2005年07月

2005年07月31日

最近食べたお店で割と気にいったカレー丼を出すお店。

最初に惹かれたの幟に書かれた「老舗蕎麦屋の和風かれー380円より」という文字。
その日はランチ時間も終了していたので素通り。

後日改めて食べに行きました。

12時過ぎでしたが、客の入りは3割程度。

注文したのは、当然「老舗蕎麦屋の和風かれー丼」の大盛430円。
和風つづみ亭 老舗蕎麦屋の和風かれー丼 大盛








出てきたものは自分が想像していたもの異なっていました。

カツオの風味とスパイシーな香りが交じり合い食欲をそそります。
ルーはかなりの粘度。ご飯の表面から5mmほどまでルーが染みています。
具は豚バラ肉とタマネギ、グリーンピースとシンプルな構成。

マイルドな辛さは自分にとっては物足りないですけど、カツオの豊かな風味が補ってくれます。

この値段帯のカレーではトップクラスの印象だと思います。

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)B級グルメ | カレー

2005年07月30日

あれ?昼間からやってる??

久しぶりに経堂に行ってきました。特に用事があったわけではありません。ただのブラブラ街探索です。
お昼過ぎ。「稲荷」の行列は3人。「はるばるてい」も3人でした。

で、経堂には「からから亭」(http://www.karakara-tei.com/index.html)というお店があります。雑誌のラーメン特集やラーメンのガイドブックには掲載されたことはないと思いますが、地元密着型のお店でTV東京の「出没!アド街ック天国」(http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/)の経堂特集や地元密着型のサイトでは紹介されています。

残念ながら、自分は未食です。営業が夜だけということと、どちらかといえば中華屋さんみたいなメニュー揃え(牛筋ラーメン、ニラソバ、辛々麺(トマト入り)・・・)だったんで、あまりそそりませんでした。

ところが今日、前を通ったら営業しているではありませんか。他にお客さんがいなかったんで、思わず入店。注文したのはラーメン500円。待っている間、お店に置いてあった93年発行のラーメン本に目を通す。すでに今はない懐かしいお店も結構紹介されています。気になった表記が荻窪の「二葉」のラーメンをスパイシーと表現している。確かに代替わりをして現在と味は多少変わっているかもしれませんが、スパイシーな時期があったとは思えません。
そうこうしているうちにラーメン登場。オーソドックスなスタイルですね。すっきりした味わいで食べやすかったです。特に厚めに切られたチャーシューが美味しかったです。柔らかで味付も濃すぎず薄すぎず。次回は別のメニューも試してみたいと思います。

からから亭 ラーメン







お昼の営業を始めたのは2005年になってからだそうです。お昼は休んでしまうこともあり、電話で確認した方がいいかもしれません。でも近所には結構いいラーメン屋さんがいくつかあるから、臨時休業してもショックは小さいかも(笑)。

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | 醤油

2005年07月29日

撮影しづらいラーメン屋さん。

デジカメで食べ物の写真を撮影するようになって早7年目。
自称食べ物の写真をデジカメで日本一撮影した男?(^^;

これまで撮影した中、かなり苦労したお店はいくつもありました。イチバンつらいのは照明が暗いお店です。フラッシュを使えばいいのですが、目立っちゃいますので、F1.8のレンズのデジカメを入手してからはストロボはほとんど使用していません。シャッタースピードが1/15秒まではなんとか手ブレなしで撮影できますが、最近は手ブレ防止機能付のデジカメが欲しいところ。

続いてはヘンな色使いの照明のお店。雰囲気を楽しませるのがメインのお店ならそれはそれで構わないのですが、食べ物がメインのそれをやるのかはどうかと思います。なんらかの意図があり、整合性があれば納得できるんですが。

どうかと思ったのが江戸川橋にある「Fu-HiRo」というお店。
雑誌等では「日本料理店も経営するご主人が作り上げた和風カレーとつけ麺が楽しめると、食通の間で話題のお店」と紹介されています。

Fu-HiRo 鶏つけ麺450g








鶏つけ麺450g650円を食べたんですが、美味しかったです。つけ汁は魚介の風味が効いた甘辛で酸味のないタイプ。細かい削り節の具合がいい感じ。スープ割ができないところはちょっと残念。

