告費
求人費・・・
などなど

最近、というか以前からネット上では「100万円でデリヘル開業!」のようなものが多数存在しますがハッキリ言います。

無理です!

いや、

正確には開業は出来ますが、経営は無理です

皆さんの目的はデリヘルを開業することではなく、経営することですよね

開業自体は事務所があって所轄署に届出を出せば開業は可能です。
これだけなら、100万どころか掛かる費用は事務所物件契約金だけですので、それ次第でいくらでも安く開業することは可能です。

しかし、デリヘルの経営はそれで終わりではありません

HPの制作も必要です
広告宣伝も必要です
求人費も必要です
待機場設備も必要です

そして一番重要な運転資金も必要です

よくある大きな間違いは運転資金部分の計画が甘すぎる方が非常に多いです。

事務所の契約が終わって所轄署より届出確認書が交付されるまで凡そ2週間かかります。

その後、HP本アップ・広告の出稿となりますがこの間は収入は営業を開始していないのでもちろんゼロです

しかし、その月の末には翌月の事務所家賃が発生します

そのためあくまで目安ですが最低1ヶ月間は空家賃が発生します

そしていよいよオープンとなります

が、

ここで落とし穴があります

毎月掛かるランニングコストとしては主に以下のものがあります

?事務所家賃
?光熱費
?通信費
?人件費
?宣伝広告費

これらは毎月どこから捻出しようと思っていますか?

売上げと思った方は非常に危険です

なぜなら、運営ノウハウ、広告選定、HPでの魅せ方も無く開業した場合、

初月から黒字を出すことはほぼ不可能といえます

はじめから顔出しの出来る可愛い子が数人確保、そのほかにも数人確保しているという状態なら可能かと思いますが、そのようなことは現実的に殆どないといても過言ではありません。

では、シュミレーションして見ましょう

分かりやすいように1本当たり20,000円で6:4で計算します
この場合、1本あたりのお店の収入は8000円です。
ランニングコストで毎月100万円掛かるとします
30日営業とします

そうすると

黒字にするには、1ヶ月125本・1日当たり約4〜5本必要です

1日4〜5本とるには出勤数は最低でも3人は必要です

1日3人出勤となると在籍数は8人は必要です

開業月に在籍8名は、正直そんなに非現実的な数字ではありませんが、問題は次です

デリヘルの営業は全て電話からはじまります
ノウハウも無く開業された場合も決定率(電話本数÷案内数)は凡そ2割くらいでしょうか

そうすると、1日4〜5本案内するのに必要な電話本数は20本です

ここが一番難しい箇所といえます

開業月に毎日コンスタントに20本電話を鳴らすにはやはりコツが必要になります。HPでの魅せ方や広告の出し方などなど・・・

逆に言えば、ノウハウを知っていれば決定率も上がりますので1日に必要な電話本数も減るため効率も上がりますし、無駄な広告にお金を使う必要も無いので経費も削減できます。

こういった現実的なことはどの本にも書いてありません

しかし、これが現実です

デリヘル開業には、きちんとしたノウハウ、訴求力のあるHP、資金計画、これらが揃って初めて成功へのスタート地点に立てるといっても過言ではありません。

弊社では、長く経営できるデリヘル店を作るということをモットーに開業のお手伝いをさせていただいております。

その代わり、弊社とお客様とはパートナーだと思っておりますので、時には厳しいことも言う時があります。

しかし、それが何年か後に笑い話になったら最高だと思っております

デリヘル開業支援





deli_open55 at 15:48|Permalinkclip!

February 17, 2010

デリヘル店にとっての商売

いよいよ2010年がスタートし2ヶ月が過ぎようとしております。

今日は趣向を変えて私が個人的に好きな言葉を書きたいと思います。

----------------------

商売はあきないという

それは、面白くてしかたがないから、あきないなのだ

いつもおもしろいから、笑顔がたえないから、

「笑売」となる

「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」

いつも活発だから、

「勝売」となる

あきない商売を、おもしろくないと思っているとすぐあきる

いつも不平不満や愚痴がでて、心が次第に傷ついて

「傷売」となってしまう

こんなお店には、そのうち誰もよりつかなくなり

「消売」となって消えてしまう


「笑売」をしているのか

「傷売」をしているのか

「勝売」をしているのか


----------------------

人は幸せだから、笑顔になるのではなく、
笑顔でいるから、幸せになるということだと思います。

そして笑顔でいれる環境や仲間をどれだけ多く作れるかが重要なのだと思います。

経営者は孤独なものです。

たまには心が傷つき「傷売」になりそうなこともあるでしょう。

そんな時は近くに私どもがいることを思い出してください。

良きパートナーとして、

同じ夢を持った仲間として、

そして縁の下の力持ちとして我々は近くにいます。

来年も引き続き、各デリヘル店様に

「勝売」「笑売」

をしていただけるよう微力ながらお手伝いが出来ればと思います。

そして、みんなで笑える1年になりますよう心より願っております。


デリヘルの開業支援



deli_open55 at 15:38|PermalinkComments(0)clip!