で、このお店、気になったのは窓に貼っているイエローセロハン。店内はかなりイエロー。写真はかなり色補正を加えたんですが、うーん(-_-#)。店主の意図がわかりません。

あっ、味は結構オススメ!自分もまた食べに行くと思います。

文京区音羽1-2-4 2F

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | つけめん

2005年07月28日

味噌や@代々木

西山ラーメンの麺を使うオーソドックスな札幌ラーメンです。

食べたのは味噌らーめん700円
味噌や 味噌ラーメン







まあ、フツーに食べることができました。

15時まではごはんが無料です。卓上にはのりたまが用意されています。本日のごはんは柔らか過ぎ!(-_-;)

渋谷区千駄ヶ谷4-29-12

delicious_a_gogo at 08:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | 味噌

2005年07月27日

「旨いチャーハンを食わす店」と書いているお店。

新宿の小滝橋通りを移動していたら「旨いチャーハンを食わす店」という文字が目に入りました。というわけで「Tommy's Fried Rice」というチャーハン専門店に入りました。お店は地下1階で、オレンジとホワイトを基調にしたカフェ・スタイルのお洒落な内装でとてもチャーハン専門店には見えません。
メニューには11種類のチャーハンが紹介されています。というわけで注文したのは、ベーシックな「トミーズ」598円。
Tommy's Fried Rice トミーズ598円








炒められたライスのホロホロ感はかなりナイス!キチンと黄身にコーティングされていました。濃すぎず薄すぎずの味付も好み。ライスの上に少し掛けられたソースは甜麺醤をベースにしたような甘辛いタイプでした。
他のメニューも試してみようかな?

白い壁面にはプロジェクターで海をモチーフにした映像が流れており、それに合わせた海の音が店内に流れていました。

Tommy's Fried Rice
新宿区西新宿7-5-12 岡田ビルB1

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)B級グルメ | チャーハン

2005年07月26日

「三軒茶屋 B級グルメ」でググる。

目的は忘れたんですけど、「三軒茶屋 B級グルメ」というキーワードでググったんです。
そしたら、2番目にヒットしたサイトに「カツ丼が絶品でボリューム満点でしかも520円でおばちゃんがひとりで切り盛りしてて・・・」みたいなお店が紹介されていました。店名は「やぶ」。詳細な住所は記載なかったんですが、ネットで調べられるだろうと高をくくっていました。ところが情報は一切ありませんでした。
現在ラーメン、特に首都圏のラーメン情報についてこのようなことなく、一度ネットにあげられるとあっという間にその情報は恐ろしい速度で増殖していきます。このような状況を考慮すると、ラーメンという食べ物の特殊性を実感させられます。

さて、肝心の「やぶ」ですが、それなら自分の足で探そうと自転車で探索しました。しかしその結果は・・・。見つからねー!その日は落胆しつつ、諦めました。
日を改め、作戦変更。ネットがダメならタウンページがあるじゃないか!というわけでいとも簡単に住所を確認。ネット検索が最強であるわけでないと実感しました。

後日、無事「やぶ」を発見でき、絶品といわれているカツ丼を食べることができました。
いやー、まさしく絶品!というわけではありませんでしたが圧倒的なボリューム感は食べて満足がいくものでした。
カツ丼はつゆが多目のしっとりしたタイプの大盛り。さらに具沢山の味噌汁。シャキシャキのお新香にサラダ、小鉢一品。これで520円。

やぶ カツ丼







しかも会計時に500円玉と100円玉で払おうとしたら「お釣りが面倒だから、500円でいいよ」ですって。
興味のある方ぜひ足を運んでみて下さい!
住所は忘れちゃったので、タウンページで調べてくださいね(^^;

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)B級グルメ | 丼モノ

2005年07月25日

見た目がかなり悲しいラーメン屋さん。

巣鴨の比較的老舗の人気ラーメン屋といえば「千石自慢らーめん」です。昨年秋に秋改装し、かなりお洒落に印象になりました。その千石自慢らーめんから駅に30mほど向かったところに「東京とんこつ 十兵衛」というラーメン屋さんがあります。日褪せた看板、いつもガラガラの店内etc.見た目はかなり悲しいです。検索してもラーメンサイトにはほとんど情報がないです。ただいくつかのブログで、好意的な感想を拝見しました。

そういうわけで、自分も食べてみました。そこそこ美味しかったです。行列して千石自慢らーめんで食べるなら、ガラガラの十兵衛にさっと入って、サクッと食べる方がいいかもしれません。
しっかりとした細麺にやや醤油ダレを強いけどそこそこ髄のうまさが出ているスープ。ちょっと濃い目の味付のメンマにチャーシュー。基本メニューに1/2味付玉子がついているのはうれしいです。
このお店の弱点はどうしようもない外観に十兵衛という店名。首都圏で十兵衛といえば石神井台にある人気店があるんで、この巣鴨のお店はバチもんという印象を持っている人もいるかもしれません。それに「東京とんこつ」という店名。出自は全然違うかもしれませんが、味的には博多ラーメンに分類されると思います。

食べたのは基本のとんこつ正油らーめん600円。ランチタイムはチャーシューごはんが無料。さらに替玉半玉が無料です。

東京とんこつ 十兵衛 とんこつ正油らーめん







味はそのままに、東京とんこつという部分を削除して、内外装を多少弄くるだけでもお客さんが増えるような気がします。

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | 豚骨

2005年07月24日

カレー1杯150円っす。

「かしわや」という立ち食いそばのチェーン店があります。

カレーライスもあり、1杯300円。
土日祝はサービスデーで、三軒茶屋店では200円。祐天寺店では150円です。

かしわや カレーライス







あるとき、祐天寺店で食べていたら、突然、客のおじさんが「祐天寺はいいねぇ。カレーが150円で食べられる。三軒茶屋は200円もする。アハハハハ」と大声で叫んでいました。

行動意図がわかりませんでした(^^;。

三軒茶屋の200円のカレーライスも食べたことはあるんですが、当然ながら同じ味です。

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)立ち喰いそば | カレー

2005年07月23日

ちょろりの系譜?

西船橋駅周辺を何の情報もなくウロウロ。そそらぬ外観と店名の「ラーメンZ」というお店を見つけました。店内に入って、内装・メニュー・やる気のない店員さんを見るとさらにそそらな指数アップ。仕方なく基本メニューのラーメン500円を注文。

Zラーメン ラーメン







しかし、出てきたラーメンは見覚えがあるもの。緑鮮やかなきぬさやにスープの表面を覆う油葱紅酥(ユーチョンホンスー)。ちょろり?かおたんラーメンえんとつ屋?って感じで期待しなかった分、驚きがあったんで満足できました。
支払いの時にいろいろ聞いてみようとしたんですが、ちゃんと答えてくれるような店員さんは不在だったんで諦めました。ドアは束ねた輪ゴムを動力とした自動ドアでした(笑)。

自宅に戻って検索すると、結構情報はあるんですね。知らなかったのは自分だけだったみたいです(^^;。
創業は1996年?当初はかおたんラーメンの支店だったようで、昔の提灯にはかおたんラーメンと記されていました。

船橋市山野町41-103

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | 醤油

2005年07月22日

ラスタカラーなラーメン屋さん。

レゲエ流れる洒落た店内。どちらかといえばラーメン専門店というよりBarという感じです。
でも魚介系が効いたなかなかのラーメンを食べることができます。

食べたのはらはめん600円。

Rahmen Yahman らはめん








濃厚さを感じるスープは自家製麺と程よく絡みます。バラ肉を使ったチャーシューは実に柔らか。

塩つけめんも食べに行きたいです(^-^)。

初台の嗟哉のご主人と仲良しとおっしゃっていました。

Rahmen Yahman
練馬区栄町22-1

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | 醤油

2005年07月21日

自家製麺になっての初めてのスズキヤスオ。

世田谷区にあるスズキヤスオです。
入店して券売機に目を移すと「特製つけめん」850円の文字が。
「他にはない」という説明もあります。そんなわけでこちらを注文。

店主がやってきて、食券を受け取りながら
「とりかつお風味とさっぱり風味があります。麺は1.5玉・2玉・2.5玉、どうしますか?」
「とりかつお風味・1.5玉」で注文しました。

つけ汁の表面は青海苔が覆っています。透明な油の層もちょっと厚め。
白濁っぽいつけ汁はあまり他では見ないかも。

自家製の麺を軽くつまんでつけ汁に軽くつける。
太さは違うけど、低加水っぽい麺の食感は博多系の麺に似ているかも。
続いてタップリとつけ汁に入れる。かなり味の印象が違います。
ラーメンのスープ同様、敢えて均一にしないようにして味の変化を楽しませてくれているのかな?