September 24, 2007

風俗営業可の物件情報5

この度、弊社では不動産会社との連携により今までお問い合わせの多かった風俗営業の可能な物件やデリヘルの開業には必要不可欠な大家さんの承諾が取れる物件の情報を公開する事になりました。

まずは以下のような物件になります。

赤坂駅4分 賃料92400円 ワンルームマンション
鶯谷駅1分 賃料84000円 ワンルームマンション
品川駅7分 賃料84000円 マンション内オフィスタイプ
新宿三丁目駅3分 賃料220500円 1LDKマンション
代々木駅5分 賃料136500円 ワンルームマンション
渋谷駅6分 賃料157500円 ワンルームマンション
高田馬場駅6分 賃料147000円 ワンルームマンション
麻布十番駅1分 賃料138000円 ワンルームマンション

こういった物件は早い者勝ちでドンドン決まっていってしまいます。

最近はデリヘルを開業するにも大家さんの承諾が取れる物件探しで躓いている方が多いようですので是非お力になれればと思います。

デリヘル(デリバリーヘル)開業支援と経営相談



deli_open55 at 15:29|PermalinkComments(0)clip!

November 27, 2006

デリヘル開業支援数限定のお知らせ5

来年初旬のデリヘル開店に向けての開業希望者殺到により、弊社では開業希望者へ充分なサポートを行うため、この度新規開業支援の数を限定させていただく事になりました。

12月度より新規開業支援数を1ヶ月3店舗様限定とさせて頂きます。

最近は弊社クライアント様の系列店オープンラッシュと新規店のオープンによりこのブログも久しぶりの更新となってしまいました。

弊社ではこの度WEB管理会社を吸収合併し、今まで一緒だったWEB製作部門とWEB管理部門を分割し、それぞれ独自の部門として行う事により、通常WEB製作会社様のホームページの更新が依頼から中1日から中2日という時間が掛かっていたものを大幅に短縮し、原則当日更新を可能にしました。

これにより、クライアント店舗様は月々の管理費(31500円)内でWEB担当者を雇用しているのと同じ状態で営業を行えるため、その浮いた人件費分で広告を出したりと各お店の運転資金に当てることが出来ます。

最近は店舗数も全国的に増え、広告媒体・求人媒体も星の数ほどあります。

出すべき広告も増えているのでWEB担当者を雇用し、人件費を払いながら更に広告費を掛けるのはもったいないと考えたためです。

コアコンピタンスやアウトソーシングという言葉が一時期流行りましたが、要はWEBなど専門的なことは専門家に任せて、オーナー様は経営に全力を注ぎましょうという事です。

何でも自分で行えれば費用もかからないので一番安くて良い方法ですが、人間の力には限界があります。しかも、能力が分担されるので必ずしも良い結果が出るとは限りません。

そのために弊社は存在しております。

オーナー様のやるべきことと、我々裏方がやるべきことは違います。

神輿でいえば、我々は担ぎ手です。

オーナー様がデリヘルの経営に全力を注ぎこめるように縁の下の力持ち。

弊社はそんな力持ちになりたいと考えております。

デリバリーヘルス開業支援とデリヘル経営相談


 



deli_open55 at 22:06|PermalinkComments(0)clip!開業への道 

November 08, 2006

デリヘル経営の命!

現在のデリヘルにおいてホームページがいかに重要かということは前にもお話しましたが、今日はもう少し突っ込んでみたいと思います。

現在デリヘルを経営されている方はホームページをどのようにお使いでしょうか?

一度作ったら後はほったらかしというお店をいまだに良く見かけます。

これではいけませんよね。

毎日何かしら情報を発信して動きのあるものにしなくてはいけません。

新着情報やスケジュールなどいじる箇所はいくらでもあります。

また、製作業者に管理も任せている方、

更新スピードはどのくらいで行ってくれてますか?

当日?中1日?1週間以上?