1.5玉はあっという間に食べ切りました。
この味は好きだし、さっぱり風味も食べてみたいです。

そうそう、目の前に中一くらいの背の小さな男子学生もつけめんを注文していました。
多分2.5玉で注文したのでしょう。苦しそうな表情で途中で「箸がとまった・・・」
そんなナレーションがアタマの中で流れました。
しかし、そんな彼もどうにか完食!心の中で拍手をしました(笑)。

スズキヤスオ
世田谷区中町4-6-9

スズキヤスオ 特製つけめん


delicious_a_gogo at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | つけめん

2005年07月20日

ひるがおの夏限定「たらことトマトの汁無し麺」

環七沿いのせたが屋/ひるがおです。
特にイチバン奥の席に座った場合は最悪っす。

今回の撮影データはF2.8 1/6。
ギリギリブレずにシャッターを押せました(^^;。

注文したのは1日限定15食の「たらことトマトの汁無し麺」850円。
トマトのスッキリした酸味とたらこの程よい塩梅。
知らない人には冷製パスタと説明した方がわかりやすいかも。
個人的には麺をもっとキンキンに冷やして欲しかったですが、美味しい夏の逸品です。

ひるがお たらことトマトの汁無し麺



delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | 冷やし

2005年07月19日

「とんかつ 富太樓」で重ね豚バラとんかつ定食780円

今日のお昼は近所の「とんかつ 富太樓」で重ね豚バラとんかつ定食780円を食べました。
キムカツと比較するためです。

予想通り重ね豚バラとんかつはキムカツ同様、豚肉のスライスを重ねたとんかつでした。
ただスライスの厚さが全く異なります。キムカツは25枚以上、富太樓はせいぜい10枚。
結果、食感が全然別モノ。さすがキムカツという印象が強まります。

しかし富太樓の重ね豚バラとんかつがダメなわけではありません。
キムカツを知らなければ「このとんかついいねぇ♪」なんて思ったことでしょう。
ご飯おかわり自由(渋谷店は大盛無料のみ)で、お腹いっぱい食べられるし、780円はリーズナブル。
2,000円近いキムカツと比べれば、庶民の値段です。

そうそう赤出汁のお味噌汁の具は酒飲みにうれしい蜆でした(^-^)。

重ね豚バラとんかつ定食



delicious_a_gogo at 22:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)トンカツ 

2005年07月18日

超薄切り豚ロースを25枚以上重ねて揚げた料理。

話題のキムカツの恵比寿本店に行ってきました。
注文したのはベーシックな「キムカツ ぷれーん」1,480円+「炊きたてご飯セット」450円です。
ランチに1,930円出させるとは結構強気の値段設定だと思います。

サクッとした衣に噛むと柔らかジューシーな薄切りお肉の層、初体験の食感。トンカツ系の味なのにその独特の柔らかな食感は面白いです。お肉はポン酢もしくは特製ソースにつけて食べます。

また食べたいと思いますが、この値段はかなり強気。日常ランチに出せるのはせいぜい1,200円までっす。と思ってキムカツのHP(http://www.kimukatsu.com/)をウロウロしていると博多店があって、キムカツランチは1,400円でした。これなら納得できる値段かな?

そういえば、際コーポレーション(http://www.kiwa-group.co.jp/)が「とんかつ富太樓」という業態を展開しています。こちらで「バラ肉重ねトンカツ」みたいなネーミングの商品(未食)を出しているんですが、パクリかな?(笑)

でも薄切り肉を重ねて調理するという技法は随分昔に他で見たことあります。その技法を考案したのは天才料理少年と呼ばれている日の出食堂の味吉陽一。安い外国産の赤身の牛肉のステーキを肉汁タップリの柔らかステーキにするために考案された技法です。彼はこれでステーキ調理コンテストに優勝し、見事に商品の牛肉をゲットしました。ただしこれは「ミスター味っ子」という料理漫画です(^^;。

キムカツ ぷれーん


delicious_a_gogo at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)トンカツ 
訪問者数

livedoor×FLO:Q パック