最近、弊社のグループ内の製作会社からの話ですと、違う業者から弊社グループの製作会社へ依頼を頂いたお客様から良く聞くのは、今の業者は依頼を出しても対応が遅いというものが殆どだそうです。

それではいけません。

女性の写真は看板と同じです。

更新されなくては、看板を出さずに商売をしているのと同じになってしまいます。

弊社ではお客様満足度の更なるアップのために先日WEB管理会社を吸収合併し、更新部門を新設致しました。

これにより、依頼を受けてから原則即日の更新作業が可能になると考えております。

ひいては、各店様に専任のWEB管理者を雇用しているのと同等のことが可能になり、今まで他の管理業者様をお使いで更新が遅いと嘆いている方にも、新しくデリヘルを開業される方にも満足のいくサービスを提供できるのではと思います。

ホームページがあればOKの時代はとっくに終わっています。

更新スピード・更新頻度・HPのデザイン・広告戦略・募集戦略などオーナー様が考えなくてはならないことが山ほどあります。

ほんの少しでもお力になれれば幸いです。

デリバリーヘルス開業支援とデリヘル経営相談



deli_open55 at 21:11|PermalinkComments(0)clip!開業への道 

October 05, 2006

デリヘルの経営で大切な事5

今日は出来そうで出来ないデリヘル経営において大切な事を書きたいと思います。

これから書く大切な事とは、

キッチリ休む

ということです。

はァ?と思った方も多いとは思いますが、意外にもコレが出来なくて体調を壊し必要もないのに、やむなくスタッフを雇う事になり経費がかさんだり、体調を崩したために、あまりお店にも顔を出せなくなってしまいトラブルが頻発したり、陣頭指揮をとる人が変わった事で当然今までの経営の仕方とは徐々に変わっていきオーナーさんに付いていた常連ファンが離れてしまうという方が多いのが現実です。

なぜか?

デリヘルの経営は基本的には待ちのスタイルになります。

もちろん、WEB戦略や広告戦略、常連様への営業などの部分もありますが、他の風俗以外の業種のように大きく看板を掲げたり、テレアポや飛び込み営業、DM、チラシ配り、路上での客引き(現在は違法ですが・・・)など出来るわけではありません。

そのため、基本的には事務所でひたすら電話を待っている事になります。

たしかに、待っているその間もやる事は色々ありますがあまり体力を使うようなものではありません。

どちらかと言うと頭は使いますが体は殆ど使いません。

そのため、まず寝不足になります。

疲労とは徐々に体に蓄積していきますので寝て回復したつもりでも実は徐々に体の中にたまっていってしまいます。

デリヘルを開業当初は気も張っているのでそんなに気にはなりませんが、時間が経ち売り上げも徐々に増えてきて慣れていた頃、いきなりそれまで蓄積されていた疲労が爆発します。

各オーナー様が自分で経営しているデリヘルですから一生懸命になるのは当然です。

しかし、まず第一に長く続ける事を念頭置いてください。

現在は昔とは違い、出せば直ぐに儲かって短期の間でガバっと稼ぐ事は出来なくなっております。

そのため、長く続けて利益を徐々に増やし、ある程度安定したら2店舗目、3店舗目と増やしていくのが最近の勝ちパターンです。

弊社にてデリヘルの経営をお手伝いさせていただいているオーナー様の中にもグループ展開をしているオーナー様は沢山いますが、どの方も開業当初から週に一日はキッチリ休まれています。

長く続ける事で信用度が増し、その店舗にはブランド力が付きます。

そして2店舗目の展開時にはそのブランド力を利用する事が出来ます。

そのため、2店舗目を出してから3店舗・4店舗と展開するのはかなり速いです。

しかし、肝心な1店舗目を経営していく中で無理をして体を壊してしまっては元も子もありません。

いつも各オーナー様には言う事ですが、必ず休んでください。

それが長くデリヘルを続けていく秘訣でもあります。

こんな事を書いている自分も、実は10年ほど前に無理をして思いっきり体を壊した事があります。

やはり、その時になって気付きました。

健康が一番だと・・・

その時、病院のベッドの上でも現場にいないので余計に仕事のことをアレコレ考えてしまったり社員に頻繁に電話を掛けたりしてたので2重にストレスがたまり、治るのも時間が掛かりました。

健康でいる事が一番の肝です。

そして健康でいる事でいつも明るくお客様やスタッフ・女の子と接する事が出来るので良い方向にまわっていきます。

あの時に自分が味わった思うように体が動かないとか現場を見れないので余計ストレスで寝れないいう2重3重の辛さを避けることが出来る人が1人でも増えてくれたら幸いです。

デリバリーヘルス開業支援とデリヘル経営相談



deli_open55 at 23:04|PermalinkComments(0)clip!開業への道 

September 20, 2006

成功への軌跡5

デリヘル店において開業してから繁盛店への途中にはいくつかの山があります。そして、その山をクリアしながら徐々に繁盛店へとなって行きます。

一番目の山は女性確保の山です。

開業してから直ぐは電話の本数も少ないので求人誌に掲載して採用したとしても女性は稼げなければ辞めてしまいます。そのため初めは女性確保に苦労します。求人広告と営業広告のバランス感覚を知らないと無駄な広告費が掛かり、経費を圧迫しますので開業時には最も重要な事です。

この辺りを知らずに無駄な広告費を掛けている既存店オーナー様が非常に多いです。

鳴る広告と鳴らす広告

は、全くの別物です。特に紙媒体においては原稿によって同じ枠でも反響が全く異なります。この辺を気をつけなければいつまでも鳴らない広告を出し続けるはめになってしまいます。

二番目の山は知名度確保の山です。

開業準備の段階で直ぐに始めることが一つあります。これは簡単な事ですが非常に重要な意味を持っています。これは所謂フライング作戦とでも言えるでしょうか?確認書が届いてからスタートするか、準備の段階からスタートするのか3ヵ月後、貴店の知名度には雲泥の差が出ているでしょう。

三番目の山は本数と在籍数の山です

単純に1日出勤女性が5名で成約本数が5本なら1人1本ですが、女性数が10名なら半分はお茶をひいているという事になります。

女性の数は多ければ多いほど良いと思われている方も多いですが一概には言えません。求人に力を入れるタイミング、営業に力を入れるタイミング。

そのお店に合ったそれぞれの時期にしかるべき広告戦略を立てることが無駄な経費をカットする秘訣です。

そして番外編ですが油断の山もあります。

ある程度本数も確保できるようになり、女性の出勤も落ち着いてくる頃やってくる山です。実はこの山が一番高く険しいと言えます。

収入も増え、ゆとりも出て、仕事の事もほとんど把握し新しい男子スタッフも入れようかなと思っている慣れてきた頃に必ずトラブルは来ます。

所謂、油断から生まれる無用のトラブルです。

在籍女性とのトラブルやお客様とのトラブル、ストーカー問題、スタッフの問題など開業時なら緊張している上に一生懸命の無我夢中ですので起こらないのですが、人間ですから当然油断はします。

そしてその油断からトラブルが起こります。

このときどうするか?

ここが繁盛店への最後の山となります。

繁盛店への軌跡は険しいものです。知らないばかりに広告代理店の言うがままに無駄な費用を掛け続けて弊社へ依頼されるお店が後を絶ちません。

オーナー様が1人で抱え込むにはあまりにも険しいと思います。

しかし、そんな時のために弊社は存在しています。

オーナー様だけ一生懸命になっても、私どもだけ一生懸命になってもダメなんです。

信頼関係という名の木はどちらか片方だけ水をやりすぎても枯れてしまいます。

二人三脚で山を一つ一つ越えながら頑張りましょう。

デリバリーヘルスの開業支援とデリヘル経営相談



deli_open55 at 19:59|PermalinkComments(0)clip!開業への道 
当社について
当社は新規にデリバリーヘルス業界への参入をお考えの方や既に開店しているが思うように利益の上がらない方を対象とした総合経営支援サービスを行っております。

デリバリーヘルス業界参入の最大のメリットは店舗型とは違い、比較的安価で参入することができることです。また、営業許可の方も届出のみで行うことが出来るのも特徴といえます。

現在のデリヘル業界に昔ながらの怖いイメージなどはもはや過去の遺物と化し、脱サラ組みと呼ばれる風俗経営の素人の方の参入が急速に進み、業界自体が供給過多の飽和状態になりつつあり競争はますます激化するでしょう。

しかし、そんな中でも着実に利益を伸ばし高収益を上げている店舗もあります。

では、そのような店舗と一般的な店舗の差は何でしょうか?

その答えは私どもにあります。

豊富な経験に基づく確かな実績と的確な情報を握っている当社ならきっと貴方のお手伝いが出来ると確信しております。

また、当社はFCではございませんので全てのオーナー様が独自ブランドでの展開が自由に出来るというのも当社をご利用になる店舗が増加している要因とも言えます。

自由な発想と、豊富な経験、確かな情報、そして、オーナー様のデリヘル経営に対する熱い情熱、この4つが一つになれば失敗する理由は無いことは誰の目にも明らかです。

成功の近道である当社を存分に使い群雄割拠のデリヘル業界から1歩抜け出しましょう。


お役立ちサイト
デリヘル開業支援
デリヘル開業支援